キルステン ダンスト。 キルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンスト【2018最新版】身長や結婚は?かわいい子役時代や強気な性格などwiki的リサーチ

キルステン ダンスト

ジョージ・クルーニーが製作総指揮を担い、『スパイダーマン』シリーズのヒロイン、メリー・ジェーン役で知られるキルステン・ダンストが主演を務めるダークコメディ『ビカミング・ア・ゴッド』。 家なし、貯金なし、収入なしの超絶崖っぷち主婦がマルチ商法で再起を図るブラック・ユーモア溢れる注目作がBS10 スターチャンネルで6月19日(金)より放送開始となる。 そして6月13日(土)からの第1話先行無料放送を記念して、辛酸なめ子ら海外ドラマ好きな著名人から本作の魅力を伝えるコメントが到着したのでご紹介しよう。 米Showtimeにて2019年8月より放送がスタートし、そのわずか1ヵ月後にはシーズン2への更新が決定している注目作品。 本作の舞台は1992年、米フロリダ州オーランド市郊外。 最低賃金のウォーターパークで働くクリスタルはいつか貧乏生活から抜け出したいと願う、乳児を抱えた兼業主婦。 だが、夫のトラヴィスは保険会社で働く傍ら、ネットワークビジネス「FAM」になけなしの資金と時間をつぎ込み、人生の成功を夢見る「下層下級の会員」だ。 全力で夫の「FAM」活動に反対するクリスタルだが、ある事件をきっかけに収入を失くし、家を失くし、あるのは借金と「FAM」の大量在庫だけ... という事態に追い込まれる。 あんなに反対した「FAM」に深くかかわりはじめ、上級階級を目指すことになるクリスタルは、未知なる世界でのぼりつめることができるのか!? どんな不運が彼女を襲おうとも、したたかにのし上がる"負け女(マケジョ)"のサバイバル術がここにある。 ドラマを視聴した著名な海外ドラマファンから本作推薦のコメントは以下のとおり。 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト) 「ネットワークビジネスがテーマの作品なだけあって洗脳されるおもしろさ。 いつにも増して目が据わっているキルステン・ダンストが、悲劇と喜劇を行き来しながらパワーアップ。 今までのどの作品よりもハマり役です」 大九明子(監督/『時効警察』テレビ朝日系) 「胸糞悪い人がいっぱい出て来た。 クリスタルは生き抜くために全力でそいつらと対峙する。 」:ぶんか社) 「突如、夫を亡くし、未亡人となった女性が、いわゆるネットワークビジネスで成り上がっていく様を描いたドラマ。 個人的には80年代ポップな音楽もおすすめ」 藤森かよこ(著述家/「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。 」:KKベストセラーズ) 「これがアメリカの庶民の真の姿だ! 上品イメージのキルステン・ダンストが下層中産階級のヤンキー未亡人を怪演して最高! 彼女はネットワークビジネスのカモになるほどファンタジー脳じゃない。 貧しいシングルマザーは世間にコケにされるから、制御できる男と偽装婚約もする。 まずはカネだ! 愛はカネのあとからついてくる」 主人公クリスタルを演じるために体重を増やし、懐かしの90年代ファッションに身を包むキルステンと、夫トラヴィスを演じるのは『ビッグ・リトル・ライズ』でゴールデン・グローブ賞を受賞したアレクサンダー・スカルスガルド。 FAMの上位会員コーディ・ボナー役でテオドール・ペルラン(『ある少年の告白』)、FAMの創設者ボビー・ガーボー2世役にテッド・レヴィン(『ブリッジ 〜国境に潜む闇』)、クリスタルの同僚で隣人のアーニー・ゴメス役にメル・ロドリゲス(『ベター・コール・ソウル』)が出演する。 その他、メアリー・スティーンバージェン(『メルビンとハワード』)、ケヴィン・J・オコナー(『シカゴ P. 』)らがキャストに名を連ねている。 本作でキルステンが見せるヒロインには、強くたくましく生きる為の知恵と強さがみなぎっている。 混乱を極めた現題の社会だからこそ、クリスタルのどん底から這い上がる強さに勇気をもらえることだろう。 and Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. 外部サイト.

次の

ジョージ・クルーニー×キルステン・ダンスト『ビカミング・ア・ゴッド』どん底から這い上がるヤンキー主婦

キルステン ダンスト

キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は? 幼いころからショー・ビジネスの世界で可愛がられていた個性派女優キルスティン・ダンスト。 その可愛さからCMで引っ張りだこだった彼女は11歳の時に出演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でトム・クルーズやブラッド・ピット相手に堂々としたヴァンパイアを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。 以後ハリウッドに君臨し続け、活躍の場を広げています。 プライベートでは、そのバイタリティと積極性から、ガーリーな魅力で数々の俳優やミュージシャン達と浮名を流してきました。 愛される事に純粋なので、傷つく事も多いですが常に前を向いて人生を切り開いていける女性です。 やっと本当のパートナーと出会い、出産も経験した彼女の魅力に迫ります。 キルスティン・ダンストは、若干3歳でフォード・モデルズやエリート・モデル・マネジメントと契約し、約70本ものCMに出演しました。 映画デビューは7歳の時。 1989年公開のオムニバス映画『ニューヨーク・ストーリー』で、クレジット表記は無いものの、ミア・ファローの娘役として登場しています。 そこからTV中心に活動を続け、1994年(12歳)にはトム・クルーズとブラッド・ピット共演の大作『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』に出演。 ゴールデングローブ賞 助演女優賞にノミネートされる等して注目を浴び、同年公開の『若草物語』での演技も高く評価されました。 2002年から始まった『スパイダーマン』シリーズではヒロインのメリー・ジェーン・ワトソン役に抜擢され、主要キャストとなった。 2006年には彼女の代表作でもある『マリー・アントワネット』で主人公マリー・アントワネットを演じました。

次の

キルスティン・ダンストは好きですか?

キルステン ダンスト

キルスティン・ダンスト出演映画まとめ!子役時代から現在に至るまで!気になる結婚は? 幼いころからショー・ビジネスの世界で可愛がられていた個性派女優キルスティン・ダンスト。 その可愛さからCMで引っ張りだこだった彼女は11歳の時に出演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でトム・クルーズやブラッド・ピット相手に堂々としたヴァンパイアを演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。 以後ハリウッドに君臨し続け、活躍の場を広げています。 プライベートでは、そのバイタリティと積極性から、ガーリーな魅力で数々の俳優やミュージシャン達と浮名を流してきました。 愛される事に純粋なので、傷つく事も多いですが常に前を向いて人生を切り開いていける女性です。 やっと本当のパートナーと出会い、出産も経験した彼女の魅力に迫ります。 キルスティン・ダンストは、若干3歳でフォード・モデルズやエリート・モデル・マネジメントと契約し、約70本ものCMに出演しました。 映画デビューは7歳の時。 1989年公開のオムニバス映画『ニューヨーク・ストーリー』で、クレジット表記は無いものの、ミア・ファローの娘役として登場しています。 そこからTV中心に活動を続け、1994年(12歳)にはトム・クルーズとブラッド・ピット共演の大作『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』に出演。 ゴールデングローブ賞 助演女優賞にノミネートされる等して注目を浴び、同年公開の『若草物語』での演技も高く評価されました。 2002年から始まった『スパイダーマン』シリーズではヒロインのメリー・ジェーン・ワトソン役に抜擢され、主要キャストとなった。 2006年には彼女の代表作でもある『マリー・アントワネット』で主人公マリー・アントワネットを演じました。

次の