左 下腹 痛い 女。 腸の痛みの原因 右腹部、左腹部、中央など部位別に解説!

女性の左下腹部の痛み!7つの原因と治療法をご紹介!

左 下腹 痛い 女

左下腹部〜足の付け根が痛い原因 鼠径部とは、足の付け根から下腹部にかけての溝の部分を指します。 この下層には鼠径部靭帯があります。 縫行筋、股関節の内転に作用する長内転筋の内側縁、鼠径靱帯で囲まれた部分は、スカルパ三角(大腿三角)と呼ばれています。 鼠径靱帯上では、スカルパ三角部のまんなかあたりを大腿動脈と大腿静脈が縦走、その外方を大腿神経が縦走しています。 深層には腸腰筋があり、鼠径部は体の大事な部分なのです。 鼠径部には大きなリンパ節があります。 鼠径リンパ水平列と垂直列といわれ、これは体の表面からさわって確認することができます。 痛みがあるときは、そこが腫れてしまっていると考えられます。 引用元- 腰痛からくる鼠径部の痛みもあれば、ウイルスの侵入を防ぐため、リンパ節でその侵入をくいとめるためにたたかっているため、リンパの腫れがみられる場合もあります。 その場合は突然しこりができる場合も多いよう。 リンパの腫れが見られるようなら、内科での受診をおすすめします。 痛みがなく倦怠感や体重減少がみられる場合は悪性リンパ腫の場合も。 そのほか、脂肪腫である場合も。 さわるとぐりぐりとしたしこりが確認できる場合は脂肪腫と考えてよいでしょう。 痛くない場合、大きさが変化しない場合など、日常生活に支障がないなら大丈夫ですが、しこりが大きくなったり心配であれば皮膚科、形成外科での受診をおすすめします。 引用元- 質問:左下腹部〜足の付け根が痛い 左下腹部~左足の付け根が痛いです。 我慢出来ない痛さではなく,何かに集中していれば忘れている位の痛さです。 便秘気味だからかな? っと勝手に思ってますが,以前から何度痛みがあるので質問してみました。 ごくまれに,左足の指まで同じ様な痛みがあります。 以前腰痛で,整形外科に行った時,特にヘルニアなどではないと分かったので,何か内臓が悪いのかと少し不安です。 また,左側だけっていうのが気になります。 これは,何かの症状でしょうか? 引用元- 回答:左下腹部〜足の付け根が痛い 病気ではないと思います。 お腹の痛みや張りの原因としてあなたの症状は胃腸管の働きが低下して大腸内を食べたものがスムースに流れないときに起こる症状です。 原因はいろいろですが、多いのが何らかのストレスにより大脳が緊張し大脳に直接支配される胃腸管も緊張萎縮して働きが低下して食物カスが滞留して体温で腐敗したり、便秘薬の副作用や長年の便秘状態などで大腸管筋肉が弛緩してダラ〜ンとのびて下垂やくびれができてそこに食物カスが滞留して腐敗して腐敗毒や腐敗ガスが発生します。 ちょうど、夏場に放置された牛乳が腐敗して悪臭ガスが発生したようなもので、この腐敗があなたのお腹の中で起こっています。 症状として腸内圧力が上昇することで腹痛やお腹の張りが起きます。 このガスは暫くすると腸内に拡散して腸管壁面から吸収されて血液に入り腸内圧力は低下して腹痛や張りがなくなります。 腸管壁面から吸収された腐敗毒は血液を汚してドロドロにし、血流が悪くなって冷え性、肩こり、頭痛、イライラ、肝機能が毒素の解毒で過労状態になり解毒機能が低下して疲労感や新陳代謝の低下、貧血感、食欲不振で嘔吐感、細胞の老化で肌荒れや吹き出物、臭い血液の水分が皮膚から汗で発散してうんち臭い体臭、ときに微熱やむくみ、不眠などいろいろな便秘症状がでてきます。 お心あたりの症状がありますか。 便秘薬や漢方下剤では直腸の便の塊は排泄できますが、腸管壁面の粘液にからまった汚れやくびれにたまった老廃物はなかなか落ちませんので、便秘薬(下剤)や胃腸薬では症状は改善しないと思います。 お腹の中をきれいにして自力排便を回復させる方法として、生体の排便反射機能を低下させる便秘薬などの不要な下剤は服用しないこと、食べたものは毎日すっきりきれいに排泄することで自力排便を訓練して回復させ、大腸管内の食物カスの流れをよくして腐敗を減ら血液をきれいに保つことです。 この方法は自力排便回復法として知られている「絶対排便力」です。 検索してみてください。 自力排便が回復し血液がきれいになればお悩みの症状も徐々に改善するでしょう。 引用元- 左下腹部の痛みの男女共通の病気 ・左側の下腹部が痛む お腹のうち、左下側腹部が痛いときには、大きな病気を抱えている可能性もあります。 急性腸炎、慢性腸炎、食中毒、潰瘍性大腸炎、大腸がん、過敏性腸症候群などなど。 病気の種類が多いというのも、左側の下腹部が痛むときの特徴です。 急性腸炎 腸に炎症を引きおこす疾患群の総称のこと。 下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などがみられます。 慢性腸炎 慢性的に左下腹部の痛みを繰り返し、下痢、吐き気、嘔吐などを伴います。 食中毒 食事と一緒に入ってきた、有害物や細菌、またはウイルスなどによって急性の中毒症状を引き起こす病気です。 熱い季節は集団で発生することがあります。 食中毒の原因によって症状は様々ですが、下腹部の腹痛、下痢、嘔吐といった症状が多いです。 潰瘍性大腸炎 大腸に炎症や潰瘍ができる病気であり、長期間に渡って下痢や腹痛を繰り返します。 大腸がん 中高年に多い病気で、主に欧米的な食生活がひとつの原因であるといわれてます。 血便、下痢、便秘を繰り返す症状がみられます。 過敏性腸症候群 下痢や便秘などの症状がずっと続く病気のこと。 「腸が弱いんです」訴える人の大部分は、この過敏性腸症候群に当てはまると言われています。 主な症状は下痢、便秘、腹痛など。 排便によって腹痛症状は軽くなるのも特徴。 ここまで、男性女性に共通する下腹部の病気でした。 引用元- 足の付け根の痛みは鼠径ヘルニア? 「鼠径(そけい)」部とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。 「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。 一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。 |鼠径ヘルニア 脱腸)のイメージ 鼠径ヘルニア(脱腸)は子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、手術以外、治療方法がありません。 痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。 |鼠径ヘルニア(脱腸 の症状 初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。 太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。 次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。 はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。 これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。 — みーもん kznr0742958 最近、足の付け根や左下腹部に鈍い痛みが…なんだろう。 座りっぱなしだから? — クロ machi510 昨日から、また左下腹部、足の付け根辺りの激痛が治まらない。 今日は、午前中に面談があるだけで、午後は、久々に、ゆっくり過ごせると思ったのに、痛みのせいで、何も出来ず寝込んでます。 昨日の授業も痛みで、集中出来ず、身に入らなかった。 でもそれ以外は異常なし! — いながき ゆり yurinyan1006 最近、左下腹部〜足の付け根あたりが少し痛むので調べてみると、卵巣の〜とか生理の〜とか女性の悩みばかりで、もしかして俺は女だったのか — こたろ dolce997 ここ数日、左下腹部・足の付け根辺りが痛むなぁと思い、ネットで調べたらなんだかこわくなって内科へ。 検査したところ、恐らく腸炎だとな。

次の

腸の痛みの原因 右腹部、左腹部、中央など部位別に解説!

左 下腹 痛い 女

スポンサードリンク 「お腹が痛いけど、腸の病気?」 「それとも、ほかの内臓が悪いの?」 当記事をご覧の方は、このような不安を抱えられているのではないでしょうか。 お腹の痛みは、人によってさまざまな表現をされます。 ストレートに「お腹が痛い」という方もいれば、「腸が痛い」あるいは、「胃が痛い」と言われる方もいます。 実際、お腹の痛みは、腸の病気や不調が原因になっていることもあれば、そのほかの内臓が原因になっていることもあります。 痛みの原因がちょっとした不調からくるものもあれば、なかには重大な病気が原因となっていることもあるので、注意が必要です。 お腹の痛みは、痛みが出ている場所によって原因になっている内臓が、ある程度わかります。 また、 痛みの原因を考えるときに、• どこが痛むか• いつから痛みが出て、どのくらいの時間痛いか• どんなときに痛むか• 痛みの種類がどのようなものか(シクシク、ズキズキ、キリキリなど)• 痛みにともなう症状があるか(発熱、嘔吐、下痢など) 参考) 以上のことを確認しておくと、より原因の特定に役立ちます。 病院を受診するときには、メモに書いておいて、医師に伝えるようにしましょう。 そこで今回は、お腹の部位別の痛みの原因が、どの内臓によって発生するものか、解剖学の視点から解説していきます。 腸の問題によってお腹が痛いのか、そのほかの内臓の問題でお腹が痛いのか、それぞれの部位別にお伝えします。 もくじ• お腹の痛みを確認する前に、全身状態をチェック! お腹や腸の痛みをチェックする前に、全身の状態をみておく必要があります。 お腹や腸の痛みには、重大な病気が原因になっていることがあります。 その場合には、 発熱や嘔気、嘔吐、下血、便秘、下痢などの症状も、一緒に出ているかもしれません。 お腹や腸の痛みと一緒に出てきている症状は、病気を特定するうえで重要な情報となります。 もし、病院にかかる場合には、痛み以外の症状についても、医師に伝えるようにしましょう。 下痢、腹痛とともに発熱、嘔吐がある場合は、何らかの 感染症にかかっていることが考えられます。 脱水に注意して 水分補給をしながら、 専門医の診察を受けて下さい。 また、 便秘、腹痛とともに 腹部の張りがある場合は、 腸閉塞や腸の狭窄【きょうさく】などが腸の病気の可能性があります。 この場合も 専門医の診察が必要です。 お腹の痛みをチェックする方法 お腹や腸の痛みのチェック方法をお伝えしていきます。 膝を立てることでお腹周りの緊張がゆるみ痛みのチェックがしやすくなります。 全体が張ったような状態で、軽く叩くと響くような音が出る場合は、 ガスがたまっている可能性がりあります。 全体が揺れるように動くときは、 脂肪や腹水【ふくすい】がたまっている可能性があります。 このとき、腸の痛みとは別に、押さえた時の 違和感もチェックしておくとよいです。 例えば、下図で示している 左下腹部辺りに硬いものを触れる場合は、腸に 便がたまっていると考えられます。 ここにはがあります。 便秘になると、S状結腸に便がたまるので、固い感触になります。 ちなみに大腸の部位別の名称は、下図のようになっています。 大腸は病気の多い臓器で、病気によって痛みも出やすいです。 詳しくは後述しますが、お腹を7つのブロックに分けて一ヵ所ずつ押さえます。 その時の痛みの有無、ほかの場所と比べて押さえたときの、感触の違いを確認します。 間欠的な痛みとは、一定の時間をおいて、痛くなったり治まったりを繰り返すものです。 持続的な痛みとは、痛みが継続しておこるものです。 痛みの出かたによって、原因となる病気が異なるので、確認しておきます。 お腹を7つの部位に分けて痛みをチェック 下図のように、お腹を7つの部位に分けます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 十二指腸潰瘍 その他の内臓の病気: 胆石・胆のう炎、尿路結石、帯状疱疹、ポルフィリア などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 大腸がん、過敏性腸症候群 その他の内臓の病気: 急性・慢性胆のう炎、胆のうがん、肝膿腫、急性肝炎、肝臓がん、横隔膜下腫瘍 などが、原因として考えられます。 一般的には「みぞおち」と呼ばれます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 十二指腸潰瘍、虫垂炎初期、過敏性腸症候群 その他の内臓の病気: 胃潰瘍、急性胃炎、胃痙攣、胆石発作 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 十二指腸潰瘍穿孔 その他の内臓の病気: 胃潰瘍穿孔、急性膵炎、横隔膜下腫瘍、心筋梗塞、肺炎、胸膜炎 などが、原因として考えられます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 過敏性腸症候群 その他の内臓の病気: 尿路結石 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 大腸癌、過敏性腸症候群 その他の内臓の病気: 脾梗塞、巨大脾腫、急性膵炎、膵癌、腎盂炎 などが、原因として考えられます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 急性虫垂炎、クローン病、大腸憩室炎、腸重積、単純性腸潰瘍 その他の内臓の病気: 尿路結石 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 急性虫垂炎、盲腸周囲腫瘍(憩室炎)、メッケル憩室炎、クローン病、腸結核、大腸癌、過敏性腸症候群、鼠径ヘルニア その他の内臓の病気: 卵管炎、卵巣嚢腫茎捻転、中間痛、子宮外妊娠、腎下垂、脊椎カリエス などが、原因として考えられます。 「へそ」周辺のことですね。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: クローン病、急性腸炎、腸閉塞 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛み がある場合、 腸の病気:急性腸炎、クローン病、腸閉塞、腸内寄生虫 などが、原因として考えられます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 急性大腸炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、S状結腸軸捻転、大腸憩室炎 その他の内臓の病気: 尿路結石 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 急性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸癌、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、大腸憩室炎、クローン病、鼠径ヘルニア その他の内臓の病気: 卵管炎、卵巣嚢腫茎捻転、中間痛、子宮外妊娠、腎下垂、脊椎カリエス などが、原因として考えられます。 ここに 間欠的な痛みがある場合、 腸の病気: 腸炎 その他の内臓の病気: 尿路結石、付属器炎、月経困難症 などが、原因として考えられます。 ここに 持続的な痛みがある場合、 腸の病気: 過敏性腸症候群 その他の内臓の病気: 骨盤腹膜炎、尿閉、妊娠、子宮癌、付属器炎、急性膀胱炎 などが、原因として考えられます。 参考文献 朝倉均:「腹痛・腹部膨満」、「腸疾患診療のノウハウ」、「medicina」. vol. 39、No. 5、p756、医学書院、2002 腸が原因の痛みは、下腹部や、お腹の中央にでやすい お腹の部位別に、痛みの原因となる病気についてお伝えしてきました。 ここまで、お伝えして生きた中で気づかれたかもしれませんが、 腸の病気が原因の痛みは、下腹部やお腹の中央に現れやすいです。 これは、小腸、大腸の位置を見てみると、納得できます。 このように、小腸や大腸は、骨盤にスッポリと入り込むようにして存在しています。 病気が発生している臓器の周囲で、痛みが出ることが多いので、腸の痛みは下腹部やお腹の中央に現れやすいのです。 お腹、腸の痛みを病院で検査するとき お腹や腸の痛みで病院を受診すると、痛みの部位とともに出ている症状を合わせて検査項目が選択されます。 これは医師の判断によって変わってくるものなので、一概に同じ検査がされるわけではありません。 腹痛とともに発熱、下血、便秘、腹部膨満感、下痢の有無などをみて、検査、問診、触診などを行います。 一般的な検査としては、 血液検査、内視鏡検査、腹部レントゲン、CT、エコー検査などが行われることが多いです。 お腹や腸の痛みは原因がさまざまなので、場合によっては検査項目も多くなり原因の特定に時間がかかることもあります。 腸は、体の中で栄養を吸収できる唯一の器官です。 ですから、腸の病気は命に関わる重大な病気も多いです。 お腹に痛みを感じたときは、安易に自己判断することなく、病院を受診するようにしましょう。 まとめ お腹や腸の痛みの原因について、お伝えしてきました。 痛みの出る部位によって、予測される原因は異なります。 そして、痛みは体からのSOSのサインであることを忘れてはなりません。 そのサインを、痛み止めなどを使って無視するのはよくないです。 専門医にかかって、きちんと検査を受け、原因を見つけましょう。 必要があれば治療を受け、体を大切にしましょう。 また、何が痛みの原因になっているか考えるときには、解剖学の知識は欠かせません。 内臓の解剖学についてはこちらの記事をご参照ください。 参照) 痛みの原因を正しく判断するためには、専門医の診察が必要です。 本記事はあくまでも参考程度にしてください。

次の

卵巣の痛みの原因は?左右下腹部がチクチクするの?生理前後で違う?

左 下腹 痛い 女

腸炎 男女に関係なく、腸炎が原因でおこる場合があります。 腸炎と言っても急性腸炎と慢性腸炎では症状が大きく違います。 慢性腸炎の場合 チクチクした痛みやちょっとした違和感などの鈍い症状が出るため、気のせいのようにも感じて不安ばかりが大きくなります。 他の病気が原因であったり、ストレスや不摂生が原因で引き起こす場合もあります。 過敏性腸炎の場合 明らかな腸異常がないものの下腹部の違和感やチクチク感を感じることが多いようです。 原因はわかっていませんが、左側に感じることが多いと言われています。 下痢や便秘をともない、下痢型・便秘型・混合型・交代型などがあります。 潰瘍性大腸炎の場合 血便や粘血便などを生じることもあるので、排便の状態をよく観察しておきましょう。 長期間持続すると大腸がんになるリスクも上がると言われていますので、痛みが弱くても早めの受診をオススメします。 大腸憩室症の場合 自然回復することもありますが、酷くなると激しい腹痛や血便をともなうことになり、止血手術を行う場合もあります。 鈍くても自覚症状があるのであれば早めに受診する方が安心です。 腸炎はストレスや生活習慣の乱れなどから発症することが多い病気です。 これを機に、自分に合った生活リズムを見直してみるといいですね。 突発性S字結腸穿孔 なかなか聞きなれない病名ですが、 S字結腸という部位で炎症が起き、悪化して穴があいてしまう病気です。 S字結腸は大腸の中の直腸に通じる部位であり、ちょうど左下腹部のあたりになります。 S字結腸では便がたまりやすく大腸菌などが多く存在します。 この状態で穴があいてしまうとさまざまな菌が血中に流出して、感染症を引き起こすこともあるのです。 発症することは比較的稀ですが、突発的な激しい痛みが生じるのが特徴です 婦人科系の病気 子宮筋腫 初潮を迎えて閉経するまでの女性であれば誰でも起こりうる病気です。 腹痛や腰痛・便秘・下腹部の圧迫感などの症状がありますが、比較的鈍い痛みのことも多いです。 女性ホルモンの影響を受けやすく普段から色々な症状を感じている方にはわかりにくいでしょう。 不妊や流産などの出産に悪影響をおよぼすことの多い病気ですので早期発見につながるような準備が必要です。 子宮頚がん 初期段階では自覚症状が薄いのですが、自覚症状が出る頃には進行がんとなっていることもあります。 そういう方は特に婦人科定期健診を受けるようにしておくと早期発見につながり安心です。 更年期障害 女性ホルモンの減少により40代・50代で起こりやすい身体的・精神的な不調を総称して更年期障害と呼びます。 体のほてり• めまい• 体がだるくなる などさまざまな症状があらわれるのが特徴的です。 「なんだか最近なにもやる気が起きない」など精神的な不調を感じることが多いです。 更年期障害は女性の方なら誰にでも起こり得る不調なので、深く悩まずに適切に対処していくことが大切です。 便秘 特に女性の方で便秘に悩まされている方は多いと思います。 この便秘が影響して左下腹部にいたみが生じる場合があるのです。 実は、便が一番たまりやすい部分が左下腹部あたりのS状結腸という部分になります。 なのでこの部分に便がたまってしまい、悪化していくと痛みが出てくるのです。 便秘はお腹の張りや肌トラブルの原因にもなりますので、積極的に改善していきましょう。 水分や野菜などに多く含まれる食物繊維を良く摂取することで便秘改善につながります。 急性胃炎 急性胃炎は胃の粘膜がさまざまな原因でえぐれて、炎症を起こしてしまう病気です。 胃痛と聞くと、みぞおちのあたりの痛みを想像する方も多いと思いますが、下腹部のあたりに痛みが生じる場合もあります。 また、胃炎の場合は痛みだけでなく食欲がなくなったり、吐き気・嘔吐が生じることも多いです。 特に空腹時に吐き気は生じやすくなります。 こちらの記事も併せてご覧ください。 参考: 前立腺炎 前立腺炎は男性特有の病気で排尿時などに下腹部に痛みが生じることが多いです。 また前立腺炎といってもさまざまな種類に分類分けされており、発症原因も多く存在します。 ほかにも、尿が白く濁るなどの異常がみられる場合がありますのでこのような症状があらわれた前立腺炎を疑ってみましょう。 参考: まとめ 大きく2つの原因に分けて説明してきました。 下腹部は、色々な器官が存在し影響しあっています。 我慢できる痛みや違和感を体のサインと受け止め、そのサインを見逃さず早期解決する為にも、生活習慣の改善や定期健診など、自分でできることはしっかりしておきましょう。 小さなサインに気づいて不安な日々を過ごして来られた方、診察と共に今の生活習慣の見直しを行ってみませんか? 不安が少し小さくなるかもしれません。 また、右側の下腹部が痛くなった場合は今回とは全然違う病気が原因となります。

次の