支笏 湖 美笛 キャンプ 場。 【美笛キャンプ場 総合情報】支笏湖の美しい風景が楽しめる!気になる評価は

北海道地方 釣りができる人気のキャンプ場|オートキャンプ場情報

支笏 湖 美笛 キャンプ 場

渋滞 もともと大人気の美笛キャンプ場。 今はキャンプ場が閉まっていたり、予約しなきゃいけなかったり、入場制限あったり、、、、 早めにいかないと駄目だとは思っていました。 で~ 頑張ってキャンプ場オープン時間の7時ちょっと前に到着! でも・・・・ これですよ(笑) 入れるの?これ? 不安になりますよ~(なんの情報も連絡もないまま待つのって辛いっす) しかし今さらどうにもできなく待つことにしました。 途中で4~5台後ろに同じくノースさんが並んでいたのに気付き、そこからはしゃべりながらであっという間に3時間20分(笑) いや、やっとの3時間20分かな。 場所確保&テント設営 入場待ちはすごい渋滞でしたが、場内はそれほどでもないです。 (しっかりと入場制限してくれているみたいでした。 ) んで、目的の湖畔に無事テント設営。 今年もソロキャンは去年買ったテンマクの炎幕DXEVOです。 なんかもう廃盤になったみたいですね(笑) ちょっと寂しい気がします。 ソロにはぴったりのサイズ感だし、値段も手頃。 でも炎幕DXにしたら良かったな~って今さら思います。 出発! 釣り開始! めっちゃセミ鳴いてます! も~今にも出そうな雰囲気。 セミルアーの釣りをするにはちょうど良い波風。 「ガポンッ!」「バシャッ!」って今にも出そう! しかし~ ダメっすね~ 1度セミルアー見に来たけどUターン。 本命らしき反応はそれっきりでした・・・・・ 結局クラウンまで行きました。 もう支笏湖の春の釣りは終了します、これからは渓流ですね! ちなみにニナルからクラウンまでの間にアングラー5人。 密です(笑) 土砂降りの中で準備 かなり汗をかいたので、シャワーを浴びに行きました。 美笛キャンプ場は10分100円でシャワーが使えます。 なので狭い中、夕食の準備開始です。 旨い! ちなみに嫁にライン送ったら、「岩みたいって」(笑) そんなこんなしてたら雨がやんで~ 綺麗なニジが! 夕食準備 すっかり天候が回復したので夕食の準備開始です。 今年は自分的には結構頑張ってタケノコとりました。 そしてはじめて水煮にも挑戦。 後は適当に野菜。 なまら、うめ~!っす!!! メスティン半年ぐらい前に買ったけど、コレほんとうまく炊けますね~ ソロには最適なサイズです! 焚き火 まずは薪割。 ちなみに去年からなかなか割れない固い薪ばかり残ってます。 今回は頑張って割りましたよ~ ホームセンターの薪、頑丈すぎるの混じってますね(笑) して、今回はファイヤースタータで着火。 あ、酔った勢いでもう1品 うめ~ して11時半に就寝。 ヒメマスつりのボートがたくさん出ているようです。 してまた眠る。 したっけ今度は、、、、 「ミーン!」「ジジジジー!」 って 時計を見ると4時45分 は!?セミってこんなに早く鳴くの(笑) 良い天気でしたからね、セミの気持ちもわかります。 眠い目をこすり朝の一杯。 今回はコーヒーじゃなくお吸い物(笑) して、朝食はいつものコレ。 がっつり食べました。 撤収 その後、まったりしてちょっと寝て・・・ ノースさんとお話して・・・・ 撤収の準備。 さぁ~次はどこに行こうかな? ニジ?ヤマメ? 楽しみなシーズンですね。

次の

北海道キャンプ場おすすめ人気12選!中級キャンパーが選んだ間違いない場所だけを厳選

支笏 湖 美笛 キャンプ 場

出入り口ゲート ゲートから入場する前に受付です。 受付カウンターで受付用紙に必要事項を記入 所定の利用料金を支払いすると入場カードが渡されます。 キャンプ場への出入りの際に利用します。 ゲート出口の機械 チェックアウト時には右側の機械にカードを入れ、ゲートが開きカードが戻ったら左の白いカード回収ボックスにカードを入れて退場します。 一時的に出かけるときはカードを持ったまま出て、戻ったら再度カードを利用して入場します。 美笛キャンプ場 センターハウス それでは受付があるセンターハウスを紹介します。 センターハウス入り口 こちらの窓口でレンタルや売店の商品の会計をします。 ラウンジ 中に入るとちょっとした休憩スペースがあります。 多くはないですが漫画などもおいているので本を読んでゆっくりと過ごすこともできます。 シャワールームやコインランドリーがあるので待っている間に利用するのにいいですね。 電子レンジやポットがあるのも嬉しいところ。 携帯電話の充電などにコンセントも開放されています。 売店 売店にはお酒、薪、遊び道具、皿などちょっとした忘れ物などにも対応できる商品が揃っています。 お菓子やカップ麺、調味料もありました。 フリーテントサイトA センターハウス向かいに駐車場があるフリーサイトA テントサイトAの駐車場と奥がサイト。 ごみ集積所と後ろに給水ポンプ室があるので、そこまでがフリーサイトです。 フリーテントサイトB キャンプ場右側奥にフリーサイトB ごみ集積所の隣にフリーサイトBの駐車スペースがあります。 右手のロープ柵の中がテントサイト。 分かりづらいですが、そこまで広くはありませんね。 湖畔フリーテントサイト キャンプ場内左手奥に湖畔フリーサイトがあります。 湖畔フリーサイトの駐車スペース。 駐車場後ろにこの様な道があるので降りて行くとテントサイトです。 通路には石などがあるのでキャリーカートで荷物を搬入するのは難しいです。 搬入搬出が少しきついですかね。 湖畔フリーサイト側 奥に行けば狭くなってきます。 したがって奥に張ることができれば自分の目の前に他の方がテントを張ることが無いのでサイトからの湖畔ビューは抜群です。 こんな感じ。 隣は近いですが、湖前は独占です! きれいな水の湖には小魚やエビが見えるので子供が網を持って一生懸命捕獲しています。 夏場は最高の遊び場ですね。 これはオートサイトの湖畔も同様です。 オートキャンプサイト メインのオートキャンプサイトです。 車を乗り入れて間近にテントの設営ができます。 ただ、湖畔の砂浜まで車は入ることができません。 現地でこの様な記載や名称で呼ばれている訳ではないのでご注意下さい。 右側オートサイト 管理棟前あたりから中央の広い区画を撮影。 オートサイトは自由に車を停めてテントの設営ができます。 右側奥のトイレ前から地図右下のオートサイト側を撮影。 左側オートサイト 車路は左周りの一方通行になっていました。 湖畔オートサイト びっしりとテントが設営されています。 一番人気の場所かもしれません。 出入り口以外にはロープがはられていて、それより先には車で侵入することができません。 オートサイトではありますが、近くに車を停めることができるだけです。 車のうしろがすぐに砂浜なので荷物の搬入搬出は楽ですね。 ところどころに倒木があり、ベンチ代わりなどに使えそう。 砂浜は広く、樹木が無いことから日当たりは良いです。 肌寒いことがある春や秋にはいいかもしれませんが、真夏は大変そうです。 トイレ トイレは二箇所で右側のトイレには多目的トイレもありました。 (写真は左側トイレ) 男子トイレ小便器はいずれも3個で大便器は2個です。 和便と洋便が各1です。 洋便器は温水洗浄便座でした。 女子便所は和便2個と洋2個だったそうです。 炊事場 炊事場も2箇所。 足洗い場 湖畔で遊んで砂だらけになった足の砂を落とせます。 また、生ゴミ入れも炊事場に併設されています。 ゴミ集積所 ゴミはなるべく持ち帰りが基本なのですが、やむを得ない場合は分別してゴミ庫へ出していくことができます。 その割には立派なゴミ集積所が3箇所あり、使用済みガス缶や電池の処分まできれいに分別しやすくなっております。 灰捨場も何箇所がありました。 美笛キャンプ場の混雑と場所取り 美笛キャンプ場は様々な雑誌やサイトで人気キャンプ場ランキングのトップに入っています。 さらに昨今のキャンプブームや札幌から近いということもあってか混雑しています。 平日でも混んでるときがあるようですが、トップシーズンの週末には受付に長蛇の列ができます。 1時間待ちのケースもあるのだとか。。。 また、混雑の一因として予約を受付ていないことも挙げられると思います。 早いもの勝ち。 チェックイン開始が7:00と他のキャンプ場に比べて早いので良き場所を取るために7:00には入場待ちの車があるほどです。 ちなみに僕らは9月3週目の土曜日8:30頃に到着しました。 前に5台くらい受付で車が並んでおり、場内に入るとすでに設営されているテントでビッシリ。。。 前日から宿泊していた方が多かったのだと思います。 週末に美笛キャンプ場へ行く場合はいい場所は簡単に取れないことを覚えておきましょう。 設営場所を確保するだけでも大変ですから。 それでも11:00のチェックアウト時には空きがでるのでそこを狙っておくのも一つの手です。 受付の混雑も考えて週末に行くなら9:00前の到着が必須です。 湖畔のいい場所をどうしても取りたい場合は平日一択だなと感じた初の美笛でした。 天気が良ければ夕日や朝日、星空などの素晴らし景観を見せてくれる美笛のロケーションは混雑や場所取りという困難と立ち向かってでも体感する価値のあるものなのではないでしょうか。 さいごに 千歳市支笏湖湖畔の美笛キャンプ場を紹介させていただきました。 さすが人気のキャンプ場。 大混雑でした。 湖畔で支笏湖を眺めながら過ごすキャンプ。 森の自然の中で過ごすキャンプ。 設営する場所で違った雰囲気や楽しみ方ができるキャンプ場です。 さすがに週末の混雑や設営場所の確保は辛いですが、それでもそれを我慢しただけの価値がある景観やキャンプライフが楽しめるサイトです。 もしも、、、 混雑していて入場できなかった場合は同じ支笏湖のモラップキャンプ場へ行ってみましょう。 モラップも同じように湖畔キャンプで人気ですが、いくらか美笛よりは混雑はましかもしれません。 次の記事ではモラップキャンプ場を紹介させていただきます。

次の

千歳市支笏湖モラップキャンプ場を満喫するための徹底ガイド【2020年最新版】|6tag.sixdegrees.orgポジラボ

支笏 湖 美笛 キャンプ 場

ロケーションがとにかく最高 美笛キャンプ場の設備 炊事場 炊事場も綺麗に保たれています。 洗剤やスポンジなどはありませんので持ち込んでください。 炊事場のすぐ隣には生ゴミ用のゴミ箱も完備されています。 ゴミステーション ゴミは分別して袋に入れれば捨てて帰ることができます。 ゴミ袋は指定のものではなく何でも良いようです。 「ごみを持ち帰ることが出来ず、どうしても捨てていく場合は分別し袋に入れて捨てるようにお願いします」と注意書きがありました。 お手洗い お手洗いも水洗で清潔に保たれていました。 管理棟内には広めの多目的トイレもあります。 売店・自販機 管理棟内の売店は小さいですが必要なもの一通り揃っています。 食料品:インスタント食品・お菓子・調味料など(生鮮食品は無し)• 釣り用品:エサ・網など• BBQ用品:着火剤・紙皿・軍手・トングなど• キャンプ用品:薪・レジャーシート・着火ライターなど• 日用品:石鹸・洗濯洗剤・タオルなど• レンタル:鍋・カセットコンロ・ランタンなど レンタル品で湯たんぽがあるのはさすがだなと!北海道の夜は寒いですからね。 暖かめの寝袋をお持ちくださいね。 売店の営業時間は10:00AM~6:00PMです。 売店の前にはレンジやポットの無料サービスもあります。 自販機コーナーもありますので、飲み物はこちらで買えます。 自販機コーナーは24時間空いています。 コインランドリー 管理棟内にはコインランドリーとシャワー室も完備されています。 コインランドリーとシャワーの利用時間は8:30AM~7:00PMまでです。 シャワー室 管理棟の中にシャワーが3つあります。 シャンプーやコンディショナーなどの備品はありませんので、持ち込んでください。 ドライヤーの貸し出しもしてくれるようです。 温泉 支笏湖の周りは温泉施設も豊富です。 支笏湖の周りにはなんと5箇所もの日帰り温泉施設があります。 オススメは「丸駒温泉旅館」です。 住所:北海道千歳市幌美内7番地• TEL:0123-25-2341• 受付時間:10:00~15:00• 定休日:年中無休• 料金:大人1,000円・小学生500円・乳幼児200円• 美笛キャンプ場の周辺情報 美笛キャンプ場の近くには 何もありません。 最も近いコンビニすら40km以上離れています。 食材やBBQ用品は 札幌や千歳市街地で購入してから行かれることを 強くオススメします。 コンビニ• セブン-イレブン千歳千代田店• 距離:41. 住所:北海道千歳市千代田町4丁目13• TEL:0123-22-3020 スーパーマーケット• ラッキー 千歳錦町店• 距離:41. 住所:北海道千歳市錦町4丁目25• TEL:0123-27-7676• 営業時間:10:00~21:45 ホームセンター• DCMホーマック 住吉店• TEL:0123-27-1496•

次の