武蔵小杉 下落。 ブリリア武蔵小杉が風評被害?トイレ禁止令!武蔵小杉駅周辺で大規模な冠水へ|トレンディーノート

二子玉川・武蔵小杉、台風被害で「資産価値暴落」説の真相

武蔵小杉 下落

台風19号の大雨の影響で浸水被害が発生した東急・JR武蔵小杉駅周辺のタワーマンションの住民は、ようやく普段の暮らしを取り戻しつつある。 同地域のタワーマンション計11棟のうち2棟は、台風の影響で地下の電気設備や水道ポンプが冠水し、停電、断水した。 だが29日までに、電気は完全に復旧。 水道もほぼ元通りになったが、タワーマンションの受水槽や給水層への被害から飲用はできない状況だという。 長引く被災によるダメージとブランドイメージの低下から、資産運用目的でマンションの住戸を所有していたオーナーらが、売却に舵を切り始るのではないかとの観測もある。 また今回、風水害への脆弱さが露呈したことで、東京湾岸のタワーマンション群の価格への影響を懸念する声も出始めた。 被災から2週間の武蔵小杉 29日夜、東急東横線武蔵小杉駅(川崎市中原区)から徒歩数分のタワーマンションに向かった。 にょきにょきと夜空に伸びる高層建築の窓からは、被災前と同じ生活の明かりが漏れていた。 以前、道路に残っていた泥の痕跡はもはやなく、見た目は完全に復旧しているように見える。 だが、家路を急ぐ住民の顔には一様に疲労の色がにじんでいた。 通りがかった女性は「マンション住民全体で決めました。 お話することができないことになっていますので」と言葉少なに立ち去った。 立ち止まった別の50代女性に話を聞いたところ、次のように語った。 「下水の逆流で排泄物が町中に散らばったとか、泥の撤去に来たボランティアにクレームをつけたとか、根も葉もないうわさが流れて武蔵小杉のイメージはボロボロ。 それもこれもあなたたちマスコミが面白おかしく煽ったから。 もともと長閑な町だったのに、もうそっとしておいてよ!」 また、仕事帰りというマンション住民の男性は「電気もガスも戻ったけれど、水道はまだ飲用に使えないんですよ。 当然、料理にも水道を使っていません。 これから煮炊き用のミネラルウォーターを買って帰ります」と自嘲気味に語った。 川崎市上下水道局サービス推進課は、こう話す。 「中原区内の上水道は復旧しました。 市管理の水道管を通って蛇口から出る水に関しては、これまで同様飲料水として利用可能です。 ただ、市の管理を離れてしまう各ご自宅の受水槽や給水槽などが被災されている場合は、それぞれでご対応いただくかたちになっております」 復旧したとしても、一度、下水に浸かったというイメージがあり、心理的に「飲用、食用として使いたくない」という思いもあるのだろう。 タワーマンションの周辺は、生活排水と雨水を同じ排水管で流す「合流式下水道」となっている。 大雨の場合、生活排水は雨水と一緒に多摩川の放水口で放流されるのだが、今回は台風の影響で川の水位が想定以上に上昇。 川の水位より高い位置に設置してあった放水口が水没し、川の水が逆流してマンホールから噴き出した。 放水口には水門が付いていて、川と市街地の排水を遮断することもできた。 ただ、水門を閉めれば川の水は逆流しないが、市街地の排水は不可能になり、結局、下水がマンホールからあふれ出ていた可能性もある。 あの時、誰がどうのように対応すればよかったのか。 そもそもタワーマンション建設を含む都市計画は本当に妥当だったのか。 今後も検証は続いていくだろう。 検証や復旧が長引く中、神奈川県内の不動産関係者は次のように話す。 「武蔵小杉のタワマンオーナーから『部屋を売りたい』との相談が出始めているようです。 終の棲家としてではなく、もともと資産運用目的で購入した一部のオーナーは、一連のトラブルと報道の影響で、期待していた価格まで値上がりしないことを見越して、売り抜けようと考えているようです」.

次の

都心タワマン投げ売りで武蔵小杉も値下がり? 安く買えるのはいつ

武蔵小杉 下落

東急東横線(出所:PIXTA) 東急東横線は、渋谷駅(東京都渋谷区)から横浜駅(神奈川県横浜市西区)までの21駅、24. 2kmを走行。 東急電鉄が運行する、東京中心部と横浜市を結ぶ鉄道路線である。 1922年、目黒蒲田電鉄(現東急電鉄)創立。 1927年に渋谷駅から神奈川駅間の直通運転を開始し、路線名が「東横線」となった。 2013年には、渋谷駅~代官山駅間の地下化と同時に、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線との相互直通運転を開始。 このため、東京メトロ副都心線や西武池袋線を通じて、埼玉方面へのアクセスが非常に良くなった。 一方、これまで日吉駅~北千住駅間まで乗り入れていた、東京メトロ日比谷線との直通運転を終了している。 横浜駅では、横浜高速鉄道みなとみらい線と相互直通運転を行っており、2022年には相鉄線との相互直通運転が予定されている。 1970年度には祐天寺駅~中目黒駅間で最混雑時間帯1時間の平均混雑率240%を記録していたが、1969年から編成数の増加と車両の大型化、1999年には多摩川園駅(現多摩川駅)から武蔵小杉駅間の複々線化など輸送力の増強に努め、2017年度には168%まで減少した。 (出典:) 上昇率上位は、駅を中心に開発が進んだエリアが多い まずは、東急東横線各駅の中古マンション価格の騰落率(マンションの値上がり、値下がり率)ランキングを見てみよう。 騰落率上位を占めるのは、 武蔵小杉や中目黒など、駅および駅周辺の総合的な開発を長年にわたり行ってきたエリアである。 また、綱島や大倉山といった、横浜市内へのハブ的役割を果たすエリアも含まれる。 とくに武蔵小杉駅は総合利回りでも1位。 駅舎は神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目に位置する。 渋谷駅へは10駅、乗車時間は特急利用で約20分。 東急目黒線も乗り入れている。 至近のJR武蔵小杉駅には、南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、相鉄線直通・埼京線直通が乗り入れており、アクセスは申し分ない。 2019年度の1日平均乗降人員は17万3,414人である。 (参照:) 武蔵小杉駅は、1945年に通勤専用の駅として開業。 1947年から一般客および手荷物の取り扱いを開始する。 2000年、東急目黒線の開業と、目黒線と都営三田線・営団(現東京メトロ)南北線との直通運転開始に伴い、西高島平駅・赤羽岩淵駅方面への始発駅となった。 1995年の「武蔵小杉タワープレイス」の竣工以降、 タワーマンションの建設が相次ぎ、駅周辺に林立する風景は壮観である。 保育園や学校、図書館などの公共施設、医療機関も駅周辺に集まっている。 2013年の「武蔵小杉東急スクエア」開業以降も大型の商業施設が増え続けていて、ますます活気づいている。 駅から離れた閑静な住宅街には戸建て住宅が多く立ち並んでおり、例年、住みたい街ランキングでは上位にランクインしている。 2019年の台風19号によるタワーマンションの停電や断水、朝のラッシュ時の混雑ぶりなど取り沙汰されるが、行政も参加した改善策が進められている。 武蔵小杉駅周辺のフラッグシップマンションとしては、 ・シティタワー武蔵小杉(70㎡換算で7,982万円、武蔵小杉駅徒歩4分) ・パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズイースト(70㎡換算で7,495万円、武蔵小杉駅徒歩4分) ・パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズウエスト(70㎡換算で7,474万円、武蔵小杉駅徒歩6分) などが挙げられる。 【関連記事はこちら】>> 東急東横線の駅別騰落率一覧は? 以下が東急東横線の駅別中古マンション騰落率の一覧だ。 渋谷から横浜まで順番に並べている。 中古マンション価格の下落が目立ったのは、都内から遠方に位置する駅や、急行通過駅となった。 ただし、最も価格が下落していた日吉駅は急行停車駅である。 日吉駅周辺(出所:PIXTA) 騰落率-26%で最下位となったのが日吉駅。 神奈川県横浜市港北区日吉2丁目にあり、渋谷駅まで12駅、乗車時間は特急利用で約25分。 東急目黒線、および横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れている。 2019年度の1日平均乗降人員は14万8,863人。 ここ10年近く毎年平均1%台の伸びを見せている。 (参照:) 日吉駅は1926年に開業。 東急電鉄発祥の地とされる日吉は、1930年頃まで農業地域であったが、1970年前後からの急激な都市化に伴い住宅地へと変貌を遂げていった。 駅東側には慶應義塾大学日吉キャンパスが広がり、その周辺は戸建ての多い住宅街になっている。 西側は駅を中心に道路が放射状に広がり、5つの商店街が連なっている。 繁華街を離れると低層マンションやアパートが見えてくる。 2駅隣にある武蔵小杉の急伸ぶりとは対極の、落ち着いた暮らしぶりに好感が持てる。 ただし、 最下位とは言っても、駅周辺に3棟のタワーマンションが建設中。 さらに、 2022年には日吉駅から新横浜駅を経由して相鉄線西谷駅まで直通運転をする、「東急新横浜線」の開業が予定されており、今後の展開が注目される。 総合利回りも武蔵小杉、代官山が上位に 次に東急東横線の各駅の中古マンション「総合利回り」を見ていこう。 総合利回りは、10年間での騰落率だけでなく、現在の賃料利回りも加味している指標で、投資利回りでもある。 総合利回りが高いということは、賃料が安定しており、自分で住む人だけでなく投資家も注目する根強い人気がある駅だ。 資産価値が高く、値崩れしにくい傾向があるとみていいだろう。 総合利回りの上位には、順位は若干異なるが中古マンションの価格騰落率と同様な駅が並んでいる。 2%で1位の武蔵小杉駅に次いでいるのが、総合利回り5. それでも総合利回りが高いのは、70㎡あたりの平均価格が1億915万円という、高価格帯の物件が多いからだろう。 代官山駅舎は、東京都渋谷区代官山町に位置する。 渋谷駅まで1駅、乗車時間は約3分。 2019年度の1日平均乗降人員は3万1,241人(参照:)。 1927年、東京横浜電鉄時に開業。 2013年、東京メトロ副都心線との相互直通運転開始に伴い地下化した。 駅北側には1996年まで、関東大震災後の住宅欠乏を緩和するために建てられた「同潤会代官山アパートメント」があったが、再開発によって取り壊され、2000年に複合施設「代官山アドレス」が誕生。 そこへ新進気鋭のデザイナーが立ち上げた新ブランドが多数出店、最先端のファッションタウンへと変貌を遂げ、代官山の知名度と地価を上げていった。 同地の「代官山アドレス ザ・タワー」は、付近一帯のランドマークとなっている。 しかし、駅周辺を離れると緑豊かで閑静な住宅街となっている。 代官山駅周辺のフラッグシップマンションとしては、 ・ウェリス代官山猿楽町(70㎡換算で2億793万円、代官山駅徒歩5分) ・ザ・コノエ代官山(70㎡換算で1億3,255万円、代官山駅徒歩1分) ・代官山アドレス(70㎡換算で1億1,836万円、代官山駅徒歩1分) などが挙げられる。 東急東横線の駅別総合利回り一覧は? また、以下が東急東横線の中古マンション総合利回りの一覧だ。 渋谷から横浜まで順番に並べている。

次の

東急東横線で住むべき駅ランキング!武蔵小杉、代官山は中古マンション価格が11%上昇!総合利回りは路線全体で高い傾向【完全版】|駅力ランキング[2020年]|ダイヤモンド不動産研究所

武蔵小杉 下落

武蔵小杉のタワーマンション群(撮影=編集部) 今、 武蔵小杉はどうなっているのか。 この間、浸水して停電が起こった「武蔵小杉駅前の タワーマンション2棟の不動産価格が下落している」など様々な情報が出ている。 果たして事実なのか。 被災2カ月後の武蔵小杉を取材してみた。 タワマン住民、市に賠償求め要望書 東急・JR武蔵小杉駅周辺を含む川崎市中原区の被害は、最終的に住宅半壊483戸、床上浸水381戸、床下浸114戸に上った。 タワーマンション付近などは最大浸水水約1. 3メートルだったという。 12月5日、浸水したタワーマンションの周辺に行ってみたが、電気も復旧し、平穏な日常を取り戻しているようだった。 男性住民に話を聞いたところ、次のように語った。 「何も話せません。 もうこれからは、法律的な話になってきています。 マンション価値が下がったという話を最近よく聞きます。 損害を被った分、ちゃんと被害弁償してもらわないといけないので」 確かに住民らはこの日、行動に出ていた。 5日付共同通信『武蔵小杉タワマン浸水、住民が検証と賠償求め要望書』によると、「被災住民らが5日、市が逆流を防ぐゲートを閉めなかった判断は過失だとして、第三者委員会による検証と賠償を求める要望書を福田紀彦市長宛てに提出した。 台風の影響で水位が上昇した際、市は雨水が街中にたまるのを避けるため操作手順書に従いゲートを閉めなかった。 11月から開いている住民説明会でも『適切な判断だった』と説明している」という。 市「手順書通り適切に行った」 浸水被害を受けたタワマンの周辺は、生活排水と雨水を同じ排水管で流す「合流式下水道」となっている。 大雨の場合、生活排水は雨水と一緒に多摩川の放水口で放流されるのだが、今回は台風の影響で川の水位が想定以上に上昇。 川の水位より高い位置に設置してあった放水口が水没し、川の水が逆流してマンホールから噴き出した。 放水口には水門が付いていて、川と市街地の排水を遮断することもできた。 ただ、水門を閉めれば川の水は逆流しないが、市街地の排水は不可能になり、下水がマンホールからあふれ出ていた可能性もあった。 川崎市はこのことを指して、ゲートを閉めなかったことを「手順書通りの適切な判断だった」としているのだ。 そもそも市が用意していた水門操作の手順が適切だったのかという疑問もある。

次の