整形 目 種類。 二重整形はバレる? 加齢による変化も覚悟を

【プロ監修】目の形9種類│形ごとに魅力を引き出す似合わせアイメイク術を徹底解説

整形 目 種類

埋没法の種類 メスを入れず、短時間で終わる二重整形として人気の埋没法ですが、埋没法には目に留める糸の数と、糸を留める場所によって、いくつかの種類に分かれています。 まずは、 目に留める糸の数での分類です。 糸の数は1箇所を留める場合には1点留め、そして2箇所を留める場合には2点留め、数が増えるごとに3点留め、4点留めまでがあります。 次は、 糸を留める場所による種類の違いです。 糸を留める場所には大きく分けて2種類があり、1つ目は瞼板に糸を留める施術、そして2つ目は挙筋に糸を留める施術です。 これらの施術の種類には、それぞれに向き不向き、そしてメリットとデメリットが存在します。 それでは、これらの施術の種類について、それぞれ詳しく説明していきます。 目に留める糸の数での分類 目に留める糸の数での分類には、それぞれどのような違いがあり、どのタイプを選べはいいのでしょうか。 その基準の1つが、瞼の形状です。 人それぞれ、瞼の厚さや脂肪の量は異なります。 そのため、誰でも同じように施術すればいいというわけではなく、瞼のタイプに合わせて施術する必要があります。 それでは、1点留めから4点留めまで、それぞれどのようなタイプの瞼に向いているのでしょうか。 まぶたのタイプと必要となる糸の数• 1点留め・・・薄い• 2点留め・・・比較的薄い• 3点留め・・・比較的厚い• 4点留め・・・厚い 脂肪の量による分類• 1点留め・・・少ない• 2点留め・・・比較的少ない• 3点留め・・・比較的多い• 4点留め・・・多い それぞれどのタイプの瞼なのかを照らし合わせ、プラスどのような形の二重の希望なのかを加味して、医師との相談の上で、何点留めで施術するのかを決めることになります。 目に留める糸の場所での分類 次に説明するのは、糸を留める場所による種類の違いです。 糸を留める場所は主に2箇所あり、1箇所は瞼板、そしてもう1箇所は挙筋です。 それぞれ、それがどういった箇所なのか説明するのとともに、各施術のメリットとデメリット、そしてどのような人に向いているのかを説明します。 瞼板に糸を留める方法「瞼板法」 まずは瞼板に糸を留める方法です。 瞼板とは、瞼の裏側にある硬い組織で、瞼を支える骨に近い役割をしているものです。 瞼板法とはどのような施術か 上記で説明した瞼板に穴を開けて糸を通し、糸を瞼の外側ではなく、瞼板側で結びます。 この方法が瞼板法と呼ばれ、結び目はなるべく瞼板の薄い部分で結ぶことになります。 瞼板法のメリット 瞼板法のメリットをピックアップしていきましょう。 まずは手術時間が短いという点。 埋没法はメスを入れない施術ではありますが、やはり手術をすることそのものに恐怖感を持つ方は多いです。 手術時間が短いことは、精神的負担の軽減になります。 次に抜糸がしやすいという点。 二重整形の手術をした後で、瞼や二重の形状に違和感をもったときや、単に気が変わってしまったとき、瞼板法は挙筋法に比べて抜糸が簡単なので、元に戻すことが比較的容易です。 そして、ダウンタイムが短いという点。 瞼板法も挙筋法もダウンタイムが短い施術ではありますが、瞼板法は挙筋法に比べて内出血が起きづらく、ダウンタイムはより短いといわれています。 瞼板法のデメリット 瞼板法にはメリットがあれば、デメリットもあります。 次はそれらをピックアップしていきましょう。 まず紹介しなければならないのは、目に違和感を感じる場合がある、というデメリットです。 瞼板法では、瞼の内側に結び目を作ります。 そのため、場合によっては結び目が眼球に当って違和感を感じたり、悪いケースでは眼球を傷つけてしまうこともあります。 また、糸が緩んでしまうことなどで、二重のラインが取れてしまうという可能性があります。 長く二重を維持したいという方には向いていないかもしれません。 そして、瞼のたるみの解消には効果がないという点もデメリットです。 二重への整形と共に瞼のたるみを解消したいという方には、別の施術をおすすめします。 瞼板法に向いているのはどんな人 瞼板法に向いている人は、まずなんといっても手術時間を短く済ませたいという人です。 そしてダウンタイムが短いということもあり、術後すぐにでも動きたい、忙しい人におすすめです。 また、身体的な特徴でいうと、瞼が薄い人に向いています。 瞼が厚くなるごとに留める箇所が増えていくことは説明しましたが、それはつまり、瞼が厚ければ、それだけ多くの箇所を留めないと対応できない、ということでもあります。 施術箇所を増やすにも限界があり、多くのクリニックでは4点留めまでが限度です。 そのため、瞼が厚い人には不向きと言えます。 挙筋に糸を留める方法「挙筋法」 では次に、挙筋に糸を留める施術についてです。 挙筋とは、正確には上眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉で、瞼を上に持ち上げるための筋肉です。 挙筋法とはどのような施術か 挙筋法とは、糸の一方を瞼の皮膚に、もう一方の糸を上眼瞼挙筋に通す二重手術です。 その際、結び目は瞼板よりも奥に作られることになります。 挙筋法のメリット 挙筋法にも瞼板法と同じく、いくつかのメリットがあります。 まず大きなメリットは、眼球を傷つける心配がないということです。 挙筋法では糸が完全に瞼の中に埋まっていますので、眼球に触れることがありません。 もうひとつのメリットは、より自然な二重を作ることができるという点です。 挙筋法では瞼を挙げるための挙筋に糸を結びます。 すると、自然に二重が出来るのと同じ理屈で二重を作ることができるため、仕上がりに違和感がありません。 また、瞼にたるみがある人や、厚い瞼をしている人にも効果的である点もメリットであると言うことができます。 挙筋法のデメリット 自然な仕上がるになるといった注目すべきメリットのある挙筋法ですが、反面デメリットも存在します。 まず大きなデメリットは、眼瞼下垂のリスクが高まってしまうという点です。 眼瞼下垂は瞼が開きづらくなるという病気ですが、挙筋法では筋肉に直接糸を結ぶため、将来的に眼瞼下垂になってしまう可能性が高くなると言われています。 また、抜糸がしづらいというデメリットもあります。 挙筋法では筋肉に糸を結ぶため、糸と筋肉が癒着してしまい、いざ抜糸をしたいと思ったときにそれが困難になってしまうのです。 瞼板法と比較するとダウンタイムが長いというデメリットもあります。 挙筋法は瞼板法よりも内出血が起きやすく、ダウンタイムが長くなってしまう可能性があるのです。 しかし、切開法と比較すればダウンタイムは短く、また軽微なものです。 挙筋法に向いているのはどんな人 挙筋法に向いているのは、より自然な二重にしたいという人です。 瞼板法よりもダウンタイムや手術時間が長くなってしまうことがありますが、それに耐えられる人におすすめできます。 また、瞼が厚い人にも向いているのがこの挙筋法です。 瞼板法では施術が難しいような厚みの瞼の人でも、挙筋法であれば自然な二重瞼を作ることができます。 眼球に傷がつくのが嫌な人にとってもおすすめです。 挙筋法であれば角膜などに傷がつく心配がないため、気になる人には瞼板法ではなく挙筋法の方が向いているといえます。 誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。 自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。 憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。 とはいえ、全くリスクがないわけではありません。 このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。 二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 二重整形の施術について 費用相場 埋没法の場合5万円~15万円程度、切開法の場合は20万円~40万円程度と、施術方法によって開きがあります。 自由診療ですのでクリニックによっても金額設定が異なります。 必ず事前に問い合わせてみることをお勧めします。 治療時間 埋没法の場合10分~30分程度、切開法の場合は1時間程度が一般的です。 通院期間 埋没法の場合は施術後の通院は必要ないと言われることが一般的。 切開法の場合は5~7日後に抜糸のために1度、1ヵ月後に経過観察のためにもう一度と、計3回の通院をすることが多いようです。 副作用・リスク 術後の腫れや内出血、仕上がりの左右差などの可能性があります。 また回復にかかる時間は1週間程度~1ヵ月程度と、個人差が発生します。 元々の目の形、なりたい理想の二重の形、その他症状などにより個人差があるものですので、必ず事前に十分なカウンセリングを行いましょう。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited. ) 当サイトは、2019年6月時点の情報をもとに作成しています。 最新の情報は、各公式ページをご確認ください。

次の

プチ整形にはどんな種類がある?クリニックや施術は何で選ぶべき?

整形 目 種類

この記事の目次• 目の美容整形の種類 目の美容整形は、一重を二重にするなど、目を大きく見せるものが基本になります。 ただ、「目を大きく見せる」というだけでも、たくさんの種類の美容整形がありますので、目の美容整形の代表的な6種類をご紹介します。 二重埋没法 二重埋没法は「プチ整形」として気軽にできる美容整形で、簡単に二重になることができるので、若い女性を中心に人気がある美容整形になります。 埋没法はメスを使わない美容整形です。 医療用の髪の毛よりも細い糸で瞼の筋肉と皮膚を2ヶ所留めることで、二重を作ります。 麻酔を使うため、痛みは少なく、10分程度で施術が終了し、手術当日からシャワーを浴びれますし、術後の腫れが少ないというメリットがあります。 二重切開法 二重切開法は瞼を切開して、縫い合わせることで、キレイな二重を作る美容整形になります。 二重切開法は、二重を作るラインを決めて、メスで瞼を切開し、瞼の脂肪を取り除いてから、縫合することで、二重を作ります。 埋没法は糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうリスクがありますが、切開法では一重には戻ることはありません。 また、自分の理想とする二重のラインを作ることができるというメリットがあります。 目頭切開法 目頭切開法は、目を大きく見せるための美容整形になります。 蒙古ひだという目頭から上瞼にかけての皮膚を切開することで、目の横幅を広げます。 目頭を切開することで、離れている目を近く見せることができますし、目を一回り大きくパッチリとした目元にして、目力をアップさせることが可能なのです。 目尻切開法 目尻を切開することで、切れ長で大きな目に見せることができます。 大きな目に見せることができますので、顔のバランスを整えることができます。 また、細く小さなきつい印象の目がくりっとした柔らかい印象の目にすることができるのです。 眼瞼下垂 瞼が下がり気味で、眠そうな目、ダルそうな印象の人がいますよね。 そういう人は眼瞼下垂の手術を受けることで、パッチリとした目元に変えることができ、目の縦幅を大きくすることで、目を大きく見せることができるのです。 眼瞼下垂の手術は、上の瞼を動かす筋肉である眼瞼挙筋を縫合して縮めることで、瞼が開く力を強化させます。 眼瞼下垂は肩こりや頭痛、眼精疲労などの原因にもなるものですから、眼瞼下垂の手術をすることで、目を大きく見せるだけでなく、これらの症状を緩和させることもできます。 眉下切開 眉下切開法は上の瞼がたるんでいる人におすすめの美容整形になります。 眉の下を切開して、上瞼の余計な皮膚や脂肪を取り除き、丁寧に縫合していくことで、上瞼のたるみを取って、スッキリした目元にすることができます。 上瞼の脂肪や皮膚を取り除いて、たるみを取ることで、目を大きく見せることができますし、若々しい目元に変えることができるのです。 隆鼻術(シリコンプロテーゼ) 鼻が低くて悩んでいる人は、鼻にシリコンプロテーゼを入れることで、鼻筋を通す隆鼻術の美容整形を受けると良いでしょう。 鼻が低いと、平べったく凹凸が少ない顔の印象になりますが、シリコンプロテーゼを入れて、鼻筋を通すことで、堀が深く、ハッキリとしていて、整った印象の顔立ちになることができるのです。 隆鼻術は鼻の穴の中から切開してシリコンプロテーゼを入れますので、傷跡は一切目立ちません。 鼻を高くするためには、ヒアルロン酸を注入する方法もありますが、ヒアルロン酸の注射だけでは、シリコンプロテーゼを入れるのとは違って、永久に鼻の高さを保つことはできません。 ヒアルロン酸は2~3年で体内に吸収されますので、注意が必要です。 小鼻縮小 鼻の美容整形の種類、2つ目は小鼻縮小です。 鼻の穴が大きい、鼻が横に広いなどの悩みを抱えている人は、小鼻縮小の手術を受けると良いでしょう。 鼻の穴の内部から切開して、余分な皮膚や組織を除去してから縫合することで、小鼻を小さくすることができます。 どんな鼻にしたいかによって、術式が少し異なりますので、納得いくまで医師に相談して、鼻のデザインを決めると良いでしょう。 鼻中隔延長 鼻中隔延長は鼻先を下の方に伸ばす手術になります。 鼻中隔の軟骨が小さいと、鼻の穴が上に向いているような鼻、「ブタ鼻」になってしまうんです。 鼻先を伸ばすことで、鼻の穴が上向きになっているのを修正して、鼻の穴が目立たなくなりますし、鼻筋が通ってシュッとした印象の鼻になるのです。 この手術に使う軟骨は、自分の耳の軟骨(耳介軟骨)や肋骨の軟骨(肋軟骨)を採取して使います。 鼻尖形成 鼻尖形成は、鼻先を細く整えることで、だんご鼻などのボテッとした鼻をタレントやモデルのようにスッキリとした鼻にすることができます。 鼻尖形成は鼻先にある軟骨や脂肪などの余分なところを取り除くことで、細い鼻先を作ります。 関連記事 ・ 輪郭や顎の美容整形の種類 小顔になりたい人は、輪郭や顎の美容整形の種類をチェックしておきましょう。 輪郭や顎の美容整形もたくさんありますので、どのような種類があるかを説明していきます。 顎形成(シリコンプロテーゼ) 輪郭や顎の美容整形の種類、1つ目は顎形成です。 顎にシリコンプロテーゼを入れることで、顎が前に出るようになりますので、理想的な顎のラインを作ることができます。 また、顎がスッキリとして、立体感のある顔立ちになることができますし、横顔のバランスがキレイになります。 口の中の粘膜を切開して、シリコンプロテーゼを入れますので、傷が目立つこともありません。 ヒアルロン酸を顎に注入することで、理想的な顎のラインを形成することができますが、2~3年で体内に吸収されるので、元に戻ってしまいます。 骨削り 骨削りには、顎削り、えら削り、頬削りの3種類があります。 余分な骨を削ることで、フェイスラインを整えることができるのです。 顎削りは顎が長い、顎が突き出ているなどの悩みがある人におすすめです。 口の中から切開して、余分な骨を削ることで、キレイな顎のラインを作ります。 えら削りは口の中の粘膜を切開して、えらの部分の骨と余分な筋肉を削ります。 えら削りをすることで、顔が一回り小さくなり、シュッとした小顔になることができるのです。 頬削りは、耳の横の生え際や口の中を切開して、頬骨を削ります。 頬骨を削ることで、柔らかく女性的な印象にすることができますし、小顔になることができるのです。 骨切り 骨切りの美容整形は、骨削りと似ていますが、削るのではなく切ってしまうので、より高い効果が得られます。 えら切りは下顎骨の厚みを減らし、下顎角(えらの骨)を切除します。 顎の骨切りは顎の骨を水平にカットしたり、顎の骨の中心部を切除した後に左右の骨をつなぎ合わせることで、ほっそりとした顎を作ることができます。 頬骨切りは頬骨の出っ張っている部分をカットして、さらに頬骨を内側に移動させることで、フェイスラインを整えます。 額形成(シリコンプロテーゼ) 額に丸みを出すことで、顔を立体的に見せることができ、外国人のように彫が深い顔立ちになることができます。 関連記事 ・ アンチエイジングの美容整形の種類 若々しく見られたいというあなたは、アンチエイジングの美容整形の種類を知っておきましょう。 アンチエイジングの美容皮膚科の領域での施術が多く、ヒアルロン酸を注入したり、ボトックス注射をして、しわやたるみを取るものが多いのですが、針や糸、メスを使った施術もあります。 ここでは、針や糸、メスでの美容整形の一例をご紹介します。 糸を使った施術 糸を使ったアンチエイジングの美容整形は、皮膚の中に糸を格子状に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促し、しわやたるみを取って、若々しい肌を作り出す美容整形方法です。 しわやたるみのほかに、毛穴の開きやくすみなども改善することができます。 この施術に使う糸は純金のとても細い糸や、体内で溶けて吸収される糸などが用いられます。 フェイスリフト フェイスリフトは、メスを使ったアンチエイジングの美容整形になります。 髪の生え際や耳の周辺など目立たない部分を切開して、たるみがある皮膚や筋肉組織を引っ張り上げて固定するので、しわやたるみが一気に解消しますし、そのしわやたるみが戻ることもありません。 顔全体のフェイスリフトをすることもできますし、首や頬など一部分だけをリフトアップすることも可能です。 胸の美容整形の種類 胸を大きくしたいなどの悩みを抱えている人は、胸の美容整形をチェックしておきましょう。 胸の美容整形は、豊胸だけではないって知っていますか? 豊胸(プロテーゼ) 豊胸の美容整形の代表的なものが、シリコンプロテーゼの挿入です。 脇の下を切開して、プロテーゼを挿入することで、2カップ以上のバストアップが可能になっています。 プロテーゼの形や大きさはたくさんありますので、理想的なバストになることができるのです。 また、プロテーゼをどこに入れるのかによって、仕上がりも変わります。 乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法の3つから選ぶことができます。 豊胸(脂肪注入) 自分の脂肪を注入することでも、豊胸することができます。 自分自身のお腹や太ももから脂肪を吸引して、その吸引した脂肪の中から良質なものを選んで、それを胸に注入する美容整形です。 自分の脂肪を注入して、豊胸しますので、豊胸後の手触りや見た目が自然になります。 陥没乳頭 乳首が引っ込んでいて、刺激しても出てこない状態が陥没乳頭です。 陥没乳頭は、将来の授乳の妨げになることがありますし、乳腺炎などが起こりやすくなります。 乳輪部分を切開して、乳首の裏から乳首を押し上げることで、陥没乳頭を治します。 この方法なら形を整えることができますし、乳管を傷つけることがなく、将来の授乳にも差し支えることはありません。 また、傷跡も目立たないという特徴があります。 乳頭縮小 乳首が大きくて悩んでいる人は、乳頭縮小の美容整形をすると良いでしょう。 乳頭縮小は、乳首の根元をカットして、縫い付けることで、乳首を小さくし、また形を整えることができますので、キレイな胸を作ることができるのです。 乳輪縮小 乳輪が大きくて悩んでいる人は、乳輪縮小の施術を受けましょう。 乳輪が大きい場合の手術方法は、たくさんありますが、基本は乳輪の外側部分を丸く切開し、縫い付けることで、乳輪を小さくします。 乳腺を傷つけることはありませんので、将来の授乳にも影響はありません。 関連記事 ・ 脂肪吸引(痩身)の美容整形 次の美容整形の種類は脂肪吸引です。 脂肪吸引は、太ももはお腹、二の腕などの部位がありますが、基本の施術方法はどれでも同じです。 皮膚の目立たない部分を小さく切開し、そこから細いカニューレ(管)を入れて、脂肪を吸引することで、理想のボディラインを手に入れることができます。 脂肪吸引は確実な部分痩せができるというメリットがあります。 ただ、脂肪吸引後は術後の腫れを抑えて、キレイなボディラインにするために、ガードルやサポーターを一定期間つけていなければいけません。 女性器の美容整形の種類 女性器に悩みを持っている人は、美容整形で悩みを解決できます。 女性器に関しては、なかなか周囲の人に相談できないので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 小陰唇縮小 小陰唇が肥大していて大きさに悩んでいたり、左右不ぞろいの形に悩んでいる人は、小陰唇縮小の手術を受けると良いでしょう。 小陰唇の不要な部分をカットすることで、形を整えて、小さくすることができます。 膣縮小術 出産等で膣が広がってしまった人は、膣を収縮させることで、悩みを解決することができます。 膣の入り口から3~4センチの部位を縫い縮めることで、膣を狭める手術を行います。 美容整形の種類についての総まとめ ・二重埋没法:プチ整形として有名で気軽にできる目の整形 ・二重切開法:瞼を切開して縫い合わせる目の整形。 理想どおりになる ・目頭切開法:目を大きくするための美容整形。 ぱっちりアイになりたい人に ・目尻切開法:目尻を切開して切れ長で大きな目にできる美容整形 ・眼瞼下垂:瞼が下がり気味な人におすすめの美容整形 ・眉下切開:上の瞼がたるんでいる人におすすめの整形 ・隆鼻術(シリコンプロテーゼ):鼻にプロテーゼを入れて鼻筋を通す整形 ・小鼻縮小:鼻の穴が大きい人や鼻が横に広い人におすすめの整形 ・鼻中隔延長:ブタ鼻を治したい人におすすめ。 鼻先を伸ばす整形 ・鼻尖形成:団子鼻などのボテっとした鼻をスッキリとした鼻に治す整形 ・顎形成(シリコンプロテーゼ):顎にプロテーゼを入れて立体的な顎にする ・骨削り:フェイスラインを整えたい人におすすめの整形 ・骨切り:骨削りより効果が高い美容整形でフェイスラインを明確に整えられる ・額形成(シリコンプロテーゼ):額に丸みを出せる美容整形 ・糸を使った施術:糸を使ったアンチエイジング整形でシワやたるみを改善 ・フェイスリフト:メスでたるみや筋肉組織を引っ張り上げて固定させる ・豊胸(プロテーゼ):脇の下を切開してプロテーゼを挿入する豊胸方法 ・豊胸(脂肪注入):自分の尻や太ももから脂肪を吸引して胸に注入する方法 ・陥没乳頭:乳首が引っ込んでしまっている人の施術 ・乳頭縮小:乳首が大きくて悩んでいる人におすすめの整形 ・乳輪縮小:乳輪が大きくて悩んでいる人におすすめ ・痩身の美容整形は、脂肪吸引が代表的 ・小陰唇縮小:小陰唇が肥大している人や不揃いの人のための整形 ・膣縮小術:出産などで膣が広がってしまった人におすすめ 美容整形の種類をまとめました。 美容整形の手術は、その部位によっていろいろなものがありますが、細かく分類すると、ご紹介した種類よりももっとたくさんあります。 どんな施術を受けるのかは、美容整形の医師としっかり相談して、メリットとデメリット、リスクなどにすべて納得してから、美容整形を受けるようにしましょう。

次の

腫れない二重埋没整形手術

整形 目 種類

アイプチ クリニックでの整形手術 二重まぶたを作るコスメ 二重まぶたの種類 まぶたには二重まぶたと一重まぶたの種類があります。 一重まぶたは1つしかパターンがありませんが二重まぶたにはいくつかパターンがあり、大きくは 「奥二重」「末広型」「平行型」の3つに分けられます。 あなたはどの種類の二重まぶたですか? 奥二重 一重まぶたに一見は見えますが、良く見ると二重まぶたのパターン。 二重がまぶたの奥に隠れているので一重に見えることがあります。 しかし良く見ると目尻の方が二重になっていたりするので印象は一重まぶたとは違います。 可愛い雰囲気の女の子に多いタイプのまぶたです! 末広型二重 日本人の顔の特徴に一番合っているのがこの末広型の二重まぶたです。 目頭は一重の様にくっついていますが目尻に向かうにつれて幅ができるタイプです。 違和感がなく自然な二重まぶたであり、日本人の理想にはこのまぶたが一番近いです。 幅の狭い平行二重 目と線の間が狭い二重まぶたです。 綺麗な二重まぶたであり、くっきりとしていて目が大きく見える上に割りと自然なので少しだけ派手めな顔になります。 平行型の二重まぶたは欧米人と同じ作りの目になるので華やかさが出るんです。 幅広平行二重 平行型の二重まぶたの中でも幅の広いタイプです。 みんなが憧れるハーフ顔の人はこのまぶたが多いですね。 紹介してきた中でも一番派手な印象を与え、力強さや凛とした印象を与えることができます。 二重まぶたと一重まぶたでの印象の違い 二重まぶたが美人の条件とされていますが実際は日本人の大半は一重まぶたです。 一重まぶたの与える印象はネガティブなものが多いです。 ・明るそう ・かわいい ・綺麗 ・憧れる ・コミュニケーションが得意そう このように二重まぶたは印象が良く憧れられます! 二重まぶたは美人顔の特徴の1つです。 その他にも美人顔の特徴や条件も知っておくとあなたもさらに美人に近づけます! くっきりまぶたの印象を与えるにはアイライナーが必須 一重まぶたや奥二重まぶたであっても、アイライナーを使用する事でハッキリした印象のまぶたになる事ができます。 二重の方もアイライナーを使用すれば、より綺麗な印象のまぶたになるので、使用していない場合は必ず使用しましょう。 二重美容液はナイトアイボーテがおすすめ WEBでお得に購入 公式サイトから購入することで格安で手に入れることができます。 通常価格4,500円のところ公式サイトなら 2,980円で購入が可能。 ナイトアイボーテの特徴 使用してみたところ、まったく肌荒れせず、寝る時のみの使用でくっきり二重が作れるようになりました。 現在できた二重の線を維持したいため、まだまだ継続していきたいと思います。 解約が簡単にできる ナイトアイボーテは定期購入しかないのですが、1ヶ月目から解約することが可能。 なので事実上単品での購入もできるという事になります。 解約の方法は電話のみです。 解約までのステップ step 1コールセンターに電話する step 2解約もしくは無期限休止したい意思を伝える step 3名前や電話番号など購入時に登録した情報を伝える step 4あれば解約理由を伝える step 5解約完了 また解約と無期限休止の違いですが 解約をすると再度ナイトアイボーテを購入する際には一から登録をし、さらに定価での購入になってしまいます。 しかし無期限休止の場合は電話1本で直ぐに定期便を再開することが可能。 また、価格も割安の2,980円となります。 二重にする整形手術が全て目頭を切る、という訳ではありません。 埋没法 糸を使った整形の方法でプチ整形と言われるものです。 切開をしないのでリスクが少なく、安いです! 手術後は腫れにくく、値段も安ければ5万円~とまだ整形に対して少し抵抗がある人にはおススメです。 糸で縫い合わせる方法ですので再度やり直しなんてこともできちゃいます! 整形をするか悩んでいる人は埋没法をしてみては! 部分切開法 メスを使った整形手術の方法です。 またミニ切開法とも言われています。 全切開法 ミニ切開法とは違うのはまぶたを切る長さが長いという事です。 ミニ切開と比べると効果が高いです。 その代わりダウンタイム(腫れが引くのを待つなど綺麗になるまで待つ時間)がミニ切開に比べ長いので 気になる方は全切開よりもミニ切開が良いです! 目頭切開法 目頭切開法はその名の通り目頭を少しだけ切ります。 目の横幅も広がるので大人っぽい美人の印象を与えることができます! みんなが憧れるハーフ顔の特徴の平行二重まぶたを手に入れたいなら、目頭切開法しかありません! この手術法は蒙古襞というものを取り除くのが最大の特徴となっています。 平行の二重まぶたになるかどうかは「蒙古襞」が大きく影響をしています! 蒙古襞について知らない方は是非読んでみてください!知ると面白いですよ! どこのクリニックに行けば良いか悩む という方には【東京ヒルズクリニック】がおすすめです。 芸能人やモデルが良く利用しているクリニックでインスタグラムでも良く紹介されています。 二重埋没法なら8,800円でできてしまいます。 また、サイトを開いて右上の「予約・カウンセリング」もしくはサイト下の方にある「無料カウンセリング予約」から無料で相談ができます。 まず気になることの相談やお話だけでも聞いてみることをオススメします。 クリニックのインスタアカウントではビフォーアフターの写真も紹介されているので どの程度変わることができるのか気になる方は実際に見てくださいね。 また、東京ヒルズクリニックは 二重と鼻の施術が得意分野なので二重手術をしたいあなたにはかなりおススメです! また、その他の二重にする方法はこちらで紹介しています。 二重まぶたの日本人の割合 生まれつき二重まぶたの日本人は3割ほどしかいません。 中でも白人のような蒙古襞のない並行の二重まぶたの日本人は1割にも満たないと言われるほどです! その割には二重まぶたの人が多いなと感じるなら、それだけ整形手術をする人が多いという事です。 やっぱり最近はいきなり顔が変わった、とかの知り合いも多いです正直。 なので最初は抵抗があるかもしれませんね。 まずはクリニックで相談をしてみたり、実際に整形手術をしたことのある知り合いに話を聞いてみるのは良いかも知れませんね。 思ったよりも抵抗がなくなるかもしれません! まとめ 二重まぶたは「奥二重」「末広型」「平行型」の3つに分けられる。 一重まぶたと二重まぶたでは与える印象が大きく違います。 一重はネガティブ、二重はポジティブな印象を与える 二重まぶたは整形手術をすることで手に入れることができ、2つの種類に分けられます。

次の