ムフェト。 【アイスボーン】ムフェトジーヴァ一撃周回の方法を手順化!高速周回用の対策装備もチェック!【モンハンワールド】

【MHWIB】ムフェトジーヴァ戦での敵視の取り方・タンクのやり方

ムフェト

【 緊急任務の進め方】• 偵察任務をクリアしている• セリエナに総司令が来ているので話しかける• 緊急任務解放 「ムフェトジーヴァ」の緊急任務クエストは偵察任務をクリアすることで解放されます。 総司令に話しかけて任務を進めましょう。 攻撃や会心率上昇、スロット増加など様々な強化ができ、自分好みの武器にカスタマイズができます。 ムフェトジーヴァの弱点属性・肉質・耐性 モンスターの初期位置 マップ 幽境の谷 弱点属性・肉質・エキス 弱点属性は無く、毒や爆破、龍封力が有効です。 武器種別おすすめ部位 武器種 有効部位 切断系 前脚>頭>尻尾 打撃系 後脚>頭 ガンナー 翼>尻尾>脚 「ムフェトジーヴァ」は部位毎に有効な武器種が分かれている為、部位破壊を行いたい場所に合わせて装備を変更しましょう。 特にムフェトジーヴァの「前脚、翼、後脚」は 有効武器以外の攻撃はほぼ効かない為注意しましょう。 自傷効果のあるEX龍紋シリーズと逆恨みの相性が良く、解放・体力珠を組み込むと、逆恨みのレベルを更に上げられます。 ムフェトジーヴァの素材や覚醒武器を集めたい時は一撃周回で効率良く集めましょう。 敵視を上手く利用しよう 「ムフェトジーヴァ」のクエストでは敵視を取ることが可能です。 敵視を取った際に、近すぎたり遠すぎたりすると暴れまわるので頭付近で立ち回りましょう。 ただし、敵視を取ったプレイヤーがあまり攻撃できてないと、敵視が解除され激しく暴れまわる危険な状態になるので要注意です。 敵視中のハンターはクラッチを使用せず、傷付けなどは敵視以外のハンターが行いましょう。 第1層は落石やツタを活用 第1層は落石とツタ罠で拘束することができ、成功させると必ず地脈エネルギーを吸収します。 計2回利用することができれば第1層の 地脈エネルギーが枯渇します。 ツタ拘束 「ムフェトジーヴァ」は1層のマップ端で怯ませるとツタで拘束することができます。 通常のツタより長い時間拘束ができるので利用しましょう。 落石 「ムフェトジーヴァ」と戦う「幽境の谷」の初期エリアには落石ポイントが マップの上側と左側の2箇所にあります。 うまく当たれば大ダウンを取れるので、付近まで移動させたら素早く落としましょう。 第2層は部位破壊を狙いつつ、龍封力武器で殴ろう 第2層は地形ギミックが存在しないため、ひたすら殴って地脈エネルギーを消費させる必要があります。 そこで使えるのが「」が付いている武器です。 龍封力は「ムフェトジーヴァ」のエネルギー消費を早める効果がある様で、実際地脈エネルギーの吸収を早めています。 第3層はガス爆発や臨界時に乗りを狙おう 第3層で必殺技の「王の雫」を使用してくると、地面からガスが吹き出しているギミックが出現します。 おびき寄せて爆発させましょう。 臨界状態は肉質が軟化しダメージが通りやすくなります。 この状態は攻撃が激しくなるので、乗りダウンを狙って一気に畳み掛けましょう。 ガス爆発 最下層のマップ端にあるガスが吹き出しているところは、 モンスターの攻撃やスリンガー弾で爆発させる事ができます。 爆発を当てることができれば、大ダメージに加えて怯みも取ることが出来るため、敵視などで引きつけて積極的に狙いましょう。 段差やジャンプ攻撃で乗りを狙おう 「ムフェトジーヴァ」は通常の「ゼノジーヴァ」とは違い乗り攻撃ができるモンスターで、乗り攻撃後ダウン値を溜めずに直ぐダウンを取ることができます。 段差を利用したりジャンプ攻撃ができる武器を使用すると安全に攻略ができるでしょう。 ムフェトジーヴァの攻略方法・立ち回り 攻略立ち回り参考動画 マルチ推奨のクエスト 「ムフェトジーヴァ」はマルチで戦うことが推奨されているクエストです。 武器ごとに有効な部位が違い、役割分担して部位破壊を行い攻略することがカギになります。 必殺技の王の雫は石柱に隠れよう 即死技の「王の雫」はマップ上にある石柱に隠れてやり過ごす必要があります。 また、緊急任務では 着弾までのモーションがかなり短くなっているので、ムフェトジーヴァが飛び上がった時はすぐに岩を探して隠れましょう。 (この岩ですが、ハンターに当たると尻もち状態になるので要注意)現在このブレスを行わないで岩なし「王の雫」や2連続「王の雫」を確認しています。 敵視の引きつけ失敗で上空に放つブレスが行われない• 上空に放つブレスを怯ませて石柱が形成されない• DPS不足または、DPS過多で本来あるべき過程が飛んでしまっている 対策• 枯渇したかどうかは、各層毎にNPCが「枯渇しました」というセリフで判断できます。 最下層でこれを言ってくれれば討伐まであと一歩です。 これを計2回行わせることで第1層地脈エネルギーの枯渇が可能です。 敵視は1人のプレイヤーを狙ってくる反面、他のプレイヤーの攻撃チャンスとなる為、ガード可能なランスやガンランスがおすすめです。 地脈エネルギーを枯渇させるのが難しい第2層、最下層で利用すると良いでしょう。 クラッチクローで肉質を軟化させよう 「ムフェトジーヴァ」は肉質が硬いのでクラッチクローで傷を付けてダメージを与えることが重要です。 すべての武器が1回で傷が付くようになっているので隙を見て傷を付けましょう。 またムフェトジーヴァは 地エネルギーを吸収して傷を回復するので、回復したら再度傷を付けましょう。 捕食ブレスは必ず粉塵を撒こう 「ムフェトジーヴァ」が敵視中にしてくる捕食ブレスは体力が満タンでも瀕死になる危険な技です。 さらに、捕食されたハンターが地面に叩きつけられた際に「炎やられ」になってしまいます。 予備モーションで 飛びかかってくる行動をするので受けないように回避し、マルチなどで捕食されているプレイヤーがいたら「」で助けてあげましょう。 最下層での臨界状態を確認 「ムフェトジーヴァ」の緊急任務の最下層で臨界状態を確認しました。 臨界状態になると翼が光り、肉質が軟化し胸への攻撃が有効になるようです。 また、臨界状態は即死ブレスを放つと解除されていました。 毒と爆破のダメージが高く有効な属性 「ムフェトジーヴァ」は毒のダメージが通りやすいモンスターで、1分間で2000のダメージが入ります。 「」を担ぐか「」を持っていきましょう。 さらにリオレイア防具のシリーズスキル 「毒ダメージ強化」をつけると毒のダメージ時間が1分から2分になります。 また、「ムフェトジーヴァ」は爆破のダメージも通りやすく、固定で600のダメージが入り破壊できる部位で爆発させると部位破壊も狙えます。 ムフェトジーヴァが出現するクエスト 種類 クエスト名 偵察任務 緊急任務 1撃周回の解説動画 関連リンク ゼノ成体関連 ムフェトジーヴァの記事 ムフェト攻略 アイスボーンの大型モンスター攻略 アイスボーン ムフェトジーヴァ.

次の

【MHWアイスボーン】ムフェトジーヴァに龍封力は必要?不要?一撃討伐なら不要だった

ムフェト

前回はを紹介したので、 今回は ムフェトジーヴァ戦における敵視の解説をしていきます。 【朗報】タンクが非常に活躍します。 敵視を取るメリット• 味方が集中して部位破壊できる• 地脈エネルギーを消費させられる• ガス爆発に誘導可能• 隠れる岩がない事件を防ぐ では敵視について解説をしていきます。 敵視について 2階層以降は攻撃を継続してヒットさせていると、自分を含めた味方の誰かに敵視が向きます。 その際にクラッチクローで頭に張り付き 全弾発射(要スリンガー所持)をすることで、味方から敵視を引き受ける(奪うw)ことが可能です。 壁にぶつけなくても全弾発射さえすればOKですが、 闇雲に敵視を取りに行くと弾き飛ばされてしまいます。 なので、 転身or不動の装衣を着用してから敵視を取ることをおすすめします。 そして無事敵視を取ったあとは、ベヒーモス戦の時と同様に敵視プレイヤーを狙って攻撃を繰り出してきます。 ただ、ベヒーモス戦の敵視とは異なる部分があり、それは 必ず決まった時間で敵視が外れる訳ではない という点です。 先述したようにムフェトジーヴァから敵視を取るのは簡単なのですが、実はその 敵視状態を維持するのが意外と難しいのです。 では、どうやって敵視を維持し続けるのかというとそれは・・・ 攻撃し続けることです。 判定がダメージ量なのかヒット数(攻撃頻度)なのかは分かりませんが、 敵視中も隙を見てどんどん攻撃をしなければ敵視を維持できません。 もし攻撃量が足りなかった場合は引き付けることに失敗し、このような文字が出てせっかく取っていた敵視が外れてしまいます。 しかも 敵視が途中で外れてしまうとデメリットがあり、 ムフェトジーヴァの攻撃が速くより激しくなってしまいます。 更にこの後、 再び敵視を取るには時間がかかる(誰かが自然に敵視を取らなければいけない)ので、1度向けられた敵視はなるべく維持し続けるよう努力しましょう。 また、敵視中は「 味方が各部位に集中して攻撃しやすい」だけでなく 「地脈エネルギーの枯渇を早める」ことも出来るので 一石二鳥とはまさにこのことですねw 敵視中の注意点 先述したように敵視中は攻撃し続けなければなりません。 そして、ムフェトジーヴァから極端に離れることも避けなければなりません。 なので、ガス爆発トラップ誘導に意識し過ぎてしまうのはNGです。 ガス爆発は偶然近くにいるときにのみ狙っていきましょう。 また、敵視中の攻撃は非常に激しく(執拗) ガード性能5&ガード強化を付けていもひるむ攻撃、ダメージを受ける攻撃が多いです。 恒例の ガード無視拘束攻撃もあり、それを被弾してしまうと このように体力が0になりますw ただ、この状態でも何故か生きているので 起きた後すぐに秘薬を飲めば助かります。 (火属性やられになっているとそのまま乙ってしまうので、火耐性20以上があると安心) その後少し間を空けてビームが飛んでくるので早急に対処しましょう。 (味方が優しいと粉塵を撒いてくれますw) そして もし味方が拘束された際は迷わず粉塵を撒いてあげましょう。 拘束攻撃終盤時に使用するのが吉です(攻撃序盤はまだ体力が減っていない為) この拘束攻撃自体を回避するためには、 なるべくムフェトジーヴァの顔付近で戦わないことです。 敵視を取っている状態ではなかなか難しいですが、 腕や胸(臨海時)を狙って攻撃すれば比較的安全に立ち回ることが可能です。 敵視が途中でとけてしまった場合、 上から岩を降らせる咆哮をしてこない場合があるのです。 なので、敵視を維持するというのは 全滅を防ぐ意味でも非常に大切な役割なのです。 ということで、敵視については以上となります。 敵視を取るメリットまとめ• 味方が部位破壊をしやすい• 地熱エネルギーを消費させられる• ガス爆発に誘導可能• 隠れる岩がない事件を防ぐ パーティーに一人タンクがいるのといないのとでは大違いです。 (野良ではタンクがいると喜ばれる模様) みんなを守りたい、敵を引き付けて遊びたい方は是非ランス(ヘヴィボウガン?)で遊んでみてはいかがでしょうか。 おまけ では、おつかれろんり~!.

次の

【MHWアイスボーン】覚醒武器太刀の当たりとおすすめ覚醒能力丨赤龍ノ閃ク刃【モンハンワールド】|ゲームエイト

ムフェト

そもそも龍封力とは? 龍封力とは龍属性武器にのみ付与されている能力で、 古龍の特殊な能力を抑える力があります。 龍属性武器で一定のダメージを与えると、龍封力による特殊な怯みが発生し、古龍の纏っているバリアが弱まったりします。 効果の大きさは大、中、小に分かれ、武器によって違います。 また 龍封珠という装飾品を使用すれば、龍封力中の武器でも龍封力大にする事ができます。 ムフェトジーヴァ戦では、地脈エネルギーの枯渇を早めるという効果があり。 結果的に討伐タイムを早めるので、龍封力大が推奨されていました。 一撃討伐なら龍封力の効果は薄い 龍封力によって地脈エネルギーの枯渇が早くなるのですが、一撃討伐は地脈エネルギーの枯渇と関係なく討伐を狙います。 そもそも地脈エネルギーとは集会所で共有しているムフェトジーヴァの最大HPだと思ってもらうと分かりやすいです。 集会所の地脈エネルギーが満タンの状態だと討伐まで時間がかかり、20分経過して逃げられる事もあります。 しかし集会所の地脈エネルギーが少ないときは、あっという間にムフェトジーヴァがエリア移動して討伐できるのは皆さん経験済みだと思います。 その為、地脈エネルギー満タンの状態から討伐を狙う 一撃討伐には龍封力の効果が薄いと言えるのです。 集会所に複数PTなら効果あり 集会所に複数のパーティーがいるなら、集会所で共有している地脈エネルギーの枯渇を早める事ができるので、龍封力の効果があります。 特にクエスト失敗を繰り返しているパーティーが多いほど、 地脈エネルギーが少なくなる事によりムフェトジーヴァを討伐しやすくなります。 逆に一撃討伐狙いで集会所に4人しかいない場合は、龍封力による恩恵がほぼ無いと言えます。 2周討伐狙いでも龍封力は有効 1周目で部位破壊と地脈エネルギーを削り、2周目で討伐を目指す 2周討伐なら龍封力は有効だと言えます。 特に集会所のパーティーの数が増えるほど地脈エネルギーの枯渇が早まりますので、2周目の討伐スピードアップに繋がると言えます。 地脈エネルギーが枯渇したなら龍封力は不要 複数PTがいる場合などでは龍封力が有効ではありますが、 地脈エネルギーが枯渇したなら龍封力は不要となってしまいます。 その為、2周目討伐の2周目などで地脈エネルギーが枯渇している場合は、龍封力強化を外してより火力の高いスキル構成に変更することがおすすめです。 結論:一撃討伐に龍封力は不要。 地脈エネルギーに関係なく討伐を目指す 一撃討伐には龍封力は不要と結論します。 ただし龍属性自体は他属性と同じく有効です。 爆破は火力が高いですが、耐性がついてしまいます。 麻痺や睡眠武器は状態異常がコントロールしにくいので推奨しません。 なので覚醒武器で龍属性を作った人は、龍封力は中のままで使用しても問題ありません。 結局の所、解析情報がないので、経験による結論になっている事をご了承ください。

次の