適応症 英語。 ディナゲスト(ジエノゲスト)は後発品の適応の違いに注意【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

協和キリンなど、米国でCrysvita(burosumab)の腫瘍性骨軟化症の適応追加申請がFDAに受理 :日本経済新聞

適応症 英語

起立性低血圧があらわれることがあるので、臥位のみならず立位又は坐位で血圧測定を行い、体位変換による血圧変化を考慮し、坐位にて血圧をコントロールすること。 本剤の投与初期又は用量の急増時等に、意識喪失、立ちくらみ、めまい、悪心、心悸亢進、胸部不快感等が発現することがある。 特に前立腺肥大症に伴う排尿障害患者では投与初期又は用量の急増時の3日以内に立ちくらみがあらわれることがある。 その際は仰臥位をとらせるなど適切な処置を講ずること。 また、必要に応じて対症療法を行うこと。 本剤の投与初期又は用量の急増時等に、起立性低血圧に基づく立ちくらみ、めまい等があらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う作業に従事する人には注意を与えること。 本剤による前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合には手術療法等、他の適切な処置を考慮すること。 相互作用 類似化合物(プラゾシン塩酸塩)で腎及びその他の動脈狭窄、脚部及びその他の動脈瘤等の血管障害のある高血圧患者で、急性熱性多発性関節炎がみられた1例報告がある。 しかし、NMRI系マウス、SD系及びWistar系ラットを用いた試験では、腫瘍発生は報告されていない。 薬物動態 本態性高血圧症、腎性高血圧症及び褐色細胞腫による高血圧症を対象とした臨床試験(二重盲検試験を含む)総計810例の臨床効果は下表のとおりである。 疾患名\有効率(%) 有効以上 やや有効以上 本態性高血圧症 64. 疾患名\改善率(%) 改善以上 やや改善以上 前立腺肥大症に伴う排尿障害 53. 疾患名\改善率(%) 改善以上 やや改善以上 神経因性膀胱に伴う排尿困難 56. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 501-517, 1987. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 549-557, 1987. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 535-548, 1987. Procter et al. , Urapidilのマウス混餌経口投与による24ヵ月がん原性試験(科研製薬(株)社内資料). White et al. , ラットにおける混餌経口24ヵ月癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). Chesebrough et al. , マウスのプロラクチンレベルに対するurapidilの影響(科研製薬(株)社内資料). 螺良義彦, CD-1系マウスにおける乳腺癌ウィルス(MTV)の存在について(科研製薬(株)社内資料). Meier-Doerzenbach et al. , マウスにおけるウラピジル経口投与(80週間)による癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). Chevalier et al. , ラットにおけるB 66 256(ウラピジル)24ヵ月間経口投与による癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). 日野尚子 他, 臨床薬理, 18, 407-418, 1987. 丹治昭治 他, クロスオーバー法によるBKU(urapidil徐放性カプセル製剤)の15mgカプセルと30mgカプセルとの生物学的同等性試験(科研製薬(株)社内資料). 小池勇一 他, 臨床薬理, 18, 579-588, 1987. 石井當男 他, Progress in Medicine, 7, 560-582, 1987. 金子好宏 他, 臨牀と研究, 64, 2218-2234, 1987. 武田忠直 他, 臨床薬理, 17, 347-358, 1986. 土肥和紘 他, 臨牀と研究, 64, 1628-1634, 1987. 鈴木 信 他, 臨牀と研究, 64, 1303-1313, 1987. 岸本 進 他, 降圧薬BKU(Urapidil)の気管支喘息に及ぼす影響(科研製薬(株)社内資料). 武田忠直 他, Progress in Medicine, 7, 583-596, 1987. 土肥和紘 他, 臨牀と研究, 64, 2279-2290, 1987. 吉永 馨 他, Progress in Medicine, 7, 310-321, 1987. 金子好宏 他, 医学のあゆみ, 142, 271-299, 1987. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 3, 1369-1375, 1990. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 5, 735-745, 1992. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 6, 267-279, 1993. 安田耕作 他, 泌尿器外科, 6, 259-266, 1993. 斉藤 泰 他, 西日本泌尿器科, 55, 1522-1531, 1993. 安田耕作 他, 泌尿器外科, 7, 1287-1294, 1994. 山西友典 他, 泌尿器外科, 7, 1295-1302, 1994. Yasuda et al. , The Journal of Urology, 156, 1125-1130, 1996. 安田耕作 他, 日本神経因性膀胱学会誌, 7, 3-24, 1996. 永井 敦 他, 泌尿器外科, 10, 71-78, 1997. 熊澤淨一 他, 西日本泌尿器科, 59, 563-572, 1997. 山西友典 他, 泌尿器外科, 10, 161-169, 1997. 村井 健 他, 応用薬理, 33, 355-364, 1987. Schoetensack et al. , New Drugs Annual;Cardiovascular drugs, 19-48, 1983. 築山久一郎 他, 臨床薬理, 18, 363-377, 1987. 村井 健 他, 応用薬理, 33, 365-376, 1987. 伊東春樹 他, 臨床薬理, 18, 611-618, 1987. 梅津照彦 他, 応用薬理, 33, 377-385, 1987. 中村治雄 他, Progress in Medicine, 7, 297-309, 1987. Schoetensack et al. , Artzneim. -Forsch. /Drug Res. , 27 II 10 , 1908-1919, 1977. 藤井政博 他, 薬理と治療, 20, 2443-2448, 1992. 藤井政博 他, 薬理と治療, 24, 2159-2167, 1996 作業情報.

次の

タクロリムス

適応症 英語

起立性低血圧があらわれることがあるので、臥位のみならず立位又は坐位で血圧測定を行い、体位変換による血圧変化を考慮し、坐位にて血圧をコントロールすること。 本剤の投与初期又は用量の急増時等に、意識喪失、立ちくらみ、めまい、悪心、心悸亢進、胸部不快感等が発現することがある。 特に前立腺肥大症に伴う排尿障害患者では投与初期又は用量の急増時の3日以内に立ちくらみがあらわれることがある。 その際は仰臥位をとらせるなど適切な処置を講ずること。 また、必要に応じて対症療法を行うこと。 本剤の投与初期又は用量の急増時等に、起立性低血圧に基づく立ちくらみ、めまい等があらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う作業に従事する人には注意を与えること。 本剤による前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合には手術療法等、他の適切な処置を考慮すること。 相互作用 類似化合物(プラゾシン塩酸塩)で腎及びその他の動脈狭窄、脚部及びその他の動脈瘤等の血管障害のある高血圧患者で、急性熱性多発性関節炎がみられた1例報告がある。 しかし、NMRI系マウス、SD系及びWistar系ラットを用いた試験では、腫瘍発生は報告されていない。 薬物動態 本態性高血圧症、腎性高血圧症及び褐色細胞腫による高血圧症を対象とした臨床試験(二重盲検試験を含む)総計810例の臨床効果は下表のとおりである。 疾患名\有効率(%) 有効以上 やや有効以上 本態性高血圧症 64. 疾患名\改善率(%) 改善以上 やや改善以上 前立腺肥大症に伴う排尿障害 53. 疾患名\改善率(%) 改善以上 やや改善以上 神経因性膀胱に伴う排尿困難 56. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 501-517, 1987. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 549-557, 1987. 大導寺俊平 他, 応用薬理, 33, 535-548, 1987. Procter et al. , Urapidilのマウス混餌経口投与による24ヵ月がん原性試験(科研製薬(株)社内資料). White et al. , ラットにおける混餌経口24ヵ月癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). Chesebrough et al. , マウスのプロラクチンレベルに対するurapidilの影響(科研製薬(株)社内資料). 螺良義彦, CD-1系マウスにおける乳腺癌ウィルス(MTV)の存在について(科研製薬(株)社内資料). Meier-Doerzenbach et al. , マウスにおけるウラピジル経口投与(80週間)による癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). Chevalier et al. , ラットにおけるB 66 256(ウラピジル)24ヵ月間経口投与による癌原性試験(科研製薬(株)社内資料). 日野尚子 他, 臨床薬理, 18, 407-418, 1987. 丹治昭治 他, クロスオーバー法によるBKU(urapidil徐放性カプセル製剤)の15mgカプセルと30mgカプセルとの生物学的同等性試験(科研製薬(株)社内資料). 小池勇一 他, 臨床薬理, 18, 579-588, 1987. 石井當男 他, Progress in Medicine, 7, 560-582, 1987. 金子好宏 他, 臨牀と研究, 64, 2218-2234, 1987. 武田忠直 他, 臨床薬理, 17, 347-358, 1986. 土肥和紘 他, 臨牀と研究, 64, 1628-1634, 1987. 鈴木 信 他, 臨牀と研究, 64, 1303-1313, 1987. 岸本 進 他, 降圧薬BKU(Urapidil)の気管支喘息に及ぼす影響(科研製薬(株)社内資料). 武田忠直 他, Progress in Medicine, 7, 583-596, 1987. 土肥和紘 他, 臨牀と研究, 64, 2279-2290, 1987. 吉永 馨 他, Progress in Medicine, 7, 310-321, 1987. 金子好宏 他, 医学のあゆみ, 142, 271-299, 1987. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 3, 1369-1375, 1990. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 5, 735-745, 1992. 河邉香月 他, 泌尿器外科, 6, 267-279, 1993. 安田耕作 他, 泌尿器外科, 6, 259-266, 1993. 斉藤 泰 他, 西日本泌尿器科, 55, 1522-1531, 1993. 安田耕作 他, 泌尿器外科, 7, 1287-1294, 1994. 山西友典 他, 泌尿器外科, 7, 1295-1302, 1994. Yasuda et al. , The Journal of Urology, 156, 1125-1130, 1996. 安田耕作 他, 日本神経因性膀胱学会誌, 7, 3-24, 1996. 永井 敦 他, 泌尿器外科, 10, 71-78, 1997. 熊澤淨一 他, 西日本泌尿器科, 59, 563-572, 1997. 山西友典 他, 泌尿器外科, 10, 161-169, 1997. 村井 健 他, 応用薬理, 33, 355-364, 1987. Schoetensack et al. , New Drugs Annual;Cardiovascular drugs, 19-48, 1983. 築山久一郎 他, 臨床薬理, 18, 363-377, 1987. 村井 健 他, 応用薬理, 33, 365-376, 1987. 伊東春樹 他, 臨床薬理, 18, 611-618, 1987. 梅津照彦 他, 応用薬理, 33, 377-385, 1987. 中村治雄 他, Progress in Medicine, 7, 297-309, 1987. Schoetensack et al. , Artzneim. -Forsch. /Drug Res. , 27 II 10 , 1908-1919, 1977. 藤井政博 他, 薬理と治療, 20, 2443-2448, 1992. 藤井政博 他, 薬理と治療, 24, 2159-2167, 1996 作業情報.

次の

適応症

適応症 英語

適応障害とは、その名の通り ストレスに適応できないためにさまざまな心身症状が表れ、日常生活をうまく送れなくなってしまう疾患です。 ある特定の状況や出来事が、その人にとってストレスとなり、耐えがたく感じられることで、気持ちや行動にいつもとは違う症状が現れます。 ストレスの感じ方やそのとらえ方は人それぞれです。 大きなストレスを感じていても、気持ちの問題だなどと我慢し、知らず知らずのうちに適応障害になっている人も少なくありません。 さらに、 ストレスを我慢したり、耐え続けたりすると重症化し、うつ病や不安障害などの深刻な疾患を発症してしまうことがあります。 気持ちや体に不調が出てきたら、我慢や無理をせず、早めに病院に行くことが大切です。 適応障害は、他の精神疾患の基準を満たしていないこと、すでに存在する精神疾患の単なる悪化でもないことが分かって初めて診断されます。 例えば、うつ病などの気分障害や不安障害などの診断基準を満たす場合はこちらの診断が優先され、適応障害とは診断されません。 つまり、気分障害や不安障害ほど重い症状ではないけれど、健康な状態とは言えない場合、適応障害となるのです。 なお、この記事ではアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)に準拠して、適応障害を説明していきます。 例えば、次のような症状が現れます。 例えば、以下のような行為です。 ・万引き ・行き過ぎた暴飲暴食 ・危険運転 ・友達や家族への暴力 ・無断欠席 ・公共施設への落書き など このような、年齢や社会的役割にふさわしくない行動がみられます。 また、子どもが適応障害になった場合、指しゃぶりや赤ちゃん言葉といった「赤ちゃん返り」が見られることもあります。 私たちは日頃、さまざまなストレスに囲まれて生活しています。 一般的に ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態をいいます。 例えば、結婚のように一般的に良いとされることであっても、その変化によりある種の緊張を私たちは感じます。 こうした日々の緊張のとらえ方や、ストレスを受けた時の対応方法によって、ストレスは私たちに良い影響を与えることもあれば、悪い影響を与えることもあります。 適応障害は、ストレスが私たちの心身に悪い影響をもたらした場合に発症します。 そのストレス源が一つの出来事であるとは限らず、さまざまな状況が重なって原因を形成することがあります。 また、大きな出来事からくる単発的なストレスだけでなく、長年にわたり続いていたり、反復したりするストレスもあります。 では、例えばどんなことが私たちのストレスとなりうるのでしょうか。 以下に代表的なものをご紹介していきます。 ・ 家庭での問題 家族内における病気、介護、別居、子育て、子どもの反抗期、過干渉・過保護など ・ 友達・恋人との関係上の問題 浮気の発覚、離別、喧嘩、絶交 など ・ 学校、職場、近所関係上の問題 いじめ、パワハラ、セクハラ、不信など ・ 心理社会的問題 家族や友人などの親しい人との死別、一人暮らし、異文化を受け入れる(留学など)、転校、仕事上の問題(失業・復業、勤務条件、業務量が過度に多い、決定権のなさ、業務の目的が不明)など ・ 大きな節目や行事 結婚、妊娠・出産、就職、昇進、卒業、子どもの独立、クリスマスなどの行事など ・ 本人の健康の問題 病気、リハビリ、禁酒、禁煙、重病の疑いなど ・ 環境的な問題 引っ越し、経済状況、天災や戦争に遭遇など 内的要因:本人の資質 ・感情の揺れ幅が大きい 喜怒哀楽の表わし方、処理の仕方が分からず、感情の起伏が激しいなどです。 ・傷つきやすい 周囲に言われた些細なことを気にしすぎて傷つきやすい気質です。 プライドが高すぎる場合も傷つきやすいと言われています。 ・自立神経のコントロールがうまくいかない ストレスは自律神経を介して脳に影響します。 もともと自律神経のバランスが乱れやすい人は適応障害になりやすいと言われています。 ・0か100かで判断してしまう 別名、白黒思考や悉無律思考(しつむりつしこう)などといいます。 物事を白か黒で判断し、グレーゾーンを認めない気質です。 ・頼みごとなどを断れない 相手に悪印象を与えると思い、頼みごとなどを断れない人はストレスをため込みやすい傾向があります。 ・まじめだが頑固 まじめにコツコツ仕事や勉強を進めるため、いい加減が許せずなかなか許容ができないという気質です。 この他には、ストレス経験が不十分なために、ストレス耐性が弱かったり、ストレスへの対処能力が低かったりする場合も考えられます。 適応障害はどのぐらいの期間続くの? 適応障害は、ストレスのもとである明確な出来事や状況の始まりから3ヶ月以内に気持ちの面または行動面の症状が出現します。 しかしそのような出来事や状況が終わったり離れることができれば、6ヶ月以内に症状は治まると言われています。 つまり、適応障害の期間は、ストレスの原因と状況次第であると言えます。 その期間が6ヶ月未満の場合には急性、6ヶ月以上の場合には持続性と呼ばれます。 ・急性(6ヶ月未満) ストレスの原因が急に起こった場合はすぐ発症し、その原因がなくなれば比較的短い間(数ヶ月以上は続かない)で症状は消えます。 ・持続性(6ヶ月以上) ストレスの原因またはその結果として起こった出来事が長引く場合、障害も長期間存在し持続性の病型となります。 パーソナリティ障害とは、一般の人と比べて著しく偏った考え方や行動パターンのために家庭生活や社会生活、職業生活に支障をきたした状態を指します。 パーソナリティ障害は、回避性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害などをはじめ10のタイプに分類されるほど、人によってかなり違いが見られます。 適応障害との鑑別に関しては、一般的に、適応障害発症以前から、どのような症状が見られていたかによって、パーソナリティー障害との区別や、合併の有無を判断します。 例えば、感情が不安定であり些細なことでも大きく反応してしまう場合、急に怒ったり反社会的な行為が見られたりする場合などは、パーソナリティー障害との合併が考えられます。 不安障害 不安障害とは、状況や具体的なものに対して、過剰に不安、恐怖心を感じ、それによりさまざまな影響が身体と精神に現れ、社会生活を送ることに支障が出てしまう疾患です。 症状も適応障害ととてもよく似ていて、憂うつな気分、不安感、意欲や集中力の低下、イライラ感などといった精神的な反応や、頭痛、動悸、汗が異常に出るなどの身体的な反応が現れます。 適応障害との違いは、症状の持続する期間が一番わかりやすいかもしれません。 急性適応障害の場合、6ヶ月未満であるのに対し、不安障害は6ヶ月以上症状が確認されることが診断基準の1つでもあります。 ただ、6ヶ月以上症状が続いても持続性の適応障害であると判断されることもあるため、自分がどちらに当てはまるかわからない場合は専門家の判断に従いましょう。 発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹 でこぼこ と、その人が過ごす環境や周囲の人との関わりのミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害のことです。 発達障害の特性から生きづらさを感じたり、生活を送る上で困難が生じたりすることがあります。 そんな困り感からストレスを多く感じ、適応障害になることもあります。 友達とのコミュニケーションがうまくとれなかったり、自分の居場所を見つけられず孤独感を感じたりといった、発達特性と周囲の環境との不適応経験が、本人にとっての強いストレスとなる場合があります。 そのため、発達障害の二次障害として適応障害が発生することは考えられます。 適応障害かもしれないと思ったら?.

次の