ゆで卵 保存。 【ゆで卵は冷凍できる!】ゆで卵の冷凍方法と保存期間、レシピ紹介

ゆで卵の最適な保存方法・保管温度は?日持ちさせる方法・賞味期限も

ゆで卵 保存

コンテンツ• ゆで卵の保存・常温や冷蔵での賞味期限は? まず、 常温保存の場合です。 殻付きで、殻にヒビなどが入っておらず、 固茹で状態のものに限ります。 「夏場はまず無理」と思って下さい。 食べる分だけその都度茹でて、すぐに食べましょう。 どうしても常温保存したい場合は、温度管理に充分注意して下さい。 大丈夫かどうかビクビクしながら食べることを思えば、 冷蔵したほうが温度管理は簡単で安心です。 ただし、冷蔵でも賞味期限は3日です。 多少ヒビが入っていても2日以内に食べれば大丈夫です。 それならいっそのこと冷凍してしまえば、と思うかもしれませんが、ゆで卵を冷凍すると白身の部分がボソボソになってしまい、美味しくなくなってしまいます。 どうしても冷凍したい場合は、ゆで卵をみじん切りにして マヨネーズであえた状態で密閉容器に入れるか、1回に使う分ごとにラップで包むかや冷凍用の保存袋に入れて冷凍して下さい。 使う時は自然解凍か電子レンジの解凍機能を使います。 この状態でしたら、1ヶ月ほど保存できます。 ゆで卵の保存・殻付きと殻なしで異なる? ゆで卵を 殻付きの状態か、もしくは 殻を剥いてから保存するかで賞味期限は変わってきます。 殻付きのままのほうが、当然長持ちすることになります。 殻にヒビが入っていたり、殻を剥いてしまったりしたゆで卵は常温に置いておくことは難しく、冷蔵の場合でも1日~2日が限界になります。 前述した通り、殻付きであれば、冷蔵で3日までなら持たせることができますので、すぐに食べない時は殻は剥かずに保存しておきましょう。 朝食用に前の晩に茹でたり、お弁当として持っていったりする場合は、殻を剥かずに冷蔵庫に入れておいたほうが安心ですね。 ゆで卵の保存・水に浸けると賞味期限が延びる? ゆで卵を水に浸けるのは、 殻を剥きやすくするのが目的で、保存の為には効果はありません。 そもそも茹でてしまった卵は生に比べて賞味期限は短くなり、長く保存する方法はほとんどありません。 どうしても日持ちさせたい場合は 煮卵にする方法があります。 煮汁の味付けを濃くし、酢も入れるようにすれば冷蔵庫で半熟の場合3日から4日、固ゆでの場合1週間から10日は持たせることが可能です。 煮汁はしっかりと煮立たせ、卵も煮汁もしっかり冷ましてから冷蔵庫に入れるようにして下さい。 煮卵の場合、漬け込む時間が長いほうが卵は美味しくなりますが、煮汁が先に傷んで来てしまうようです。 2日くらいで一度卵を取り出して再沸騰させるか、新しい煮汁に交換したほうがよいでしょう。 したがって、水に浸けておくと長持ちするというのは、単なる噂のようです。 やはり、ゆで卵はその都度食べる分だけ茹でるのが一番安全ですね。 鶏卵でもうずらの卵でも、その期間はあまり変わりません。 お弁当に殻を剥いたゆで卵を入れる場合は、持ち歩く時の温度管理にも充分注意するようにしましょう。 カテゴリー• 140• 117• 287• 173• 123•

次の

固ゆでも半熟も思いのまま!ゆで卵の作り方と保存術|デイリシャス[楽天レシピ]

ゆで卵 保存

様々な調理方法で、私たちの食卓に並ぶ卵。 値段も安価で、ボリューム・栄養もあり、節約したいときやダイエットの際にも大活躍ですよね。 なかでも、ゆで卵はそのまま食べることができたり、スライスしてサラダに乗せたり、みじん切りにして調味料と混ぜ、パンに挟んだりと、数え切れないほど多くの食べ方があるとても魅力的な食材です。 茹でておけば殻を剥くだけで簡単に食べることができるので、小腹が空いたときのストックやお子様のおやつとして冷蔵庫に常備しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。 このように、何かと便利そうなゆで卵ですが、実は意外と賞味期限が短く、扱いに注意が必要な食材だということをご存知でしょうか。 そこでこの記事では、殻が付いている場合と付いてない場合の ゆで卵の賞味期限や冷蔵庫での保存方法、ゆで卵を日持ちさせる方法について説明します。 特に茹でる際に卵にヒビが入りやすいですが、鍋に直接卵を落とし入れるのではなく、お玉などに卵を乗せ、そっと鍋の中に入れるとヒビが入らないのでおすすめです。 また、上記の賞味期限の範囲内であっても、ゆで卵が傷んで食べられなくなることもあります。 白身の色がピンク色等に変色している場合や、異臭がする場合、糸を引いている場合などは腐っている可能性がかなり高いので食べないようにしてください。 殻なしのゆで卵 殻なしのゆで卵(固ゆで)の賞味期限は、 冷蔵庫での保存で半日~1日(当日)とされています。 殻を剥いたときに手の雑菌が付着してしまう可能性もあり、賞味期限はかなり短いです。 そのため、基本的には食べる直前に殻を剥くことをおすすめします。 半熟のゆで卵 半熟ゆで卵の賞味期限は 冷蔵庫での保存で、1日以内(当日中)です。 特に、殻なしの半熟ゆで卵は早めに食べることを心掛けましょう。 半熟卵は黄身がとろとろでおいしいですが、長持ちさせたい場合には固ゆで卵にするのが大切なポイントです。 ゆで卵は、• 約6分半茹でると超半熟卵• 約7分~8分茹でると半熟卵• 約12分茹でると固ゆで卵 になります。 ゆで卵の冷蔵庫での保存方法 冬場においては常温保存も可能なゆで卵ですが(殻付き固ゆで卵に限る)、冷蔵庫での保存が基本とされています。 そのため、以下ではゆで卵を冷蔵庫で保存する場合の保存方法について説明します。 ドアポケットに卵を保存するスペースがある場合、そこにゆで卵を保存したい方もいらっしゃるかもしれませんが、ドアポケットは冷蔵庫の開け閉めによって温度の変化を受けやすい場所のため、 冷蔵室の棚のような、あまり温度変化のない場所で保存しましょう。 殻なしゆで卵の場合も、殻付きゆで卵と同じくドアポケット以外の場所で保存しましょう。 また、殻なしのゆで卵を当日中に食べられそうにない場合は、味付き卵や煮卵にすると、調味料の量や卵の茹で加減によっても異なりますが、約3~5日ほど長持ちするのでおすすめです。 以下に簡単にですが、作り方を記載しておきますので、興味がある方はぜひ作ってみてくださいね。 要点まとめ• 殻付きゆで卵の賞味期限は約3~4日(ヒビが入っているものは約2日)• 殻なしゆで卵の賞味期限は約半日~1日• 味玉や煮卵にすると約3~5日ほど日持ちする 以上が大まかなポイントです。 ゆで卵は簡単に作れてとても便利ですが、意外と賞味期限が短いので、長期保存には向いていない食材です。 卵を長持ちさせたいのであれば生卵のまま保存し、調理の前に加熱するようにしましょう。 ゆで卵を作ったのに食べきれないというような場合には、味玉や煮卵にすると数日は賞味期限が延びるのでぜひ試してみてくださいね。

次の

ゆで卵の保存方法と賞味期限は?

ゆで卵 保存

ゆで卵は冷凍するとまずい?!水につけると逆に日持ちしない?! ゆで卵といえば、使う時に茹でて、殻をむいて、すぐに使用することがほとんどだと思います。 卵は、生と、茹でた場合で、保ちが違い、保存方法も違うのをご存知でしょうか? 卵のイメージって、少し時間がたってしまうと、生のドロッとした生鮮品なので、悪くなってしまう気がしますよね? しかし、実は、生卵の方が、持ちが良いんですよ!! しかも、常温でも保存が可能という驚き!! ただ、注意してほしいのが、真夏の猛暑の時期や、直茶日光が当たるところでは 保ちも悪くなるので、いつでもどこでも常温保存がきくわけではありません。 よく考えてみると、スーパーでも、常温で卵が売られていたりしますよね!? スーパーでも、冷蔵で売られている場合は冷蔵の方が良いでしょう。 冷えたり、あったまったり、の温度差は、傷みを速めてしまうので、一定温度で保存しておく方が良いのです。 ・・と、生卵のお話が長くなってしまいましたが、 今回のメインの、ゆで卵の場合です! ゆで卵の場合は、一度固まってしまったものは、傷みが早くなるんです。 更に、殻付きと、剥き玉子では、保存期間が変わります。 殻付きでひびが入ってない場合は、約3日。 剥き卵に関しては、半日~1日。 しかも、常温ではなく、冷蔵保存での目安になります。 茹でることによって、菌の繁殖を抑える成分が分解されてしまうので、 どんどん、菌が繁殖しやすい状況になってしまうということなのです。 よく、 水に浸けておけば保存ができる。 なんて話も聞きますが、卵自体が、 菌が繁殖しやすい環境になってしまいますし、水自体も、日がたつと、腐りやすいのでこれは 間違いですね! では、 冷凍は!? チャレンジしたことある方はわかると思いますが、冷凍することによって、白身の水分が抜けて、 ゴムのような食感になってしまいます・・ 黄身は、そんなに食感が変わらないので、問題ないですが、ゆで卵そのままで冷凍は、保ちは冷蔵よりは保ちますが、 美味しくはいただけないのです。 スポンサーリンク この方法なら断然保つ!保存方法大公開!保存したゆで卵はいつまで使えば良い? 先ほどもお伝えしたように、茹でてしまった卵は、あまり、保存がききません。 傷まない範囲内での保存といえば・・ 殻付きのまま、冷蔵保存が、ベストです。 茹でるときに穴をあけたり、ヒビを入れると殻をむきやすくなるので、実践している人も多いと思いますが、ひびが入っていると外気に触れてしまうため、2日以内に食べた方が良いです。 すぐに使う場合以外で、茹でるのなら、ヒビを入れずに茹でた方がよいでしょう。 茹であがったら、冷水につけて、しっかりと卵を冷やしてから冷蔵しましょう! 先程、冷凍はお勧めできない。 とお話ししましたが、冷凍しても、黄味の食感はさほど変わらないのです。 水分が抜けてしまうのは白身なんですよね。 なので、黄味のみの冷凍や、崩してタルタルのようにしてからの冷凍保存は可能です。 フォーク等で崩して、塩コショウ等の、下味をつけておけば、冷凍保存して、使うのも時短になるので良いかもしれません! 我が家では、マグカップにゆで卵を入れて、ナイフで、カチャカチャと切る感じで崩しています!飛び散らないし、コロコロと転がってしまわないのでとてもやりやすいですよ! ゆで卵は、固ゆでにした方が、冷凍時も保存しやすいので、保存する予定があるときはしっかり固めに茹でましょう! まとめ 私も、古くなってきたから茹でちゃおう!なんて考えてましたが、逆に保ちが悪くなっていたんですね。 ゆで卵の保存期間があまりに短くて、残念に感じますが、 新鮮なかったばかりの卵より、数日たった、常温の卵を使ったほうが、殻も剥きやすくなります。 殻をむくときは、タッパーに少量の水をはって、卵を入れてカチャカチャと振ると、殻にひびがたくさん入り、その隙間に水分が回ってくれるので、キレイに殻が剥けます! 作り置きできない分、作業時間を短くする方法を利用してくださいね!.

次の