デンタル サポート 寒竹。 歯科経営者に聴く 郁栄会 寒竹理事長から学ぶ|e

デンタルサポートグループに医科の医療法人が加わりました|デンタルサポート株式会社、医療法人社団 誠知会のプレスリリース

デンタル サポート 寒竹

取り組み 私たちのあゆみ お身体が不自由、ご高齢で寝たきりなどの理由からご自身で歯科医院に通院できない方のご自宅・施設・病院に歯科医師・歯科衛生士が歯科診療に伺う「訪問歯科診療」への取り組みが、私たちのスタートです。 訪問歯科診療を希望する高齢社会からのニーズに応えられる体制を整え、歯科医師・歯科衛生士が診療に専念できるよう株式会社がサポートをするという、日本で初のビジネススキームを構築。 1998年に医療機関と企業が両輪で取り組むという現在のスタイルを確立し、日本最大の歯科グループに成長させてまいりました。 2008年には介護事業、医科の訪問診療も開始し、グルーブ内で歯科・医科・介護が提供できる体制となりました。 海外においてはアラブ首長国連邦(UAE)の医科・歯科併設のクリニック「SAKURA Medical and Dental Clinic」を開設。 2014年からは独立行政法人国際協力機構(JICA)「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」に採択されたODA、「歯科技工/歯科医療サービス普及促進事業」を行っております。 歯科・医科・介護のワンストップサービス 高齢社会に貢献するには医科・介護との連携は必須です。 歯科・医科・介護がスムーズに連携して健康管理から日常生活まで全てをカバーすることができるワンストップサービスを患者様・お客様お一人おひとりの立場に立って提供する、それがDSヘルスケアグループの目指すサービスの姿です。 DSヘルスケアグループの原点である歯科を軸足にそれぞれの事業の強みを活かし、歯科・医科・介護のワンストップサービスの提供を目標として掲げ、それを拡充することに注力しております。 医療の産業化 医療・介護の全ての業種をグループ内に持つということは、日本の社会保障システムの実情を反映さる縮図でもあり、国が抱える問題とDSヘルスケアグループの問題は相似します。 DSヘルスケアグループが医療と介護を協同させて産業化することに成功すれば、国の問題解決のモデルケースとなることが可能だと思っております。 グローバル展開 産業化とグローバル展開は隣接な関係にあります。 社会保障の枠の中で産業化を望んでも難しく、国の体力も持ちません。 グローバル展開の突破口は、世界でもトップレベルの技術を持つ歯科技工にあると考えております。 歯科医療の世界は急速にデジタル化が進んでおり、口腔内のデータをデジタルでやり取りすることで世界中から注文を受け、日本の技術を輸出することが可能になります。 まずは技工が世界に出ていくことで、そこに必ず機材、材料、薬剤、本体の医療が後に続きます。 かつての自動車産業が日本を変えたように、これからは医療が日本を支える産業になると考えております。 グループ概要 名称 DSヘルスケアグループ 代表・CEO 寒竹郁夫 本部所在地 〒261-8501 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟17階 デンタルサポート株式会社内 TEL 043-213-7977.

次の

デンタルサポートの2ch掲示板

デンタル サポート 寒竹

php on line 316 高齢者など通院が難しい患者に対して 訪問歯科診療を行うビジネスを展開する デンタルサポート。 このデンタルサポートを率いるのが 寒竹郁夫(かんたけ いくお)社長です。 寒竹氏は1957年東京都墨田区生まれの57歳。 10歳の頃に千葉県船橋市に移り住んだのだ そうです。 船橋高校から日本大学松戸歯学部へ進学。 船橋高校は千葉県屈指の名門校です。 高校の同級生がなんと野田佳彦前首相。 その縁で寒竹氏が野田氏の後援会長を務めて いました。 同級生に首相経験者がいるってなかなか ないですよね。 日本大学松戸歯学部へ進んだのは父親も 開業歯科医で跡を継ぐ運命にあったから なのだそうです。 日大には歯学部と松戸歯学部の二つの 歯学部があります。 さらには日本大学松戸歯学部付属病院という 病院まであります。 いやぁ日大っていろいろやってますね。 大学の規模がハンパない。 大学在学中は硬式野球部に所属していた という寒竹氏。 じつは高校でも硬式野球部だったという 高校球児でした。 大学ではキャプテンを務めたほか、 卒業後にヘッドコーチや監督まで務めた のだそうです。 意外にしっかりとした野球人生を歩まれて いたんですね。 大学院に進学し、6年+4年の10年間大学に 在学し、29歳の頃に開業します。 しかし、歯医者さんって街中にいっぱい ありますよね。 寒竹氏が開業した当時もすでに歯科医の 飽和状態で経営も厳しいものだった そうです。 国内初となる訪問歯科診療を手掛けていく ことになります。 しかし、順調には事業は進まず、 事業提携していた介護事業大手の コムスンに買収を打診されます。 それを断ると今度はスタッフの引き抜き工作 を受け、データ類までまるごと持ち去られる という憂き目に遭います。 なんともひどい話ですね。 まぁこんな強引な手法を用いて事業拡大する 企業が長持ちするわけもなく、コムスンは 不正事件を起こし2009年に解散しています。 それだけでなく訪問歯科を始めるにあたって 日本歯科医師会や行政からの反発に晒され たりもしました。 それを乗り越えて今や歯科医師や歯科衛生士 を400人以上を抱え、売り上げも100億円に 迫るほどだとか。 これから超高齢化社会を迎える中で、 訪問歯科診療のニーズもどんどん高くなって いくでしょう。 紆余曲折を経て、デンタルサポートが全国の 都道府県を制覇する日はそう遠くないかも しれませんね。 デンタルサポートの今後に大注目です。

次の

日本初の訪問歯科を開拓した異端児歯科、医科、介護のワンストップを実現デンタルサポート社長 寒竹郁夫

デンタル サポート 寒竹

取り組み 私たちのあゆみ お身体が不自由、ご高齢で寝たきりなどの理由からご自身で歯科医院に通院できない方のご自宅・施設・病院に歯科医師・歯科衛生士が歯科診療に伺う「訪問歯科診療」への取り組みが、私たちのスタートです。 訪問歯科診療を希望する高齢社会からのニーズに応えられる体制を整え、歯科医師・歯科衛生士が診療に専念できるよう株式会社がサポートをするという、日本で初のビジネススキームを構築。 1998年に医療機関と企業が両輪で取り組むという現在のスタイルを確立し、日本最大の歯科グループに成長させてまいりました。 2008年には介護事業、医科の訪問診療も開始し、グルーブ内で歯科・医科・介護が提供できる体制となりました。 海外においてはアラブ首長国連邦(UAE)の医科・歯科併設のクリニック「SAKURA Medical and Dental Clinic」を開設。 2014年からは独立行政法人国際協力機構(JICA)「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」に採択されたODA、「歯科技工/歯科医療サービス普及促進事業」を行っております。 歯科・医科・介護のワンストップサービス 高齢社会に貢献するには医科・介護との連携は必須です。 歯科・医科・介護がスムーズに連携して健康管理から日常生活まで全てをカバーすることができるワンストップサービスを患者様・お客様お一人おひとりの立場に立って提供する、それがDSヘルスケアグループの目指すサービスの姿です。 DSヘルスケアグループの原点である歯科を軸足にそれぞれの事業の強みを活かし、歯科・医科・介護のワンストップサービスの提供を目標として掲げ、それを拡充することに注力しております。 医療の産業化 医療・介護の全ての業種をグループ内に持つということは、日本の社会保障システムの実情を反映さる縮図でもあり、国が抱える問題とDSヘルスケアグループの問題は相似します。 DSヘルスケアグループが医療と介護を協同させて産業化することに成功すれば、国の問題解決のモデルケースとなることが可能だと思っております。 グローバル展開 産業化とグローバル展開は隣接な関係にあります。 社会保障の枠の中で産業化を望んでも難しく、国の体力も持ちません。 グローバル展開の突破口は、世界でもトップレベルの技術を持つ歯科技工にあると考えております。 歯科医療の世界は急速にデジタル化が進んでおり、口腔内のデータをデジタルでやり取りすることで世界中から注文を受け、日本の技術を輸出することが可能になります。 まずは技工が世界に出ていくことで、そこに必ず機材、材料、薬剤、本体の医療が後に続きます。 かつての自動車産業が日本を変えたように、これからは医療が日本を支える産業になると考えております。 グループ概要 名称 DSヘルスケアグループ 代表・CEO 寒竹郁夫 本部所在地 〒261-8501 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟17階 デンタルサポート株式会社内 TEL 043-213-7977.

次の