どうか よろしく お願い いたし ます。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方・返事の例文

「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集

どうか よろしく お願い いたし ます

日本語の「よろしくお願いします」は色々な場面で 使われる言葉なので、英語で表現する時は注意が必要です。 Can you please call me tomorrow? 明日電話を頂けますか もっと丁寧に言うのなら Could you please call me tomorrow? が良いです。 日本語で「よろしくお願いします」という時は 前後の流れから、何のことを言っているか分かりますが、 英語ではお願いしたいことを具体的に言って表現する 必要があります。 最初の挨拶では Nice to meet you. I'm glad to meet you. 「お会いできてうれしいです」 が良いです。 別れ際では Nice meeting you. 「お会いできて良かったです」 で大丈夫です。 メールの文末の「よろしくお願います」は Best regards Kind regards という定型表現があり、それを使うのが無難です。 もっと具体的に言いたい場合は I'm looking forward to hearing from you. 「ご連絡をお待ちしています」 とすれば良いです。 会社に入社して、「よろしくお願いします」 と言いたい場合は、 I'm looking forward to working here with you. ここで皆さんと働くことができることを楽しみにしています が前向きな感じがして良いと思います。 場面に応じて表現を使い分けてみてくださいね。 参考になれば幸いです。 質問の内容から、「よろしくお願いします」が英訳し辛いフレーズであることはご存知なのだと思います。 その理由について考えてみます。 日本文化はいわゆる「ハイコンテクスト」な文化で、日本語は相手に「察する」ことを要求する言語です。 「よろしくお願いします」だけで、「メールを送ってください」「この仕事を終わらせてください」「ご指導いただきたいです」など、いろいろなメッセージを場面によって伝えることが出来ます。 一方、英語圏は「ローコンテクスト」な文化です。 何をお願いするのか、を具体的に伝えることなしに、相手に察してもらうことは不可能です。 などの「疑問文を使う」というものが挙げられます。 選択肢の提示によって、丁寧さが増します。 活用してみてください。

次の

「どうぞよろしくお願いします」の正しい使い方は?英語や中国語の表現も解説

どうか よろしく お願い いたし ます

「どうぞよろしくお願いします」の意味・敬語 「どうぞよろしくお願いします」の意味は「丁寧にお願いする気持ち」 「どうぞよろしくお願いします」は、 「どうぞ」「よろしく」「お願いします」という言葉が組み合わさった言葉です。 それぞれの意味を説明すると、 「どうぞ」は、「相手に強く依頼したり嘆願する気持ち」を表しています。 「よろしく」は、「今後の良好な交際」または「相手の適切な配慮などを願っていう語」です。 「お願い」は「願う」の謙譲語であり、「他人にこうしてほしいと頼むこと」という意味です。 つまり、「どうぞよろしくお願いします」は「 相手にこうしてほしいしと丁寧にお願いする気持ち」を表す言葉であることがわかります。 「どうぞよろしくお願いします」の謙譲語は「どうぞよろしくお願いいたします」 「どうぞよろしくお願いします」の 謙譲語は「どうぞよろしくお願いいたします」となります。 「お願いいたします」の成り立ちは ・「お」=謙譲語の接頭語(自分の行為に対して「お」が付く場合は謙譲語になる) ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 となります。 「いたします」は、一般的に 相手への敬意を払う意味合いで使いま ビジネスシーンや目上の人に「どうぞよろしくお願いしますと」使用する場面では「どうぞよろしくお願いいたします」を使用しましょう。 「どうぞよろしくお願いします」の使い方と例文 相手に依頼をするときに「どうぞよろしくお願いします」は使う 相手に丁寧に依頼をするときは「どうぞよろしくお願いします」を使用します。 上記でも説明した通り、「どうぞ」には丁寧に頼む気持ちを表す言葉であるため、依頼をする場面で使用するのに適した言葉です。 例えば、「協力してほしい」という依頼をする場合、「ご協力をどうぞよろしくお願いします」とうような使い方になります。 日常的にもビジネスシーンでも使用できる言葉です。 例文 「アンケートの記入が済みましたら、こちらのボックスに投函をどうぞよろしくお願いします」 「先日は大変お世話になりました。 今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願いします」 「お忙しいと思いますが明後日までには、書類の提出をどうぞっよろしくお願いします」 「彼は、どうぞよろしくお願いしますと言って深々と頭をさげた」 初対面の相手への挨拶でも「どうぞよろしくお願いします」は使う 初対面の相手への挨拶でも「どうぞよろしくお願いします」は使用されるフレーズです。 この場合の「どうぞよろしくお願いします」は、「 これから良い関係を築いていきましょう」というニュアンスになります。 「これから築いていく関係」に対して心を込めて「よろしくお願いします」と伝える表現であるといえるでしょう。 どうぞよろしくお願いします」 「これからもご迷惑をおかけしてしまうかと思いますが、うちの娘をどうぞよろしくお願いします」 「ふつつか者ですが、どうぞよろしくお願いします」 「私が、こちらの事業所を担当させていただくことになりました。 これからどうぞよろしくお願いします」 「新メンバーが加入することになりました、どうぞよろしくお願いします!」 文章の締めくくりで「どうぞよろしくお願いします」は使う 文章の締めくくりでも「どうぞよろしくお願いします」を使用することができます。 相手にただ用件を伝えるだけだと丁寧さに欠けてしまいますので、「どうぞよろしくお願いします」と付け加えることで、相手に良い印象を与えることができます。 お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「どうぞよろしくお願いします」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 例文 「山田様が紹介してくださった企画については、弊社で話し合い後日また連絡いたします。 どうぞよろしくお願いいたします」 「先日はお忙しい中弊社の会議に参加していただきまして誠にありがとうございました。 今回の会議で決定した内容をまとめた資料を添付させていただきました。 どうぞよろしくお願いします」 「詳しい内容に関しましてはまた後日連絡させていただきます。 どうぞよろしくお願いします」 年賀状でも「どうぞよろしくお願いします」は使う 年賀状でも「どうぞよろしくお願いします」はよく使用する言葉です。 「今年もどうぞよろしくお願いします」というフレーズは皆さんも年明けに自然に使用ているフレーズなのでははいでしょうか。 新年をお祝いし、 「今年も一年仲良くしましょうね」という気持ちが込められた挨拶です。 例文 「あけましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になりました。 今年も一年どうぞよろしくお願いします」 「よき新春をお迎えのことと、お慶び申し上げます。 本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いします」 「昨年中は誠にお世話になりました 本年も従業員一同より一層頑張ってまいります どうぞよろしくお願い申し上げます」 ビジネスにおける「どうぞよろしくお願いします」の使い方 ビジネスシーンで「どうぞ」はあまり使わない ビジネスシーンでは、「 よろしくお願い申し上げます」を使用しましょう。 目上の人やビジネスシーンでは、「どうぞ」を使わずに「よろしくお願いいたします」「よろしくお願い申し上げます」の方が丁寧で印象がいいです。 さらに、 より丁寧な言い方が「何卒よろしくお願い申し上げます」です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」については後述します。 ビジネスで使うなら「何卒よろしくお願い申し上げます」 「ビジネス」では、「 何卒よろしくお願い申し上げます」を使用しましょう。 「何卒」は「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、 相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 「何卒よろしくお願いもうしあげます」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。 「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。 例文 「昨年は大変お世話になりました。 これから変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」 「この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」 「企画の内容についてご検討のうえ〇日までにご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ご確認のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 「会議の日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しい中恐れ入りますが、お取り計らいくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「どうぞよろしくお願いします」に対する返事・返信 依頼の「どうぞよろしくお願いします」に対する返信は「かしこまりました」がベスト 相手に何かを依頼された場合の「どうぞよろしくお願いします」に対する返信は、「かしこまりました」が一般的です。 「かしこまりました」は了承の言葉なので、相手の依頼にたいして「大丈夫です・了承しました」というようなニュアンスで返事をすることができます。 他にも ・承知いたしました ・承りました などがいいでしょう。 中でも「かしこまりました」は、『承知』を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 挨拶で「どうぞよろしくお願いします」と言われた場合は「こちらこそ、よろしくお願いします」と返事をしましょう。 どちらの場合も「どうぞよろしくお願いします」と言われた場合はこちらも誠意をもち丁寧に返事をしましょう。 締めくくりの「どうぞよろしくお願いします」に対する返信は必要なし ビジネスメールの締めくくりで使う「どうぞよろしくお願いいたします」は 形式的なので、特に気にする必要はありません。 返信メールでは必要に応じて、こちらも形式的に「どうぞよろしくお願いいたします」と通常通り使用すれば問題ないでしょう。 あえて返信であることを意識するならば、「こちらこそどうぞよろしくお願いいたします」ということも可能ですが、あえて「こちらこそ」と付け加えない方が自然です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

英語でさらりと「よろしくお願いします」って言える?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

どうか よろしく お願い いたし ます

日本語の方はマナー言語として使われ、つまり初対面の場面での単なる挨拶、マナーとして使われ、実際の場面であれこれ相手に世話になることを期待はしていません。 言葉の実質的な意味が濃厚に残っているのです。 ビジネスのあいさつは面倒をかけたり、かけられたりが実際起こりうるわけですから、完全なマナー言語、つまり実質のない礼儀としての言語とは言い切れません。 そこでこの言葉が流入しやすかったのだろうと想像します。 中国語は漢字の意味がしっかり残る言葉、漢字の意味が実質を失う、単に挨拶、マナー、飾りもの的な使われ方をするようになるとは思えないのです。 日本人はつい「よろしくお願いします」と言いたくなるが… 日本人は初対面の挨拶でどうしても「よろしくお願いします」を言いたくなります。 中国でこう言ったら変か?あるいは日本に来た中国人にこう言うとおかしいか?別に変でもおかしくもありません。 日本に来る中国人(観光客以外)は「日本人はマナーだのルールだのうるさい人たちだからね、ちゃんとよろしくお願いしますって言うんだよ。 言わないといじめられるよ」と教えられて来ますから、日本人が定石どおり「よろしくお願いします」を使ってくれたら「出たー!」とうれしくなることでしょう。 しみじみ日本に居る感や日本人と会った感がすることでしょう。

次の