ドコモ アクセス制限。 ドコモの通信制限がかかる期間はいつまで?回避方法や対策を解説!

iPhone、スマホでキャリアのフィルタリングのアクセス制限を回避する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

ドコモ アクセス制限

操作・設定方法• spモードフィルタカスタマイズの設定方法 サイト設定 アクセス制限されているサイトを個別にアクセス可能にするための操作方法をご説明します。 サイト削除 サイト設定でアクセスできるように設定したサイトを削除するための操作方法をご説明します。 カテゴリ設定 カテゴリ(サイトの分類)ごとにアクセス制限するかどうか設定するための操作方法をご説明します。 アクセス制限カスタマイズの設定方法(iモード) サイト設定 アクセス制限されているサイトを個別にアクセス可能にするための操作方法をご説明します。 サイト削除 サイト設定でアクセスできるように設定したサイトを削除するための操作方法をご説明します。 カテゴリ設定 カテゴリ(サイトの分類)ごとにアクセス制限するかどうか設定するための操作方法をご説明します。 時間設定 アクセス制限する時間帯を個別に設定するための操作方法をご説明します。 アクセス制限サービス詳細情報• 操作・設定方法•

次の

ドコモメールのアクセス制限について

ドコモ アクセス制限

料金、通信エリア、速度を解説! ドコモのモバイルWi-Fiを徹底調査! スマホや携帯では「通信エリアが広く、安心感がある」というイメージが強く、人気の高いドコモ(docomo)。 中には「モバイルWi-Fi ワイファイ も、ドコモなら間違いない!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 確かに、ドコモの電波というだけで安心感はありますよね。 しかし、 当サイトではドコモのモバイルWi-Fiをおすすめしません。 その理由はいたってシンプル。 月額料金が高すぎるためです! 結論からお伝えしましたが、まずはドコモのモバイルWi-Fiの詳細をりたいという方も多いはず。 そこで当ページでは、ドコモのモバイルWi-Fiについて通信エリアや速度、料金についての基本情報から評判・口コミまで見ていきます。 最後までお読み頂くことで、なぜドコモのモバイルWi-Fiおすすめできないかが、おわかり頂けるはずです!それでは早速、見ていきましょう! 目次• ドコモ docomo のモバイルWi-Fi!契約プランは2つ! 意外と知らない方も多いのですが、ドコモのモバイルWi-Fi専用のデータプラン(ルーター)に関しては、2019年5月31日を以て新規申し込み受付を終了しています。 2019年6月1日からは、ドコモのスマホ・タブレットなどと共通でモバイルWi-Fiも2つの新料金プランとなりました。 そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約プランは以下の2つです。 ドコモの低容量プラン!ギガライト• ドコモの大容量プラン!ギガホ 旧プランと比較して、お得になったのかどうかという点も含めて、ドコモの契約プランを確認していきます。 モバイルWi-Fiだけでなく、スマホなどの契約プランとも共通しているのでしっかりと見ていきましょう。 ドコモの低容量契約プラン!ギガライト! ドコモの低容量プランとなるのが、ギガライトプランです。 ギガライトプランは、モバイルWi-Fiやスマホ使ったデータ容量に併せて、7GBまで段階的に料金が上がっていく仕組みとなっています。 そんなギガライトプランの料金の仕組みは以下の通り。 月間データ容量 月額料金 定期契約あり 定期契約なし ~1GB 2,980円 4,480円 ~3GB 3,980円 5,480円 ~5GB 4,980円 6,480円 ~7GB 5,980円 7,480円 最大の7GB以上を使ってしまうと、スマホ、モバイルWi-Fiどちらであっても通信速度が128Kbpsという速度まで制限がかかってしまいます。 128Kbpsという速度は、インターネット検索すらもサクサク進まない速度。 インターネット接続する際は、かなり不便となります。 そのため、 ドコモのギガライトプランはメールやSNSなどモバイルWi-Fiを使って、インターネットをあまり利用しないという方におすすめのプランとなっています。 ドコモの大容量プラン!ギガホ! ドコモの新料金プランのもう1つが、大容量のギガホプランです。 ギガホプランは、月間最大で30GBのデータ容量を使うことができます。 そんな、ドコモのモバイルWi-Fi新料金プラン、ギガホの詳細は以下の通りです。 月間データ容量 月額料金 定期契約あり 定期契約なし 30GB 6,980円 8,480円 ギガホに関しては、月額8,480円で月間30GBまでモバイルWi-Fiを利用できるプランとなっています。 また、ギガライトプランと違い、30GB以上のデータ容量を使ってしまっても安心。 ギガホプランの場合、低速時も1Mbpsという速度でインターネット通信が可能です。 1Mbpsであれば、通常画質でYoutubeなど動画を視聴することができる程の速度となっています。 データ容量を使い過ぎてしまっても、インターネット接続ができないという速度ではないので安心です。 そのため、ドコモのギガホプランは、動画視聴やオンラインゲーム等のデータ容量を多く使う通信を行う方におすすめのプランとなっています。 ギガホプランがおすすめの人動画視聴やオンラインゲーム等のデータ容量を多く使う通信を行う方におすすめ ドコモのモバイルWi-Fiの新料金プランは、スマホなどとも統一され、非常に分かりやすくなりました。 とはいえ、旧プランと比較しないことにはお得かどうかはわかりません。 そのため、本当に安くなったのか、ドコモのモバイルWi-Fiの新契約プランについて、旧契約と料金を比較していきましょう。 徹底比較!新料金プランと、旧プランどっちがお得? ドコモのモバイルWi-Fiを契約した場合の、料金プランを比較します。 月間データ容量を基に、新料金プランは安くなったのかを確認しましょう。 しかし、料金が安くなったとはいえ、やはりドコモのモバイルWi-Fiがおすすめできないということに変わりはありません。 その理由を具体的に見ていくため、ドコモのモバイルWi-Fiについて口コミ・評判を確認していきます。 ドコモのモバイルルーターは?評判・口コミからメリット・デメリットを解説 ここからは、口コミ・評判を基にドコモのモバイルWi-Fiルーターについて見ていきましょう。 まずは、基本的なルーターのスペックを見た後、ドコモのモバイルWi-Fiのメリット・デメリットを確認していきます。 ドコモのモバイルルーターのスペック ドコモの最新モバイルWi-Fiルーターのスペックは以下の通りです。 つながりやすさという面を比較するなら、周波数帯域のバランス良く、LTE回線が充実しているドコモのモバイルWi-Fiがおすすめです。 またLTEがつながらないエリアでも、FOMA回線(3G)を利用することができます。 通信エリアの広さという面では、他のauやソフトバンク、WiMAXと比較してもドコモのモバイルWi-FiがNo. 1と言っても過言ではないでしょう。 最新ルーターのWi-Fi STATION HW-01Lであれば、国内最速のインターネット通信を楽しむことができます。 現在は東京・大阪・名古屋の一部のエリアに利用が限られますが、通信エリアの拡充が進められています。 しかし、冒頭でもお伝えした通り、それでも私はドコモのモバイルWi-Fiを決しておすすめしません。 その理由ともなるデメリットについて、見ていきましょう。 月間データ容量に制限のない、WiMAXやY! mobileの場合、月額料金は約3,500円~4,500円程。 一方、ドコモの大容量プランの場合、月間30GBと制限があるにも関わらず料金は8,480円と 2倍近い料金がかかってしまいます。 通信エリア、速度の芽里意図を含めて考えても、ドコモのモバイルWi-Fiは、データ容量に制限があり料金も高いという最大のデメリットがあり、おすすめしにくいポイントとなっています。 そのため、自宅でご家族とパソコン、スマホ、タブレットなど、複数端末でインターネット接続する場合、データ容量がすぐに上限に達してしまう可能性があります。 新料金プランのギガホでは、 データ容量が上限を超えた後の速度制限が緩和されたものの、やはり無制限プランには及びません。 ドコモのモバイルWi-Fiを契約する場合は、普段からどれだけのデータ容量を使ったかを確認して利用する必要があるというのもデメリットの1つとなっています。 ドコモのモバイルWi-Fiはおすすめできない! ここまで、ドコモのモバイルWi-Fiについて、新料金プランから良い評判・悪い評判までを見てきましたが、いかがでしたか。 繰り返しにはなりますが、 NTTドコモが提供するモバイルWi-Fiは決しておすすめできません!その理由は非常にシンプル。 通信エリア、通信速度は日本一のモバイルWi-Fi言えますが、月額料金も日本一であるため。 モバイルWi-Fiサービスを提供する大手キャリアのソフトバンク、Y! mobile、WiMAXと比較して、データ容量が少ないにも関わらず月額料金は最も高い料金となっています! そのため、敢えておすすめするのであれば「 高い料金でも気にしないから、とにかく広範囲で高速通信を利用したい!」という方にドコモのモバイルWi-Fiはおすすめと言えます。 そこで、当サイトでは、本当におすすめのお得なモバイルWi-Fiを契約したいという方に向けて、独自でモバイルWi-Fiを徹底的に比較調査しました。 「おすすめのモバイルWi-Fiを探している」「なるべく安い料金でモバイルWi-Fiを契約したい」という方は、下記のページをご参考にして下さい。 最安値のおすすめモバイルWi-Fiをきっと見つけて頂けるはずです!•

次の

ドコモメール利用方法

ドコモ アクセス制限

これらの普及促進に向けて、2月1日より、20歳未満の未成年名義で新規にiモードを契約した場合、親権者が不要と申告しなければ自動的に「キッズiモードフィルタ」を適用する。 また、成人名義で新規でiモードを契約するユーザーに対しても、3月3日より申込書に「未成年者利用確認欄」を設ける。 利用者が18歳未満で不要申告がない場合に「キッズiモードフィルタ」が適用される。 18歳未満の未成年者名義で既にiモードを利用しており、「キッズiモードフィルタ」や「iモードフィルタ」を適用していない場合、事前に一定の期間を設けた上で親権者に利用意向の確認をとる。 8月以降順次実施される予定で、2月からドコモのWebサイトや請求書の同封物で案内される。 なお、アクセス制限を適用せずに成人契約でiモードを利用しているユーザーは、利用者が18歳未満の場合に自ら申告する必要がある。 2月1日から開始されるアクセス制限サービスの強化策により、ドコモとほぼ同様の制限が設けられる。 これに伴って、従来の「EZ安心アクセスサービス」の名称が「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」に名称が変更される。 従来通り、PCサイトビューアーにはアクセス不可となる。 未成年者(20歳未満)が新規にEZwebを契約する場合、親権者に「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」の利用意向を確認し、利用しないとの意思表示がない限り適用される。 成人名義で契約した端末を18歳未満の未成年が利用する場合についても、親権者の意思がない限り適用される。 また、18歳未満で「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」を適用していない既存ユーザーに対しても、請求書の同封物やダイレクトメールなどで通知し、親権者の意思確認が行なわれる。 一定期間を経て不要申告がなされない場合は、6月以降順次「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」が適用される。 このほか、アクセス制限サービス「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」が3月6日より新たに追加される。 同サービスでは、ネットスターが提供するURLデータベースのうち、違法性のあるものやアダルト、出会い系サイトや掲示板などのコミュニケーション、ギャンブルといった特定カテゴリに属するサイトへのアクセスを制限するもの。 無料で利用可能で申し込みが必要。 ソフトバンクは1月9日にすでに対応策を発表している。 ドコモとKDDIでは、携帯電話やインターネットを安全に利用するための啓発活動として、学校などを対象にケータイ教室を実施しており、こうした取り組みも拡充していく方針だ。

次の