楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業。 楽天ペイ:【キャッシュレス・消費者還元事業】楽天ペイアプリなら対象店舗で最大5%還元!

キャッシュレス・消費者還元事業とは?店舗・消費者のメリットを解説

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

同事業は、消費税率引上げ後から2020年6月末まで、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する政府の事業。 同事業の予算は2,798億円。 なお、正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」だが、最近は「キャッシュレス・ポイント還元事業」と表記されることが多い。 どちらの表記でも意味は同じだ。 利用可能な店舗は、9月2日時点では約27万件。 8月29日時点での加盟店登録申請数は約51万件。 クレジットカード・デビットカード クレジットカードは、還元上限が概ね1. 5万円。 各社の違いが現れるのは、還元手段で、「カードの請求額からのポイント還元分の減額 相殺 」と、「ポイント付与」の2種類があり、発行会社やカードのブランドによって異なっている。 三井住友カードや、UCカード・クレディセゾンなどは前者の「請求額からの相殺」だが、楽天カードやポケットカード ファミマTカード などは後者の「ポイント還元」で、楽天スーパーポイントやTポイントなどで還元される。 カードブランドごとに対応が異なっているので、正確な情報はお手持ちのカードの公式情報を確認してほしい。 例えば同じ三菱UFJニコスのカードでも、「MUFJカード」は引き落とし時にポイント相当分を相殺するが、「NICOSカード」、「DCカード」は商品と交換できるポイントとして還元するなど、同一企業でもカードブランドごとに。 ただ、請求額からの相殺でもポイント付与でも、付与時期は利用月の2カ月後でほぼ共通のようだ。 なお、ほとんどのカードは、月15,000円相当が還元上限だが、というカードもある。 クレジットカードでの支払いだけでなく、カードに紐付いたApple PayやiD、QUICPayなど非接触決済での支払も、ポイント還元の対象となる場合が多い カードによる。 詳しくはカード会社の情報を参照してほしい。 デビットカードの多くや一部のプリペイドカードでもポイント事業対応している。 デビットカードの還元方法は「口座に付与」、上限は「1. 使いこなせれば、「お得」になるはずだ。 なお、Discoverや銀聯などの海外クレジットカードは、ポイント還元事業の対象外となる。 楽天ペイ アプリ決済 は、還元方法が楽天スーパーポイント。 還元時期は利用月の翌々月末日頃。 上限は1回あたり25,000ポイントで、月の上限はなし。 上限は期間中3,000ポイントまでで、付与ポイントの利用期間は2020年1月31日23時59分。 第1弾は10月1日から12月2日を予定しており、キャンペーン登録が必要。 au PAYは、au WALLET ポイントで還元。 買い物から約1カ月後にau WALLET ポイントで還元する。 ポイントの有効期限はポイント付与日から4年間。 J-Coin Payは。 ポイント相当額を利用者のJ—Coin Pay残高に入金する。 ユニークなのは「Origami Pay」だ。 還元方法は「LINE Payボーナス」で期限は2年。 メルペイは、コード払いとiDで対応。 「メルペイ残高払い」だけでなく「メルペイあと払い」も還元の対象となる。 コード払いの場合は、毎週月曜日に前週の還元対象決済分のポイントを還元、iDの場合は、毎月25日に、前月の還元対象決済分のポイントを還元する。 還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて90日。 d払いは、dポイントで還元。 「キャッシュレス・消費者還元事業」における主要な決済事業者 8月19日時点 JR東日本のSuicaは、JRE POINTで還元。 ポイントは対象となる決済の翌月上旬頃に1カ月分まとめて還元する。 JRE POINT登録済のSuicaが必要となる。 大手私鉄系の「PASMO」は、この還元事業のために新たに「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を立ち上げ。 対象店舗でPASMOで決済すると、決済額に応じてポイントが貯まる。 なお、参加には専用サイトでの登録が必要。 還元事業の6カ月間を3期にわけて還元を行なう。 また、PASMOのカードの上限は20,000円で、残高との合計が2万円を超えてしまうと還元を受けられなくなる。 例えば、PASMOの残高が19,500円の場合、500円を超えた還元はできなくなってしまうため、残高に注意する必要がある。 交通系ICでは、manacaやTOICA、ICOCA、はやかけん、SUGOCA、PiTaPaも還元事業に対応予定だ。 nanacoは、nanacoカードやnanacoモバイルの使用に対し、nanacoポイントで還元。 利用翌月の15日にnanacoポイントで還元し、nanacoポイントから電子マネーnanacoに交換し、店舗等で支払い可能になる。 事前エントリーは不要。 WAONは、「消費者還元WAON」で還元。 カードなどに直接付与されず、イオン店舗などに設置されているWAONステーションや、イオン銀行ATM、ファミリーマートに設置されているFamiポートなどで受け取る。 1カ月間の還元上限は15,000WAON。 楽天Edyは、電子マネーのEdyで還元。 Famiポート、Edyの赤いチャージ機、楽天Edyアプリなどでの受け取り処理を行ない、通常のEdy電子マネーとして利用できる。 1回あたりの還元額は最大2,500円分。 支払日から30日を目処にEdyを付与。 受け取り期限は付与日から90日間としている。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業の申請に、驚きの事実が

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

1.ポイント還元制度の仕訳 1-1.ポイント還元制度の仕組み まず始めに、「ポイント還元制度」の仕組みについておさらいしましょう。 「ポイント還元」とは、消費者が物品を購入した際に、その物品の種類や金額によって一定の金額がポイントとして還元される制度です。 2019年10月からの消費税増税に伴う消費の冷え込みを避けるために、政府が2020年6月末まで行う政策です。 1-2.ポイントの使用に関する原則的な取り扱いは? 結論から言います。 ポイントの使用に関する会計処理は定められた基準があるわけではありません。 法人税法では「金品引換券付販売」という規定がありますが、発行者側についての規定があるのみで、使用者側については触れられていません。 そのため、今回は一般的に行われている会計処理をご紹介します。 一般的には、ポイントを使用した時点で、ポイントという現金同等物の権利を行使したため「 収入」として捉える考え方と、ポイントの使用により物品が「 値引き」されるという考え方があります。 どちらの考え方も間違いではありません。 しかし、考え方次第で会計処理が異なります。 1-3.ポイント還元の一連の会計処理を確認しよう! ポイントを使用した際に「収入」として捉えるか、「値引き」として捉えるかにより会計処理が異なります。 ここでは、ポイント還元についての一連の会計処理を確認します。 <ポイント取得時> クレジットカードを使用して10,000円の冷蔵庫を購入。 この取引により3,000円分のポイントが付与された場合の会計処理 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 10,000円 未払金 10,000円 物品を購入してポイントが付与された場合、必要な会計処理は「物品の購入」にかかる仕訳のみで、 「ポイント付与」についての会計処理は不要です。 理由は、ポイントが付与された時点では、値引きが行われたわけでもなく、一定期間経過後に使用期限切れをむかえてポイントが失効する可能性があるためです。 <ポイント使用時> クレジットカードを使用して30,000円のデスクを購入し、前回付与された3,000円分のポイントを使用し、27,000円の支払いを行った場合。 しかし、この取引で使用されたポイントは、前回の「冷蔵庫を購入した際に付与されたポイント」であるため、今回購入したデスクの値引きとして計上した場合、 デスクの価値を適正に表示されなくなってしまうため、少し違和感があります。 2.販売者側のポイント還元時の消費税の処理 2-1.「売上値引き」として捉えた場合の誤った記帳方法 「販売者側」では、 ポイントの付与を「売上値引き」として取り扱った場合、消費税法上、誤った記帳を行う可能性があります。 「販売者側」のポイントの会計処理を行う場合は、そのポイント制度が次のどちらのポイント制度なのか判断する必要があります。 自社がポイント発行して、ポイントの付与、割引を行う「自己完結型」• 他社がポイント発行して、ポイントを付与、割引を行う「提携型」 1. の「自己完結型」と2. の「提携型」では消費税の取扱いが異なると一般的に言われています。 今回の政府主導で行われる「ポイント還元制度」については、キャッシュレス事業者がポイントの還元などを行う制度なので、今回は2. の 「連携型」についてご紹介します。 例 顧客が1,000円(税抜)の消耗品をクレジットカードにより購入。 代金は消費税の10%を合わせて1,100円。 お店は、総額の5%にあたる55円分のポイント付与した。 顧客がポイントの即時利用を選択したため、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを受けた。 後日、キャッシュレス事業者よりポイント使用分の55円が入金された。 また、クレジットカード会社から決済手数料20円を支払金額1,045円から差し引かれ、1,025円の入金があった。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,045円 売上 950円 仮受消費税 95円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 雑収入 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 以上の仕訳は、 ポイント使用後の金額で消費税を計算しているため誤っています。 2-2. 「売上値引き」として捉えた場合の正しい会計処理 上記の例における正しい仕訳は以下のようになります。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,100円 売上 1,000円 仮受消費税 100円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 未収入金 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 「提携型」のポイント付与を利用する場合は、キャッシュレス事業者からのポイント使用分の入金とクレジット会社からの販売代金(クレジット利用手数料を差引後)の入金があります。 (キャッシュレス事業者が全て取りまとめるケースもあります。 ) そのため、会計処理が複雑になります。 また、キャッシュレス販売の利用料にかかる消費税は、 クレジットカード会社から直接請求された場合は「非課税取引」、カード決済代行会社からの請求の場合は「課税取引」になります。 電子マネーはプラットフォームにより「非課税取引」になる場合と、「課税取引」になる場合があります。 契約相手によって消費税の取扱いが変わるため、 請求書をよく確認する必要があります。 3.購入者側のポイント還元の消費税の処理 前章では「 販売者側」の会計処理をご紹介しましたが、次はポイントを発行する「 購入者側」の会計処理についてご紹介します。 「例外的」な会計処理方法を採用する場合は、 「継続」して同じ会計処理を行っている場合に認められます。 消費税の10%を合わせて1,100円になり、代金の5%にあたる55円分のポイントが付与された。 ポイントを即時利用し、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを行った場合。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 1,000円 未払金 1,100円 仮払消費税 100円 未払金 55円 雑収入 ( 仕入の対価の返還等) 55円 「雑収入」については、消費税法上、 「仕入の対価の返還等」に該当します。 消費税の計算では 課税仕入のマイナスとして取り扱われます。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 950円 未払金 1,045円 仮払消費税 95円 「原則的」な会計処理に比べて、「例外的」な会計処理の方がポイントを差引いた金額で処理するため、 シンプルで分かりやすい仕訳になっており、 どちらの会計処理を用いても消費税の計算は同じ結果になります。 しかし、「例外的」な会計処理については、 継続適用が要件になっています。 社内での会計処理を統一する必要があるでしょう。 「購入者側」と「販売者側」を比べてみると、「購入者側」は「雑収入」(仕入の対価の返還等)を計上するため、実質的に消費税は ポイント使用後の金額に課税されています。 しかし、「販売者側」の消費税は ポイント使用前の金額に課税されています。 消費税の性格上、1つの取引で非対称な状態が起こることは公平ではなくなってしまいますし、将来インボイス方式が採用された場合に問題が生じます。 そこで、国税庁よりポイント使用時の具体的な会計処理方法についての見解が示されました。 3-3.国税庁の見解 キャッシュレス・消費者還元により、即時ポイント充当が行われた場合でも、商品対価の合計額が変わるものではないとしています。 一方で、売主が自社でポイントを付与して「値引き」となる場合には、値引き後の金額を、商品対価の合計額と判断するとしています。 しかし、購入者側からすると、即時充当ポイントが、キャッシュレス・消費者還元によるものなのか、自社ポイントによるものなのかは区別がつきませんので、 レシートの表記から判断して良いとしています。 【引用】 4.ポイントを利用して高額な固定資産を購入した場合 少額の備品の購入の場合(10万円未満)は一括で経費となるため問題になりませんが、 高額な備品を購入した場合は、資産計上することになります。 備品の取得価額が会計処理によって異なることで、 減価償却費の金額も異なってきます。 まとめ 今回は、ポイントを使用した場合の会計処理方法をご紹介しました。 会計処理方法には「収入」として処理する方法と、「値引き」として処理をする方法があります。 「値引き」として会計処理を行う方法がシンプルで経理担当者の負担を減らすことができますが、同じ会計処理を継続して行わなければなりません。

次の

キャッシュレス決済を使うと5%還ってくるキャッシュレス消費者還元事業の概要を解説

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

新築住宅の販売• キャンセルにより存在しなくなった原因取引に対する支払い• お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 詳しくは「景品詳細」をご確認下さい。 「消費者還元補助による還元」におけるPayPayボーナスの還元上限には、お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 1回の支払いにおける還元上限:25,000円相当• 月間還元合計上限:25,000円相当• PayPay決済でお支払いいただいた際に、仮に「消費者還元補助による還元」を適用すると、「消費者還元補助による還元」による1カ月あたりのPayPayボーナスの還元額が25,000円相当を超えるときには、当該還元合計額が25,000円相当となるよう付与いたします(還元合計額が25,000円を超えることはございません)。 PayPayボーナス付与の際に、小数点以下は切り捨てとなります。 「消費者還元補助による還元」の対象のお支払い方法は、「PayPay残高」、「PayPayあと払い(一括のみ)」または「クレジットカード」です。 適用について• 「概要」欄記載の対象取引以外の取引には適用されません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店にて、「概要」欄記載の対象取引についてPayPay決済をご利用いただいた方に対しては、「消費者還元補助による還元」に加え、当社の他の特典やキャンペーンが適用されます。 なお、「消費者還元補助による還元」によるPayPayボーナスの還元が他のキャンペーン等により制限されることはありません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店のみに起因する還元取消や剥奪に関してPayPayボーナスの還元取消や剥奪を行う場合がありますが、その場合は別途当社よりPayPayボーナスの再付与を行います。 「消費者還元補助による還元」の内容および適用条件を予告なく変更する場合や、中止する場合があります。 Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合は、本企画は適用されません(PayPay利用特典の適用もありません)。 禁止事項等について• 以下の場合は「消費者還元補助による還元」の適用対象外とします。 景品の取得に関し、一定期間の取引・キャンセル等の状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合。 景品が付与される前に景品対象のPayPayアカウントを停止または解除した場合。 PayPay残高利用規約その他当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると同社が判断した場合。 お一人様が複数のPayPayアカウントを利用した場合。 通常1回の決済にて支払うべき商品等代金を、複数回に分割して決済することにより景品付与を受けた場合。 一定期間の取引・キャンセル等の状況により当社が不正のおそれがあると判断した場合、PayPayのご利用を停止させて頂く場合があります。 PayPay決済の対象となった加盟店との契約について取消し、無効主張または解除(合意解除を含みます。 以下全体を通じて同じです。 )した場合、理由の如何に関わらず、また返金の如何に関わらず、「月間還元合計」は、当該取消し等をした時点から将来に向かってのみ減額されます。 そのため、「月間還元合計」が25,000円相当に到達して以降に取消し等を行った方が、当該取消し等の前に、PayPay決済をしていた場合であっても、当該取消し等によって取消し等の前に行った決済が「消費者還元補助による還元」の対象となることはありません。 加盟店による自己取引の可能性があると弊社が判断した場合、PayPayボーナスの付与に際し対象のレシートまたは領収書を確認させていただくことがあります。 加盟店自身がPayPay決済を利用される時には、必ず、PayPayボーナスの付与がなされるまで、レシートまたは領収書を保管してください。 また、当社が「不当な取引」またはその疑いがある取引を発見した際は、キャッシュレス・消費者還元事業の定めに従い、当該取引に関するお客様の情報を上記事務局に連絡することがあります。 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• ・Apple、Appleのロゴ、App Storeは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 ・Google Play、および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。 ・QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

次の