肥料 通販。 【農薬通販.jp】 農薬・肥料専門店_安心価格です

微量要素肥料 ハイグリーン バラ 花 芝 野菜 果樹 ブルーベリー 篠原商店

肥料 通販

概要 三大要素であるチッ素、リン酸、カリのうち1つの成分だけを含んだ単肥と、複数の成分がブレンドされた複合肥料があります。 複合肥料は、種類の異なる肥料を混ぜ合わせた配合肥料と、顆粒や粒状に形成した化成肥料、水で薄めて使用する液体肥料などに分かれます。 また、チッ素・リン酸・カリの合計が30%以上の化成肥料を「高度化成肥料」と呼びます。 選び方のポイント 「チッ素」-「リン酸」-「カリ」のバランスが重要です。 野菜には8-8-8、草花用は10-8-7前後が適しています。 バラ用などの専用肥料を選ぶのもよいでしょう。 おもな肥料 主成分 特長・効果 チッ素 葉や茎を育てる肥料で、葉菜に欠かせません。 水に溶けやすく即効性がありますが、多量に与えると根を傷める場合があるので、注意が必要です。 リン酸 リン鉱石が主な原料。 水には溶けないため、根に近いところにまきます。 穏やかな効き目が長く続く、緩効性の肥料です。 カリ 水に溶けやすく即効性のある肥料で、元肥・追肥のどちらにも使えます。 不足すると葉が枯れたり、根腐れしやすくなります。 石灰 酸性に偏った土を中和する働きをします。 生石灰は土中で発熱するので、注意が必要です。 ケイ酸 水や土を浄化する働きがあり、根を丈夫にします。 また、マグネシウムや鉄などのミネラルが豊富なため、光合成を活発にします。 苦土 葉緑素の形成に必要なマグネシウムを多く含みます。 マグネシウムが不足すると、葉が枯れたり黄色くなってしまいます。 概要 有機栽培で知られる有機肥料は、天然由来の成分ならではの安心感が魅力です。 植物に直接的に作用する化学肥料と比べて効き目はマイルドですが、土中の微生物にも作用し、豊かな土に育てることができます。 選び方のポイント カリを含まない魚粉と、カリが豊富な草木灰のように、不足した養分を補完し合うように組み合わせて使います。 土中で分解される際にガスが発生する肥料もあり、根を傷める原因になるので、施肥後すぐに植え付けたい方は醗酵、または完熟製品を選んでください。 おもな肥料 特長・効果 牛の糞を原料とした肥料です。 乾燥牛糞と醗酵牛糞があり、乾燥牛糞の方が多くの養分を含みますが、土中で醗酵するため、時間をおいてから種まき・植え付けしましょう。 牛糞よりも養分に富み、特にリン酸とカリが多く含まれるので野菜に適した肥料です。 牛糞と同様に、乾燥と醗酵の2種類があります。 油を絞った後の大豆や菜種が原料です。 土中でガスを発生するので、植え付けの2週間以上前に元肥として使います。 ガスが発生しない醗酵油かすは追肥にも使えます。 魚を乾燥・粉砕した肥料です。 チッ素9〜10%、リン酸4〜6%で、カリを含まないものが一般的です。 アミノ酸が豊富で、実の風味を良くする働きがあるので、果菜・果樹には欠かせません。 その名の通り、草や木の灰が原料です。 水溶性のカリウムと石灰が豊富な即効性の肥料で、強いアルカリ性のため石灰と同様に土の酸度調整にも使われます。 クヌギやナラなど、広葉樹の落ち葉を腐食させた肥料です。 通気性・排水性・保肥力に優れ、土中の有用微生物を増やす働きをします。 ワラや落ち葉など動植物由来の有機物を醗酵させた肥料です。 樹皮を原料としたバーク堆肥や、牛糞と合わせた牛糞堆肥などがあります。 炭化したもみ殻が原料で、通気性・排水性がよいため土質改善に使われます。 土の表面にまくと、保温性を高める効果もあります。

次の

肥料 【通販モノタロウ】肥料・液肥・培養土:農業資材・園芸用品

肥料 通販

概要 三大要素であるチッ素、リン酸、カリのうち1つの成分だけを含んだ単肥と、複数の成分がブレンドされた複合肥料があります。 複合肥料は、種類の異なる肥料を混ぜ合わせた配合肥料と、顆粒や粒状に形成した化成肥料、水で薄めて使用する液体肥料などに分かれます。 また、チッ素・リン酸・カリの合計が30%以上の化成肥料を「高度化成肥料」と呼びます。 選び方のポイント 「チッ素」-「リン酸」-「カリ」のバランスが重要です。 野菜には8-8-8、草花用は10-8-7前後が適しています。 バラ用などの専用肥料を選ぶのもよいでしょう。 おもな肥料 主成分 特長・効果 チッ素 葉や茎を育てる肥料で、葉菜に欠かせません。 水に溶けやすく即効性がありますが、多量に与えると根を傷める場合があるので、注意が必要です。 リン酸 リン鉱石が主な原料。 水には溶けないため、根に近いところにまきます。 穏やかな効き目が長く続く、緩効性の肥料です。 カリ 水に溶けやすく即効性のある肥料で、元肥・追肥のどちらにも使えます。 不足すると葉が枯れたり、根腐れしやすくなります。 石灰 酸性に偏った土を中和する働きをします。 生石灰は土中で発熱するので、注意が必要です。 ケイ酸 水や土を浄化する働きがあり、根を丈夫にします。 また、マグネシウムや鉄などのミネラルが豊富なため、光合成を活発にします。 苦土 葉緑素の形成に必要なマグネシウムを多く含みます。 マグネシウムが不足すると、葉が枯れたり黄色くなってしまいます。 概要 有機栽培で知られる有機肥料は、天然由来の成分ならではの安心感が魅力です。 植物に直接的に作用する化学肥料と比べて効き目はマイルドですが、土中の微生物にも作用し、豊かな土に育てることができます。 選び方のポイント カリを含まない魚粉と、カリが豊富な草木灰のように、不足した養分を補完し合うように組み合わせて使います。 土中で分解される際にガスが発生する肥料もあり、根を傷める原因になるので、施肥後すぐに植え付けたい方は醗酵、または完熟製品を選んでください。 おもな肥料 特長・効果 牛の糞を原料とした肥料です。 乾燥牛糞と醗酵牛糞があり、乾燥牛糞の方が多くの養分を含みますが、土中で醗酵するため、時間をおいてから種まき・植え付けしましょう。 牛糞よりも養分に富み、特にリン酸とカリが多く含まれるので野菜に適した肥料です。 牛糞と同様に、乾燥と醗酵の2種類があります。 油を絞った後の大豆や菜種が原料です。 土中でガスを発生するので、植え付けの2週間以上前に元肥として使います。 ガスが発生しない醗酵油かすは追肥にも使えます。 魚を乾燥・粉砕した肥料です。 チッ素9〜10%、リン酸4〜6%で、カリを含まないものが一般的です。 アミノ酸が豊富で、実の風味を良くする働きがあるので、果菜・果樹には欠かせません。 その名の通り、草や木の灰が原料です。 水溶性のカリウムと石灰が豊富な即効性の肥料で、強いアルカリ性のため石灰と同様に土の酸度調整にも使われます。 クヌギやナラなど、広葉樹の落ち葉を腐食させた肥料です。 通気性・排水性・保肥力に優れ、土中の有用微生物を増やす働きをします。 ワラや落ち葉など動植物由来の有機物を醗酵させた肥料です。 樹皮を原料としたバーク堆肥や、牛糞と合わせた牛糞堆肥などがあります。 炭化したもみ殻が原料で、通気性・排水性がよいため土質改善に使われます。 土の表面にまくと、保温性を高める効果もあります。

次の

野菜用有機肥料の通販なら【MUKAE BOKUJOH】

肥料 通販

概要 三大要素であるチッ素、リン酸、カリのうち1つの成分だけを含んだ単肥と、複数の成分がブレンドされた複合肥料があります。 複合肥料は、種類の異なる肥料を混ぜ合わせた配合肥料と、顆粒や粒状に形成した化成肥料、水で薄めて使用する液体肥料などに分かれます。 また、チッ素・リン酸・カリの合計が30%以上の化成肥料を「高度化成肥料」と呼びます。 選び方のポイント 「チッ素」-「リン酸」-「カリ」のバランスが重要です。 野菜には8-8-8、草花用は10-8-7前後が適しています。 バラ用などの専用肥料を選ぶのもよいでしょう。 おもな肥料 主成分 特長・効果 チッ素 葉や茎を育てる肥料で、葉菜に欠かせません。 水に溶けやすく即効性がありますが、多量に与えると根を傷める場合があるので、注意が必要です。 リン酸 リン鉱石が主な原料。 水には溶けないため、根に近いところにまきます。 穏やかな効き目が長く続く、緩効性の肥料です。 カリ 水に溶けやすく即効性のある肥料で、元肥・追肥のどちらにも使えます。 不足すると葉が枯れたり、根腐れしやすくなります。 石灰 酸性に偏った土を中和する働きをします。 生石灰は土中で発熱するので、注意が必要です。 ケイ酸 水や土を浄化する働きがあり、根を丈夫にします。 また、マグネシウムや鉄などのミネラルが豊富なため、光合成を活発にします。 苦土 葉緑素の形成に必要なマグネシウムを多く含みます。 マグネシウムが不足すると、葉が枯れたり黄色くなってしまいます。 概要 有機栽培で知られる有機肥料は、天然由来の成分ならではの安心感が魅力です。 植物に直接的に作用する化学肥料と比べて効き目はマイルドですが、土中の微生物にも作用し、豊かな土に育てることができます。 選び方のポイント カリを含まない魚粉と、カリが豊富な草木灰のように、不足した養分を補完し合うように組み合わせて使います。 土中で分解される際にガスが発生する肥料もあり、根を傷める原因になるので、施肥後すぐに植え付けたい方は醗酵、または完熟製品を選んでください。 おもな肥料 特長・効果 牛の糞を原料とした肥料です。 乾燥牛糞と醗酵牛糞があり、乾燥牛糞の方が多くの養分を含みますが、土中で醗酵するため、時間をおいてから種まき・植え付けしましょう。 牛糞よりも養分に富み、特にリン酸とカリが多く含まれるので野菜に適した肥料です。 牛糞と同様に、乾燥と醗酵の2種類があります。 油を絞った後の大豆や菜種が原料です。 土中でガスを発生するので、植え付けの2週間以上前に元肥として使います。 ガスが発生しない醗酵油かすは追肥にも使えます。 魚を乾燥・粉砕した肥料です。 チッ素9〜10%、リン酸4〜6%で、カリを含まないものが一般的です。 アミノ酸が豊富で、実の風味を良くする働きがあるので、果菜・果樹には欠かせません。 その名の通り、草や木の灰が原料です。 水溶性のカリウムと石灰が豊富な即効性の肥料で、強いアルカリ性のため石灰と同様に土の酸度調整にも使われます。 クヌギやナラなど、広葉樹の落ち葉を腐食させた肥料です。 通気性・排水性・保肥力に優れ、土中の有用微生物を増やす働きをします。 ワラや落ち葉など動植物由来の有機物を醗酵させた肥料です。 樹皮を原料としたバーク堆肥や、牛糞と合わせた牛糞堆肥などがあります。 炭化したもみ殻が原料で、通気性・排水性がよいため土質改善に使われます。 土の表面にまくと、保温性を高める効果もあります。

次の