煉獄 杏 寿郎 死亡。 【無限列車編ネタバレ】煉獄杏寿郎の死亡シーンに感じる本当の強さ・優しさとは?

煉獄杏寿郎の死亡シーンは?炎柱が死ぬ最期と煉獄さんを殺した鬼は一体誰なのか|鬼滅の刃.info

煉獄 杏 寿郎 死亡

大人気漫画である「鬼滅の刃」に登場する、炎柱・煉獄杏寿郎は、鬼殺隊たちのお兄さん的存在です。 そのため、鬼滅の刃ファンにも人気が高いキャラクターの1人。 そんな煉獄杏寿郎ですが、鬼滅の刃の物語の序盤ともいえるようなタイミングで戦いの末、死亡してしまいます。 煉獄杏寿郎の死亡シーンを読んで、思わず泣いてしまった人も多いとか…。 そんな多くの人が心動かされた煉獄杏寿郎の最期・・・とても気になりませんか?? 煉獄杏寿郎は一体どんな人物なのか?• 本当に煉獄杏寿郎は死亡してしまったのか?• なぜ煉獄杏寿郎は死んでしまったの?• 煉獄杏寿郎を殺した鬼は一体誰なのか?• 炎が描かれた羽織を身に纏い、双眸をカッと大きく見開いた眼力の強い明朗快活な青年。 鬼滅の刃に登場する柱たちは変わり者 ばかりの集まりですが、そんな柱達の中でも煉獄杏寿郎は比較的常識人ではないかと思います。 剣技は、幼き頃から積み重ねてきた修練と鬼との戦いで第一線で戦い続けた経験により磨きあげられており、その威力は人力では簡単にはできないであろう、数十~百トンはある列車が横転する衝撃を緩和するほどのもの。 鬼殺隊の同じ階級である柱たちからも、一目置かれ、信頼を寄せられる存在です。 主人公の竈門炭治郎も、「煉獄さん」と呼んで慕っていました。 煉獄杏寿郎はどうして死亡したのか?どんな最期を迎えて、煉獄さんを殺した鬼は一体誰なのか? そんな信頼を寄せられていた煉獄杏寿郎は鬼と死闘を繰り広げ、惜しまれながら命を落とす事になってしまったのです…。 竈門炭治郎達は煉獄杏寿郎に遭遇、そして鬼がいるとされる無限列車に一緒に乗車します。 そこではによって様々な人が血鬼術に囚われていました。 その魘夢を討伐する為、共闘する炭治郎や煉獄杏寿郎たち鬼殺隊。 魘夢の血鬼術に囚われてしまったものの、真っ先に血鬼術から目を覚まし、炭治郎たちへと指示を出し始めます! 煉獄さんを死亡させてのは魘夢(えんむ)じゃなかった! 煉獄さんの的確な指示によって、炭治郎が魘夢の討伐に成功。 ですがこの戦いはここでは終わりません。 なんとここでが突如現れ、炭治郎や煉獄杏寿郎は再び窮地に立たされてしまうのでした。 魘夢との戦いですでに負傷していた炭治郎たちを庇いながら一人で上弦の鬼に立ち向かっていく煉獄杏寿郎。 その姿はみんなが頼りにする、まさしくお兄さん、そして良き先輩。 猗窩座は煉獄杏寿郎のことを 「 すでに至高の域に達している」と高評価をし、死ぬことも老いることも無い鬼となって、一緒に強さを求めないかと誘います。 互角な戦いが続いているかと思いきや、人間である煉獄杏寿郎はダメージを負い、鬼である猗窩座はどんな技を当てられながらも再生し続けていく。 その姿を見ればこの戦いで有利なのは猗窩座であることが一目瞭然でした。 煉獄杏寿郎は朦朧とし始めた意識の中で、幼き頃の杏寿郎は母に 「自分がなぜ強く生まれたのか」と尋ね、その問いに 「弱き人を助けるため」と応えた母の言葉を思い出します。 このままでは大切な後輩である炭治郎たちや乗客たちも殺されてしまう…。 それだけは避けなければならないと、煉獄杏寿郎は自身が持つ最後の力を絞り出し、猗窩座の首を落とそうとしますが… 猗窩座は夜が明けはじめたために日の光を恐れて、自ら自分の手を切り落としてその戦いの場から逃げ出してしまうのです! 煉獄さんは炭治郎たちに想いをたくし死亡 炭治郎たち、そして乗客たちもしっかりと守りきった煉獄杏寿郎ですが、すでに致命傷の数々を負っていたためにもう助からないことは誰の目から見ても明らかでした…。 死を悟った煉獄杏寿郎は鬼殺隊の後輩である炭治郎たちにのちに名セリフと呼ばれる言葉の数々を言い残します。 それは幼き頃に死に分かれた母の姿です。 かつての母とのやりとりを思い出し、自分の役目が果たせたのかどうか確認する杏寿郎。 その問いに対し、母は杏寿郎を受け止め、立派に務めを果たしたことを告げるのです。 死の間際で再会をした母から言われた「立派に果たせた」という言葉に、煉獄杏寿郎は朝日の中、今までには見られなかった、子供のような柔らかい笑顔を浮かべて逝ってしまったのでした…。 煉獄杏寿郎を死に追いやった鬼、猗窩座のその後は? 煉獄杏寿郎が死んだ後、無限城で炭治郎と猗窩座は再会をします。 2人が戦いを繰り広げる中、 猗窩座は自身の人間だった時の過去、記憶をすべて思い出すのです。 猗窩座自身が嫌い続けていた弱者は 「辛抱が足りず、師範の大切な素流を血まみれにし、父の遺言も守れない」という人。 気づけば、 猗窩座自身がその「嫌いな人物」へと成り下がっていたことを思い出し、そのことを思い出させてくれた炭治郎に感謝の意を込めて微笑んだ後、煉獄杏寿郎を死に追いやった滅式を自分自身で打ち込むのです。 ですが鬼の身体は人間と違い、どれだけ強い技を打ち込み続けたとしても猗窩座の意と反して再生をし続けます…。 その時、猗窩座は 死んだ自分の父と慶蔵の姿を見ます。 二人の言葉を聞いて、人間・狛治だった頃の自分を取り戻し始めた時、猗窩座の目の前に突如現れたのは 鬼舞辻 無惨。 膝から崩れて落ちた狛治。 「そうだ、俺は強くなる。 強くなりたい。 約束を守らなければ」 頭と体が切り離されても立ち上がろうとする猗窩座。 そんな猗窩座の目の前に突如現れた女性。 19巻の前に18巻を読み返してるけど猗窩座の過去と最期のエピソードだけで映画1本撮れそう😢 — やす rootman16th その女性は猗窩座が人間として生きていた時、自身の妻となるはずであった 恋雪でした。 恋雪の姿を見つけた猗窩座は、無惨の声が聞こえてくるものの、その声はもう届かず。 恋雪を抱きしめながらも子供のように泣きじゃくり続ける猗窩座。 「ごめん!ごめん、ごめん!大事な時そばにいなくてごめん、約束を、何一つ守れなかった・・・!許してくれ、俺を許してくれ頼む、許してくれ・・・!」 「狛治さんが私たちを思い出してくれてよかった。 おかえりなさい、あなた・・・」 そのやり取りを終えると、再生し続けていた猗窩座の身体は崩壊し始め、鬼としての生涯を終えました…。 煉獄杏寿郎の最期…ネットの反応は? 衝撃的な最期を迎えた煉獄杏寿郎。 涙が止まりません・・・ — もこた。 🔥🎴無理 giccro 年間総合1位 煉獄さんの最期(鬼滅の刃 66話より) これは考えるまでもなくダントツ。 父を継ぎ、柱として戦ってきた煉獄さん。 初登場時から笑っていることが多かった彼だが、こんな風に心から笑うことは少なくとも隊に入ってからはなかっただろう。 涙なしに見ることはできませんでした…。 煉獄杏寿郎の死亡シーンに関するまとめ どうでしたか? 今回の記事をまとめますと 煉獄杏寿郎はかっと見開いた強い眼力を持っている明朗快活な青年、変わり者が集まる鬼殺隊・柱達の中では比較的常識を持った人• 煉獄杏寿郎は魘夢戦で傷を負った炭治郎たちを庇いながら、上弦の鬼に一人で立ち向かった• 後一歩のところまで追い詰めるも、昇り始めた日の光に怯える 猗窩座は、自ら手を切り落としてその場から逃げ出してしまう• 死の間際で再会した母の言葉に、煉獄杏寿郎は朝日の中、子供のように柔らかな笑顔を浮かべて最期を迎えた• その後、無限城にて炭治郎と 猗窩座は再会。 この戦闘によって、猗窩座は人間だった頃の記憶をすべて思いだす• 恋雪の姿を見た事によって再生し続けていた猗窩座の身体は崩壊、その生涯を終える でした! 煉獄杏寿郎の最期はあまりにも衝撃的で悲しみに暮れてしまいましたが、猗窩座の最期も同じくらい切ないものでした。 それゆえにネットでは猗窩座の最期を知ってから煉獄杏寿郎の最期を振り返ると複雑な感情を抱いている人が多く見られました。

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の全プロフィールと考察【年齢・呼吸・刀】

煉獄 杏 寿郎 死亡

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】煉獄の強さは母親譲り? 煉獄杏寿郎には、 肉体的な強さだけでなく、逆境にあっても一人進み続けることができる精神的な強さがあります。 何が起きても決して問題から逃げずに、まっすぐに対峙できるその強さは、おそらく 母親譲りなのではないでしょうか。 煉獄杏寿郎の母は病弱ではありましたが、強さと美しさを兼ね備えた聡明な女性だったようです。 ちなみに、千寿郎が物心つく前に亡くなっています。 「 人より力をもって生れてきた者は弱き者を守る義務があるのです。 」 母のこの言葉が、鬼を倒し人びとを守るという、煉獄杏寿郎のシンプルな行動原理に影響を与えていることは間違いないように思います。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】逃げずに猗窩座と戦い続けた煉獄 十二鬼月の上弦・参の「 猗窩座(あかざ)」は、今まで何人もの柱を葬ってきた鬼です。 戦闘力は鬼の中でもトップクラス。 猗窩座(あかざ)は魘夢討伐を終え満身創痍の一行の前に現れます。 そして、別の戦闘で手負いとなっていた炭治郎を最初に狙うのです。 手負いの者を狙うその理由は「 俺とお前(煉獄)の邪魔になるから」。 強き者を好む、まさに戦闘狂です。 煉獄杏寿郎の強さをすぐに見抜いた猗窩座(あかざ)は、杏寿郎に鬼になるべく提案をしますが、当然断られます。 「 ならば殺す」と始まった戦闘は、すぐに激烈なものになります。 そのスピードはとんでもなく早く、炭治郎は目で追えないほど。 異次元の戦いに、周囲は助太刀もできずただ見守るのみです。 互角に見えた戦いでしたが、 徐々に鬼と人間の差が表れ、煉獄杏寿郎は窮地に追い込まれていきます。 やられてもやられてもすぐにダメージが回復してしまう鬼に対し、ダメージが肉体に蓄積していく人間。 ひたすら不利に傾いていく状況で、誰ひとり死なせないためたったひとりで戦い続け、夜明けを待つ煉獄杏寿郎… 太陽の光で猗窩座(あかざ)を灼き殺すことを狙い、最後の力を振り絞りますが、猗窩座はあと一歩のところで逃げてしまうのでした。

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎が死亡!猗窩座との炎柱の誇りを掛けた対決ネタバレ【鬼滅の刃】

煉獄 杏 寿郎 死亡

Contents• 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎死亡!心の強さを魅せた最後の戦い では、順を追ってご紹介していきますね! 初登場は、単行本6巻44話。 那田蜘蛛山編が終わった直後ですね。 鬼である禰豆子を連れていることに関しての柱合会議に参加していました。 その際は、はっきりとした物言い、 笑顔だけど鬼に対する許せない気持ちがにじみ出ていました! そして、再登場してくるのは、その少し後。 煉獄杏寿郎と合流し、下弦の壱・ 魘夢(えんむ)を討伐する為、共に戦います。 最初は魘夢の血鬼術により支配されてしまいますが、真っ先に目を覚まし炭治郎たちに指示を出します! その的確な判断により、炭治郎が魘夢の頸を落とすことに成功するのです! が、しかし。 ここでなんと上弦の参・ 猗窩座(あかざ)が突如現れます!! 魘夢戦で負傷した炭治郎たちを庇い、一人で立ち向かう煉獄杏寿郎。 猗窩座は煉獄杏寿郎を 「 すでに至高の域に達している」 と高く評価し、死も老いも無い鬼にならないかと誘いますが、 「 老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。 相容れない2人は戦い始めます! 両者互角で戦い続けるも、煉獄杏寿郎はダメージを負い、猗窩座は再生していく。 有利なのは猗窩座でした。 煉獄杏寿郎は薄れゆく意識の中で、幼い頃を思い出します。 「自分がなぜ強く生まれたのか」 と母に問う杏寿郎。 「弱き人を助けるため」 母が答えた言葉。 このままでは炭治郎たちも乗客たちも殺される。 そんなことがあってはならないと、煉獄杏寿郎は最後の力を振り絞り、猗窩座の首を落とそうとします!! 「俺は俺の責務を全うする!!」 「ここにいる者は誰も死なせない!!」 第1位 【下弦壱魘夢戦〜上弦参猗窩座戦】 2017年ジャンプと言えばこれ あえて魘夢戦も含めてるのは猗窩座戦が鬼と人の対比を描いていたことに加えて下弦と上弦の対比も描いていたから — ウララ urara256 しかし、猗窩座は昇り始めた日の光を恐れ、自らの手を切り落として逃げ出してしまいます! 炭治郎たちも乗客たちも守りきった煉獄杏寿郎でしたが、すでに死からは逃れられません・・・ 死を悟った煉獄杏寿郎は炭治郎たちに 「 胸を張って生きろ」 「竈門少年、猪頭少年、黄色い少年。 もっともっと成長しろ。 そして… 今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる。 君たちを信じる 」 と言葉を残します。 「 立派にできましたよ」 そう温かに煉獄杏寿郎を労うのでした・・・。 以降飲んだくれになってしまいましたw 理由は、 日の呼吸の存在を知り、他の呼吸は日の呼吸の派生であることを知ってしまいます。 その結果、メンタルがやられ引退しお酒を飲むようになりました。 杏寿朗さんの死を聞いた際は、才能がないのにと攻めながらも遺言を聞いた際に堪えていた悲しみが溢れたように泣き出しました。 まとめると….

次の