バクサイスロット石川県。 完全決着!1回転500円の闇スロットに20万円突っ込んだ男の末路

パーラーじゃんじゃん宇和店

バクサイスロット石川県

5点 2 大阪府堺市堺区翁橋町1-7-1 総合70点 3 大阪府大阪市中央区千日前2丁目11-5 総合67. 5点 4 大阪府枚方市磯島南町92-1 総合67. 5点 5 大阪府堺市北区金岡町192-1 総合65点 6 大阪府大阪市中央区千日前2-9-17 アムザBF 総合64. 5点 7 大阪府羽曳野市野30番地の1 総合64点 8 大阪府大阪市中央区千日前2-11-2 総合63. 5点 3 大阪府大阪市都島区東野田町3丁目8番2号 総合32点 4 大阪府大阪市中央区難波1-8-16 総合33. 5点 5 大阪府東大阪市長堂3丁目3番28号 総合33. 5点 6 大阪府高槻市白梅町1-5 総合35. 5点 7 大阪府枚方市招提大谷2丁目25番1号 総合43. 5点 8 大阪府大阪市北区兎我野町16番11号 総合43. 5点 9 大阪府東大阪市菱江4-7-29 総合44. 5点 10 大阪府大阪市天王寺区悲田院町4-14 総合45点•

次の

完全決着!1回転500円の闇スロットに20万円突っ込んだ男の末路

バクサイスロット石川県

[1] 5分前 474件• [2] 3時間前 202件• [3] 7時間前 654件• [4] 9時間前 370件• [5] 11時間前 121件• [6] 16時間前 12件• [7] 19時間前 16件• [8] 19時間前 28件• [9] 20時間前 373件• [10] 22時間前 45件• [11] 27時間前 14件• [12] 27時間前 118件• [13] 31時間前 227件• [14] 35時間前 8件• [15] 41時間前 79件• [16] 41時間前 64件• [17] 43時間前 19件• [18] 47時間前 49件•

次の

石川パチンコ・スロット店掲示板|爆サイ.com北陸版

バクサイスロット石川県

人物 [ ]。 九州劇団出身。 声質は渋く朴訥とした。 テレビ創生期から活動しており、温厚な役・コミカルな役・とぼけた役を多く演じ、当たり役も多いが、も相当数担当している。 ユーモラスな演技は「 八奈見節」と呼ばれ、独特の台詞回しで知られている (『』の、『』のグロッキーや『』のなどに代表されるにおけるの科学者タイプの男などが代表的)。 また、『』シリーズのや役などでも知られている。 さらに、にはのキャラクター「」の声を担当した。 近年は基本的にナレーション業を主体としているが、頻繁にのレギュラー・ゲスト出演をしている。 2007年11月からで放映された『エレキング』では主人公・おいさんを務めた。 2009年3月20日、、らと共に第5回功労賞を受賞している。 2015年9月25日、療養のため休業を発表。 によると、2018年時点で八奈見の健康状態は良好であるとのことだが 、声優活動への復帰は発表されていない。 来歴 [ ] ・で生まれ、13歳の頃福岡に引き上げる。 声優を目指して劇団に所属。 しかし「東京でなければ芝居は出来ない」と思い、東京へ移住する。 その後、を経て青二プロダクションに所属する。 エピソード [ ] アドリブ [ ] を考える際にはテスト、ラストテスト、本番で変えて出すほうであり、相手の台詞や突込みで変えて出しているという。 『タイムボカンシリーズ』では「 」「 ハァ〜イ、全国ののみなしゃ〜ん」「 今週の山場〜っ! 」「 来週から『タイムガイコッツ』が始まるよ〜っ! 」「 イケズ〜」などの台詞を数多く残したが、これらは、ほとんどがアドリブだった。 スタッフも心得ていて、シリーズ中盤から後期になると八奈見の台詞部分の尺にわざと余裕を持たせてアドリブを入れやすいようにしていた(似たような逸話が同じくアドリブの鬼として知られるにもある)。 他の番組でこれらの「タイムボカンシリーズ」からの引用がパロディとして登場することもある。 は八奈見がこれまで演じた役柄に関して、「八奈見さん以外に代わりの人はいない」とも評している。 は声優として駆け出しの頃、八奈見と共演した時、「何十歳も年上なのに凄く楽しそうにする」「この仕事は本当に奥が深いんだな」と思ったと語る。 役柄など [ ] 『巨人の星』の伴宙太のオファーが来た際、外国映画で老け役を演じることが多かったため、「10代の役はできない」と一度断ったが、「そのままでやってください」と受けることになったという。 インタビューにおいて「『』の弓博士は知的キャラクターだった為か収録に苦労した」と語っていた。 『』にて自分は3枚目になってしまったとも語っている。 原作のアニメ『』でだいこん先生役を放送開始の2005年〜2009年の最終回まで演じたが、2013年の新作『がんばれ! おでんくん』では八奈見ではなくがだいこん先生を演じている。 『』の魔人ブウ編を境に、やブリーフ博士といった一部の役柄を降板し、以降はナレーションと北の界王役に専念していた(バビディ役は、ブリーフ博士はに交代)。 その後、休業に伴い『ドラゴンボール超』の第11話で一時降板している。 その他 [ ] 顔出しでテレビなどに出演することはほとんどなく、2009年3月に公開された実写版『』でも、他のを担当した声優(、)が、どくろ鮨(インチキ商売)で騙された客役で出演しているが、八奈見は出演していない。 『』()では顔出しNG、『』()では写真のみ公開、『』(、2011年12月16日放映)では顔出しNGで声だけの出演だった。 80年代に発売されたのアルバムで、音声ドラマ(ホームドラマ風のコント)に出演した。 鶴太郎が司会を務めたTV番組『』で、そのドラマを再現したコントが行われ、その際に一度だけ顔出し出演している。 母校であるの群像が綴られた『修猷山脈』(編、1971年) の中で、芸能界において同校出身者がほとんど見当たらないことに対して、「あんなゴッツイ学校から芸能人が出るわけないよ。 ぼくなんか不肖のセガレですよ」と苦笑いしたことが記されている。 後任 [ ] 八奈見の病気療養に伴う後任は以下の通り。 後任 役名 作品 後任の初出演 ナレーション 『』 第12話 ナレーション 『』 マンデマス 『』フジテレビ版 WOWOW版追加収録部分 「」 『』 『』ゲーム版 『』 フィルモア 『』 『』 『』 『』 アイラ 『』テレビ朝日版 WOWOW版追加収録部分 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1963年• ( 狼のボス )• 1965年• ( ガリガリ博士 )• 1966年• (松野松造〈父さん〉〈初代〉 他)• (ガッポリ社長)• (カブが変身したサリーのパパ、貧乏神、和尚) 1967年• (ジンガー博士)• (老人)• (なんでもOK事務所の所長 )• 1968年• (ノウルス、ミイラ男、砂魔人、マダン、ビル・ボディ)• (笹岡村村長〈予告編〉、村会議員、村人、丸毛)• (1968年 - 1977年、 ) - 2シリーズ• (1968年)( アイザック・ギルモア 、コンピューターの声、次回予告ナレーション)• ( ノーテンパンク博士)• 1969年• (怪しい男〈ヘブン〉、コンドル、脱獄囚〈アニキ〉)• ( 伴宙太)• (御老公)• (ワルジー)• (奉行)• (太郎、ハラポン太郎、動物園園長、校長先生、サーカス団長)• (1969年 - 1972年、ジャコウネズミ) - 2シリーズ• ( ココロのボス 、ギロチン一家の親分、小久保彦左衛門、 他) 1970年• (トン吉)• 1971年• (知恵蝿のブン太、ダイダラ教徒、安井社長、猛霊八惨の主、湯水侑会長)• (老人)• 1972年• (一平じいちゃん、ネレウス)• (狸小路ポチ )• ( 弓弦之助 ) 1973年• (如月たけし博士)• (偏屈じいさん)• (ヤマモリ• (ノラキュラ先生、ミクロイドNo. 74)• (ルパン)• 1974年• (デルフリ村の家主)• (1974年)(フクロウ先生 、ネズミギャング・ペペ)• (大昆虫将軍スカラベス、弓弦之助) 1975年• (氷の魔王 )• ( 車弁慶 、百鬼大帝ブライ)• ( グロッキー )• ( 宇門源蔵、恐星大王ベガ)• (ド・モラール侯 ) 1976年• (スタッフォード)• (マドマッド、ポー船長)• (ピカデリー博士)• 1977年• (タワシ長官 )• ( ボヤッキー)• ( 佐渡酒造 、 ヘチ副総統、ジョン・グレイ、大星竜太郎、RX-2司令) 1978年• (ドクター・ゼロ 、首相)• (ドッジ助教授 )• (宿の主人、お父ちゃん、宿の主人、ボバンボ、ラーメン屋、老人、スタンレー)• (トム)• (農夫)• (教頭先生)• (アニマッド)• (1978年 - 1980年、医師、博士、ギネス、MASA長官、ダンチョネ)• 1979年• (僧侶ギルエルメ、ハシム、郭経)• (トド署長)• (1979年)(トーマス、リゲラ、トーマス大統領、わし鼻、ダンカン、知事)• (ドクター)• ( 伴宙太 )• ( トボッケー 、トボ山タケオ)• (主人)• 1980年• (マザー・シャルバートの信者、巡礼船の老人)• (フニャラの父、馬毛野先生)• ( セコビッチ、セコビッチの父)• (バリバリ博士)• (小川運転手)• (テン)• (赤シャツ )• (フクロウ)• (おじいさん)• (亭主) 1981年• (大久保)• (ベルボ警部)• ( パンチョ・ポンチョ)• (アンデスの老人)• (スパーク将軍)• (1981年 - 1984年、サファリ、じいちゃん)• (パンチョ・ポンチョ)• (ナレーター)• ( ジュリー・コケマツ 、ボヤッキー) 1982年• (カンタローの父、死神、スクブク)• (妖怪、ウサギ 他)• (イオの父、王)• ( コスイネン、グロッキー、ボヤッキー、セコビッチ)• ( スリーJ〈 スリージェイ〉)• (猿飛八宝斎)• (仙太郎)• (大臣)• (、、)• (ドクター蛮) 1983年• ( ダサイネン)• ( D・D・リッチマン)• (ご亭主〈ポットさん〉)• (大空いばり)• (ジンゴロウ)• (銭亀為五郎、バリバリ) 1984年• (インゲン長老)• (あゆみのおばあちゃん)• (吉井艦長、艦長、校長)• (リュックマン、医者、モニカのおじいちゃん)• (1984年 - 1985年、教頭)• (ヘレミアス)• (レプトル将軍、楊教授) 1985年• ( )• (1985年 - 1988年、 、教授、)• (エラリー• ( 中森洋輔)• (ファスナー伯爵) 1986年• (あべかわ彦左ェ門 )• (テレビ朝日版)(ゴン)• ( )• ( 鈴木繁〈インチ鬼大王〉)• (1986年 - 1989年、 ナレーター、ブリーフ博士、国王)• (要田ヨネ)• (イワちゃん)• (町長〈クラーク・ライアン〉) 1987年• (町長〈クラーク・ライアン〉)• (長老)• (大日本教育長)• (のら山くろ吉)• ( ) 1988年• (社長)• (武田)• (老人)• (第2作)(山下コーチ) 1989年• ( 木下藤吉 、和尚さん、ナレーター)• (スーパーゼウス )• (1989年 - 1993年、ドン・キ・ホタテ、ピカリ〈初代〉、スロット男爵)• ( ワンダユウ)• (1989年 - 1996年、 ナレーション、、ブリーフ博士、国王、)• (ブラックホール爺さん)• (タウじいさん)• (じいさん) 1990年• (大家さん)• (ゲンナイ)• (ピンチ)• (ナレーション)• (どんぐり医者、空頭の先生、署長〈初代〉)• (鬼輪伴忠太)• ( ココロのボス) 1991年• (ボス) 1992年• (松森豊一)• (吉岡)• (ウメ法師)• (1992年 - 1994年、西剛介、服部心臓)• () 1993年• (ロドリコ)• (老人)• (ナレーション)• (ヒデサブロー・キタグチ) 1994年• (カ・ザンダン)• (1994年 - 1995年、会長〈2代目〉) 1995年• (ゼペット)• (太平)• (星影老師〈2代目〉)• (ホロホロ鳥、村長 他)• (青猿の王様) 1996年• (毛羽毛現、骨董屋の主人、ガマ仙人、井戸仙人)• (1996年 - 1997年、 ナレーション、北の界王、バビディ) 1997年• ドラゴンボールGT 悟空外伝! 勇気の証しは四星球(ナレーション)• (天永和尚)• 秋葉原教授) 1998年• (村長)• (星神・南極寿星) 1999年• (首吊り死体)• (ゲンナイ)• (ハレルヤだいおう)• (1999年 - 2004年、ブードル 、ガン・フォール ) 2000年• (お利口マン仙人)• ( ヒエール 、シバレール、ボヤッキー、グロッキー) 2001年• (2001年 - 2009年、刀々斎) - 2シリーズ• (シェンウーモン)• (花右京北斎) 2003年• (おっちゃん)• (マーク・ウィリアムズ ) 2004年• ( モリゾー)• (ランバージャック ) 2005年• (2005年 - 2009年、 だいこん先生)• (2005年 - 2007年、老店主、老人) - 2シリーズ 2006年• ( スーパーゼウス) 2007年• (おいさん)• (2007年 - 2009年、 一反もめん)• (アレイスター・クロウリーI世) 2008年• (毒蠍先生)• (2008年 - 2009年、 ボヤッキー、コスイネン、ダサイネン、レ・オナラブー・ダベンキ) 2009年• 「桜の森の満開の下」(ナレーション)• (2009年 - 2015年、 ナレーション、北の界王、ブリーフ〈初代〉、国王)- 2シリーズ 2010年• (ドクターgg) 2011年• (カラテンモン) 2012年• (医師) 2013年• (界王) 2015年• (ナレーション〈初代〉 、界王〈初代〉) 劇場アニメ [ ] 1966年• (アイザック・ギルモア) 1967年• (アイザック・ギルモア)• 1969年• (伴宙太 )• 巨人の星 行け行け飛雄馬(伴宙太 ) 1970年• 巨人の星 大リーグボール(伴宙太 )• 巨人の星 宿命の対決(伴宙太 ) 1971年• (男爵) 1972年• (弓弦之助、ポチ) 1974年• (ジャンボ)• (弓弦之助) 1975年• (車弁慶、科学要塞研究所所員) 1976年• (車弁慶、宇門源蔵)• (市長)• (宇門源蔵) 1977年• (、ヘチ副総統) 1978年• (昆虫人間A) 1979年• (老人) 1980年• がんばれ!! タブチくん!! 第2弾 激闘ペナントレース(、)• (アイザック・ギルモア)• ( トボッケー、トボ山タケオ)• (ドクター) 1981年• (王様)• (砂っぺB)• (大臣)• ( セコビッチ、ボヤッキー、グロッキー、トボッケー)• (神様たち) 1982年• (きこり)• 巨人の星(伴宙太 )• (渋沢先生 ) 1983年• (カメ) 1984年• (ギックリ )• (ホルモン王)• (シュタイン博士)• (魔人) 1985年• Gu-Guガンモ(秋本ナオミ)• ( 一反もめん) 1986年• ( 一反もめん)• ( 一反もめん )• ( 一反もめん)• (司祭)• (ナレーター )• 1987年• (大とり)• (クラーク)• (ナレーター)• (間宮重蔵) 1988年• (ナレーター)• (スーパーゼウス)• ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝(スーパーゼウス) 1989年• (ナレーション)• 1990年• (薄井〈やもめ〉)• クロがいた夏(伝六)• ( ワンダユウ)• (ナレーション)• (界王) 1991年• (界王)• (ナレーション) 1992年• (羊仙)• (ナレーション)• (ナレーション) 1993年• (ゲルラッハ子爵)• 三国志 第二部・長江燃ゆ! (しわしわ竜)• (ナレーション)• (ナレーション) 1994年• (山田十平衛)• 三国志 完結編・遥かなる大地()• (ナレーション) 1995年• (ナレーション)• (フィリップ) 1996年• (トランプの精)• (井戸仙人)• (ナレーション) 1997年• (猫) 1998年• (ホイホイ) 2001年• (オオタカ総理 ) 2002年• (ハカセ) 2003年• (刀々斎) 2005年• (ケロデーク) 2008年• ( 一反もめん) 2009年• ( ボヤッキー) 2013年• (界王)• (マスター) OVA [ ] 1984年• (ジイ) 1985年• (ジュゼッペ・ファリーナ)• (老人)• (執事) 1986年• (ティ)• (マーフィー)• (矢波辰ェ門)• (中森洋輔) 1987年• (老博士) 1988年• (タストン)• (大臣A)• (ブアク) 1989年• (ゲルラッハ子爵、政治家)• (スーパーゼウス) 1991年• (博士)• (サタンの足の爪) 1992年• (海座頭)• (教授)• (メタリカーナ王) 1993年• (ダグラス・W・ヴィンセント)• ( ボヤッキー、グロッキー、トボッケー、セコビッチ、ジュリー・コケマツ、コスイネン、ダサイネン)• (マードック博士)• (ナレーション)• (ウルキュース・ノタニー博士) 1999年• (久龍) 2000年• (敷島博士) 2001年• (弓教授) 2002年• 魔法のスターマジカルエミ 雲光る(中森洋輔) 2003年• (弓教授、魔魚将軍アンゴラス) 2006年• (カメオ) 2008年• (ナレーション) 2010年• (界王) 2011年• (ナレーション) ゲーム [ ] 1988年• (スーパーゼウス) 1992年• (デューク・ペペ、エビス丸) 1994年• (1994年 - 2004年、エース、ギミック) - 3作品• (マードック博士)• (ナレーション)• (ナレーション)• (界王)• (バビディ)• (1995年 - 1996年、シロジー先生、スタンプ王) - 2作品• (ナレーター、実況担当の「タコ」)• (ナレーション、アイテム商人)• (ナレーション) 1996年• (車弁慶)• (車弁慶)• (フェイ・プー・スー)• (ナレーション、界王)• (コウメイ)• (1996年 - 1997年、ボヤッキー) - 2作品• マジクール(師匠) 1997年• (子悪魔、鼻悪魔)• (地獄大師)• (1997年 - 1998年、車弁慶、弓教授) - 2作品• (フェイ・プー・スー) 1998年• (長老)• (木喰)• ザ・マッチゴルフ (西東茂吉)• (ボヤッキー) 1999年• (永堀義光)• (ハカセ)• (車弁慶) 2000年• (2000年 - 2001年、車弁慶、弓教授) - 2作品• (ボヤッキー) 2001年• (車弁慶、パンチョ・ポンチョ)• (グロッキー、ボヤッキー、トボッケー、セコビッチ、ジュリー・コケマツ、コスイネン、ダサイネン、ヒエール)• (ドクターゼロ)• (ブードル) 2002年• (ハカセ)• (車弁慶、百鬼大帝ブライ、恐星大王ベガ)• (ラヴィル・クレメンテ) 2003年• (王様)• (車弁慶)• (界王、ナレーター)• (ガルーダ)• (ガン・フォール) 2004年• (2004年 - 2005年、車弁慶、百鬼大帝ブライ、恐星大王ベガ) - 2作品• (パンチョ・ポンチョ)• (魔導師バビディ、ナレーション)• (ボヤッキー) 2005年• (ハカセ)• (車弁慶)• (ナレーション)• (界王、ナレーター)• (魔導師バビディ、ナレーション、界王さま)• (バビディ) 2006年• (パンチョ・ポンチョ)• (PS2版)( クレメンテ)• (ガマ仙人)• (ナレーター)• (界王様、バビディ、ナレーター) 2007年• (子悪魔、鼻悪魔)• (一反もめん)• (ナレーション、バビディ)• (バビディ、ナレーター) 2008年• (車弁慶、百鬼大帝ブライ、恐星大王ベガ)• (車弁慶、百鬼大帝ブライ、恐星大王ベガ)• (ボヤッキー) - 2作品• (界王さま、バビディ) 2009年• (パンチョ・ポンチョ)• (ナレーション)• (2009年 - 2010年、界王様、バビディ、ナレーション) - 2作品 2010年• (界王様、バビディ、ナレーション) 2013年• (ゲンナイ) 2015年• (界王様、ブリーフ博士) 吹き替え [ ] 海外映画 [ ]• 哀愁物語 セドリック・ハードウィック• (アリヴェロ博士、リチャード・ベレロSr. 、E・F・ラーキン)• (ピーター・ジャクソン)• (神父〈ノエル・コールマン〉)• (グレート・プレシディオ〈I・M・ホブソン〉)• (グレイソン〈〉)• (ザ・ブル)• (ラウス〈ジョン・マーリー〉)• (ラモン)• (バーニー)• (ヒッチハイカー〈〉)• (ギャップ〈ジョン・ボズウォール〉)• (ドン・ペリー)• (イグネシアス・グリック枢機卿〈〉)• (易者先生)• (レンチミュラー〈〉)• (プープデック・パピー)• (マックスウェル〈〉)• (ヴァン・ヘルシング教授〈〉)• 海外ドラマ [ ]• (城主)• 二枚のドガの絵(フランク・シンプソン弁護士〈〉、検視官)• 黄金のバックル(美容師・ダリル〈アンソニー・ホランド〉、警察官)• (アイラ・グレーブス博士)• (テフラー、給仕)• (ジェシー・デューク)• (ジョネシィ:) 海外アニメ [ ]• (校舎)• (アストロ)• (フィルモア)• カーズトゥーン 未確認飛行メーター• (レックス・シャード)• (ジョー・ヤマダ警部)• (ザーボア)• (サンタ)• (レオドル)• (通行人)• ( グーフィー)• (シークランプ)• (グリムズビー)• () 人形劇 [ ]• (記者A、サビール大尉)• (アロイシャス・パーカー) 特撮 [ ] 1971年• (ワッカマンの声、ドクガスマンの声、ガトリングマンの声) 1974年• (ゴビー長官の声) 1975年• ( ガブラの声) 1976年• (ガブラの声)• (ルアーの声) 1977年• (ミスターチーフの声) 1984年• (ビビアンの声) ラジオ [ ]• 『封神演義』()(費仲)• (キタグチ軍医)• (マードック博士) ドラマCD [ ]• (ミスター珍)• ゲッターロボVSゲッターロボG(車弁慶)• (地獄大師)• ラジオドラマ版(松本先生の祖父)• ( ブライ)• (王允子師)• (市川文靖)• タイムボカンシリーズ(いずれも)• タイムボカン(グロッキー)• タイムパトロール隊オタスケマン(セコビッチ、グロッキー、ボヤッキー、トボッケー)• 悪玉馬券塾(グロッキー、ボヤッキー、トボッケー、セコビッチ、ジュリー・コケマツ、コスイネン、ダサイネン)• タイムボカン王道復古 特訓満漢全席(ボヤッキー)• (ボヤッキー、ジュリー・コケマツ)• (星神・南極寿星)• (キタグチ軍医)• PVIドラマCDプライベート(香山藤兵衛)• MUSIC FILE 4 我田引水• MUSIC FILE 5 天真爛漫• SOUND NOTE 1 YAH! YAH! YAH! SOUND NOTE 2 DELIGHTFUL CD [ ]• タイムボカン名曲大全• タイムボカン王道復古 特訓満漢• 天才ドロンボー'08(シングルCD、ドロンボー名義)• ドロンボー伝説'08(アルバムCD、ドロンボー名義)• (エノモト) ナレーション [ ]• (、、の指導者、の指令文書)• (2007年度「『』スペシャル」)• (「トリビアの影ナレ」のボヤッキー)• (の問題VTR)• ズームイン!! SUPER NG投稿(秘)映像180発 年忘れスペシャル(ナレーション)• (ナレーション) -• CM [ ]• タカトクマンモス合身三冠王(1982年):コスイネンの声• タカトクイタダキメカ(1983年):ダサイネンの声• パブスティック(1986年):神の声• (1994年)• (1996年):猫の声 出演:)• (冬季キャンペーンCM。 CM中のナレーションを担当)• (ナレーション)• (2005年ナレーション)• (1986年ナレーション)• (2001年頃の歯ブラシCM。 CM中に登場するキャラクター「チェンじぃ」)• 内「100レモン」CM『』(グランパ)• 『』(2008年、CM中のナレーションを担当)• ポチッとなボタンCM(ボヤッキー)• (1995年、CM中に登場する「ガイバラ」)• ボカンと一発! ドロンボーCM(ボヤッキー)• 「」(ナレーション)• (現:) 『ぐぐっとガムダス』(ナレーション)• 『』(ナレーション)• ドッチモイタリアーノ(1999年、と共演・アニメ音声)• 「ジャンボマシンダー・、」CM(ナレーション)• 「コンボ」のCM「キングコンボ vs ジャングルチーム」編:ジャングルチームのサイの声 その他 [ ]• (第一展示室にある蔵の中にいるネコ)• のテレビアイドルえほん・「・ヤプール人のしんりゃく」(ヤプール• ・「」(ベルク・カッツェ• 出版のソノシート実写番組ドラマ『』(白鳥船長)• HP内コンテンツ「」(ボヤッキー)• (ワンダユウ)• ポチッとなボタン (ボヤッキー)• (カブトガニシアターで約15分放映されている解説映像の恐竜)• 「」(リス)• (ボイスオーバー) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 代わりにアニメ版総監督のが出演した。 復帰せずに最終回を迎えたため、途中降板の形となった。 元々同番組では1コーナーである「金スマ波瀾万丈」のみの担当であったが、八奈見の降板により、番組全般のナレーターを担当。 『』では八奈見が演じていたゲンナイの青年期を担当。 その続編である『』では老人時の声も担当している。 三悪の声優の高齢化や新たなシリーズの製作案が出た際、が故人であったことによる一斉降板に伴い、正式にシリーズを通じての2代目となった。 梅津はテレビアニメ版でのハカセの声を担当していた。 『PCエンジン版』(1995年)、『版』(1996年)• 『ボカンと一発! ドロンボー』(1996年)、『完璧版』(1997年)• 『スーパーロボット大戦F』(1997年)、『F完結編』(1998年)• 『スーパーロボット大戦MX』(2004年)、『MX ポータブル』(2005年)• 『ヤッターマンDS ビックリドッキリ大作戦だコロン』『ヤッターマンDS 2 ビックリドッキリアニマル大冒険』(2008年)• 893、1995年7月、• seigura. com. 2020年1月18日閲覧。 タレントデータバンク. 2019年1月18日閲覧。 2020年1月18日閲覧。 『日本タレント名鑑(2011年版)』VIPタイムズ社、2011年1月27日、385頁。 青二プロダクション公式サイト. 2012年12月12日時点のよりアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 2020年1月18日閲覧。 TSUTAYA. 2020年1月18日閲覧。 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈別冊〉、1979年10月30日、107頁。 2018年7月29日. Ameba Blog. サイバーエージェント. 2019年10月21日閲覧。 織田信雄編「森久保祥太郎」『ボイスクロニクル 声の年代記』、2007年11月1日 、75頁。 『修猷山脈』(、1971年) 129頁• 2015年9月27日. 2020年3月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2014年12月25日. 2017年7月16日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年8月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年1月22日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月9日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月8日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月17日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 タツノコプロ. 2016年6月11日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 ドラゴンボール超. 2015年6月15日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。 マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。 WOWOW 2016年6月24日. 2016年7月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• ジュニア.

次の