中野四葉 名言。 「五等分の花嫁」中野五月の名言まとめました

【五等分の花嫁】中野三玖と言うヒロインの危険性について。

中野四葉 名言

「わたしはアンタを認めないわよ。 たとえそれであの子たちに嫌われようとも……。 コミックの1巻と3巻と8巻の表紙に登場している。 容姿 の前髪との髪型で、五つ子の中で一番の長髪だったが、途中で髪を切る。 黒い蝶の髪飾りを左右に着けたが特徴。 制服を着ているときは黒い上着 アニメでは紫に近い配色になっている を羽織っており、私服はおしゃれに気を使っていて女子力が高い。 どんな時でも胸を強調する服を着ている。 視力が悪くコンタクトレンズを使用している。 靴下はニーハイソックスを履いている。 人物 の呼び方は「上杉」「キミ」「アンタ」。 話が進むうちに変わる 後述ネタバレ。 一人称は「わたし」、二人称は良くも悪くも主に「アンタ」。 他の五つ子のことをで呼ぶ。 言葉遣いは五つ子で唯一を常用している。 と違って家事をしっかりこなし、料理が得意など、しっかり者の一面もある。 おしゃれに気を使うところがありは五つ子の中で最も高く、社交性も高い。 美容ローラーや顔のパックを使っているなど美容に気を使っている。 おしゃれにも興味が強いらしく、ピアスを開けようとしたこともある。 スマホをウサギ型のケースに入れて使っている。 と同じように注射が嫌い。 胸を持ち上げるように腕組みする癖がある。 価値観の違いからと喧嘩することがあるが、根は姉妹が大好きである。 面食いな一面があり、本人曰くワイルドな人が好きとのこと。 当初は姉妹の中に入り込んできた「異分子」である風太郎の事をよく思っておらず、初対面の時には睡眠薬を飲ませて強制排除に及んだ程であった(軽く見えるがこれは「傷害罪」に問われる危険性あり)。 だが、花火大会ではぐれた姉妹探しに奮闘した後に労いの言葉を掛けたり、中間テストで全員赤点を取って家庭教師をクビになりそうになった際には嘘の点数を報告して続けさせたりと、徐々にだが態度を軟化させていく。 因みに、少年期の風太郎の写真を見た時に「めっちゃタイプかも!」と目をキラキラさせながら言っていたので、ファンからは度々「ショタコン」呼ばわりされる。 ネタバレ 林間学校の肝試し中、金髪のカツラを被った風太郎 金太郎 を見て一目惚れ。 フォークダンスに誘うが、風太郎が風邪でダウンしたため結果的にフラれる形になる。 二学期の期末試験を前にしても、勉強に身が相変わらず入らない二乃は三玖や風太郎と口論になり、風太郎が作ったプリントを咄嗟に破り捨ててしまう。 そのことを五月に叱られ、頬を張られたことに反発。 衝動的に家出してしまう(同時になぜか五月も家出してしまう)。 しばらくの間ホテル生活を続けていたが、ある時自分を連れ戻しに来た風太郎の落ち込んだ表情を見て放っておけなくなり、渋々ながら部屋へと招き入れる。 風太郎から、かつて京都で出会った少女 零奈 との再会から決別までの顛末を聞いた二乃は、その場で号泣。 「アンタみたいな男でも好きになってくれる子が地球中に一人くらいはいるはず」と風太郎を励ます。 さらに、風太郎の「人は変わっていくのは避けられない。 過去を忘れて受け入れて行かなくちゃな」という言葉に感じ入り、自身が五月に強く反発した本音を語り出す。 かつての五つ子は容姿も性格もほぼ同じで、二乃はその頃の思考が共有されているような感覚を心地良く思っていたが、5年前の母親の死をきっかけに個性が芽生え少しづつ離れて行った。 二乃の長い髪も、他の五つ子は髪型も変えていったが、二乃だけは昔の髪型を維持していた物。 二乃は「五つ子」に未だに固執し続けていたゆえに、五月の変化に強く反発したのだった。 自分も過去を忘れて前を向かなきゃならないという二乃は、もう一つの心残りとしてちゃんと金太郎に別れを告げられなかったことを挙げると、風太郎は二乃のために金太郎に扮して彼女の前に再び現れ、彼女の未練を断ち切らせてやろうとする。 だが、「金太郎がいれば姉妹はいらない」という二乃に「5人でいて欲しいんだ」と本音を言ってしまったことで正体を途中で見破られ、二乃は姿を消してしまう。 翌々日、ホテルを変えた二乃の前に今度は三玖が現れる。 家に戻らないのかという三玖に、二乃は今のバラバラな五つ子が一緒にいる理由はないと返す。 そんな二乃に三玖は「全員同じは平穏で諍いもないけど、それじゃ20点の5分の1人前のまま。 一人一人違う経験をして、足りないところを補い合って、わたしたちは1人前になろう」と説得。 その言葉に二乃も心を動かされ、変わりゆく今を受け入れると決心。 覚悟の証として髪を切り、五月に謝って仲直りする。 その後は風太郎への反発をやめ、金太郎への想いも断ち切るが、同時に風太郎のことが気になり始める。 ただし二乃本人は、これは風太郎への恋心ではなく、金太郎への未練が残っているためだと自分に言い聞かせる。 そして合格点を学年末試験でとり、風太郎とはもう会わないという決意を固めていた。 しかし、姉妹達とともに親元を離れて暮らすことを父・マルオと議論している最中、バイクで現れた風太郎に突如連れ出され、姉妹たちが待つ風太郎のバイト先へ向かう。 その道中、普段のように軽口を叩き合っている中で、勢いに任せて彼に告白してしまう。 風太郎に対する反発は「姉妹の間に入ってくる異物・家庭教師」という役割に対してで、彼個人に対しては惹かれていたことを自覚しての言葉だった。 しかしその言葉は風にかき消され、風太郎の耳には届いていなかった。 店に着いてからそのことを知った二乃は一度は告白を無かったことにし、その場を立ち去ろうとしたが、すぐに引き返し 「アンタのこと好きって言ったのよ」と まさかの二回目の告白。 前述の「 風太郎を 好きになってくれる子が一人くらいはいる」という言葉を引き合いに出し、 「それがわたしよ。 残念だったわね!」と宣言する。 さらに困惑する風太郎に対し、 「恋愛対象として見られていないなら、振り向かせてみせるわよ!」と決意を新たにアタックを開始するのだった。 ちなみに、その頃から呼び方が「フータロー」となり、さらには「 フー君」というあだ名を度々使うようになる 命名は春休みの旅行時に三玖が提案したもの。 毒舌は相変わらずだが、自分が自覚が出来たり、言い過ぎて後で反省するようになった。 関連イラスト.

次の

中野二乃とは (ナカノニノとは) [単語記事]

中野四葉 名言

「何で好きな人と付き合うんだろう」 プロフィール 誕生日 身長 159cm イメージカラー 好きな食べ物 好きな飲み物 抹茶、緑茶 嫌いな食べ物 好きな動物 よく見るテレビ 好きな映画 武将が出てくる系 好きな本 日課 朝の占いチェック お気に入りスポット 何かの隙間 得意科目 5教科 CV 概要 『』に登場するの。 首元に青いを髪をはさむように掛けているのが特徴。 コミックの1巻と4巻と9巻の表紙に登場している。 容姿 で右側が隠れるような前髪になっている。 髪の色は他の姉妹より濃くなっている。 睡眠不足なのか不明だが常にをしている。 実は五つ子の中では、髪型や顔立ちが一番亡き母の零奈に近い。 三玖がヘッドホンをまともに使ったところは誰も見ていない。 ただ、彼女自身の回想ではゲームをしているときに使っている描写があるため、普通に使うこともあるらしい。 制服の着方は青いセーターを着ておりボタンはすべて留めている。 を履いている。 人物 風太郎のことを呼び捨ての「フータロー」で呼ぶ。 やと反対の特徴を持っており、社交的でなく何を考えているのか分からない部分がある。 理由は不明だが自分に自信を持てずにいるらしく、自分にできることは他の4人にできて当たり前、他の4人にできることは自分にはできないと思っているため、辛気臭い雰囲気を醸し出していた。 変装が得意で、作中で唯一他の4姉妹全員に変装している。 素の性格こそ内気だが、真逆の性格の四葉にまでなりきることができるので、極めて高い演技力と観察力を持っていることが伺える。 無表情ではあるが、怒った時は割と表情に出ることが多く、特にほっぺを膨らませる癖がある。 風太郎のことも最初こそ拒絶していたが、自身の良さを認めてくれたことをきっかけに風太郎に好意を寄せるようになり、姉妹の中では最も最初に風太郎への好意を自覚した。 そのため、他の姉妹の中で最もデレるシーンが多い。 基本的に不器用なのが特徴。 で、作った料理は焦げていたり味付けがおかしかったりする。 貧乏舌の風太郎は問題なく食べることができるが、風太郎が料理が得意な人が好きなこととがまずいと言ったことから料理をうまくなりたいと願っている。 風太郎の好みの女性像(妹のの特徴)が自分と反対であることを気にしている。 運動も苦手で、風太郎と同じように体力がなくすぐにへばってしまう。 のおじさんキャラがお気に入りで、勉強ができる風太郎ですら知らない歴史の知識を知っている。 きっかけは四葉から借りたゲームで興味を持ったとのこと なお、ゲームはそのまましている。 歴史の話になるとこれまでに見せなかった表情を見せて、マシンガントークをすることがある。 ただ、自分の趣味は変わったものだと考えているため、姉妹にも秘密にしている。 ちなみにどういう訳か風太郎とその友人2人はそれぞれ、、と戦国武将の名字から取られている。 おしゃれに無頓着で二乃のおしゃれを理解できないことがある。 抹茶ソーダをよく飲んだり、風太郎に和服を着せたりと和の物が好きなところがある。 これらのことから二乃と衝突することがある。 林間学校でが風太郎に好意を寄せていることを知ったとき、自身の「自分たち五つ子は平等でありたい」という思いで自分に素直になれないところがあったが、風太郎の「平等じゃなくて公平に行こうぜ」という言葉で吹っ切れて、一花に宣戦布告をすることで、自身の気持ちに正直になることができた。 二乃と風太郎が二人っきりの時は、二人が何をしたか気になる。 関連イラスト 余談 公式ツイッター画像は毎週水曜日に発表される。 歴史に関するメッセージが多い。 第1回人気投票では1位。 中の人の名前が同じ美来 ミク。 五姉妹を演じる5人の中では伊藤が最年少、つまり末っ子である。 上杉風太郎役の声優であるは、五つ子の中で嫁にしたいキャラに三玖を挙げている。 関連タグ :家庭教師 五つ子の姉妹 ネタバレ 好意を抱くのは早かったものの奥手な性格もあってあまり進展せずにいたが、一念発起して「3学期の期末テストで一番を取ったら告白する」と一花に宣言。 結果赤点回避には成功するも、僅差でトップになったのは一花だった。 風太郎の一番の生徒になることで自分に自信をつけ勇気を出そうとしたが失敗したことで、このままだと結局風太郎とは教師と生徒の関係のままでずっと変わらないと思った三玖は、今のままの関係性を壊すべく、家族旅行中に偶然会った風太郎に五月の変装をして 「家庭教師はもう結構、この関係に終止符を打ちましょう」と告げる。 風太郎はその言葉の真意を知るべく、偽五月の正体を暴こうと情報を集めた結果最終的に一花と三玖の二択にまで迫るが、そこからの決め手が見つからず、苦肉の策で姉妹の呼び方の違いでひっかけようとする。 それを見破った三玖はあえて一花のフリをし、風太郎も一時騙されるが、去っていく背中に何かを感じた風太郎は「三玖か?」と正解を導く。 自分と風太郎が教師と生徒なのは変わらないが、それだけじゃない絆がある。 それを確かめることができた三玖は家庭教師拒否を撤回。 勉強だけでなく、風太郎に自分を好きになってもらうための努力を始める。 3年になってからのアルバイト先に風太郎と同じケーキ屋を志望するも二乃に敗北。 だが今の三玖にとって大事なのは風太郎に好きになってもらう自分になることであり、風太郎と一緒にいることにこだわらず、料理の練習も兼ねて向かいのパン屋に採用される。 当初は石のようなパンしか作れなかったが、数ヶ月で普通のコゲパンレベルにまで上達。 修学旅行の自由昼食の時間で風太郎に自分の作ったパンを渡そうとする。 関連記事 親記事.

次の

五等分の花嫁

中野四葉 名言

「わたしはアンタを認めないわよ。 たとえそれであの子たちに嫌われようとも……。 コミックの1巻と3巻と8巻の表紙に登場している。 容姿 の前髪との髪型で、五つ子の中で一番の長髪だったが、途中で髪を切る。 黒い蝶の髪飾りを左右に着けたが特徴。 制服を着ているときは黒い上着 アニメでは紫に近い配色になっている を羽織っており、私服はおしゃれに気を使っていて女子力が高い。 どんな時でも胸を強調する服を着ている。 視力が悪くコンタクトレンズを使用している。 靴下はニーハイソックスを履いている。 人物 の呼び方は「上杉」「キミ」「アンタ」。 話が進むうちに変わる 後述ネタバレ。 一人称は「わたし」、二人称は良くも悪くも主に「アンタ」。 他の五つ子のことをで呼ぶ。 言葉遣いは五つ子で唯一を常用している。 と違って家事をしっかりこなし、料理が得意など、しっかり者の一面もある。 おしゃれに気を使うところがありは五つ子の中で最も高く、社交性も高い。 美容ローラーや顔のパックを使っているなど美容に気を使っている。 おしゃれにも興味が強いらしく、ピアスを開けようとしたこともある。 スマホをウサギ型のケースに入れて使っている。 と同じように注射が嫌い。 胸を持ち上げるように腕組みする癖がある。 価値観の違いからと喧嘩することがあるが、根は姉妹が大好きである。 面食いな一面があり、本人曰くワイルドな人が好きとのこと。 当初は姉妹の中に入り込んできた「異分子」である風太郎の事をよく思っておらず、初対面の時には睡眠薬を飲ませて強制排除に及んだ程であった(軽く見えるがこれは「傷害罪」に問われる危険性あり)。 だが、花火大会ではぐれた姉妹探しに奮闘した後に労いの言葉を掛けたり、中間テストで全員赤点を取って家庭教師をクビになりそうになった際には嘘の点数を報告して続けさせたりと、徐々にだが態度を軟化させていく。 因みに、少年期の風太郎の写真を見た時に「めっちゃタイプかも!」と目をキラキラさせながら言っていたので、ファンからは度々「ショタコン」呼ばわりされる。 ネタバレ 林間学校の肝試し中、金髪のカツラを被った風太郎 金太郎 を見て一目惚れ。 フォークダンスに誘うが、風太郎が風邪でダウンしたため結果的にフラれる形になる。 二学期の期末試験を前にしても、勉強に身が相変わらず入らない二乃は三玖や風太郎と口論になり、風太郎が作ったプリントを咄嗟に破り捨ててしまう。 そのことを五月に叱られ、頬を張られたことに反発。 衝動的に家出してしまう(同時になぜか五月も家出してしまう)。 しばらくの間ホテル生活を続けていたが、ある時自分を連れ戻しに来た風太郎の落ち込んだ表情を見て放っておけなくなり、渋々ながら部屋へと招き入れる。 風太郎から、かつて京都で出会った少女 零奈 との再会から決別までの顛末を聞いた二乃は、その場で号泣。 「アンタみたいな男でも好きになってくれる子が地球中に一人くらいはいるはず」と風太郎を励ます。 さらに、風太郎の「人は変わっていくのは避けられない。 過去を忘れて受け入れて行かなくちゃな」という言葉に感じ入り、自身が五月に強く反発した本音を語り出す。 かつての五つ子は容姿も性格もほぼ同じで、二乃はその頃の思考が共有されているような感覚を心地良く思っていたが、5年前の母親の死をきっかけに個性が芽生え少しづつ離れて行った。 二乃の長い髪も、他の五つ子は髪型も変えていったが、二乃だけは昔の髪型を維持していた物。 二乃は「五つ子」に未だに固執し続けていたゆえに、五月の変化に強く反発したのだった。 自分も過去を忘れて前を向かなきゃならないという二乃は、もう一つの心残りとしてちゃんと金太郎に別れを告げられなかったことを挙げると、風太郎は二乃のために金太郎に扮して彼女の前に再び現れ、彼女の未練を断ち切らせてやろうとする。 だが、「金太郎がいれば姉妹はいらない」という二乃に「5人でいて欲しいんだ」と本音を言ってしまったことで正体を途中で見破られ、二乃は姿を消してしまう。 翌々日、ホテルを変えた二乃の前に今度は三玖が現れる。 家に戻らないのかという三玖に、二乃は今のバラバラな五つ子が一緒にいる理由はないと返す。 そんな二乃に三玖は「全員同じは平穏で諍いもないけど、それじゃ20点の5分の1人前のまま。 一人一人違う経験をして、足りないところを補い合って、わたしたちは1人前になろう」と説得。 その言葉に二乃も心を動かされ、変わりゆく今を受け入れると決心。 覚悟の証として髪を切り、五月に謝って仲直りする。 その後は風太郎への反発をやめ、金太郎への想いも断ち切るが、同時に風太郎のことが気になり始める。 ただし二乃本人は、これは風太郎への恋心ではなく、金太郎への未練が残っているためだと自分に言い聞かせる。 そして合格点を学年末試験でとり、風太郎とはもう会わないという決意を固めていた。 しかし、姉妹達とともに親元を離れて暮らすことを父・マルオと議論している最中、バイクで現れた風太郎に突如連れ出され、姉妹たちが待つ風太郎のバイト先へ向かう。 その道中、普段のように軽口を叩き合っている中で、勢いに任せて彼に告白してしまう。 風太郎に対する反発は「姉妹の間に入ってくる異物・家庭教師」という役割に対してで、彼個人に対しては惹かれていたことを自覚しての言葉だった。 しかしその言葉は風にかき消され、風太郎の耳には届いていなかった。 店に着いてからそのことを知った二乃は一度は告白を無かったことにし、その場を立ち去ろうとしたが、すぐに引き返し 「アンタのこと好きって言ったのよ」と まさかの二回目の告白。 前述の「 風太郎を 好きになってくれる子が一人くらいはいる」という言葉を引き合いに出し、 「それがわたしよ。 残念だったわね!」と宣言する。 さらに困惑する風太郎に対し、 「恋愛対象として見られていないなら、振り向かせてみせるわよ!」と決意を新たにアタックを開始するのだった。 ちなみに、その頃から呼び方が「フータロー」となり、さらには「 フー君」というあだ名を度々使うようになる 命名は春休みの旅行時に三玖が提案したもの。 毒舌は相変わらずだが、自分が自覚が出来たり、言い過ぎて後で反省するようになった。 関連イラスト.

次の