シンプル ライフ 研究 家 マキ。 シンプルライフ研究家マキさん たたまない、拭かない「しない家事」のすすめ| たまひよ

【時短掃除】シンプルライフ研究家マキさんに聞く! 効率よく掃除して1週間を快適に過ごすコツ│タウンワークマガジン

シンプル ライフ 研究 家 マキ

みなさんは「ていねいな暮らし」を送っていますか?「仕事や家事、子育てなどで忙しいから、『ていねいな暮らし』なんて無理……!」と思っている方も、多いかもしれませんね。 今回お話を伺ったシンプルライフ研究家のマキさんは、面倒な家事を「しない」にもかかわらず、まるでインテリア雑誌から切り取ったようなスタイリッシュな暮らしを実現。 そのノウハウが大人気となり、特に子どもを持つママ世代や、働きながら家事をこなす女性のお手本として活躍しています。 そんなマキさんが、多くの悩めるズボラさんから絶大な支持を受けている理由のひとつが、マキさんご自身も家事が得意でないという事実です。 「私が提案しているシンプルライフは、もともと自分も家事が苦手というところから始まっています。 正社員で働きながら、家事や育児をするのはやっぱり大変。 掃除も洗濯も、できればやりたくないんです(笑)。 1日があっという間に終わってしまう生活で、すっきり片付いた家をキープするなんて、以前は夢のまた夢でした」(マキさん) そう語るマキさんが、今や多くのファンに支持される「家事のスペシャリスト」として活躍するきっかけになったのが、「家事をしない」という思い切ったアイデアでした。 「家事はキライでも、自分や家族が快適に暮らすには、やっぱり部屋は整っていたほうがいいですよね。 そこで、『どうしたら効率よく時間をやりくりし、快適な家をキープできるか……』を考えた結果、『やりたくないことをしなくてもいい工夫を極めよう』という結論に。 それが、私がシンプルライフを実践し、提案することになったきっかけです。 そして、そのいちばんの近道が『断捨離』でした。 たとえば、ワンシーズン着なかった服や試供品のコスメ、『しまう』という名のもとに何となく箱に詰めこんである子どものおもちゃ、大量のペンなど、『いつか使うかもしれないし……』となんとなくとっておいたものたちを少しずつ手放していくと、まず部屋が散らからなくなり、片付けをする手間がぐっと減ったんです。 また、使いたいものを探したり、たくさんある洋服からどれを着るかを選んだりといった、いわゆる『迷う』時間からも解放されました。 さらに、本当に必要なものだけを手もとに置くので、日用品も洋服も、厳選されたお気に入りアイテムだけが残るように。 結果、生活のクオリティがちょっと上がったような気がします。 『ていねいな暮らし』は、必ずしも毎日の家事に時間をかけることではありません。 逆に、どちらかと言えば『やらなくてもOKなことはしない』と、きっぱり決めることで実現できるもの。 そうやって、無駄なく心地よい暮らしを楽しめるのが、シンプルライフの魅力だと思っています」(マキさん) 「マキさんのようなシンプルライフにあこがれるけれど、どこから手をつけていいのかわからない!」という方も多いかもしれませんね。 実は、シンプルライフが実践できる人とそうでない人には、いくつかの違いがあるそう。 マキさんご自身も以前はあてはまっていたという、シンプルライフが実践できない人の特徴を聞いてみました。 その1:「プチプラ」が好き! 「ファストファッションや100円ショップなどのプチプラ。 実は私も、以前はプチプラが大好きでした。 『1万円で5枚も洋服が買える』とか『3千円で30個の便利グッズが買える……!』って思って、ワクワクして(笑)。 でも、そうした廉価なものは、今はひとつも残っていないです」 その2:「収納本」を読むのが好き! 「断捨離をしてみて気付いたのですが、私、ものすごくたくさんの収納ボックスを持っていました。 いつか着るかもしれない洋服、季節限定コフレのポーチ、存在すら忘れていたアクセサリーなどなど……、収納本を読んでは、そういったたくさんのものを片付けるための収納ボックスを買い、分別して、ラベリングしたりしていました(笑)。 でも、実際に使う量は限られることがわかりました。 3つセットで買ったものの、結局使っているのは1セットだけとか。 洗剤やトイレットペーパーも、たくさんあればあるほど、どこにあるのかわからなくなってしまうこともありますよね」 その4:「カバー」「マット」が好き! 「トイレットペーパーのホルダーカバーや、ティッシュカバー。 キレイに保つために使っているはずが、実はカバー自体を半年近く洗っていないこともザラでした。 同じように、キッチンやお風呂のマットも使っていましたが、汚れやすいわりには手入れが面倒!」 その5:「専用の道具」が好き! 「たとえば洗剤。 お風呂やトイレ、台所など、それぞれの場所に合わせた洗剤をストックしても、私は使いこなせませんでした(笑)。 また、卵焼き器やホームベーカリーなど、便利ではあるけれど毎日は使わない『専用の道具』を買ってしまう行動も、要注意かも」 ……以上の項目、あなたはいくつあてはまりましたか?ひとつでも思い当たることがあれば、ぜひこれからご紹介する、マキさんが提案するシンプルライフのコツを実践してみましょう。 マキさんが実践するシンプルライフは、決して難しいものではありません。 コツその1:「持たない」 「『必要のないものは買わない、持たない』……と言われても難しいかもしれませんね。 まずは今、自分の身の回りにあるものの中で、半年使っていないことを基準に手放してみましょう。 捨てるのがためらわれるものは、欲しい人に譲ったり、オークションを活用したりするのも手。 それすらも面倒な場合は、思い切って処分してしまいましょう」 コツその2:「しまい込まない」 「収納ボックスを買うのをやめましょう。 めざすのは、うまく収納することではなく、収納しなくてもいいくらいに、持ちものを少なくシンプルにすること。 たとえば、メイク道具はひとつのポーチに入れて、それ以上増やさない。 洋服はハンガーにかけて干し、そのままクローゼットにかける、など。 どんどん増えてしまいがちな子どものおもちゃも、とりあえずは今飽きずに遊んでいるものを残しておけば十分で、その他のものはタイミングを見て、手放す習慣をつけましょう。 持ちものは、家のそなえつけの収納スペースに無理なく入る程度が理想です」 コツその3:「ストックしない」 「たとえば、特売の野菜をたくさん買ったとしましょう。 痛む前に時間をかけて作り置きし、小分けにしたものが冷凍庫にたまってしまったという経験、ありませんか?作り置きは確かに便利ですが、大量にため込んでしまうと、逆に『食べなきゃ!』というストレスにもなりかねません。 同じく、洗剤やトイレットペーパーも、安いからと大量に買ってしまうと、ストックするにはそれなりの場所が必要になることを覚えておきましょう。 箱にものを詰め込んで布で覆ったり、たくさんの食器を積み上げた棚を目隠ししたり……。 わが家ではトイレットペーパーのホルダーカバーや、キッチン・お風呂のマットもやめました。 カバーがなくて不便だと思ったことは、今のところありません」 コツその5:「道具はワンオペしない」 「わが家では、お風呂、食器洗い、洗濯と、洗剤はすべて同じものを使っています。 また、熱湯消毒できるグラスを期間限定で花瓶がわりにしたり、鍋でサラダを和えたりと、ひとつの道具にいくつもの役割を任せることで、ものが少なくても不便なく、すっきりした家事を叶えています。 『グラスは飲み物専用』『鍋は煮込むもの』……と、道具をワンオペしないこと。 調理したまま食卓に出せる、スタイリッシュな鍋を選ぶのもおすすめですよ」 マキさんが提案するシンプルライフは、単に手間を省けるだけではなく、本当に必要なものを選ぶ目を磨くことの大切さを教えてくれます。 また、シンプルライフを実現すると、毎日の生活が洗練されるだけではなく、ちょっとした「自分時間」が生まれるというメリットにも注目です。 「生活がシンプルになると、ふとしたタイミングで、何にも追われることなく家族と過ごす時間がとれるようになります。 私自身、今も働きながら子育てや家事をこなす忙しい日々ですが、そうしたゆとりの時間ができることで、自分や家族の健康を守るための知識を得ることに興味を持ち始めました。 シンプルライフは、そんな『お金では買えない価値』や、本当に大切な『自分の軸』に気付くことにもつながります。 ものをたくさん持ってその管理にふりまわされる生活から卒業し、『自分の軸』を持つということが、ていねいな暮らしやシンプルライフを実践する上での第一歩であり、めざす目標でもあると考えています」(マキさん) 整理収納アドバイザー講座へのリンク お掃除スペシャリスト講座へのリンク.

次の

引越しを機に断捨離したいあなたへ!シンプルライフ研究家・マキさんに聞く、引越しと断捨離のコツ|マナトピ

シンプル ライフ 研究 家 マキ

ご存知の方も多い、シンプルライフ研究家のマキさん。 エコナセイカツ というブログを書き 著書も沢山執筆されています。 このマキさんが、私がいつも買い物をしている生活クラブに講演に来ると言うではないですか!! 平日の午前中。 最近娘も風邪を引かず、おかげさまでがっつり働けているし、たまの自分時間!と、午前フレックスを取得しマキさんの話を聞いてきました。 シンプルライフ研究家のマキさんはどんな人? お2人の女の子のお母さん。 広告代理店で勤務。 料理が得意な訳ではないと言い、昔は物をたくさん持っていたと言います。 このいくつかの共通点から親近感が湧き 2人目を妊娠中から、色々読んできました。 マキさんもシンプルな生活に切り替えたのは、2人目が生まれてから。 お1人目の時は、赤ちゃんが座る椅子が家に5個もあったと!! 何とかたくさんあった収納に仕舞い込むのに必死。 いつか使うかもしれない、という理由で捨てられない物に囲まれていたと言います。 信じられない〜 2人を育てながらの復帰において、おそらくマキさんの中で大きな改革があり、シンプルに暮らす に辿り着いているようです。 シンプルな暮らしとは お気に入り だけに囲まれて暮らす 事だとおっしゃっていました。 いやぁ、我が家お気に入りでないもの転がってまーす笑 マキさんの新居にはお皿やお椀、コップも含めて37枚のみ。 故に食器棚は無く、これだけ! ここで乾燥まで行う一石二鳥技。 食洗機もありません。 例えば、菜箸はマキさんは1組しか持っていないと。 そのどちらの菜箸を使うかで迷う時間も勿体無いと! 色々な話が合理的でした!! 我が家も元々、お箸は同じ種類だけにして、どれをとっても同じ!としていましたが、 子供の物も増えて、少しこれでも減らしました。 お弁当用のお箸やスプーンも、ケースに入れて一緒にお弁当の定位置に仕舞うことに。 子供用のセットは子供が取れる位置に置き、自分で取っていってもらいます。 実践 化粧品コーナー マキさんはマグカップで収納して、サッと取り出すそうです。 私も毎日つけるもの、週末やちょっとした日につけるものと分け、毎日使うものは朝の洗顔からの流れで化粧水などもここに入れてみました。 前まで、ガチャガチャと下の方にあるものを探したり、子供が寄ってきて色々持っていかれていましたが なんともスムーズに! そこら中やりたい場所だらけの我が家です。

次の

シンプルライフ研究家マキさん 捨てることで、子育ても家事も楽になった2つのこと| たまひよ

シンプル ライフ 研究 家 マキ

不要なものは持たない、不要な家事はしない。 働きながら2児を育てるため、ものや時間に振り回されない、シンプルで豊かな生活を追求している主婦のマキさん。 家計管理について考えてもらった。 「『大切な思い出になる年に一度の海外旅行などの贅沢は、節約すべき出費ではない。 家族にとって真に価値のある支出ができているかどうかが大事』という林さんの言葉が印象に残っています。 あの対談をきっかけに、自分が何にいくらお金を使っていて、その使い道は正しいのか。 きちんと把握し、考えたいと思うようになりました」 年始から試しに4カ月ほど家計簿をつけてみると、支出の傾向が見えてきて家計の見直しにおおいに役立った。 「我が家では、食にお金をかけるのが一番、家族の満足度が高いと気づいたんです。 ちょっと贅沢な外食をしたり、上質な食材を買ったり。 林さんによれば、そういう家族の幸せのための支出は無理に削る必要はない。 一方で、不要なものは持たないことを心がけていたはずなのに、出先で間に合わせで買ったリップクリームやドラッグストアで見つけた便利そうな掃除用具や安い日用品などは、使いきれずに無駄にしていることも発見。 そこは家族にとっての優先順位が低いので、徹底的に削っていこうと思いました」 昨年の特集でも紹介した家計管理用の財布。 1 カ月を10日ごとに分け、月の予算を管理する。 食の充実のため、宅配食材の「生活クラブ」で品質の良い食材を購入するようになり、献立もせっかくの素材を生かすため蒸し料理などが中心に。 下味をつけるなどしてごまかす必要がないので、家事もより楽になった。 さらに、自炊の満足度が上がったことで、お腹が空いたからと適当な店に入るような「雑な」外食も減り、家族全体でも食の支出の質がより高くなった。 ったことで、風邪を引かなくなったり肌荒れをしなくなったり、結果、美容費や医療費が抑えられるように。 食は子どもや自分への投資でもあるんです。 それに、普段の食に満足しているから、コンビニでのちょこっと買いなど無駄遣いも減りました。 数字とにらめっこして全部を中途半端に少しずつ我慢するような節約は、私には向いていません。 かけるところにはお金をかけて、それ以外は極力省く。 メリハリをつけることで、無駄をなくしながら豊かで幸せな生活が送れるとわかりました」 ゆず酢、りんご酢シロップ、にんにく味噌など、自家製調味料 を活用して豊かな食卓に。 実は昨年10月、引っ越しをしたマキさん。 子どもの成長に合わせ、少しだけ広いマンションに移った。 けれど、間取りは2LDK、広さは約59㎡。 家族4人にしてはかなりコンパクトで、さらにキッチンに関して言えば、前の家よりも狭い。 「コンロが狭くなったので、ご飯を炊く土鍋が置けず、飯盒(はんごう)に替えました。 まな板も作業台に収まる正方形のものに。 いずれもこの家に合わせて買い替えました。 ものの数は増えていません。 食器類も相変わらず必要最低限の数しかなく、棚に出ているだけ。 〝ものを持たない〟暮らしもかれこれ4年目。 だいぶ磨きがかかってきましたね(笑)」.

次の