犬 目やに 原因。 犬の目やにが出る原因は?色で分かる病気やおすすめアイケア用品について|わんこの本音とドッグフード

犬の目やにの原因は?色によって変わる?

犬 目やに 原因

目やにはなぜ出るの? 目やにって何でできているの? 私たち人間も、朝起きた時に目やにが出ていることがありますよね。 犬も同じく、目が覚めた時に目やにが出ていることは多くあります。 目やには目の粘膜から出るムチンという粘液が主成分で、そこに目に入ったゴミやはがれ落ちた細胞、老廃物などが混ざってできています。 まばたきをしない睡眠時は目やにが付きやすくなる 起きている時は、目やにの素はまばたきをすることで目頭へと流されて行きます。 しかし眠っている時にはまばたきをしないため、目やにの素は目頭に溜まってくっついてしまいます。 このように、起床時にのみ出ている目やには生理現象ですので特に心配はいりません。 シニア犬になると目やにが多く出やすい シニア犬になると、老化現象によって代謝機能が衰えてきて涙の量も減ってきます。 目の水分が少なくなると、スムーズに老廃物や目に入ったゴミを目頭へと洗い流しにくくなります。 そうすると、起床時以外でも目やにが出やすくなります。 目やにが出る病気 生理現象として出る目やにならば問題ありませんが、病気の症状として出る目やにもあります。 角膜炎 角膜炎とは、黒目の表面を覆う角膜が炎症を起こす病気です。 大きなゴミが目に入った• 目をこすったり引っかいた• 物が目に当たった などが原因で、角膜が傷付いてしまって炎症を起こしている状態です。 結膜炎 まぶたと眼球をつなげている部分を結膜といいます。 結膜は薄いピンク色の粘膜ですがこの部分が炎症を起こす病気が結膜炎です。 角膜炎は眼球表面の炎症ですが、結膜炎は眼球ではなく外側に触れている粘膜の炎症です。 感染症• 目にゴミが入った• アレルギー• 涙の量の減少 などが原因で、粘膜が炎症を起こしている状態です。 歯根膿瘍 目の炎症だけでなく、歯周病の影響で目やにが出ることもあります。 我が家の愛犬は歯周病が悪化して、左目の下の辺りから歯根に溜まった膿が爆発して出てきたことがあったのですが、その際にくしゃみや鼻水など鼻炎の症状のほか、左目にだけ目やにがたくさん出ていました。 危険な目やにの見極めポイント 生理現象の目やにと、病気の可能性がある目やにを見極めるポイントを解説いたします。 正常な目やに 生理現象の範疇と言える目やには• グレー• 少量で乾燥ぎみ• 頻繁に出ていない などの特徴があります。 色は目に入ったゴミや老廃物の内容によって変わってきますが、この4色っぽい目やにの場合は問題ないでしょう。 危険な目やに 病気が疑われる目やには• 頻繁に出ている• 量が多い• どろっとしている などの特徴があります。 色が黄色や緑になっている時は細菌感染の可能性があります。 私たち人間の、風邪を引いた時のどろっとした鼻水の色と同じような状態です。 また、拭き取っても1時間もするとまた出ている、量が多い、という場合にも病気の症状である恐れがありますので、動物病院で受診をしてみましょう。 まとめ 今回は「犬の目やに」について、目やにが出る原因や目やにの症状が出る病気などを解説いたしました。 愛犬が眠りから覚めた時に出ている目やには生理現象であることがほとんどです。 また、シニア犬は代謝の低下が原因で目やにが増えることもあります。 一方、病気が疑われる目やにの特徴は• 黄色や緑の色• どろっとしている• 大量に出る• 頻繁に出る などです。 目が痛かったり痒かったりするととっても辛いものですよね。 このような特徴の目やにが出ている場合には早めに受診してあげてください。

次の

【獣医師監修】犬の目やには何が原因!?症状が現れた時に飼い主に対処してほしいことを紹介!|いぬなび

犬 目やに 原因

ケンネルコフとは、犬舎の咳という意味で咳をするのが特徴的です。 ケンネルコフは別名犬伝染性気管支炎と呼ばれ、ウイルスに感染することにより病気にかかります。 今回は、感染症の一つであるケンネルコフについて解説します。 感染症にかかることにより様々な症状が出て病気にかかります。 犬から犬にかかる感染症と犬から人に感染する感染症とがあります。 人に感染する感染症は主に狂犬病があります。 微熱が出る場合もあります。 人間でいう風邪のような症状になります。 他にも嘔吐や食欲低下も見られます。 嘔吐物をのどに詰まらせて呼吸困難に陥ることもありますので注意しましょう。 健康な成犬の場合、微熱が続いた後に咳が終息し4、5日くらいで治る場合も多いです。 他の感染症に併発した場合に高熱や鼻水などが出たり、こじらせて肺炎にかかることもあるので注意が必要です。 成犬はそこまで悪化はしませんが子犬や体の弱い犬が感染すると最悪、死に至る怖い病気になります。 こちらがケンネルコフの動画になります。 その主なウイルスはパラインフルエンザウイルスとイヌアデノウイルスになります。 他にもマイコプラズマや他の細菌により発症する場合があります。 これらが複数感染すると重篤になる場合もあります。 感染経路は、犬からで咳やくしゃみにより飛沫感染になります。 また感染した犬の排泄物や嘔吐物に触れることにより感染する場合があります。 犬が多く集まるところで感染する場合が多いです。 もしくは咳止めの薬を使用する場合もあります。 マイコプラズマや他の細菌が原因の場合は抗生物質で治療することが可能になります。 対症療法での治療になります。 軽症の場合は、自宅で安静にしておくだけで大丈夫です。 これら二つのウイルスは、ワクチン接種により予防、もしくは感染しても軽症で済む場合が多いです。 かかりやすい病気になりますのでワクチンの予防接種をすることをオススメします。 他にはペットショップやコンテストなど犬が多く集まるであろう場所には行かないことも予防に繋がるでしょう。 それを人獣共通感染症といいます。 犬から人に感染する場合があるのです。 有名なウイルスでは狂犬病になります。 病気を疑われる犬の排泄物や嘔吐物は必ず素手で触らずに手袋を付けることが大切です。 排泄物や嘔吐物を通じて二次感染する場合が多いのです。 人獣共通のウイルスに感染しないように排泄物や嘔吐物の処理は気を付けましょう。 感染したからと言って必ずしも発症するわけではありません。 また発症しても免疫力が高い成犬なら数日で治ってしまうことが多いです。 日ごろから食生活に気を付けて免疫力を高めておくのがケンネルコフに対する何よりの予防に繋がるのです。 関連記事になります。 合わせて御覧ください。 管理人も愛用しています。 うんちの臭いや口臭や体臭の原因の一つに悪玉菌が体内に増えるということがあります。 この悪玉菌と善玉菌のバランスを取ることにより様々な病気を防ぐことが可能なのです。 人間も犬も体内からです。 ちなみにこのサプリメントは人間が食べても問題ないくらい品質がいいとのことです。 「愛犬を動物病院に連れていきたいけど費用はどのくらいかかるんだろう?」 「愛犬の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」 という飼い主さんはとても多いです。 動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかる場合があります。 動物病院で治療すれば助かった命が年に何件もあります。 お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。 でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。 ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。 複数のペット保険の資料を比較することで「 あなたと愛犬にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。 利用は無料です。 詳しくはこちらをご覧ください。 >>> <<< カテゴリー• 118•

次の

犬の目やにが多い原因と対処方法 黄色や緑色は早急に病院へ!

犬 目やに 原因

レティシアンFacebookより 愛犬の目の下が茶色っぽく汚れているように見えるのが涙やけ。 どうして色がついてしまうのか・・・・それは涙に含まれる成分 塩化リゾチームが毛の色を変化させて、焼けているように見えることから涙やけと言われています。 涙のはたらき 涙は涙やけを作ってしまうという悪いことだけではありません。 目の 角膜を細菌から守ったり水晶体が酸化するのを防いでくれるなど、愛犬の目に大切な役割を果たしてくれているのです。 目の仕組み 涙は涙腺で分泌されて目を保護します。 目を保護した後は涙点に入り涙管を通って鼻腔へと流れていきます。 しかし、この 涙点や涙管が詰まってしまうと鼻腔へうまく流れずに涙が溢れだしてしまうのです。 いっけん涙の量が多いように見えますが、実際には多いのではありません。 あふれ出た涙が毛に付いて酸化したり、塩化リゾチームが毛の色を変化させることで涙やけとなってしまうんです。 涙やけって治らないの? 涙やけは一度なってしまうと消すことはとても難しいのが悩むところ。 時間は少しかかりますが、涙やけになってしまった原因と改善方法がわかればきれいにすることはできるんです。 犬の涙やけの原因ってなに? 涙やけの多くは、お手入れが出来ていないだけというケースは意外と少ないんです。 犬が涙やけになってしまう原因はいくつか考えられます。 目にゴミが入ってしまった場合 人間と同じく、目にゴミが入ったりするとゴミを出そうとして涙が出ます。 その 涙をそのままにしておくと茶色く変色してしまいます。 目の中のゴミを無理に取ろうとせず、目の上から優しく涙を拭いてあげましょう。 涙腺に異常がある時 仔犬の時から涙が異常に多いと感じる時は、 生まれつき涙腺の欠陥がある事があります。 生まれつきだと思われる場合は、獣医さんに診てもらいましょう。 花粉症やアレルギーが原因かも 犬も人間と同じように 花粉症になります。 アレルギーからも涙が多く出る場合があります。 季節によって涙が多くなったりするようなら、一度アレルギーの検査をしてみるといいですね。 水分不足でも涙が出る 水分が十分にとれていなくても涙が多く出ます。 水分不足になるとおしっことして排泄されず、目や耳などの穴から出てきます。 おしっこがいつも濃い状態だったら水分不足かもしれません。 いつでも新鮮な水を飲めるような環境を整えてあげましょう。 犬にあげてもいい水やあげ方についてこちらで詳しく書いていますので参考にしてくださいね。 動物病院での治療が必要な場合もある• 質の悪いたんぱく質や添加物が涙腺を詰まらせる• たんぱく質不足 鼻涙管閉塞 流涙症とも言われ、涙管がふさがってしまう状態のことを言います。 鼻涙管がふさがってしまうと涙を排出できずに目からあふれ出てしまい、流涙症となってしまいます。 鼻涙管が詰まっている場合、動物病院で麻酔をして 洗浄してもらう治療法があります。 状態によっては通常の動物病院ではできないケースも。 まずはかかりつけの動物病院に相談して治療方針を進めましょう。 まぶたをあたたかいタオルでマッサージすることで改善する場合もあるそうです。 質の悪い添加物 ドッグフードは作られたものなので添加物はつきものです。 しかし、自然の添加物ではなく合成の添加物を使用した質の悪いフードを与えるのはおすすめできません。 添加物や質の悪いたんぱく質などが涙腺を詰まらせて涙やけの原因となってしまいます。 どんなに鼻涙管の洗浄をしてもフードが悪ければまた詰まってしまうので、 フードの見直しをお勧めします。 たんぱく質不足 涙やけの原因のひとつとして考えられるのは たんぱく質不足です。 良質なフードはお値段も少し高くなりますが、フードを変えて涙やけが改善された例はたくさんあります。 腸内環境を整えてくれ涙やけの改善が期待できる 高たんぱくの良質なドッグフードをおすすめします。 涙やけで悩んでいる飼い主さんはフードを変えてみるのもひとつの手ですね。 犬の涙やけを1週間で改善した驚きの方法! 涙やけの原因でも説明しましたが、合成の添加物や質の悪い成分の入ったフードから 良質のフードに変えたとたん1週間程であっというまにきれいになる事も珍しくありません。 手作りフードに変えたら改善したという声も聞きます。 時間のある人は手作りに挑戦してみるのもおすすめです。 値段や過剰広告に惑わされることなく、生活スタイルに合わせた良質のフードを与えましょう。 高たんぱくで涙やけにもおすすめな良質のフードはこれ! 手作りフードを作るのは時間もかかり栄養バランスを考えるのも結構大変なもの。 そこでおすすめなのが。 良質で手作りレシピから作られたドッグフードです。 涙やけに悩むワンちゃんはもちろん、手作り食にしたいけどなかなか時間がとれなかったり栄養バランスも不安という飼い主さんにおすすめです。 モグワンを買った人の口コミはこちらで公開しています。 参考にしてください。 ぬるま湯で濡らしたコットンかガーゼでふやかす。 ふやけたら目やにを取り除く• 乾いたガーゼで水分を拭き取る 目のまわりはとてもデリケートな部分です。 目やにがこびりついてしまったら、無理に取ってはいけません。 ぬるま湯で濡らしたコットンやガーゼで ふやかしてから優しく拭き取りましょう。 濡れたガーゼで拭き取ったあとは、乾いたガーゼで水分を拭き取ることが大切です。 濡らしっぱなしにすると目の状態が悪化することもあるのでしっかりと拭き取りましょう。 目のまわりをこするのはとても危険です。 あくまでも優しく拭き取るだけにしましょう。 カンファペットできれいにする カンファペットはペットの消臭剤ですが中性の衛生水なので 目のまわりにも使うことができて清潔に保つことができるので、涙やけにも効果的です。 カンファペットを使った人の口コミはこちらでご覧下さい。 点眼薬をさすときのコツは、必ず後ろから!• 片手で犬のアゴを持つ• 利き手の小指でまぶたの毛を押さえながらさす。 犬は嫌がる事がほとんどなので 見せないようにするのがコツです。 そして、片手で犬のアゴを持つようにして支えます。 利き手の小指でまぶたの毛を押さえながらさすと上手にさすことができます。 犬が目を閉じないように小指でまぶたの毛を押さえるのもポイント。 点眼薬の先端が目にはいらないように充分注意しましょう。 犬涙やけ改善方法と目やにのとり方【まとめ】 涙やけは色々な方法で改善させることができます。 お手入れが原因と思われがちですが実は他に原因があることが多く、質の悪いドッグフードが原因だったりもします。 腸内環境を整えてあげることと毎日のお手入れがとっても大切です。

次の