プルームテック 害。 プルームテックの健康被害|ニコチン量は0.05mg タールと臭いは?JT加熱式タバコの有害性と感想

その有害性「プルーム・テック」は大丈夫か(石田雅彦)

プルームテック 害

紙巻タバコからの移行が進んでいる加熱式電子タバコですが、その中でも プルームテックは他社の加熱式電子タバコに比べて、健康面でのメリットが多く聞かれます。 そこで今回は、紙巻タバコからの比較はもちろん、アイコスやグローなどの他社の加熱式電子タバコと比較してプルームテックの健康被害について分かりやすく考察していきたいと思いますので、ご覧ください。 公式に語られているものとしては、 健康懸念物質の99パーセント削減と言われていますが、これは アイコスやグローが有害物質の90パーセント削減と謳っているものに対しても高い水準を誇っています。 この健康情報だけでも、ほとんどの有害物質をカットしていると表現しているのですから、プルームテックの製造元であるJTの自信が垣間見えます。 ちなみに、ここで語られている煙中の有害物質とは、WHO 世界保健機関 が優先して低減するべき物質としてあげられている発がん性物質9種類を指しています。 具体的には、ベンゾピレン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アクロレイン、ニトロソノルニコチン、メチルニトロソアミノ、一酸化炭素、ブタジエン、ベンゼンです。 なかなか聞きなれない物質ばかりですが、全て紙巻タバコには大量に含まれてしまっている有害な発がん性物質です。 プルームテックには、この9種の有害物質が99パーセント削減されています。 プルームテックの構造は? プルームテックが他の加熱式タバコと比べて高い有害性物質の削減に成功しているのには、その構造が独特のものによることが挙げられます。 その構造の違いとは、 カプセルとカートリッジを本体であるバッテリー部分に取り付けて使用するという点です。 アイコスやグローは、一回につき1本のヒートスティックを使用する使い方ですが、プルームテックはタバコ5本分であるカプセルを継続して吸うという使用方法になっています。 つまりプルームテックは吸い終わりの概念が他の加熱式電子タバコや紙巻タバコとは違うので、一息だけ吸ってあとは30分後に吸う、ということが可能なのです。 さらに、 プルームテックにはタバコの有害物質に代表されるタール成分はほとんど含まれていません。 タバコに含まれるタール成分が発生する理由は、タバコの葉を燃やしたり加熱したりすることで発生します。 プルームテックは構造上、タバコの葉を直接燃やしたり加熱したりする必要がないので、タールそのものの発生がしないということなのです。 プルームテックにも、ニコチンは含まれていますが、その含有量は非常に少なく、推測量として1〜3mm程度と考えられています。 ただ量が少なくなっているというだけで、依存の元となるニコチンが含まれていることは確かなので、紙巻タバコからプルームテックに完全に移行できたとしても、禁煙に成功したことにはなりません。 さらに他の加熱式電子タバコとのニコチン量の比較は、明確な含有量が記載されたりアナウンスされたりがされておらず、確認の方法が現段階ではまだありません。 しかし、ユーザーの声を反映させるとアイコスやグローと比較してもタバコとしての吸いごたえは薄いことから、 他のどの加熱式電子タバコに比べてもニコチン量は最小限に抑えられているようです。 タール 説明の通りプルームテックには発生の余地がほとんどありませんので、健康を害するほどのタール量は含まれないと考えて良さそうです。 ただ、後述する副流煙の話のように明らかにタール量も他の加熱式電子タバコに比べて少なそうなプルームテックですが、比較する仕様やアナウンスされている含有量が存在しませんので、明確な判定基準がないのが現状です。 副流煙 プルームテックは、アイコスやグローに比べても臭いの発生量が極端に少なく、煙の量も非常に少ないです。 このことからも副流煙に含まれるような有害物質の量が非常に少ない事が分かります。 プルームテックは構造的に中に入っているリキッドが熱されて水蒸気化することでタバコの葉が入ったカプセルを通り、ニコチンの入った水蒸気を吸引するという造りになっています。 水蒸気なので、非常に副流煙が発生しにくい理由の一因になっています。 アイコスやグローは、紙巻タバコから比べると格段に臭いの面や煙の面でも抑えられてはいるのですが、どうしても加熱式電子タバコ特有のポップコーン臭がしてきてしまいます。 その点では、加熱臭などがないプルームテックには、二次喫煙を抑える上で非常に優れた加熱式タバコであるでしょう。 まとめ プルームテックの主流煙や副流煙にいくら有害物質が少なかろうと、ユーザーの使用方法次第で有害物質を発生させてしまう恐れがあります。 その例が、プルームテック本体の空焚きです。 本体を空焚きし続けてしまうと、プルームテック本体内部が焦げ付いてしまい、予測できない量の有害物質が発生する恐れがあります。 ですので使用の際には、常にカプセル内にリキッドがある状態を心がけて使用するようにしましょう!.

次の

電子タバコ・プルームテックの害は呼吸器疾患だった!蒸気の中にニコチンが多量

プルームテック 害

なぜ紙巻きタバコと電子タバコを併用するのか? タバコの値段が高騰しても、喫煙者はなかなかタバコをやめられないのが現状ですが、最近は電子タバコを使用してる人を、よく見かける様になりました。 日本でもアイコス(IQOS)などの、加熱式タバコが広まりつつありますが、これまで通常の紙巻きタバコを吸っていた喫煙者が、加熱式タバコへ完全に切り替えるケースは、そう多くないと考えられます。 なぜなら、これまで紙巻きタバコを吸ってきた喫煙者にとって、加熱式タバコの味わいや吸い心地は、どうしても劣っていると感じるようです。 そのため飲食店や職場など、受動喫煙が厳しい環境では加熱式タバコを、自宅など大手を振って吸える場所では、紙巻きタバコというように二重使用する、喫煙者が多いのではないでしょうか 紙巻きタバコと電子タバコ併用の悪影響は? 電子タバコは身体への悪影響は、なさそうに感じますが本当はどうなんでしょうか? 紙巻きタバコが及ぼす健康への悪影響は、広く知られるようになってきましたが、こうした二重使用は身体にとってどう作用するのかは未知数です。 タバコ会社は電子タバコや、加熱式タバコのタールや有害物質が、低減されていると主張しておりますが、紙巻きタバコと併用してもその分、害も低減されるのでしょうか? 欧米で販売されている電子タバコは、ニコチンが添加され使用者は、ニコチン依存症から離脱できないとき聞きました。 仮にニコチンが添加されていなくても、電子タバコの蒸気(ベイパー)は、呼吸器疾患に悪影響を与えるのではないかと考えられている様です。 これが事実ならすぐにやめさせないと、ぜんそく症状がでる可能性があると言う事でしょうか? プルームテックのニコチンの害 一般のタバコでは、タールとニコチンが問題になりますが、プルームテックでは、タールは加熱しないことでほぼゼロになります。 しかし、ニコチンに関してはカットされず一般のタバコよりは少ないですが、体に取り込んでしまいます。 ニコチンの害は、百害あって一利なしといわれるほど、精神面でも肉体面でも不健康になっていきます。 この為、タバコ依存症や臓器の機能も低下していきます。 やはり健康面では害がある様ですね スポンサードリンク プルームテックの蒸気による害 プルームテックの特徴は、煙が出ないことです。 それは燃やさないことで、煙がでないというものなんですが、その代わりに蒸気を吸い込んでいます。 一般的なタバコと一緒で、煙が蒸気になっただけで、蒸気と一緒にニコチンなどの物質を、体に取り込んでいます。 ここでは、蒸気による害と書きましたが、正直なところ害というよりも、恐怖というのが正しいかもしれません。 それは、人体による検証がまだ十分に行われていないため、蒸気によってニコチンを摂取することの、危険性や安全性がまだわからないのです。 紙巻きタバコは、煙によってニコチンを摂取することは、長い歴史からどんな害があるのか、症例がたくさんあるので、1日どれだけを吸ってもいいのかなどの目安などがつきます。 しかし、プルームテックは一般的な タバコよりまだ歴史が浅い分、わからないことも多々あるようです。 新しい物に手を出すのも慎重にしないと、良かれと思って続けた結果、身体に悪影響を及ぼす事もあるという事を、肝に命じないといけませんね 電子タバコでは禁煙出来ない プルームテックなどの新型タバコのことを、禁煙促進アイテムだと勘違いしている人がいるようです。 もし、今まで少しづつ喫煙量を減らしてきている人が、その勘違いのままプルームテックに手を出すと、すべてが水の泡です。 タールこそ少ないですが、ニコチンは逆に増えてしまいます。 更に禁煙から遠のいてしまうのです。 安心して吸ってしまう分、喫煙量が増えてしまうかもしれません。 家族が禁煙に向けて頑張っているお父さんに、父の日のプレゼントとしてプルームテックを買ったというケースもネットで見ましたが、私も主人の誕生日に、間違ったプレゼントをしてしまった様です。 今更やめてと言っても、多分もうやめれないでしょう タバコの量を減らす為に買ったのに、大失敗でした! 電子タバコの本来の目的は? プルームテックの 本来の目的は、人に迷惑をかけないで喫煙するための、新しいタイプのタバコです。 肩みを狭く感じることなく、タバコを楽しむアイテムです。 健康を害さないタバコだと思いますが、現時点ではまだ立証されてないのが現状です。 プルームテックは、受動喫煙を減らすことが目的です。 受動喫煙はタバコの先端から出る煙や、吐いた煙を周りの人が吸引してしまうことです。 これを副流煙と言いますが、タバコをくわえて吸ってる人の 3倍以上の、ニコチンやタールを摂取してしまう可能性があるそうです。 これは本当に怖いですから、小さなお子さんや妊婦さんのそばでは、絶対にタバコは吸わないで下さい。 電子タバコ・プルームテックは、そんな 周囲の人への害を減らす素晴らしいタバコです。 でも禁煙できることが一番素晴らしいことですので、頑張って禁煙して下さい!! 今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の

喫煙者が「プルーム・テック」に換えると、有害物質は禁煙並みに減る――JTが安全性強調 (1/2)

プルームテック 害

使い勝手が良いプルームテックですが、吸い応えがイマイチ…と感じている方も多いのではないでしょうか?そこで、世界中で大ヒット中の電子タバコを紹介します! JUULは専用のカートリッジを使用するデバイスであり、操作性もプルームテックとほとんど変わりません!ですが、 プルームテックと比較して優れている点は「ニコチンの量」にあります! 独自開発された高濃度ニコチンが入ったカートリッジなので、プルームテックの比ではない吸い応えを実現! 紙巻きタバコに最も近い喫煙感と、ニコチンによるキック感はどんな加熱式タバコにも負けない最強のデバイスなんです。 従来の電子タバコや加熱式タバコでは味わうことができなかった満足感に魅了される人が続出中!今すぐJUULが欲しいと思っている方は、 入金確認後最短3日で手に入れられる通販サイト「BeyondVape Nic」の利用がおすすめですよ。 是非公式サイトを確認してみてくださいね。 紙巻きタバコとプルームテックを比べる プルームテックをはじめとする 加熱式タバコは、 タールが含まれておらず、ニコチンだけを吸引することができるタバコとして、話題になっています。 加熱式タバコといえば、 アイコスが有名ですが、プルームテックはアイコスよりも臭いが少なく、煙の量も少ない事からアイコスから移行するユーザーが増えています。 そんなは如何程のものなのでしょうか? ニコチンの被害 タバコへの依存性の原因となっている有害物質 ニコチンは、どの加熱式タバコにも混入しています。 ニコチンの依存性は電子タバコに移行しても軽減されただけで残っています。 このタールという有害性物質の中には、発がん性を促すものもあり非常に危険なものです。 また、副流煙にも多くのタールが混入されているため、周りの人や、子供などにも大きな悪影響を与えています。 しかし、加熱式タバコにはこのタールが ほとんど混入していません。 というのも、タールが発生するのは、 火でタバコの葉を燃やしたときや、紙巻きタバコの紙を燃やしたときに発生するものです。 そのため、プルームテックなどのタバコ葉を火で燃やさず、熱で熱して成分を気化させるだけの加熱式タバコは タールの発生しようがないため発がん性物質は含まれていないとされています。 しかし、加熱式タバコはニコチンと同様に 明確な判定基準がない為、実際にどれほどタールが入っていないかを調べることはありません。 周りの人や、子供に副流煙による健康被害がないだろう!と確信を持つのは危険だと理解しておきましょう。 副流煙の被害 プルームテックは、中に入っているリキッドが熱され水蒸気化することでタバコの葉が入ったカートリッジを通り ニコチンの入った水蒸気を吸うといった作りになっています。 水蒸気なので、 副流煙は発生しにくいとされています。 周りや子供への被害 プルームテックなどの加熱式タバコは、従来のタバコと比べて 有害性物質が90%カットされていると言われています。 それは、喫煙者自身が吸引する主流煙にも、周りの人や、子供が吸ってしまう 副流煙に対しても言えることです。 元より、副流煙の主な物質は、 タールでした。 加熱式タバコには、そのタールが含まれていないので、周りの人や子供にも被害がないとされていますが、実際のところどうなのでしょうか? 副流煙による臭い被害 紙巻きタバコは、どうしても吸っている空間はおろか、髪や服に臭いがつき厄介な ヤニの臭いを発します。 このヤニの臭いも、愛煙家が睨まれる一つの原因となっていますが、加熱式タバコはタールが発生しないため ヤニの臭いがすることはありません。 しかし、アイコスやグローを吸っている人が周りにいる方はご存知でしょうが、 ポップコーン臭と呼ばれる独特な臭いを放ちます。 これは、タバコの葉と、周りの紙を加熱していることから発生するものです。 タバコ以上にこの臭いが苦手という方もいます。 プルームテックは、タバコの葉を直接加熱するものではないので、この ポップコーン臭すらしない新しい種類の加熱式タバコです。 紙巻きタバコは勿論、どの加熱式タバコよりも周りの人が感じる臭いが少ないため、臭いに敏感な子供の前で吸っても煙たがられることはありません。 副流煙による健康被害 副流煙に主に含まれているとされている タールがカットされているプルームテックの副流煙には タールによる発がん性物質はないと言っていいでしょう。 また、ニコチンは副流煙として周りの人が吸っても、もとより害がなく、プルームテックの副流煙を吸った周りの人や、子供が ニコチン依存症になるといったこともないです。 プルームテックから発生する副流煙は水蒸気だけなので、周りの人々や子供たちへの影響が確実に減らすことができたとされています。 そのため、プルームテックが 一番害がないといった口コミは正解とは言い切れません。 とはいえ、プルームテックを含む三種類の加熱式タバコは、どれも 有害性物質を大幅に防ぎニコチンのみを吸引することができます。 プロピレングリコール プルームテックに含まれている成分は、ニコチンなどのタバコの葉から出る成分のほかに、グリセリン・プロピレングリコール・トリアセチン・水・香料となっています。 グリセリンやトリアセチンは、 食料品にも含まれている成分なので、自分はもちろん、周りの人や子供にも害はありません。 しかし、 プロピレングリコールという成分は、通常口にしない成分とされており、人によってはアレルギーが起こったり猫が吸うと貧血状態に陥る危険性があるものです。 プロピレングリコールは、 シャンプーや化粧品に含まれている成分なので、これらでアレルギー反応を起こしたことがある方や、周りにアレルギーを持っている子供がいる場合には注意が必要になります。 プルームテックを空焚きしてしまわないよう、常にカートリッジ内にリキッドがある状態にするよう心掛けましょう。 使用方法の異なる使い方 最近まで、プルームテックは手に入りにくく、 互換性のバッテリーが販売されていました。 互換性のバッテリーにプルームテックのカートリッジとカプセルを取り付けて使用することができるのですが、このような互換性バッテリーは 電熱の出力が大きかったり、うまくリキッドを水蒸気化できない場合があります。 互換性バッテリーを使用することによって、 知らぬ間に有害性物質が発生していたり、周りの人や子供に 悪影響のある副流煙をまき散らせていたのかもしれません。 プルームテックのカートリッジには、公式のバッテリーを使用するようにし、 使用用途を守ることで周りにも、子供たちへの悪影響を抑えることができます。 誤った使い方はしないようにしましょう。 JTでは、加熱式タバコを紙巻きタバコのように規制するのは厳しすぎると言われていますが、プルームテックをはじめとする加熱式タバコの主流煙・副流煙に含まれる有害性物質は今のところ 完全に解明されているわけではありません。 何十年もたってから牙をむく可能性もあります。 プルームテックなどの加熱式タバコの健康被害が明確にわかるまでは、 加熱式タバコも紙巻きタバコ同様に喫煙スペースでのみ吸えるものとされています。 加熱式タバコであっても 喫煙者は喫煙者です。 周りの喫煙者がこれ以上肩身の狭い思いをしないように必ず喫煙ルールを守って使用するようにしてください。 JUULももちろん、後発商品の為有害性について 明確な健康害などは出ていません。 ただ、もし今のプルームテックに満足できていない!と感じているのであれば、今すぐに乗り換えを検討してみることをおすすめします。 大手通販サイトの「BeyondVape Nic」であれば、最短3日で商品が届きます。 信頼も実績もある電子タバコ専門店だからこそ安心してお買い物ができますので、少しでも気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

次の