ご 容赦 の ほど。 「ご理解」の正しい使い方と注意点!類語や「ご了承」との違いも解説

「ご容赦願います」の例文・使い方・類語・読み方|ビジネス

ご 容赦 の ほど

「ご容赦」のもとになる単語は「容赦」であり意味は「許すこと、大目に見ること」 尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって「ご容赦」として敬語にしています。 「(自分が相手に)受け取ってもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)受け取ってくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「ご容赦の程」というように漢字を用いてもOKですし、「ご容赦のほど」と平仮名にしてもOK。 ご容赦のほど〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「ご容赦のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、とくに深い意味はありません。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 すると「ご容赦のほど~」の意味は… 「許してくれるよう~」 「許してもらうよう~」 というように解釈できます。 ご査収のほどお願い申し上げます 意味「中身をよく調べて受け取って受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「納得・承諾してくれるよう、お願い」• ご理解のほどお願い申し上げます 意味「理解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 ご容赦のほど の使い方 つづいて「ご容赦のほど」の使い方について。 お詫び謝罪、あるいは何かしらの不都合がおきて「許してほしい」ときのビジネスメールに使うフレーズであり決まりきった使い方のみ。 使い方「お詫び・謝罪ビジネスメール結び締め」 「ご容赦のほど」の使い方 何かしらの資料送付メールや報告ビジネスメールに使えます。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご容赦のほどお願い申しあげます」• 例文「ご容赦のほどよろしくお願い致します」• 例文「ご容赦のほど何卒よろしくお願い致します」 のようにして謝罪・お詫びをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 具体的にはたとえば、品質トラブルでお詫びするビジネスメールのとき。 -ビジネスメール例文- このたびはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。 まずは至急、差し替え商品の手配を進めてまいります。 なお原因の究明、防止策につきましては弊社内にて確認し取りまとめておりますので改めてご報告申し上げます。 (中略) 二度とこのようなことが無いよう、今後より一層の厳重な品質チェックに努めてまいります。 どうかご容赦のほどお願い申し上げます。 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「許してほしい!よろしく」という意味なのです。 後ろに「お願い致します・お願い申し上げます」を続ける 「ご容赦のほど」の使い方 さきほど例文にしたとおり「ご容赦のほど」のあとには「お願い申し上げます」「お願い致します」などの敬語を続けます。 「お願い申し上げます」「お願い致します」の意味はどちらも「お願いします」 敬語の種類は以下のとおり。 もととなる単語は「 願う+言う」であり、• もとになる単語は「 願う」であり、• 謙譲語「お〜いたす」で「 お願い致す」• さらに丁寧語「ます」を使って「 お願い致します」という敬語にしています あとは何かを頼んだりするときに添える語「よろしく」を使い 「ご容赦のほど よろしくお願い致します・お願い申し上げます」 としても丁寧ですし、 あるいは「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「ご容赦のほど 何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧。 前置きに強調するフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「ご容赦のほど」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうかご容赦のほど〜 「どうかご容赦のほどお願い申し上げます」 「どうかご容赦のほどお願い致します」• 何卒ご容赦のほど〜 「何卒ご容赦のほどお願い申し上げます」 「何卒ご容赦のほどお願い致します」 あるいは申し訳なく思う気持ちをあらわすとGood 「ご容赦のほど」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちをあらわす語をもってきても丁寧です。 たとえば「大変ご迷惑をお掛けいたしますが~」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 目上・上司にはもちろんのこと、社外の取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 これって何が違うのでしょうか? 「ご容赦 いただければ幸いです」 の意味は 「許して もらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ」 となり「ご容赦くださる」なのか「ご容赦いただく」なのか「ご容赦のほど」なのか「ご容赦いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご容赦いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご容赦いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 ビジネスメールによく使うのは「ご容赦のほど」 「ご容赦いただければ幸いです」がもっとも丁寧なフレーズではありますが… ビジネスメールでもっともよく使われるのは「ご容赦のほどお願い申し上げます」「ご容赦のほどお願い致します」です。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい せっかくですので「ご容赦いただきますようお願い」「ご容赦くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご検討 くださいますようお願い申し上げます」 「ご検討 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 【例文】ご容赦のほど〜を使ったビジネスメール全文 最後に「ご容赦のほど」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 上司など目上にかぎらず社外取引先に対しても使える丁寧な文章にしています。 ご参にどうぞ。 年末年始休業お知らせビジネスメール例文 【社外ビジネス・テンプレート】 ・社外取引先への年末年始 営業日、休業お知らせビジネスメール例文 ・テンプレートとして使えるもっともシンプルな例文 メール件名: 年末年始休業のお知らせ お客様各位 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら下記のとおり、年末年始を休業とさせて頂きます。 期間中、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、どうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。 来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 「する」の謙譲語「いたす」に丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしている ・「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語。 本日、体調不良のため欠勤いたします。 突然の連絡にて大変恐れ入りますがご了承のほどお願い申し上げます。 なお、本日予定しておりました以下の顧客アポイントはすべて先方にキャンセル・延期の連絡をしております。 10:00 東レ(キャンセル連絡済) 13:00ダイセル(キャンセル連絡済) 15:00 東ソー(翌日同時刻に延期) ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんが、 どうかご容赦くださいますようお願い申しあげます。

次の

「何卒ご理解」の例文・使い方・ご容赦との違い|ビジネス/賜り

ご 容赦 の ほど

何卒ご容赦という言葉の使い方はゆるすこと、大目に見ることなどという意味があります。 手加減し控えめにすることなどという意味もあります。 相手にミスや失敗などをした際、許しをこうときに使われる言葉でもあります。 容赦がない、容赦ない対応をする、などという表現があります。 先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる使い方です。 「何卒ご容赦ください」の「容」の意味 何卒ご容赦という言葉のなかにも「容」という言葉には、受け入れる、聞き入れる、認めるなどという意味があります。 受容する、容認するなどというふうにとても肯定的な、相手を温かくこちら側に受け入れるというような意味のものとなります。 許容範囲、などと言葉に表されるようにとても許可をする際特に用いられる言葉なのです。 「何卒ご容赦ください」の「赦」の意味 何卒ご容赦、という言葉の中の「赦」は、赦すという意味があります。 自分が悪いことをやってしまい、それを赦してもらうというときに主に用いられる使い方です。 ご容赦くださいという表現は、許してくださいという使い方だけでは、軽く聞こえてしまう、畏まった状況のときに、選んで使われるものです。 お客様に「容赦しません」というふうには使われることがないように、大切な場所での相手への配慮などの際に用いられることが多いのです。 「何卒ご容赦ください」の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与える 主な「何卒ご容赦」の使い方ですが、文例としては「当日は配送が間に合いませんので、何卒ご容赦ください」「当日は数に限りがございますので、何卒ご容赦ください」というふうに用いられることがほとんどです。 多くの仕事での取引や、メールや連絡の際に使用されることが多いのです。 使い方が綺麗にはまるととても相手に対して良い印象を与えることができます。 「容赦」と「了承」の違い 「何卒ご了承ください」というのと、「何卒ご容赦ください」というものでは使うときと場合、状況などによってかなり大きな差が出てきます。 ご了承くださいの使い方が多いと、言葉としてずれが生じてきます。 了承は納得や承認というものが必要になってくる言葉であるため、使い方には気を配り、効果的に使い分けをしたいものです。 「何卒ご容赦ください」の類語 何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。 その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。 使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。 「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。 この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。 そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。

次の

ご容赦願いますの意味とは?何卒ご容赦くださいなど使い方・例文や類語も

ご 容赦 の ほど

社会人になるとさまざまな謝罪の言葉を覚えることになります。 これは語彙力の向上に一役買っていますが、謝罪の場面が増えるというのはちょっと寂しい気持ちもする部分です。 こうなってしまうのは「何卒ご理解」のように、使い勝手がよく文章を急いで考えるとテンプレートのように出てきてしまう言葉が原因と考えられます。 何卒ご理解ご協力 シンプルな謝り方として使われることが多い「何卒ご理解」という言葉ですが、ご協力とセットにすると多少言葉が柔らかくなります。 具体的な例文は「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」となるでしょう。 多少言葉が前後することがありますが、「何卒ご理解」とセット運用した場合はこれが定型文となります。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」といった例文を紹介しましたが、この言葉はどのような意味で捉えられるのかを考えましょう。 人によって解釈の仕方は多少変わることもありますが、おおむね「相手に何らかの事柄に対してお願いするときに使う」というイメージがあり、「相手に強制的に了承を求める言葉ではない」という認識になります。 つまり、「ご了承下さい」という言葉とセット運用ができないと言うことです。 一つ一つの言葉遣いは間違っていない状態でも、他の言葉と組み合わせることで文章がおかしくなることは多々ありますので、その実例として覚えておくといいでしょう。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします 多少硬い言葉であっても断定的な表現を使わないことで柔らかい印象を持たせるものもあります。 それが「~のほど」という表現です。 それを「何卒ご理解」という言葉とセットにすると以下のような例文になります。 「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」や「何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いします」や「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」といった表現です。 意味のとらえ方について 日本語における「~のほど」という表現は使い勝手がよく、意識しないでついつい多用している方もいますが、これは表現を柔らかくする効果があります。 断定的な表現を避ける使い方ができるため「何卒ご理解」とセットにすれば表現が柔らかくなり、「理解を求めることよりも、理解してもらいたいというお願いがこもっている」という意味になります。 何か頼み事をしたいけど命令口調を使いたくないし、なんとか言葉のニュアンスを柔らかくして角が立たないように立ち回りたいという人にとって頼りになる言葉です。 何卒ご理解賜りますよう 「賜る」という表現は難しいので使ったことがないという人も多いでしょう。 この「賜る」という表現と「何卒ご理解」をセットにして使うこともできるので、「何卒ご理解」の違った運用方法の一つとして覚えておくと役立ちます。 具体的な使い方は「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」となります。 多少難しい表現ではありますが、「弊社の置かれている状況を何卒ご理解賜りますよう~」といった表現になると自分たちの苦労している様子も見せることができるでしょう。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解」と「賜る」のセット運用で躓くのが「賜る」です。 この「賜る」という表現は「もらう」の謙譲語なので、商品や品物をもらう時に使う言葉でもあります。 しかし、「指導してもらう」といった表現の「もらう」の敬語表現として「ご指導を賜る」という使い方もできると言うことです。 「何卒ご理解」の意味は「理解して下さい」や「察して下さい」となりますので一つ一つ解説すれば意味も見えてくるでしょう。 答えは「なんとか理解してもらいたいです、どうかよろしくお願いします」となります。 「賜る」は使い過ぎないこと 謙譲語の一つである「賜る」という表現を多用するのはNGです。 「賜る」の多様がNGというよりは、謙譲語を大量に使うことが間違っていると考えて下さい。 「賜る」は自分を下げる意味がある謙譲語の一つなので謙譲語を重ねて使いすぎると、「へりくだりすぎて堅苦しい」というイメージを与える恐れがありますし、人によっては「この人は本当に言葉を理解して使っているのか」と疑問を抱かれてしまいます。 難しい表現の使い回しを覚えるとついつい使いたくなるものですが、謙譲語のように自分を下げる言葉を使いすぎると、逆に印象を悪くする恐れがありますのでバリエーションを豊富にして偏らないようにすることが大切になります。 何卒ご理解ご了承 いくつか具体例を用いて紹介してきましたが、同じような意味を持つ言葉を重ねて使うことで意味を深める言葉もあります。 それが「何卒ご理解ご了承」といった表現です。 「ご了承」には「理解して承諾する」という意味や「これから起こることに対して納得してもらう」という意味があります。 具体的な使い方は「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解ご了承いただければと存じます」とか「何卒ご理解ご了承いただければ幸いです」となります。 「何卒ご理解」の使い方 それでは具体的な使い方をシーンごとにまとめてみましょう。 ある程度謝るときに使う定型文となっているので使う場面も限られてきますが、先に紹介したように他の言葉との組み合わせによってニュアンスが異なってきますので、状況次第では使い分けすることができます。 口頭で「何卒ご理解ください」といった表現をする人は現代社会では少ないでしょうが、メール文章では頻繁に登場しますので書き方に注意しましょう。 ビジネスシーンでは やはり謝る必要があるシーンで使うことが非常に多いです。 先の例文で紹介した「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」といった表現は謝る必要が無い場面では使わないでしょう。 自社の商品や担当者が何らかのトラブルを起こして、お客に対して何らかの不都合が発生している場面で「お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします」といった表現をします。 場内アナウンスや連絡案内といった仕事をしている方々ならば使う表現の一つと言えるので、先輩から教わったという人も多い表現です。 何らかのマニュアルや説明文 商品において絶対に必要なのが使い方や保存方法などをまとめたマニュアルです。 このマニュアルにしっかりと使い方が解説していないとトラブルに繋がり後に面倒なことになります。 しかし、最初から書いてあればトラブルにはなりにくいです。 たとえば、「この禁止事項に該当する使い方をしてトラブルが発生しても一切の責任を負いかねますがご理解賜りますようお願いいたします」といった使い方ができるということです。 メールでの使い方 メール文章になるとテンプレートや特定の言い回しを使い回すことが可能になりますので、「何卒ご理解」といった表現も使いやすくなります。 こちらも何らかのトラブルが発生したときに謝るメール文章として「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」といった例文を使います。 それ以外には不合格の通知をするときに理解してもらいたいという言葉を柔らかくするために、「今回は不合格とさせていただきます。 何卒ご理解ご了承のほどお願いいたします」といった使い方をすることもあります。 「何卒ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」の意味とニュアンスを理解する ここでポイントとなるのは「ご容赦」の意味です。 似たような言葉として使われることが多い「ご理解」と「ご了承」と「ご容赦」ですが、意味は一緒でもニュアンスは違います。 「何卒ご理解」の意味は「どうかわかって下さい」ですがニュアンス的には伝えることが最優先であり、「ご了承」とは「理解して下さい」という意味ですが「納得してもらいたい」というニュアンスです。 「ご容赦」は「理解して下さい」よりは「許して下さい」という懺悔のニュアンスが強いです。 ニュアンス的には「ご容赦」のほうが「何卒ご理解」よりも丁寧な表現と感じられることが多く「ご容赦下さいますようお願い申し上げます」という表現のほうがすんなりと受け入れられることがあります。 ニュアンスを大切にしよう.

次の