家族が危篤の人にかける言葉。 「病気やケガのお見舞いでの言葉の使い方」とは?

危篤状態とは?親や家族が危篤のときの心構えや連絡範囲、準備すべきこと

家族が危篤の人にかける言葉

電話で連絡するのは、確実に用件を伝えるためです。 メールやSNSではいつ読まれるのかわかりませんし、事の重大性が伝わらない可能性もあります。 病院での対応に追われ大変な状況ではありますが、メッセージを残しつつ、電話もかけると丁寧です。 もちろん、連絡を親せきなどほかの方に依頼することもあります。 また、 電話を使うのは相手のショックを和らげる狙い もあります。 メールなどの文字で伝えると突然のことに相手がショックを受ける可能性があります。 その点電話であれば、相手の様子を伺いながら「落ち着いて聞いてください」「大事な話なのでよく聞いてください」などと前置きすることで相手のショックをある程度和らげる効果も期待できます。 日ごろの関係性にもよりますが、危篤の連絡する時間については原則、深夜でも早朝でも構いません。 ただ、深夜や早朝に連絡するときには「深夜にすみません」「早朝からすみません」などの前置きをする心配りが大切です。 また、相手が病気や妊娠中など配慮したほうが良いと思われるときには、連絡を控えた方がいい場合もあります。 もし相手が仕事中や授業中などで電話に出られないときは、会社や学校に連絡して呼び出してもらってもかまいません。 故人の遺体に行う処置にはさまざまなものがありますが、その内容を一括して、エンゼルケアといいます。 一般的に以下のような処置を施すことが多くなっています。 臨終後に行う遺体の処置 ・清拭(せいしき)…遺体をアルコールで拭く。 看護師が病院で行うことが多い。 ・綿詰め…遺体の鼻・口・耳に脱脂綿を詰める。 ・傷の手当…治療でできた傷や医療器具の痕跡を目立たなくする。 ・着替え…死装束に着替えさせる。 ・ひげ剃り…遺体のひげを剃る。 故人が男性の場合に多い。 ・化粧…遺体に死化粧を施す。 故人が女性の場合だけでなく、男性の場合にも施すことがある。 ・洗髪・整髪…故人の髪をドライシャンプーなどできれいにし、整える。 危篤者が臨終を迎えたら、できるだけ早いタイミングで親戚縁者や友人知人、職場などに訃報を伝えます。 ただし、この段階で通夜や葬儀・告別式の日程が決まっていない場合には、 混乱を避けるためにも第一報の連絡をする範囲をある程度絞ります。 また、 菩提寺など宗教者にはなるべく早い段階で連絡し、都合を聞いた上で葬儀の日程を決めて いきます。 事前に訃報を連絡する先のリストを作っておくと便利ですが、作っていない場合は危篤のときと同じ要領で親類縁者に連絡しましょう。 連絡する相手は、通夜や葬儀に参加して頂きたい人です。 連絡手段はやはり電話がメインですが、繋がらない場合はメールなどで訃報を伝えても大丈夫です。 ネットを検索すれば例文が見つかるので、そういったものを参考にするのもひとつの方法です。 町内会など地域の決まりがある場合は、その地域の町長や区長、世話役などにも連絡 してください。 その人を介して地域に訃報が伝わります。 職場への連絡も忘れてはいけません。 臨終から葬儀まで、そしてその後喪に服すためにお休みが必要になります。 その間を忌引き休暇扱いにしてもらうために連絡は必須です。 家族葬など小規模の葬儀を行う場合、 参列してほしいかどうか迷う場合は、連絡をしないケースが多い ようです。 ただし、 連絡を入れなかった相手には、葬儀後に改めて亡くなった事実と葬儀を行った旨を連絡します。 危篤とは、今すぐにでも命を落としかねない状態のことを指します。 いつどのような結果になるのかは誰にもわからないので、家族のストレスは大変大きくなります。 危篤状態からの回復を待っている間は親族への連絡などをしつつ、万が一のときに備えてください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

お葬式・お通夜での遺族への声かけ、お悔やみの言葉や挨拶 [通夜・葬式の弔問マナー] All About

家族が危篤の人にかける言葉

「このたびはご愁傷様です。 「このたびは突然のことで大変でしたね。 「心からお悔やみ申し上げます。 」 など、よく使われるフレーズを覚えておきましょう。 最初からいきなり病状や死因などを聞くのは失礼です。 」と書かれていることが多いですが、実際は軽く黙礼して受付を済ます人が多いようです。 お付き合いの度合いにもよりますが、遺族への挨拶はできるだけ手短にし、お悔やみの言葉に加えて「お手伝いできることがあればお申し付けください」と声をかける程度にしておきます。 対面をするときは、必ず遺族の許可を得ること。 勝手に棺の中を覗いてはいけません。 許可を得たら、故人へ近づき手を合わせ一礼して対面します。 「安らかなお顔ですね」など、遺族をいたわる言葉と「ありがとうございました」というお礼の言葉を忘れずに。 故人や遺族と直接親しい間柄だったら、故人を一緒に思い出しながら遺族の胸の内をぜひ聞いてあげてください。 葬儀・通夜の席で遺族へかけてはいけない「忌み言葉」とは 忌み言葉にとらわれる必要はありませんが、できるだけ避けるような心配りも大切 忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや、「再び」「続いて」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉を言います。 言霊 ことだま という言葉があるように、言葉には霊が宿るという言い伝えもあり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるにちがいないと恐れられていたこともあって、葬儀の際は忌み言葉を避けるようになりました。 具体的には次のような言葉があげられます。 死を忌み嫌った時代には、忌み言葉は敏感に受け止められがちでしたが、現在は死は避けて通れないもので、受け止めるべきという考えに変わってきています。 多用NG「ご冥福をお祈り申し上げます」は宗教・宗派によっては不適切 「ご冥福をお祈り申し上げます」という一文、一般的に使われているお悔やみの文ですが、厳密に言えば多用できない文だということをご存知でしょうか? 冥土は仏教用語ですから、神道やキリスト教では使わない言葉です。 また、冥土をさまようという概念を持たない浄土真宗でも不適当な言葉となります 浄土真宗は、人は死後すぐに浄土へ行くという教えに基づきます。 「冥福」のほかに「往生」「供養」「成仏」も仏教用語。 忌み言葉と同様、気にしすぎたらキリがありませんが、遺族に失礼にならないように、神道やキリスト教葬儀では使用しないように注意しましょう。 ちなみに「ご冥福をお祈り申し上げます」を言い換えるとしたら、「哀悼の意を表します」が適当です。 このほか、遺族へ挨拶するときのNGワードと適切な言い回し 葬儀では死を意味する直接的な表現も避けます。 「死ぬ」「死亡」「生きる」「生存」などを言う場合、次のような言葉におきかえて話すと良いでしょう。 忌み言葉やNGワードについて解説しましたが、マナーの本質は思いやりですから、「イヤだな」と受け取られてしまう言葉はなるべく避けるように心がけつつ、できるだけ自分の言葉で遺族と接すると良いでしょう。 大切なのは相手を思いやる気持ちです。 友人・知人との会話を通じて、遺族の心が少し楽になることもあります。 まわりの人は遺族が少しでも安心した気持ちでいられるよう、話を聞いてあげるように努めます。 【関連記事】•

次の

上司に掛ける言葉として適切なもの

家族が危篤の人にかける言葉

例えば目上の人や上司でも入院して寝込んでいると、誰かと話すこともないため非常に寂しい時間を過ごしていることでしょう。 そんな体調が悪いため気が滅入りやすい入院時に、部下から「大丈夫ですか?お大事になさってください」といった簡単なお見舞いの言葉がはいった体調を気遣うメールがあるだけでとてもうれしくなるものなのです。 ビジネスでは気遣いができる人は仕事もできると思われる 入院中に体調を気遣うメールを受け取った上司は「こんな時に連絡をいれてくれるなんて、なんて気遣いができて、気が利く部下なんだ」と好印象を与える事にも繋がるでしょう。 入院している方にお見舞いの言葉を含めた体調を気遣うメールはある意味チャンスなのです。 社会人の先輩が語る「もう一歩先のマナー」 体調を気遣うメールでお見舞いの言葉を伝える重要性はおわかりいただけたでしょうか。 「お大事」の一言で人間関係をよくすることができるのです。 では、体調不良で入院している人に体調を気遣うメールでお見舞いの言葉として使えるフレーズをみていきましょう。 お見舞いメールでは「お大事に」と一言付け加えるだけでメールの印象も変わってきます。 その使用方法をお伝えしていきます。 くれぐれもお大事になさってください。 ご入院されたと聞き、突然のことに大変驚いております。 その後のご病状はいかがでしょうか? 心からお見舞い申し上げます。 平素、仕事ひと筋にてお過ごしでいらっしゃったために、 ご心労も多々おありであろうかと拝察いたしております。 ご多忙の御身であり、思うようにはならないかと存じますが、 どうか体をお休めになり、ご全快を心よりお祈り申し上げます。 さっそくお見舞いにと思いましたが、 かえってご迷惑をかけてはと思い、 心ばかりのお見舞いの品をお送りいたしました。 お納めくだされば、幸甚に存じます。 なお、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 メールにて恐縮ですが、取り急ぎお見舞い申し上げます。 株式会社ABC商事、営業部の山田A太郎でございます。 この度のご病気で、さぞかし私どもに対しても 気がかりでいらっしゃるのではないかと心配しております。 なお、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 今朝の報道により貴地が地震に遭われたと知り、 お電話をさし上げましたが、全く通じませんでした。 被害が貴社に及んでいないかと心配いたしております。 詳しい情報がまだ伝わっておりませんので、 そちらの状況はわかりませんが、 貴社ならびに従業員の皆様方におかれましては、 くれぐれもご無事でいらっしゃることを祈念いたしております。 今月の納期に関しては、 お気違いなさらないでください。 私どもで何かお役に立つことがありましたら、 どうぞご遠慮なくお申し付けくださいますよう、お願い申し上げます。 メールにて恐縮ですが、取り急ぎ、お見舞い申し上げます。 なお、ご返事はお気遣いないようお願いいたします。 手術が無事に成功して本当に良かったよ。 いつも忙しそうだったから疲れが溜まっていたのかもね。 いい機会だからゆっくり休みなよ! そして、これからは無理をせずあまり頑張り過ぎないように。 もし話し相手が必要なら、いつでも返信ください! 体調を気遣う言葉を述べたお見舞いのメールで相手を喜ばせよう 体調を気遣う言葉を一言もらえるだけでも、入院している人は喜んでくれるはずですが、心を込めたことが伝わるお見舞いのメールが届けば、その喜びは何倍にも大きくなります。 入院していると、環境によっては話し相手もおらず寂しい思いをしているかもしれません。 そんな時、お見舞いの言葉が詰まった体調を気遣うメールをもらえたらとても嬉しいはずです。 お大事に、といったお見舞いの言葉と自分なりに体調を気遣うオリジナルの言葉を盛り込みましょう。 体調を崩した人が取引先や上司、先輩などビジネスに関わる人であれば今後のお付き合いがより良いものになる可能性もあります。 ビジネス相手や知人が入院したらお見舞いの言葉が詰まった、体調を気遣うお見舞いメールを送りましょう。

次の