ポケカ vmax ライジング。 【ポケカ】VMAXライジングの注目カード解説&紹介

【環境考察】VMAXライジング単体考察【ポケモンカード】|ななやま|note

ポケカ vmax ライジング

「VMAXライジング」 最安値販売情報 「VMAXライジング」収録 UR モスノウ UR おおきなおまもり UR ツインエネルギー UR 「VMAXライジング」収録 V・Vmax ポケモン ゴリランダーV ワザ 草 もりのうたげ 自分の山札にある草タイプのたねポケモンを2枚まで、ベンチに出す。 そして、山札を切る。 ワザ 草草草無 ウッドハンマー 220 このポケモンにも30ダメージ。 草タイプ たねポケモン HP220 弱点:炎 抵抗:- にげる:無3 ポケカ道場独自分析考察 ワザ もりのうたげは ゴリランダーV で対戦開始した際に、山札からモクロー&アローラナッシーやゴリランダー 非V を立てるためのサルノリをベンチに出すことで序盤の展開を助けるワザですね。 ワザ ウッドハンマーは 草エネ3無色1の4エネ必要ですが220打点を出せます。 しかし自分も30ダメージくらいかつ環境に多くいるザシアンVは草抵抗-30をもっているためワンパンに届かない打点となります。 つづくゴリランダーVmaxに進化させる選択必要ですね。 草タイプ V進化 HP330 弱点:炎 抵抗:- にげる:無3 ポケカ道場独自分析考察 ワザの ひっかくは50打点ではあるが無色1エネで打てるため使い勝手が良い、ワンパンできない相手への打点調整にも下ワザのエネがまだ足りていないときのつなぎにもなりますね。 ワザ 草草草無 ダイレンダは 今弾注目のワザの一つではないでしょうか。 ワザのエネは重めですが、モクロー&アローラナッシーGXと特性ボルテージビートのゴリランダー 非V)と組み合わせることで2枚山札からと、手貼りで1枚の3枚加速できるデッキ構築が予想されるためそれほど遅くない展開です。 エースバーンV 特性 フィールドランナー 場にスタジアムが出ているなら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。 ワザ 炎炎無 ぐれんきゃく 140 炎タイプ たねポケモン HP210 弱点:水 抵抗:- にげる:無2 ポケカ道場独自分析考察 特性 フィールドランナー はスタジアムが出ていればにげエネ0になるためエースバーンVスタートの展開になった場合使いやすい特性ですね。 ワザ 炎炎無 ぐれんきゃく 140はエネの割にそれ程ダメージが期待できるというワザではないためアタッカーとしては進化させてからになりますね。 ワザ 炎炎無 ダイカエンダマ 170 相手のバトルポケモンをやけどにする。 炎タイプ V進化 HP320 弱点:水 抵抗:- にげる:無2 ポケカ道場独自分析考察 ワザ 炎無 カウンターはHP320と高いエースバーンVmaxをワンパンはなかなかできないため前のターンに140以上ワザのダメージ受けている場合は下ワザより強力になる。 ワザ 炎炎無 ダイカエンダマは170ダメージと高くないものの追加効果でやけどが付くため実質190ダメージポケモンが倒されてもやけどでダメージが追加されるワザをもつ今回収録のたたりめキュウコンなどと組み合わせるとサイドレースで有利ですね。 インテレオンV ワザ 水 ねらいうち 相手のポケモン1匹に、40ダメージ。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ] ワザ 水水無 アクアリポート 130 相手の手札を見る。 ワザ 水水無 アクアリポートも130ダメージ与えつつ相手の手札を見れるためマリィやリセスタの使いどころも見極めやすくなりますね。 インテレオンVmax ワザ 水 ハイドロスナイプ 60 のぞむなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、相手の手札にもどす。 ワザ 水水無 ダイバレット 160 相手のベンチポケモン1匹にも60ダメージ。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ] 水タイプ V進化 HP320 弱点:雷 抵抗:- にげる:無2 ポケカ道場独自分析考察 ワザ 水 ハイドロスナイプは60ダメージ与えながら相手のバトルポケモンのエネを1個手札に戻しテンポを遅らせることができますね。 ワザ 水水無 ダイバレットは160ダメージを与えながらベンチ1体にも60ダメージを与えられる強力なワザです。 ベンチのたねポケモンなら追加効果だけで倒せる可能性もありますね。 リンク パルスワンV ワザ 雷 そうでん 自分の山札から雷エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモンに好きなようにつける。 そして山札を切る。 雷タイプ たねポケモン HP200 弱点:闘 抵抗:- にげる:無2 ポケカ道場独自分析考察 ワザ 雷 そうでんは山札から雷エネ2枚までベンチポケモンにつけられるワザで序盤の展開に役立ちますね。 サダイジャV ワザ 闘 すなぐらい 30 自分のトラッシュから闘エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。 ワザ 闘闘無 サンドブレス 220 このポケモンについているエネルギーを2個選びトラッシュする。 闘タイプ たねポケモン HP220 弱点:草 抵抗:- にげる:無3 ポケカ道場独自分析考察 ワザ 闘 すなぐらいは30ダメージを与えつつトラッシュから闘エネをこのポケモンにつけられるため序盤の展開や下ワザとの相性がいい。 ワザ 闘闘無 サンドブレス は3エネで220ダメージと比較的打点は高いがエネルギー2個トラッシュがなかなかですね。 リサイクルエネルギーの採用やポリゴンZの採用があれば比較的2回目も早く打てる可能性がありますね。 特性 やわらかウール このポケモンが受けるワザのダメージは「-30」される。 無色タイプ たねポケモン HP210 弱点:闘 抵抗:- にげる:無2 ポケカ道場独自分析考察 特性 やわらかウールがあるため実質230ダメージまで耐えられますね。 ただ使い勝手としては難しそうですね。 「VMAXライジング」収録 グッズ たっぷりバケツ 効果 自分の山札から水エネルギーを2枚まで選び、相手に見れて、手札に加える。 そして山札を切る。 ポケカ道場独自分析考察 自分の山札から基本水エネを手札に加えることができるグッズ、モスノウの特性ひょうせつのまいとの相性がいい。 山札から基本エネルギーを手札もってくるカードにはエネルギー転送(基本エネルギー1枚)やおじょうさま(基本エネルギー4枚)があるが水に限られるが枚数が多い点エネルギー転送より有利であるしおじょうさまのようにサポート権を使わなくていいため優位に立ち回れる。 燃えるスカーフ 効果 このカードをつけている炎ポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンをやけどにする。 ポケカ道場独自分析考察 これを付けた炎ポケモンがバトル場で相手のワザのダメージを受けたときにワザを使ったポケモン をやけどにするグッズ。 炎ポケモンには今回収録されたキュウコンのたたりめのように相手がやけどや状態異常の場合に追加効果でダメージが上がるものもいるため相性がいい効果ですね。 「VMAXライジング」収録 サポート ソニア 効果 自分の山札からたねポケモンを2枚まで、または基本エネルギーを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。 そして山札を切る。 ポケカ道場独自分析考察 自分の山札からたねポケモン2枚か基本エネ2枚を手札にもってこれるサポート。 序盤の展開にたねポケモンをもってきたり、エネ加速のために手札に基本エネがほしい場合 など使い分けることができる。 ポケモンだいすきクラブを使いやすくした感じですね。 フウロ 効果 自分の山札からトレーナーズを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。 そして山札を切る。 ポケカ道場独自分析考察 自分の山札からトレーナーズを1枚もってこれるサポート。 ブルーの探索と比較されるカードであるが特性があるポケモンが自分の場にいても使える点が利点。 デッキに1枚だけ採用しているカードなどを持ってきたいときなどに有効ですね。 トラッシュからエネ加速するデッキなどはあえてエネルギーをトラッシュしなおかつドローするという使い方ができそうですね。 「VMAXライジング」収録 スタジアム ターフスタジアム 効果 おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の手札から草タイプの進化ポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加えてよい。 そして山札を切る。 ポケカ道場独自分析考察 自分の番ごとに1回草タイプの進化ポケモンを1枚手札に加えられるスタジアム、しんかのおこうの代わりに使うことができますね。 モクロー&アローラナッシーGXの代わりに採用することもできますね。 トレーニングコート 効果 おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、相手に見せて、手札に加えてよい。 ポケカ道場独自分析考察 自分の番ごとに1回トラッシュから基本エネ1枚手札にくわえることができるスタジアム。 手札からエネ加速するモスノウの特性ひょうせつのまいと相性がよさそうですね。 「VMAXライジング」収録 エネルギー ツインエネルギー 効果 このカードは、ポケモンについているかぎり、無色エネルギー2個ぶんとしてはたらく。 「ポケモンV・GX」についているなら、無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。 ポケカ道場独自分析考察 ワザの必要エネに無色2個以上含まれているポケモンの展開を早めることができるエネルギーですね。 以前のダブル無色エネルギーの代わりになりうるものですね。 ポケモンV・GXは無色エネルギー1つぶんとしたのはゲームバランスの調整のためだと考えられますね。

次の

VMAXライジング 収録カードリスト評価 予約最安値情報

ポケカ vmax ライジング

エースバーンV HP210 炎タイプ たねポケモン 特性 Field Runner 場にスタジアムが出ているなら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。 エースバーンに限ったことではないが、おそらくVMAX進化をすることが予想される。 VMAXの進化元のポケモンとしてみるとエースバーンは異常に高いHP210に加え、スタジアムさえ貼られていれば逃げるエネルギーがなくなり非常に動かしやすい。 ジラーチなどをバトル場に出すことができる。 炎をサポートするスタジアムはやなど強力なスタジアムに恵まれている。 そのため実質的にほぼ逃げエネ0のポケモンとしてカウントすることができる。 VMAX進化に期待しよう。 インテレオンV HP200 水タイプ たねポケモン ワザ 水 Snipe Shot 相手のポケモン1匹に、40ダメージ。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ] 水水無 Aqua Report 130 相手の手札を見る。 序盤から動くことができるため、VMAX進化ができるのであればこの上なく進化元として優秀。 Aqua Reportは手札を見ることができる。 相手の手札に「カスタムキャッチャー」などがあるかどうかなどを確認することができるが、ワザを使うと自分の番は終わってしまうのが難点。 手札を見る効果はおまけ程度の効果として考えよう。 ゴリランダーV HP220 草タイプ たねポケモン 草 Forest Feast 自分の山札にある草タイプのたねポケモンを2枚まで、ベンチに出す。 その後、山札を切る。 草草草無 Wood Hammer 220 このポケモンにも30ダメージ。 やや重いエネルギーはで補うことができる。 ワザ「Forest Feast」はベンチにポケモンを呼ぶ系のワザのなかでは草ポケモン限定なためやや使い勝手が劣るが、おそらくVMAXの進化元であること、HPが高いことを考慮すると十分な性能を持っているといえる。 なお、ゴリランダーに限った話ではないが「ゴリランダーV」と「ゴリランダー」はルール上、別のポケモンカードなためをデッキに4枚、ゴリランダーVをデッキに4枚採用することが可能。 ただしがあるが種類がちがえど「ゴリランダー」というカードはデッキに4枚しかいれることができないため注意。 ジュラルドン カード評価 7. 0点 殴りながらエネ加速、しかも要求エネが無と汎用性が高い。 0点 おそろしい効果をもつポケモン。 コイントス次第とはいえタッグチームやVMAXポケモンとサイドを1:3交換ができる。 ソニア カード評価 9. 0点 マリィと同様、ポケモン剣盾屈指の人気キャラ。 効果も非常に強力かつシンプル。 デッキの安定性を超向上させるカード。 SRは間違いなく5000円は超えるだろう。 VMAXライジングを通販予約.

次の

【環境考察】VMAXライジング単体考察【ポケモンカード】|ななやま|note

ポケカ vmax ライジング

ワザ「ハイドロスナイプ」は60点を与えつつ、相手のバトル場のエネルギーをバウンスする効果を持っています。 相手の序盤のプランを崩すことができる便利なワザです。 「ダイバレット」は160打点 + ベンチにも60点という強力な効果を持っています。 ブラッキー&ダークライの上位互換のようなワザのため弱いわけがありません。 サダイジャ カード評価 8. 5点 サダイジャVはかなり評価の高いポケモンです。 ワザ「すなぐらい」は30点与えつつ、トラッシュからエネルギー加速を行うことができます。 「サンドプレス」は前のターンに「すなぐらい」を使っていればつかうことができます。 ガラルサニゴーン カード評価 6. 0点 コイントスとはいえ相手のポケモンを道ずれにできるのは、非常に強力な効果を持っています。 ワザ「おいつめる」も特性とかみ合っていて、ロック性能もありそうです。 フィオネなどに邪魔されないようにうまく立ち回ることができれば、脅威となるポケモンですね。 ジュラルドン カード評価 6. 5点 ワザ「メタルシャープナー」はライコウの「とどろくらいめい」のような効果を持っています。 30点与えつつメタルソーサーと合わせて後続のポケモンを育てていきたいカードですね。 ウインディ カード評価 6. 5点 特性「ウォームアップ」は燃えるスカーフをつけることによってHPを230まで底上げすることができます。 1進化の非GX・Vポケモンとして破格の耐久力になっています。 ただ、完全な耐久型デッキにするならVMAXポケモンに劣るため、使い手を選びそうな1枚ですね。 ツボツボ カード評価 5. 0点 エネルギーを大量に戻せるカードとしては現環境では重宝します。 ワザを使ってエネルギーを戻すため、テンポロスが気になります。 ただ、要求エネルギーは無色1エネルギーなので今後使われるデッキは出てきそうです。 ルチャブル カード評価 4. 5点 使えそうで使えなさそうなポケモン。 スターターセットとかで入ってそうな性能してます。 ガラルネギガナイト カード評価 8. 0点 1エネルギーで40とそこそこの火力を出すことができます。 メインウエポンの「スターアサルト」は180点と非常に高い火力が出せる代わりに、次のターンはそのまま連発することはできません。 ツインエネルギーとくろおびにより即座に高火力がだせるため、注目の集まっているポケモンです。 ガメノデス カード評価 7. 0点 ガラルカモネギと似た性能をしているポケモンです。 弱点が異なっていたり、HPや与えるダメージに違いがあります。 マリィを使うことにより「ハンドプレス」の条件を容易に満たすことができます。 ガラルカモネギと違い、ワザを連発できるのもよいポイントです。 クワガノン カード評価 7. 0点 メインウエポンの「パワフルストーム」は何ともインパクトのある性能をしています。 自分の場のエネルギーであれば、やなどの特殊エネルギーも数えるため、やり方によってはかなりの高火力が期待できます。 グッズ たっぷりバケツ カード評価 9. 0点 たっぷりバケツは山札から水エネルギーを2枚サーチできるという強力な効果を持っています。 水タイプは手札にエネルギーをため込むことで真価を発揮することが多く活躍する場面は多いと思います。 上記のようなカードは手札に水エネルギーをためることによって効果を発揮するためぜひとも合わせて使いたいカードです。 燃えるスカーフ カード評価 7. 0点 相手のポケモンをやけどにさせる効果としては今までで一番条件が緩いといっても過言ではないカード。 やけどによって効果を発揮するカードと合わせて使いたいですね。 相手依存になってしますのが少々ネックなカードですが、活躍の場は見込めそうですね。 5点 マリィのようにイラスト人気の取れそうなカードですね。 SR絵が楽しみなカードです。 効果もシンプルでいいと思います。 ヤロー カード評価 6. 0点 サンムーン環境のマーマネのような効果を持っているサポートカードです。 必要なカードは手札に保持し、トラッシュにおきたいカードを捨てつつ、ドローがしたいというデッキにはオススメです。 ミュウツー&ミュウGXでカスタムキャッチャーなどを採用する際には、博士の研究ではなくこのカードの採用も一考の余地ありですね。 スタジアム ターフスタジアム カード評価 7. 0点 毎ターン草タイプの進化ポケモンをサーチすることができるスタジアムです。 前述したゴリランダーVMAXや、「ボルテージビート」のゴリランダー、ジュプトルやメガニウムなど、草タイプの進化ポケモンは有用なポケモンが豊富です。 ポケモンカード公式のカード検索で下記の条件で検索をかけてみてください。

次の