大相撲 春 場所 結果。 2019年の相撲

白鵬、鶴竜が2敗守りV争いトップ並ぶ 春場所

大相撲 春 場所 結果

2020年3月14日(7日目) ・石浦戦に勝利した後、部屋に帰ると38. ・大阪市内の病院にてインフルエンザ結果。 ・インフルエンザの結果待ち。 特に、コロナウイルス感染の疑いがかけられているわけでも無さそうです。 (以下、2020年3月16日 追記) 体温が下がらないため、PCR検査を受けることになったようです(日刊スポーツ, 2020)。 (2020年3月17日 追記) PCR検査の結果は陰性だったとのことです。 現時点では、蜂窩織炎(ほうかしきえん)の疑いが強いとの報道がなされています。 詳しくは以下の記事を御覧ください。 千代丸たんの検査結果が出る時期について インフルエンザの検査結果であれば、3月15日中か、3月16日位には判明するでしょう。 しかし万が一、コロナウイルスが疑われた場合はどうなるのでしょうか。 によれば、コロナウイルスの検査が必要と判断された場合のPCR法による検査結果は、1日から数日程度かかるとのことです。 したがって、仮にコロナウイルスの検査が行われた場合は、 検査結果は 早くて検査実施から1日、遅くとも1週間後には判明すると思われます。 もちろん、コロナウイルスであると断定はできないので、今後も、注意深く見ていく必要があるでしょう。 (以下、2020年3月16日 追記) によると、PCR検査を受けることになったようです。 2020年3月17日にはPCR検査の検査結果が判明する見通しです。 ただし、PCR検査には偽陽性(実際には陰性でも陽性と出ること)の場合もありますし、そもそもコロナウイルスに感染していると決まったわけでもありません。 必要以上に騒ぎ立てないように、注意することが大事でしょう。 大相撲春場所の今後について 2020年3月の大相撲春場所は、コロナウイルスの感染拡大を防止するため、無観客試合となっています。 しかし、仮に大相撲協会の協会員に1人でもコロナウイルスの感染者が確認された場合は、その時点で大相撲春場所は中止となるようです。 大相撲ファンの方の中には、残念に思われる方もいるかもしれませんが、今回ばかりは致し方ないように思います。

次の

大相撲令和2年3月場所

大相撲 春 場所 結果

前頭十二枚目 石 浦 9勝6敗• 前頭十三枚目 碧 山 11勝4敗• 前頭十七枚目 大奄美 5勝10敗• 前頭十一枚目 照 強 9勝6敗• 前頭十一枚目 千代大龍 8勝7敗• 前頭十六枚目 志摩ノ海 9勝6敗• 前頭十枚目 佐田の海 6勝9敗• 前頭十四枚目 錦 木 6勝9敗• 前頭十八枚目 琴ノ若 9勝6敗• 前頭九枚目 栃ノ心 6勝9敗• 前頭十七枚目 明 生 7勝8敗• 前頭六枚目 輝 8勝7敗• 前頭六枚目 妙義龍 4勝11敗• 前頭十枚目 栃煌山 3勝12敗• 前頭五枚目 竜 電 6勝9敗• 前頭十六枚目 東 龍 5勝10敗• 前頭十四枚目 魁 聖 8勝7敗• 前頭四枚目 阿 炎 7勝8敗• 前頭四枚目 炎 鵬 6勝9敗• 前頭十二枚目 勢 8勝7敗• 前頭五枚目 阿武咲 9勝6敗• 前頭三枚目 御嶽海 10勝5敗• 前頭三枚目 豊 山 8勝7敗• 前頭十五枚目 千代丸 7勝2休6敗• 前頭七枚目 玉 鷲 6勝9敗• 前頭二枚目 徳勝龍 4勝11敗• 前頭二枚目 隠岐の海 8勝7敗• 前頭十三枚目 琴奨菊 7勝8敗• 前頭筆頭 大栄翔 8勝7敗• 前頭八枚目 霧馬山 9勝6敗• 前頭七枚目 宝富士 9勝6敗• 小結 遠 藤 7勝8敗• 小結 北勝富士 4勝11敗• 前頭八枚目 松鳳山 4勝11敗• 前頭九枚目 隆の勝 12勝3敗• 関脇 正 代 8勝7敗• 大関 貴景勝 7勝8敗• 関脇 朝乃山 11勝4敗• 横綱 白 鵬 13勝2敗• 横綱 鶴 竜 12勝3敗.

次の

大相撲令和2年3月場所

大相撲 春 場所 結果

概要 [ ] 場所当時、が日本で流行しており、感染防止のため、での開催となるなど、通常の場所と比べて厳重体制下での開催となった。 一般非公開での開催は、戦時下の(のみ招待)以来75年ぶりとなった。 通常場所との変更点• 部屋と会場との間の移動はバスや電車などの使用を避け、を含めて全員がタクシーか自家用車を利用する。 タクシー等にかかる費用は全額日本相撲協会が負担する。 なお、の運行が検討されたが、部屋の場所が関西一円に点在し、場所入り時間も異なるため断念した。 協会員は場所中朝と夜の2回検温し、37. 5度以上の場合は休場とする。 通常、休場には医師の診断書が必要になるが、今場所に限り発熱に関しては協会側の裁量で休場を認めることとする。 報道関係者にも検温を義務づけ、「検温済証」を受領する。 発熱者はコロナウイルス検査を受け、一人でも陽性反応が出た場合は、 その時点で本場所を打ち切る。 会場に一旦入場した協会員は途中の外出はできない。 また、会場入りした力士は入口に置かれた消毒液で手を拭う。 会場への差し入れ・出前はできない(部屋への差し入れは可能)。 力士・行司・呼び出し・親方衆は、土俵周辺以外の場所ではマスクを着用する。 は休業する。 役員は通常は役員室で取り組みをテレビ映像でチェックしているが、今場所は会場の2階席から直接見る。 また、通常開催時にもぎりを担当する年寄は「立会人」という業務を与えられた。 以降禁止されていた支度部屋への携帯電話の持ち込みを、連絡時以外は携帯の電源を切ることを条件に「緊急時の連絡用」として認める。 音で土俵上の力士の集中力をそがないようにするため、通路での準備運動を禁止する。 また、NHKの実況席の周囲も防音壁で覆い、話し声が土俵へ届かないようにした。 感染防止のため、は受けるが、水は口には含まない。 初日および千秋楽の「協会御挨拶」では、通常は十両取組中に理事長と以上力士が土俵に上がるが、今場所はテレビ視聴者向けとして、平時と異なる扱いとなった。 初日は、幕内力士・横綱土俵入り後に行われ、審判委員、幕内力士が土俵下に並び、1月場所優勝の徳勝龍からの賜杯返還に次ぎ、理事長が一人で土俵上に登壇、挨拶を行った。 千秋楽は、全取組終了後に行われ、審判委員、幕内力士が土俵下に並び、理事長が登壇、挨拶し、次いでそのまま優勝、三賞の表彰(外部表彰は全て辞退)を行った。 千秋楽は、土俵進行を平時よりも早め、「神送りの儀式」まで全行事をNHK中継時間内(18時以前)に収めた。 また、土俵下での優勝力士インタビューも行われず、この場所優勝の白鵬は取組後、インタビュールームで髷を結いなおしながらNHKリポーターのインタビューを受ける形をとり、そのまま表彰式へ臨んだ(平時は、優勝力士はいったん支度部屋へ戻り、全メディアの取材を受けながら髷を直す)。 時系列(すべて2020年)• 2月23日 - 番付発表• 2月25日 - 開催の是非について、執行部会合で「通常開催」「」「中止」の三つを選択肢として議論。 3月1日 - 無観客での開催を決定。 完売していた前売りチケットの払い戻しも決定。 3月7日 - (三役以上力士は今場所に限り出席せず)• 3月8日 - 初日• 3月22日 - 千秋楽 番付・星取表 [ ] 幕内 東 番付 西 備考 成績 力士名 力士名 成績 備考 幕内最高優勝 013勝2敗 012勝3敗 横綱大関 07勝8敗 場所後 大関昇進 011勝4敗 08勝7敗 04勝11敗 07勝8敗 08勝7敗 1 00勝5敗10休 08勝7敗 前頭2 04勝11敗 08勝7敗 前頭3 010勝5敗 06勝9敗 前頭4 07勝8敗 06勝9敗 前頭5 09勝6敗 殊勲賞 04勝11敗 前頭6 08勝7敗 09勝6敗 前頭7 06勝9敗 04勝11敗 前頭8 09勝6敗 敢闘賞 012勝3敗 前頭9 06勝9敗 06勝9敗 前頭10 03勝12敗 08勝7敗 前頭11 09勝6敗 09勝6敗 前頭12 08勝7敗 07勝8敗 前頭13 011勝4敗 技能賞 08勝7敗 前頭14 06勝9敗 01勝4敗10休 前頭15 07勝6敗2休 05勝10敗 前頭16 09勝6敗 07勝8敗 前頭17 05勝10敗 09勝6敗 前頭18 十両 成績 東 番付 西 成績 0 8勝7敗 1 0 6勝9敗 0 8勝7敗 十両2 010勝5敗 010勝5敗 十両3 0 4勝11敗 010勝5敗 十両4 0 5勝10敗 011勝4敗 十両5 0 8勝7敗 012勝3敗 十両6 0 4勝11敗 0 4勝11敗 十両7 0 6勝9敗 0 9勝6敗 十両8 0 9勝6敗 0 6勝9敗 十両9 0 8勝7敗 0 4勝11敗 十両10 0 6勝9敗 0 8勝7敗 十両11 0 7勝8敗 0 9勝6敗 十両12 0 5勝10敗 0 7勝8敗 十両13 0全休 0 9勝6敗 十両14 0 9勝6敗 表彰 [ ] タイトル 四股名 地位 回数 成績 部屋 出身 備考 東横綱 02場所ぶり44回目 13勝 02敗 西前頭5枚目 初受賞 09勝 06敗 東前頭9枚目 初受賞 12勝 03敗 西前頭13枚目 初受賞 11勝 04敗 優勝 東十両6枚目 初優勝 12勝 03敗 優勝 東幕下49枚目 初優勝 7戦全勝 優勝 西三段目30枚目 08場所ぶり 02回目 7戦全勝 が優勝同点。 優勝 東序二段49枚目 初優勝 7戦全勝 優勝 西序ノ口22枚目 初優勝 7戦全勝 備考 [ ]• 幕内優勝争いは、ともに休場明けの白鵬と鶴竜が千秋楽結びの一番で12勝2敗の相星決戦となり、白鵬が勝利。 自身の記録を更新する44回目の幕内最高優勝を達成した。 三賞は、10日目に白鵬に初黒星をつけた阿武咲が殊勲賞、優勝に星の差一つの12勝を挙げた隆の勝が敢闘賞、14日目まで優勝争いに加わった碧山が技能賞を受賞した(いずれも初受賞)。 朝乃山が直近3場所で32勝13敗の成績を上げ、場所後に大関昇進を果たした。 コロナウイルスへの防疫では、千代丸ら3力士が発熱により休場、隔離されたが、いずれも検査の結果は陰性で、場所打ち切りは回避された。 先場所後に大関・が引退して貴景勝が一人大関となったため、慣例により鶴竜が番付上大関を兼任、となった(横綱大関の設置は、昭和57年(1982年)1月場所の以来)。 場所後に朝乃山が大関に昇進したため、一場所限りの設置となった。 脚注 [ ] 注記 [ ]• 日本経済新聞. 2020年3月1日. 2020年3月1日閲覧。 スポーツニッポン. 2020年3月8日. 2020年3月9日閲覧。 サンケイスポーツ. 2020年3月8日. 2020年3月9日閲覧。 サンケイスポーツ. 2020年3月6日. 2020年3月7日閲覧。 日刊スポーツ 2020年3月19日9時30分(2020年3月19日閲覧)• 産経新聞. 2020年3月8日. 2020年3月9日閲覧。 共同通信. 2020年2月25日. 2020年3月1日閲覧。 2020年3月1日. NHKニュース. 2020年3月9日閲覧。 日本相撲協会公式サイト 2020年3月1日. 2020年3月1日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月1日. 2020年3月1日閲覧。 読売新聞. 2020年2月24日. 2020年3月1日閲覧。

次の