ブラッド ハウンド の 試練。 『Apex Legends』の新イベントがスタート!G7弱体化やライフラインの新パッシブなどを実装するパッチも配信

【Apex Legends】ブラッドハウンドイベントの開催日とスキン【古の理】|ゲームエイト

ブラッド ハウンド の 試練

皆さん、こんにちは。 今日は私SaladGuy-RSPNが、4月7日~4月21日に開催されるサイドストーリーイベント、古の理の概要をお伝えしましょう。 ただしその前に、まずは嬉しいニュースから。 4月7日から、「エーペックスレジェンズ」ではトリオモードに加えてデュオモードが登場します。 さらに、マップをいつでもローテーションできるようになり、キングスキャニオンとワールズエッジの双方で、デュオとトリオのプレイを楽しむことができます。 また、4月7日にはデュオモードとキングスキャニオンのマップ以外にも、最新の期間限定イベント「古の理」が開催され、次の注目コンテンツが登場します。 新改変マップ - ブラッドハウンドの試練• 限定イベント報酬トラック• 直接購入ショップ• イベント限定新装飾アイテム• その大半は区域北西部の巣に生息していたのですが、そこでブラッドハウンドが一策を講じることに。 それは人間をプロウラーと戦わせ、生態系を維持するというものでした。 ブラッドハウンドの試練に挑み、仲間とともにプロウラーの大群と戦って、報酬のハイティアアイテムを手に入れましょう。 ただし、この戦いでもっとも危険な存在、物資の獲得を狙う他のレジェンドには注意を払いましょう。 戦況が落ち着けば、必ず囲い地を探索しましょう。 特に、仲間に狩人が居るときは要注目です。 「古の理」限定イベント報酬トラック 最新イベントの一環として、デイリーチャレンジをクリアすれば、アウトランズの物語がおくる最新ショートムービー「古の理」がモチーフの限定装飾アイテムを手に入れることができます。 大晩餐会で導入され、システムオーバーライドでも継続して採用された報酬トラックシステムには多くの方から好評をいただいきました。 「古の理」では最新報酬トラックで次の報酬を用意しています。 イベントの開催を記念して、アウトランズの物語シリーズ最新作 「古の理」で、狩りにのぞむ若き日のブラッドハウンドをぜひご覧ください。 機械を恐れるようになったある村落で、1人の子供が最後の通過儀礼で狩りに送り出されました。 しかし、その子は怪物という脅威と直面し、長者たちの教えを捨てるべきか否か決断を迫られます。 ブラッドハウンドの試練での足跡をたどり、レジェンド誕生の物語をご覧ください。 -SaladGuy-RSPN 本告知はコミュニティーからのフィードバックと、ライブサービスとコンテンツの開発・進展に伴い変更される可能性があります。 開発チームでは、コミュニティーへの最大限の情報発信に努めています。 「エーペックスレジェンズ」の公式アカウントをとでフォローしよう。 さらにを登録して、も要チェック。 今すぐに登録して、「エーペックスレジェンズ」の最新ニュース、アップデート、開発舞台裏コンテンツ、限定オファーなど(EAニュース、製品、イベント、プロモーションを含む)をメールで受け取ろう。 インターネットの常時接続環境とEAアカウントが必要です。 年齢制限が適用されます。 ゲーム内購入が含まれます。

次の

【Apex】ブラッドハウンドの本名や性別、国籍、ストーリーまとめ!【レジェンド】

ブラッド ハウンド の 試練

ApexLegends公式サイトより サイドストーリーイベント、古の理でブラッドハウンドの足跡をたどれ 日本時間4月8日から、「エーペックスレジェンズ」ではトリオモードに加えて デュオモードが登場します。 さらに、マップをいつでもローテーションできるようになり、キングスキャニオンとワールズエッジの双方で、 デュオとトリオのプレイを楽しむことができます。 また、4月8日にはデュオモードとキングスキャニオンのマップ以外にも、 最新の期間限定イベント「古の理」が開催され、次の注目コンテンツが登場します。 ・新改変マップーブラッドハンドの試練 ・限定イベント報酬トラック ・直接購入ショップ ・イベント限定新装飾アイテム ・レジェンダリーハント仕様スキン(再登場) 新改変マップーブラッドハウンドの試練 Apexゲームがワールズエッジで開催されると、一帯からはさまざまな大型捕食獣が姿を消し、プロウラーの個体数が白髪的な増加を遂げました。 その大半は区域北西部の巣に生息していたのですが、そこでブラッドハウンドが一策を講じることに。 それは人間をプロウラーと戦わせ、生態系を維持するというものでした。 ブラッドハウンドの試練に挑み、仲間とともにプロウラーの大群と戦って、 報酬のハイティアアイテムを手に入れましょう。 ただし、この戦いでもっとも危険な存在、物資の獲得を狙う他のレジェンドには注意を払いましょう。 戦況が落ち着けば、必ず囲い地を探索しましょう。 特に、 仲間に狩人が居るときは要注目です。 「古の理」限定イベント報酬トラック 最新イベントの一環として、デイリーチャレンジをクリアすれば、アウトランズの物語がおくる最新ショートムービー「古の理」がモチーフの限定装飾アイテムを手に入れることができます。 大晩餐会で導入され、システムオーバーライドでも継続して採用された報酬トラックシステムには多くの方から好評をいただきました。 「古の理」では最新報酬トラックで次の報酬を用意しています。 限定イベント報酬トラック(英語) システムオーバーライドと同じく、 1日のチャレンジでは最大 1000ポイントを獲得でき、チャレンジは日替わりで更新されます。 また、バトルパスチャレンジも並行してクリアすることができます。 直接購入ショップ 昨年9月のヴォイドウォーカーイベントでレイス用スキンが登場したのと同様に、ショートムービー「古の理」と同じデザインの新しい限定スキンが入荷します。 同短編のデザインとテーマをモデルにした、多彩な レジェンダリースキンと レアスキンも登場予定です。 これらのアイテムの詳しい投入スケジュールは、次の通りです。 全8種の レジェンダリーハント仕様スキンに加えて、バトルパス所有者の限定コンテンツだったレイス・R-301向けスキン2種の色違い版が購入できるようになります。 これらのスキンは今までと同じく、特別な機会しか手に入らないイベント限定アイテムとして提供されます。 機械を恐れるようになったある村落で、1人の子供が最後の通過儀礼で狩りに送り出されました。 しかし、その子は怪物という驚異と直面し、長者たちの教えを捨てるべきか否か決断を迫られます。 ブラッドハウンドの試練での足跡をたどり、レジェンド誕生の物語をご覧ください。 デュオモードの復活• キングスキャニオンの常設• ブラッドハウンド改変マップの実装• 限定イベント報酬トラック• レジェンダリーハント仕様スキンの再登場 人数が足りない場合でもデュオモードでApexをプレイできることは、かなりいいのではないのでしょうか? また、新スキンの登場や改変マップも楽しみです! 関連する記事•

次の

「Apex Legends」サイドストーリーイベント「古の理」が4月8日より開催!イベントの紹介トレーラーが公開

ブラッド ハウンド の 試練

パッチの注目点を箇条書きにすると以下の通り。 バグ修正やバランス調整の内容などについてはもチェックしてほしい。 デュオモードの常設とマップローテーションの導入 ワールズエッジ、キングスキャニオン(シーズン2)、闇夜のキングスキャニオンが一定期間ごとにローテーションで遊べるようになる。 ランクマッチは現行シリーズのマップとなる(現在はキングスキャニオン)• マップの改変 ワールズエッジの北西部にエリア「ブラッドハウンドの試練」が登場。 試練に挑んでプロウラー(モンスター)の大群と戦い、アイテムを獲得できる• 武器のバランス調整 G7スカウトがダメージ倍率が減るなどの弱体化、L-スターは調整、クレーバーはヘッドショットで一撃になる強化がされた• スナイパーアモの調整 1回で入手できる弾数と最大携行弾数が減少• パッシブ「小柄」の調整 小柄属性のレジェンド(レイスなど)の手足に攻撃が命中すると、ボディショット同様のダメージを与えるように変更• レヴナント大幅強化 戦術アビリティ「サイレンス」の有効時間が延長されるなど大幅強化。 「デストーテム」発動時の体力は1から50に(デストーテム起動時に50以下の場合)。 また、小柄属性が削除された• ライフライン強化 新パッシブが追加。 通常のサプライボックスがランダムに青いサプライボックスに置き換わり、追加アイテムを発見できる• レイスの調整 ディメンションリフトで作れるポータルの両端がサークル外にあると、4秒後にポータルが消えるように変更• 進化アーマー強化 進化に必要なダメージ量が減少• キングスキャニオンの調整 マップに出現する戦利品アイテムの合計数が増加 ライフラインの新パッシブで発見可能な青いサプライボックス。 画像はより。 武器のバランス調整ではG7スカウトの調整が一番大きくゲームに影響しそうだ。 G7スカウトは当初はスナイパーライフル扱いだったが、でアサルトライフル扱いへと変更されていた。 入手しやすいライトアモが使えるなど、G7スカウトは中距離戦で非常に強い武器になっていた。 そのため、弱体化が入ったものだと思われる。 レジェンドのバランス調整では、弱い弱いと言われていた新レジェンドのレヴナントが大幅強化となった。 小柄属性(当たり判定は小さいが、被ダメージが増えるパッシブ)の調整は痛いが、ライフラインがこれまでになかった新パッシブを獲得しているのも興味深い。 最近ではレイス、パスファインダー、ジブラルタル、ワットソンぐらいしか使われない環境になっていたが、これが変化していくかどうか注目していきたい。

次の