スラムダンク その後。 SLAM DUNK

スラムダンクその後が読める「Kの部屋」!その真相について徹底解説!

スラムダンク その後

スポンサードリンク 男子バスケットボール世界選手権大会第2戦 2クオーター開始 日本 17 オーストラリア 29 1クオーターは12点差をつけてオーストラリアがリード。 日本からの攻撃で始まる。 仙道「さぁ、一本いこうか」 スラムダンクその後の続き(27)全日本ジュニアVSオーストラリア戦 2クオーター突入 スポンサードリンク — ベンチで観戦する湘北メンバー。 宮城「なんだろうな、やっぱりアイツがボールを運ぶと安心感が生まれるな」 桜木、ニヤリ。 「まー、リョーチンはギャーギャーうるせえからな。 ケッケッケッ。 」 宮城「・・・お前にだけは言われたくねーよ」 桜木「けど、俺はリョーチンの熱い感じ、好きだぜ。 」 宮城、照れる。 「お、お、お前に入れても嬉しくねーよ!」 赤木、三井、小暮〈・・・すげぇ嬉しそうだぞ。 〉 仙道、敵陣までボールを運ぶ。 「さー、流川か沢北か!」 「このトライアングル、テンション上がるぜ!!!」 仙道が選んだのは・・・ ビッ! 流川!!! 「おー、来た来た流川!!!」 「お前を待ってたぞ!!!」 「キャー!!!ルカワ君、カッコイイ!!!」 三井も驚く。 「この歓声は流石にすげえな。 」 桜木と少し離れたスタンドにいる海南・清田が口を揃えてこういった。 「非常に気に食わん」 流川のマッチアップは1クオーター、沢北を抑えていたロン・ベインズ。 ロン・ベインズ『さぁ、かかってこいよ!』 〈コイツは非常に攻撃力があるのは知っている〉 〈まずは突破してくるだろう〉 オーストラリア監督も同じ考えだ。 「15番(流川)で2クオーターは仕掛けてくるだろう」 ビッ! ロン・ベインズ〈?!〉 ボールはセンターで構える森重へ。 流川「ヘイ!」 森重、流川を観る! ビッ! 森重はノールックパスを選択!!! 仙道に渡る。 「ナイスパスだ森重!」 仙道、シュートフォームに入る! ザッ!!! パド・ミルズがブロックに飛ぶ! 『させるか!』 ビッ!!! 仙道、空中でボールを持ち替え河田へパス。 〈次は、アイツが自分で攻めてくるだろう〉 ザシュ!!! オーストラリアの攻撃。 Cのエンド・ボーガットがゴール下でレイアップを決めた。 〈14番はフェイントに弱い。 〉 〈とにかく徹底的に弱点をついてやるんだ。 〉 仙道「ある程度、点を獲られることは想定済だ。 」 「まずは攻撃を決める流れを作ろう」 河田「オウ、その通りだワイ」 〈・・・しかし、コイツのキャプテンシーの高さも素晴らしいな。 〉 沢北「仙道、いつでも俺にボール回せよ」 仙道「OK」 続いて日本の攻撃。 ビッ! 流川へボールを回す。 「流川、いったれー!!!」 「お前のゴールをみたいんだよ!!!」 流川〈・・・俺もゴールを決めたいんだよ!!!〉 ビッ!!! またしてもゴール下の森重へ。 「またパスだ!」 安西「ホッホッホ、これは良い戦略ですね。 」 赤木「流川をパサーとして起用する作戦のようですね。 」 安西「赤木君、その通りです。 」 「そうすることで、彼の攻撃力がこれから何倍にも上がることになる」 堂本〈・・・流川。 チームの為に働くんだ。 その動きが結果的にお前を成長させることになる〉 ビッ!!! 森重がゴール下から沢北へ。 〈このメンバーが出てくることは予測していたが、こんなにパスを回してくるとは思っていなかったぞ〉 沢北、ドリブルで切り込む!!! 一人かわし、逆サイドへ。 ボールを受けたのは仙道!!! ザシュ!!! ミドルシュートを決める! 「パス回しが上手く回っているぞ!!!」 オーストラリア監督は日本のパス回しを予想していなかった。 このようなデータがなかったからだ。 仙道、ニコリ。 「さぁ、ここから反撃だ」 スポンサードリンク.

次の

スラムダンク最終回その後の黒板内容は?桜木花道はリハビリから復帰する?

スラムダンク その後

この記事はスラムダンク最終回その後の黒板内容は?桜木花道はリハビリから復帰する?と題してお送りしていきます。 スラムダンクは1990年~1996年に少年ジャンプで連載されたスポーツ漫画で、不良である桜木花道がバスケットマンとして目覚め、成長していく物語です。 魅力たっぷりなキャラクター、数多くの名言、友情と青春がつまった最高の作品でした。 最終回では湘北高校が敗北してしまう結末だったため、賛否両論がありましたが、個人的には素晴らしい終わり方だったんではないかと思っています。 そんなスラムダンクですが、最終回のその後のストーリーを井上先生が黒板に描くというイベントが行われたのを知っていますか? 黒板に描かれた内容がどんなものだったのか気になりますよね。 このイベントはスラムダンクが1億冊を突破した記念として行われ、2004年12月3日~5日の3日限定で開催。 黒板で描かれた内容は「あれから10日後」というタイトルになっていて雑誌「Switch」の2005年2月号で読むことができました。 さっそく「あれから10日後」のストーリーのネタバレを紹介していきます。 リハビリ王となった桜木花道 桜木が晴子さんへ、キタナイ字で手紙を送ります。 その手紙には、天才桜木はすでにリハビリ王としてリハビリ界に君臨しているという内容が書かれていました。 それをみた晴子さんは笑顔で、桜木が戻ってくるのを心待ちにしています。 後悔する三井 一方、湘北の1年生達はレギュラーの座を掴むために朝5時半からランニングして体育館へと向かっていました。 体育館では打倒海南を近いシュート練習する三井の姿が。 赤木と違い、学力が低い三井は冬の選抜で活躍し、大学の推薦を勝ち取るつもりのようです。 陵南戦のようにここでも「あんな無駄な時間を・・」と言い、バスケだけでなく勉強してこなかったことについても後悔しています。 相変わらずのメンへラ炸裂です(笑) よそよそしい安西先生と彩子さん 午前6時ごろ安西先生と彩子さんはランニングをしています。 2人はばったりと会うと、安西先生が「すこ~しダイエットを」と話し、綾子さんは「私もすこ~しですけど、ほんの少し」と言います。 その後、2人は会わなかったということにして、別々に走り出していきました。 ランニングしてることがバレただけで、そんな気まずくならなくてもとツッコミたくなりました。 英語を聞く流川 流川は朝練を終えると、チャリをこきながら学校へと向かっています。 耳にはイヤホンをつけていて、簡単な英語の話言葉を聞いています。 アメリカ留学を目指しているようですね。 バスケがしたくて震える赤木 学校の授業を受けている赤木と小暮。 赤木は授業に集中できず、バスケがしたくて震えています。 授業が終わると、バスケ部を観にいこうと小暮が誘いますが、赤木はそれを断ります。 小暮の誘いを断った赤木でしたが、観に行きたい気持ちを抑えられず、またしても震えてしまいます。 西野カナ状態ですね(笑) キャプテンについて勉強する宮城 宮城は授業をサボり屋上で本を読んでいます。 本は「鬼にならなければ部下はついてこない」「リーダの条件」「リーダーシップ」の3冊がありました。 どうやら鬼キャプテンを目指していくようです。 イメチェンをはかる翔陽 冬の選抜を目指す翔陽では、花形が眼鏡を変え、長谷川は坊主に、長野と高野は眉毛を細くしています。 唯一の2年生メンバーである伊藤はみんなが変わってしまってことにテンパっていましたが、そこに髭を生やした藤間が登場! 伊藤はそんな藤間にショックを受けて泣きながら走り去ってしまいます。 翔陽のパートは完全にギャグ路線になっていて、みんなの顔が別人に仕上がっていました。 部活に顔を出す魚住 引退したものの魚住は後輩達が気になり、部活に顔をだしますが、後輩達はいやそうな感じです。 魚住の嫌な予感が当たり、新キャプテンの仙道がいませんでした。 仙道は海で釣りをしていましたが、魚住にみつかり、激怒されてしまいます。 一方、陵南の部員達にはキャプテン交代の噂が広がっており、福田と越野が火花を散らしていました。 彦一はそんな陵南の状況に嘆いています。 仙道のゆるさは相変わらずのようですね。 彦一の姉が海南を取材 海南の強さの秘密を探るため、彦一の姉は取材に出かけます。 海でサーフィンをしている牧をみて、牧の黒さの秘密をつかみました。 続いて犬と互角に走る清田をみて、このスピードが海南の強さの秘密だとつかみかけましたが、清田がこけて犬が走り去ってしまいます。 最後に黙々と走る神の姿をみて、神こそ海南の強さの象徴だと感じたようです。 田岡VS高頭 田岡と高頭は2人で神奈川の国体チームについて話あっています。 いつもは海南の単独チームのようですが、今年は混合チームで挑みたいとのこと。 海南・湘北・陵南・翔陽から2人、3人ずつ出したいなと妄想をふくらましていましたが、どちらが監督をやるかでヒートアップしています。 山王工業のその後 深津が落ち込んでいるようだったので、野辺が湘北戦はもう終わったことだと励まします。 しかし落ち込んでいたわけではなく、語尾の「ぴょん」に飽きていただけでした。 語尾は「ぴにょん」になりました。 バスケについては誰よりも尊敬してると心に思う野辺。 河田は山王に入って試合に負けたのは初だと、弟のみきおに話しています。 冬の選抜には澤北がいないため、みきおをこれから徹底的に鍛えるようです。 澤北はというと、アメリカへの飛行機の中で英語を勉強していました。 しかし英語がわからずにワインを注文して、酔っ払ってしまいます。 何かをみつけようとする桜木軍団 桜木の試合がないため、暇をもてあましている桜木軍団。 4人とも桜木のように熱中できる何かを探している様子。 晴子さんの手紙を読む桜木 桜木は海岸で晴子さんからの手紙を読んでいます。 手紙には湘北メンバーの近況とリハビリ王からリバウンド王に早く戻って欲しいという想いが書かれていました。 そこへ担当医の先生がやってきて、日本人で初めてNBAプレーヤーが誕生したことを聞かされます。 それに対し桜木は「次に行くのは俺だ」と言います。 すると先生に「行けるの?」と言われますが、最後に桜木は「天才ですから」と返します。 この話に出てくるNBAプレーヤーは時期的にも間違いなく田伏選手ですね。 最終回のその後に対する感想は? え?スラムダンクトレンド入りかよ! あれから10日後 アニメはIH予選で陵南倒してIH行き決めて、湘北VS神奈川選抜? 海南抜き やって終わったと思ったから、IHとあれから10日後をアニメ化してほしい。 — OGUROCK OGUROCK なぜオレはあんなムダな時間・・・・・・ by三井寿 スラムダンク10日後でも同じような事を言っています。 ミッチーは一生後悔するでしょうね。 物語の最後の所で、花道と先生にちょー話しかけたい! 「もっとスゲー未来が待ってるよー!」 — 蓬莱大介 daisukehourai スラムダンクの10日後のストーリーめっちゃ好き、特にこのセリフ — IKKI IKKIneptune まとめ 自宅のガレージ整理してたら大切な本が出てきました。 Ryoma127 今回はスラムダンク最終回その後の黒板内容は?桜木花道はリハビリから復帰する?と題してお送りしてきました。 スラムダンク最終回のその後のストーリーは井上先生によって黒板に描かれ、主要キャラクターの10日後を少しだけ楽しむことができました。 終わり方が最高の漫画だったので、続編はなくてもいいと思っていましたが、10日後を読むとさらにその先が知りたくなっちゃいますよね。 やっぱり桜木と名朋工業の森重寛の対決がどうしても観たいです。 をスラムダンク最終回その後の黒板内容は?桜木花道はリハビリから復帰する?最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【漫画】スラムダンクの最終回ネタバレと10日後の物語やその後を紹介

スラムダンク その後

スラムダンクの最終回の内容 【(C)井上雄彦】 スラムダンクファンの方なら知っている方も多いかと思いますが、スラムダンクは「アニメ(TV)版」「漫画版」とで最終回の内容が異なります。 というのも、アニメ(TV)版では『湘北高校がインターハイに出場するまで』、漫画版では『湘北高校がインターハイ出場を決めてからその後まで』が内容となっているからです。 そこで、スラムダンクのアニメ(TV)版・漫画版のそれぞれ最終回の内容についてご紹介します。 アニメ(TV)版スラムダンクの最終回 アニメ(TV)版スラムダンクでは、『湘北高校がインターハイに出場するまで』の内容となっています。 インターハイ予選・神奈川県大会の予選を勝ち進んだ湘北高校は、インターハイ出場(2枠)をかけて決勝リーグへと進みます。 湘北高校は海南大付属高校を相手に善戦するも、88対90のスコアで惜敗してしまいます。 その後、2回戦の武里戦を勝利し、決勝リーグ最終戦で陵南高校と激突。 終了間際の木暮(メガネ君)の3ポイントシュートや桜木花道のダンクシュートなどの得点により、70対66のスコアで勝利し見事インターハイ出場を決めます。 インターハイ出場を決めた湘北高校は、その後インターハイ本戦に向けて新潟代表の常誠高校や翔陽・陵南の混合チームとの練習試合などでチーム力を強化。 アニメ(TV)版スラムダンクの最終回は、この翔陽・陵南の混合チームとの練習試合で勝利しインターハイが開催される広島へ湘北メンバーが出発するところまでが内容となっています。 漫画版スラムダンクの最終回 アニメ(TV)版スラムダンクでは、インターハイ出場を決めた湘北高校が広島へ出発するところでストーリが終わってしまいますが、漫画版ではそのインターハイ本戦までが内容に含まれています。 初めてのインターハイ本戦を迎えた湘北高校。 1回戦では大阪代表の豊玉高校と戦います。 インターハイ2回戦の相手はインターハイ3連覇中の強豪・山王工業高校(秋田県代表)。 エース沢北などの活躍に翻弄され、20点以上もビハインドを負ってしまう湘北高校。 しかし、三井の連続3ポイントの活躍などもあり77-78の1点差まで縮めます。 そして、終了1秒前に流川からのパスを受け取った花道がシュートを決め逆転に成功!王者・山王工業高校を相手に湘北高校は奇跡的な逆転勝利を収めます。 山王工業高校に勝利し3回戦目で愛和学院との試合に挑んだ湘北高校ですが、山王工業高校の死闘により余力が残っていなかった湘北高校はボロ負けしてしまいインターハイ終了となりました。 漫画版スラムダンクの最終回では、インターハイが終了してから登場人物達のその後についてまでがストーリー内容となっています。 スラムダンクの最終回:対山王工業戦を振り返る! 【出典:】 漫画版スラムダンクの最終回では、『山王工業高校を相手に湘北高校が逆転勝利』というのが主な内容となっています。 スラムダンクには数々の名シーン・名ストーリーがありますが、その中でも対山王工業戦のストーリーが一番思い出深いという方も多いのではないでしょうか。 ここでは漫画版スラムダンクの最終回での対山王工業戦について振り返ってみましょう! インターハイ2回戦で湘北高校が山王工業に挑む インターハイ初出場を決め、1回戦の豊玉高校に勝利した湘北高校。 続く第2回戦で、インターハイ3連覇中の山王工業高校と激突します。 前年度のインターハイでは、神奈川県王者の海南大付属を30点差で下した山王工業。 インターハイ予選で88対90と海南大付属を追い込んだ湘北ですが、実績だけを見れば山王工業の方が圧倒的な実力と思われていました。 山王工業を相手に20点以上のビハインドを負う湘北高校 試合序盤は、湘北高校が山王工業を相手に互角のゲーム展開を演じます。 しかし、キャプテンの深津を中心として、エースの沢北やセンターの河田などの攻守に徐々に押されていく湘北高校。 そして、試合中盤から後半にかけて湘北高校は山王工業に20点以上のビハインドを負ってしまいます。 徐々に点差を縮める湘北高校…その時… 一時は山王工業に20点以上のビハインドを負ってしまった湘北高校。 後半が始まると湘北メンバーも徐々に巻き返しを図りビハインドを縮めていきます。 試合終了が刻一刻と近づき、少しでも早く攻撃につなげたい湘北メンバーでしたが、その時アクシデントが起こります。 宮城が持っていたボールを弾かれラインをボールが越えそうになった時、三井を追い越して桜木花道が必死にそのボールを追いかけます。 すると、桜木花道は勢い余ってそのまま審判員の席に激突し背中を強打。 一時は試合続行は不可能と思われましたが、桜木花道は怪我の痛みを押して試合に戻ります。 ラスト1秒で桜木花道が逆転ゴールを決める 山王工業を相手に数点差まで縮めた湘北高校。 しかし、タイムアップまで数秒となっていました。 77対78と1点差までビハインドを縮めた湘北高校は、ラスト5秒で赤木(ゴリ)が相手ボールをカットしてマイボールにします。 すると、前線にいた流川がボールを呼び込みシュートモーションに入りますが、山王工業のディフェンスにシュートコースを阻まれます。 その時、流川の視線に桜木花道の姿が入ります。 流川と桜木花道は犬猿の仲でパス交換などすることがありませんが、流川は勝利のためにフリーの桜木花道にパスを供給。 流川から受け取った桜木花道がラスト1秒でシュートを決め、79-78で王者・山王工業を相手に奇跡的な逆転勝利をおさめました。 スラムダンクの最終回・対山王工業戦で、試合終了ラスト1秒のところで流川楓が桜木花道にパスを供給し、その桜木花道がシュートを決めることで湘北高校が79-78の奇跡的逆転勝利をおさめます。 スラムダンクのストーリー内では桜木花道と流川楓は犬猿の仲の間柄として描かれており、これは最終回を迎えるまで変わりません。 ですので、練習中はもちろん試合中においても2人がパス交換をしたり連携プレイをみせるシーンはほとんどないのです。 それだけに、スラムダンクを最初から観ていた方であれば、最終回で桜木花道と流川楓のハイタッチシーンがとても印象深く記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。 スラムダンクの最終回では、2回戦の山王工業戦に勝利した湘北高校が3回戦の愛和学院にボロ負けし(愛和学院戦は負けたという事実だけ伝えられています)、インターハイを終えた登場人物達のその後を伝えて完結となります。 そこで、スラムダンク最終回で伝えられている登場人物達のその後についてご紹介します。 桜木花道のその後 対山王工業戦で背中を負傷した桜木花道。 山王工業戦では試合終了までコートに立ち続けましたが、実はその怪我はかなり重傷のものでした。 インターハイ終了後は、神奈川へ戻りリハビリ生活をしています。 流川楓のその後 インターハイで1年生ながら大活躍を魅せた流川楓。 高校バスケ界で注目される存在となった流川楓は、インターハイ後に全日本高校選抜に選ばれます。 スラムダンクの最終回では、浜辺に座っているリハビリ中の桜木花道に「JAPAN」のユニフォームを流川楓が見せびらかすシーンがあります。 赤木剛憲のその後 高校3年の赤木剛憲はインターハイ終了後に木暮とともにバスケ部を引退し、大学進学のために受験に励みます。 インターハイ前に深体大の監督からスカウト話をもらっていましたが、条件であったベスト8をクリアできなかったために破談となってしまいました。 宮城リョータのその後 インターハイ終了後、宮城リョータは赤木剛憲からキャプテンを引き継ぎます。 三井寿のその後 インターハイが終わり3年の赤木や木暮はバスケ部を引退しましたが、三井は冬の選抜大会までバスケ部に残ります。 スラムダンク最終回の10日後を描いた「あれからの湘北高校」 【出典:】 実は、スラムダンクには最終回の10日後を描いた「あれからの10日後」という作品があります。 これはアニメ化や漫画化はされておらず、スラムダンクの作者・井上雄彦さんが廃校になる校舎の黒板に最終回から10日後の登場人物達の様子を描いた作品となっています。 スラムダンクの関連記事.

次の