モニター ヘッドフォン。 SONY ( ソニー ) >MDR

個人用途のDTMに最適!おすすめのモニターヘッドホンを紹介!

モニター ヘッドフォン

A ベストアンサー HDMI接続すると、大抵音声は他から出力されなくなるので、出力側で対処する必要があります。 Wii U も例に漏れず、HDMIと平行して出力はできないようですね。 atwiki. acer. pdf しかしながら、ヘッドフォン出力、どこかにありませんか? あれば、安めのPC用スピーカーを繋げるだけで、普通に聞けるレベルになるとおもわれます。 あとは、HDMI信号から音声を分離できる装置を間に挟むことでしょう。 ホームシアターシステムもその一種となりますが、他のもの(単に分離するだけのもの)もあるようですので、「HDMI 音声 分離」などで検索してみてください。 HDMI接続すると、大抵音声は他から出力されなくなるので、出力側で対処する必要があります。 Wii U も例に漏れず、HDMIと平行して出力はできないようですね。 atwiki. acer. pdf しかしながら、ヘッドフォン出力、どこかにありませんか? あれば、安めのPC用スピーカーを繋げるだけで、普通に聞け... A ベストアンサー VGA端子は映像のみを出力しますので、別途、音声端子に オーディオケーブル コード を使用して双方を接続する必要が あります。 PCとモニターとの配置によりコードの長さ異なりますが、 「ステレオミニプラグ付きのオーディオコード」 を購入します。 通常の場合、このコードを双方の周辺部が薄緑色になっている ジャック 穴 にプラグ部分を挿入して接続します。 下のURLをクリックして3段目のコードの形状等を参考にして下さい。 jvckenwood. asp? ただし、液晶モニターでもWindows-XP時代の古いPC用のモニター ですと、HDMIケーブル コード で接続しても、音声がモニターから 出ない場合もあります。 この場合は上記のオーディオコードを追加して接続します。 VGA端子は映像のみを出力しますので、別途、音声端子に オーディオケーブル コード を使用して双方を接続する必要が あります。 PCとモニターとの配置によりコードの長さ異なりますが、 「ステレオミニプラグ付きのオーディオコード」 を購入します。 通常の場合、このコードを双方の周辺部が薄緑色になっている ジャック 穴 にプラグ部分を挿入して接続します。 下のURLをクリックして3段目のコードの形状等を参考にして下さい。 jvckenwood... Q こんにちは 昨日、1万5千円程の ベンキュー BenQ 21. 5型 LCDワイドモニタ G2220HDというのをPS3用に購入しました。 それでスピーカーが内臓されてなく、スピーカーを差し込む端子も見つかりません。 それで画面は綺麗に映るのですが、 HDMIからDVIに変換すると音声を出力できなくなるそうで・・・ というかスピーカーが内蔵されてないから;; 購入前にステレオミニジャック端子のスピーカーを買ってしまいました; 差し込むとしたらD-Subしか在りません・・・・。 そこで、、ステレオミニジャック端子など音声出力端子をD-Subに変換するものってありますでしょうか? 本当に困ってます。 今思えばちゃんと端子の付いているものを買えば良かったと後悔してます。 PC用とは知らなかったので・・・。 音質などは別にいいので他にいい方法などがあったら教えてくださいっ!! 他にもAVアンプ経由として、5. 1chや7. 1chの環境も行えますね。 パソコンの場合も、オーディオとビジュアルが有るので,AV機器としての活用も可能ですが、テレビとは違ってパソコンの場合は日本では存在しないテレビ放送規格の表示も行える為、本来はAV規格とは違う接続の方が従来からのPC環境を継承していると言えます。 まぁ、通常の利用では、おおむねどちらでも大丈夫のはずです。 なお、モニターの電源と画面サイズの関係は、おそらくモニターが電源投入時に一旦表示させるサイズ設定等が今までと違うだけでしょうから、そう言う物だと思った方が良いでしょう。 最近は、電源オフではなくて、バックライト消灯や表示駆動回路の停止などでエコモードとか省電力モードなどで機能設定を保持する機器も多く成っていますね。 Q ゲームとPCをPCモニタで使いたいのですがその際に切り替えって出来るんですか? PC本体からはDVI、ゲーム機(XBOX360)はHDMIなのですが、どちらのケーブルも繋げたまま切り替えって出来ますか? モニタはこれです。 DVIとHDMIが使えます。 無理なときはTVを買うことになるんですがスペースがなくて・・出来ればモニタい台で出来ないですか? 回答お願いします Q パソコンでイヤホンを接続すると、今まではイヤホンからのみ音が出るようになったのですが 今はなぜかモニターのスピーカーからも同時に音が出ます。 解決方法を教えてください。 いくつか気付いたことを書きますと、 ・イヤホンを接続すると「オーディオ機器が接続されました」とタスクバーに出る ・タスクバーのサウンドアイコンを右クリックして「再生デバイス」を選んでみると そこの欄にイヤホンが載っていない。 」となっていました。

次の

ディスプレイからでる音をヘッドホンで聴きたい

モニター ヘッドフォン

私は Independent の CD を数枚持っているのですが、1 枚には今まで聴いたことのない Noise が入っています。 Independent CD というのは Record 会社 Label のものではなく、個人で制作する CD で、私も友人の Musician が CD を自主制作した際に録音を担当し、CD Press 会社に Master Tape を送った経験が数度あります。 今まで聴いたことのない Noise が入っている CD は Berlin の Concert Hall で録音されたものなのですが、曲の 2 分 51 秒目から 13 秒間と 3 分 11 秒目から 9 秒間といったように不定期な間隔で、ほぼ一定の時間、非常に低い周波数での揺れのような Noise とチャラチャラというような非常に小さな Noise が混入するものでした。 恐らく、外部環境の変動を Microphone が拾ってしまうのか、その変動が電気的な Noise として録音機器系の何処かに異常を生じているのだろうと思い、感想 Mail にその旨を書いて Producer である友人に送ったところ、録音している最中は気付かなかったのだけれど、Post Production 処理時に気付いた録音技師が蒼くなっていたとの返事がきました。 録音中に録音技師が被っていた Headphone でも、友人の Headphone でも始めは気が付かなかったのだそうですが、Post Production 時に細かい音まで Check していた際に発覚したようです。 ……で、原因なのですが、Concert Hall の地下に地下鉄が走っており、地下深くを地下鉄が通過する 10 秒前後の間だけ、チリチリとかチャラチャラという感じの非常に小さな Noise が混入し、極低域の揺れも生じてしまう、不思議な環境だったようです。 この異様な音を私は初め、MDR CD900ST で気付き、MDR7506 でも確認しているのですが、Tranceiver 用に使っている¥100 Shop で購入した Earphone では聴き取れません 笑。 Listening 用というものは、この手の「嫌な」音に気付かせることなく、素晴らしい曲を素晴らしい音で聴かせてくれるものであろうと思います。 一方 Monitor 用というものは、この手の「あって欲しくない」音にいち早く気付かせてくれて、Rehearsal のうちに対処することで録音の失敗を回避させてくれるものであろうと思います。 ……私もデンスケ担いで録音しまくっていた頃は風切り音や空調 Noise などを聴き取って Mic' Setting を調整していましたから……。 他の Independent CD も、Noise ではないのですが、楽器の音色や残響音から、録音 Studio 環境、Microphone の選定、Mic' Setting の仕方が他の Major Label CD とは大きく異なるものであることが判って面白いですね。 ……¥100 Shop DAISO の¥300 CD は中国製でもちゃんと日本の監修で作られているせいか、少なくとも私が買った数枚ではそんなことはないのですが……。 Major な音楽 Label の CD は数多くの CD を手がけている Pro' 達が入念に準備した最高の環境で録音し、それを最高の機材を用い、細心の注意を払って調整して作られているものですので、粗探しをしようにも粗など皆無なのですが、Independent の CD ならばこうした粗がちょくちょくありますので、生録経験の豊富な人であれば Monitor 用 Headphone と Listening 用 Headphone とでの違いが判るだろと思います。 でも、こうした音楽 Music そのものとは関係の無い、録音 Recording 状態を如実に示してしまう Monitor Headphone は、音楽を聴くという Listening には向いていないと言えるでしょうね。 ……実際、音楽などそっちのけで Microphone の型番や位置、Studio 環境などを想像させるのですから 笑。 >リスニングに適さない理由を教えてください。 直接的な答えにはなっていません。 悪しからず。 ライブハウスやコンサートに行くだけでなく、演奏家とお友達になって裏方、あわよくばセッションをやりたいような人ならモニター用ヘッドフォンが最適でしょうし、 アイドルやスターは遠くに在りて思うものという姿勢の放送リスナーなら、リスニング用のヘッドフォンでいいんじゃないでしょうか。 MDR-7506を持っているnoneyaさんは、おそらく前者の方。 でも、圧倒的多数は、会いに行けない後者でしょう。 下記サイトの『魂に訴えかけてくる音』という表現が気に入りました。 ご参考まで。 ところで、ヘッドフォン難聴というのがあります。 イヤホンでも同じです。 若年でも難聴が増えているそうです。 一度難聴になると治りません。 WHO(世界保健機関)のガイドラインでは次のようになっています。 『ヘッドホンによる音楽聴取による聴力障害を防ぐためには,成人の場合も小児の場合も,24 時間のLAeq は70dB A 以下にとどめるべきである。 これは,1 日1 時間の聴取の場合に,LAeq,1h を85dB A 以下にとどめるべきであることを意味している。 』 (LAeq=等価騒音レベル) iPodなどポータブルプレイヤーを利用する人の多くは、このレベルを超えているものと思われます。 私は、音響従事者に難聴が多いことを知って、ヘッドフォン使用を極力少なくしてきました。 今も実年齢よりはるかに若い耳年齢をできるだけ維持したいと願ってます。 その意味で、SONYのモニター用ヘッドフォンは他のヘッドフォンより小さい音量でもレンジや解像度など必要な満足を得られますので、助かります。 85dB A って大音量ではありませんから。 ヘッドフォンの場合、基本的に、楽に会話ができる程度の音量なんですよね。 では、楽しい音楽を! 原音に忠実だから。 ですね。 一見良いように思えますが、機材の欠点をさらけ出してしまう。 あるいは録音の欠点も明らかである。 そして何よりもどのジャンルにも平均的に聞こえる。 つまりリスニングを「楽しむ」には好きなジャンルの音楽を自分の持っている程度の機材で「良い音に見せてくれる」ヘッドフォンがリスニングに向いていると言うことになります。 たぶんジャンルを変えてヘッドフォンを替えて聞いてみると意外にツマラナイとおもうと思います。 つまり気にならない人にはそれでも良いと思いますが、自分はクラシックなら下手に高音が出てない方が好きですし、ボーカルなら絶対中音を強調したいですし、ポップはシャリシャリと高音が強調されていたほうが良いですね。 実際ヘッドフォンを替えて聞いてます。 モニターヘッドフォンを電車の中などで掛けてる人もいますけど、電車の低温につぶされて殆ど良い音なんか聞こえないのではと思います。 電車では多少音が変わってもノイズキャンセリング付きは必須ですから。 あれは自己満足でしょう。 モニターは、粗探しをするためのヘッドホンであり、音楽鑑賞用ではないため。 っというイメージがあるためにそのようなことを言う人がいるのではないでしょうかね。 でも、正確な音を出すヘッドホンは沢山ありますし、それで音楽を楽しむことは 当たり前にあることではないでしょうか。 リスニングに適さない。 って言っている方は、きっと音楽用に自分の好みのヘッドホンを もっているのかもしれないですね。 モニターヘッドホンばかり好んで使用している人もいますからね。 音楽鑑賞用に。 なので、楽しめれば他人の意見なんてどうでもいいと思います。 >本当なのでしょうか。 ほんとうだと言う人もいれば、いや違うっという人もいるでしょう。 その人の感性のことなので、気にする必要は全くありません。 各社各ブランドでプロが使うレベルの高級イメージを強調しているだけの場合も、区別はせず販売した機種でプロが愛用している製品等もあります。 実際にプロが愛用するヘッドホンは様々です。 音楽のプロ、ミキサーのプロ、バラエティー番組編集のプロ、噺家、ロック、クラシック、込みにティーFM局スタッフもプロなのですが、好みのヘッドホンは様々だと思います。 そんな中で、安定した品質と音質、丈夫で長持ち、普及率などで、そこそこバランスが良く使いやすい物が使われているのだと思います。 何をモニターするか! なのですが、放送関係も音楽関係も「ミスや異音が無いか」チェックするために信頼が置けるヘッドホンモニターを選択しているんだと思います。 音楽等を心地よく聞くために造られた製品と違うのは、仕事で使う道具と言う事です。 どちらかと言うと、マイクやミキサー、エフェクターの違いを聴き取れる ある意味で音のアラ探しが容易なヘッドホンが レコーディングモニター系でしょうか。 ポップス系のミュージシャンには演奏中のノリが良い方向の装着管や音色で選ばれている場合が多い様です。 最高級のリスニングヘッドホンがモニター用途では滅多に使われません。 奇麗に聞こえるよりマズイ音をチェックできる音質が要求されているのだと思います。 と言う事で、モニターと名付けられた製品と、実際のプロが使う定番モニターでは若干意味合いが違ってきます。 しかし プロが使っていない製品でもブランドイメージとして 「モニター」を名乗るのは比較的高級シリーズなのですね。 おおむね丈夫な機種が多い様です。 各社各ブランドでプロが使うレベルの高級イメージを強調しているだけの場合も、区別はせず販売した機種でプロが愛用している製品等もあります。 実際にプロが愛用するヘッドホンは様々です。 音楽のプロ、ミキサーのプロ、バラエティー番組編集のプロ、噺家、ロック、クラシック、込みにティーFM局スタッフもプロなのですが、好みのヘッドホンは様々だと思います。 そんな中で、安定した品質と音質、丈夫で長持ち、普及率などで、そこそこバラン... (オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。 したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。 例えば仮に(実際とは異なりますよ)、 「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」 としたら 「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」 ということです。 パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。 これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。 では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。 要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。 インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。 インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。 (パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです) 通常使用では気にする必要もないと思います。 (オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。 A ベストアンサー 単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。 かなり大ざっぱです。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 耳で聞く インピーダンスは抵抗です。 プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。 大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。 例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。 インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。 本当に大まかです。 ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。 ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3. のパワーアンプが無い状態と同じです。 単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。 かなり大ざっぱです。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 パワー... A ベストアンサー No. 12ですが 必ずしもスピーカーの再生可能な帯域幅や過渡特性とかダンピング特性が解像度と結びつく訳ではありません。 良くスピーカの周波数特性のグラフが出てきますが、このグラフは滑らかではなく相当の凸凹があることがわかると思いますが、 スピーカは入ってきた波形をそのまま音にできる訳ではなく、スピーカが音にしやすい周波数、音にし難い周波数があるということです。 つまりほとんどのスピーカは勝手に音を出したり、音が小さくなったりする周波数があるということです。 これがスピーカによって音質が変わる大きな原因となります。 特定の周波数だけ大きい音を出すのですから、元の音源の音が変わり聞き分けができなくなるのは当然です。 このような特性であれば解像度が落ちるのは当然でしょう。 周波数特性があまり良くなくても、ある程度解像度の良いスピーカはいっぱいあります。 Q こんにちは。 CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。 CD音質と音楽ファイル音質について CD音質は44. この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか? 2. CD音質は44. ということはCD音質と同程度になる数字で取り込むのがもっとも効率的だと思います。 具体的にそれはどれぐらいの数字になるのでしょうか? 3. 私は128kbpsと320kbpsではなんとなく臨場感が違うかなぐらいしか差を感じないのですが(つまりほとんどわかりません)、普通はどれぐらい違いを感じられるものなのでしょうか? 一般的な話でも、自分はこれぐらいという内容でも構わないのでお願いします。 上記3点についてどうかご解答のほうよろしくお願いします。 こんにちは。 CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。 CD音質と音楽ファイル音質について CD音質は44. この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか? 2. CD音質は44. というこ... A ベストアンサー まず、「44. 音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44. 2kbps」です。 wikipedia. 98 特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44. (実際の音で聴けます。 watch. impress. htm 音質を判断する目安として波形を参考にする事が多いのですが、波形だけで音質判断の目安にはなりません。 最終的には、自分の耳が判断材料になると思いますので、余り数値に惑わされず、ご自身が聴いて心地良いと思う設定で充分だと思います。 infoseek. html まず、「44. 音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44. 2kbps」です。 wikipedia. 98 特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44. (実際の音で聴けます。 watch.... Q はじめして。 電子ピアノの夜間練習用と音楽鑑賞用に、ヘッドホンの購入を検討してます。 家電量販店でオーディオテクニカ、SONY、AGK、ゼンハイザーを視聴しましたが、数が多すぎて何を選んで良いのか絞り切れません。 ATH-M50を視聴した際、側圧に気になってので方向性としては、 オープンエア型か耳覆い密閉型にしようと思います。 隣の部屋で母が寝ているので、オープンエア型でも音漏れが激しすぎる機種は避けたいですが・・・ (今日、視聴した限りでは上記ブランドは音漏れは許せる範囲でした。 ) 音の籠りがないので、オープンエア型かなり気になってます。 ソニーはいまいち、しっくりこなかったので、候補から外そうと思います。 テクニカもオープンエア型を開発してまだ若いと聞くので、微妙な感じがします。 視聴した中では、AKGが優しくて且、クリアな音質だったので好印象でした。 (K-172HDだった思います。 ) 自分の方向性と合い、お勧めヘッドホンあれば、教えて下さい。 電子ピアノはヤマハDGX-630 予算は2~3万位です。 よろしくお願いします。 はじめして。 電子ピアノの夜間練習用と音楽鑑賞用に、ヘッドホンの購入を検討してます。 家電量販店でオーディオテクニカ、SONY、AGK、ゼンハイザーを視聴しましたが、数が多すぎて何を選んで良いのか絞り切れません。 ATH-M50を視聴した際、側圧に気になってので方向性としては、 オープンエア型か耳覆い密閉型にしようと思います。 隣の部屋で母が寝ているので、オープンエア型でも音漏れが激しすぎる機種は避けたいですが・・・ (今日、視聴した限りでは上記ブランドは音漏れは許せる範囲でした。 A ベストアンサー 取扱説明書13ページの記述を見る限り、どのようなヘッドホンでも問題はない(専用でなくても良い)と思われますが... 電子ピアノの音を聞くくらいであれば、運指や和音が正しいことが確認ですから、付け心地がよく、音漏れなどが少ないことを条件にすれば十分でしょう。 したがって、いわゆる「モニター用(向き)」のヘッドホンにこだわる必要はありません。 候補に挙がっているメーカーは、いずれも有名なモニター用ヘッドホンを出していますが、基本的にはリスニング向きではありません。 電子ピアノ練習は、いわゆるリスニング用で十分に用を足せますから、リスニング用として気に入ったものを選べば良い、ということです。 好みは人それぞれなので、どれでも良いといえばどれでも良いですし、どれにすれば良いか分からなければ、許容できる音質で一番安いものを買っておくのが正解です(他人の「良い」に合わせても、その良さが自分に理解できないなら無駄な出費だから)。 オープンエアタイプは、店頭で聴くと雑踏に紛れて意外に静かなように聞こえるかも知れませんが、夜間の静かな住宅内では、けっこう大きく漏れていることがあります。 洋室なら問題ないかも知れませんが、障子で隔てているような和室であれば、隣の部屋まで聞こえる可能性もないとはいい切れません(もっとも、そういう場合にはペダルや打鍵音も筒抜けになっている可能性が高いですが)。 AKGに関しては、K-17X系は耳たぶに被さるようになっており、側圧も強めにできています(ステージ上で使うことを想定しているらしい)。 K-27X系は、耳たぶを覆うようになっていて、側圧は弱めです(調整室で使うことを想定しているらしい)。 リスニング用としては、K-X01(601など)の方が聞きやすい音だと思います(想定されている用途としても、そうです)。 オーディオテクニカは、付け心地が良いので、そういう意味でお勧めします。 比較的当たり障りのない音なので、無難という意味でも悪くない選択肢でしょう。 安い製品でも、あまり安っぽさがないものが多いので、好き嫌いは別にして、コストパフォーマンスは良いメーカーだと思います(あえてお勧めするなら、ATH-A500でしょうか)。 BOSEは、とうていモニター用とはいい難い音なので、お勧めしません。 リスニング用としても、電車や飛行機の中で使うことが多い場合に限って、ノイズキャンセリングのパイオニアとして優れているので、お勧めします(あえていうなら、ジャンクフードのような音です。 安い肉でも食える味にはなっているが、肉本来の味ではない、みたいな。 それが美点になる場合もありますが、家で毎日聴くのに適しているかといわれると、個人的には?です)。 取扱説明書13ページの記述を見る限り、どのようなヘッドホンでも問題はない(専用でなくても良い)と思われますが... 電子ピアノの音を聞くくらいであれば、運指や和音が正しいことが確認ですから、付け心地がよく、音漏れなどが少ないことを条件にすれば十分でしょう。 したがって、いわゆる「モニター用(向き)」のヘッドホンにこだわる必要はありません。 候補に挙がっているメーカーは、いずれも有名なモニター用ヘッドホンを出していますが、基本的にはリスニング向きではありません。 電子ピアノ練... A ベストアンサー 電化製品の寿命は「使用時間と使用環境」及び「保存期間と保存環境」とで決まります。 全く使わずに保管しておくなんてことはまずないでしょうから、殆んどのものは「使用時間と使用環境」で決まると言って過言ではありません。 よく聞かれるのは「何年ぐらい?」という御質問なのですが「春夏秋冬戸外も含めて 1 日 10 時間使う人」と「空調の効いた部屋で週に数時間しか使わない人」とでは「使用環境」と「1 年間での総使用時間」がまるで違います。 年間に均して 1 日平均 3 時間の使用とすると年間 1 千使用時間ほどとなり、どれも 2 年ほどで Ear Pad がボロボロになって Ear Pad のみを交換、4~5 年ほどで新品に買い換えています。 現在は CD900ST と 7506 の 2 本使いなので購入してから 5 年以上もっていますが、Ear Pad は双方共に 2 度交換した 3 Set 目に入っています。 ・・・1 年余、2 度目の夏でボロボロになり、2 年余目の翌春までに買い換えたこともあります。 空調の効いた部屋で年間に均して 1 日当たり 1 時間程度の使用ならば 4000 日近く、つまり「保存期間と保存環境」の影響が出るほどの 10 年余り使えることになりますが、私のような使い方をすれば最短で 2 年しかもたないのですから「何年使えますか?」というような質問には上手く答えられないのが御解りかと思います。 全く使わずに保管しておくなんてことはまずないでしょうから、殆んどのものは「使用時間と使用環境」で決まると言って過言ではありません。 よく聞かれるのは「何年ぐらい?」という御質問なのですが「春夏秋冬戸外も含めて 1 日 10 時間使う人」と「空調の効いた部屋で週に数時間しか使わない人」とでは「使用環境」と「1 年間での総使用時間」がまるで違います。 Q オーディオ詳しい人 HELP!! 先日AKGのK702というヘッドホンを買ったのですが どうにも音に納得できないのです。 具体的には高音だけが聞こえて、中低音がほとんど 聞こえない。 高音MAX、中音MIN(マイナス)、低音MIN(マイナス) という感じで、ドンシャリどころか、キンキンシャリシャリ って感じなのです。 その前に使ってた安物のAKGのK420と比べても音の全体が 聞こえないという感じ。 で、販売店に文句を言って確認してもらったところ、 「仕様の範囲内、ただ高インピーダンスのヘッドホンは ヘッドホンアンプがないと能力不足で鳴らしづらいことがある」 との回答。 デスクトップが主の利用です。 ヘッドホンアンプが必須な場合、私は音楽作ってるので、 オーディオIFは必須です。 そうすると、ヘッドホンアンプはオーディオIFとは別にUSBに刺すように なるのかどうか。 正直、安物のK420で普通に聞こえてたものが、K702という若干高級品に なったら聞こえないのは不良品なんじゃないか、って思ってます。 このあたり詳しい方教えてください、よろしくお願い致します。 オーディオ詳しい人 HELP!! 先日AKGのK702というヘッドホンを買ったのですが どうにも音に納得できないのです。 具体的には高音だけが聞こえて、中低音がほとんど 聞こえない。 高音MAX、中音MIN(マイナス)、低音MIN(マイナス) という感じで、ドンシャリどころか、キンキンシャリシャリ って感じなのです。 その前に使ってた安物のAKGのK420と比べても音の全体が 聞こえないという感じ。 で、販売店に文句を言って確認してもらったところ、 「仕様の範囲内、ただ高インピーダンスのヘッドホンは ヘッドホン... A ベストアンサー A No. 1 HALTWO です。 返品・解約に関する規定を参照されて、返品・解約が可能ならば即行で行ってください。 返品・解約期間が明示されていない場合でも「8 日間は消費者が送料を負担することで契約の解除が可能」と特定商取引法で定められていますし、「音が変だ! 送料負担するから交換したいっ!」という Claim ならば早めに返送日を連絡しておけば応じてくれる Case が多々あります。 私は毎週日曜日にしか行くことができない遠方の Shop で購入した機器がウンともスンとも言わなくなってしまい、即行で電話して購入後 2 週間目の日曜日に現品を持ち込み、交換してもらった経験があります。 一般的に Speaker Headphone の定格入力 impedance 値が Amplifier の定格出力 impedance よりも高いと、Amplifier の最大出力はその Impedance 比に比例して下がり、Dumping Factor と呼ばれる過振動抑制力も高くなることから低域が締まった音になります。 87mW=5. 9dB=99dB 以上の音が出せず、低域との量感 Balance を考慮すれば 90dB SPL 以上の音は殆ど期待できないものになります。 でも、御質問者さんの場合、製品本体の異常、つまり「不良品」を受け取ってしまった可能性が高いと思いますので、即刻、交換する手立てを考えてください。 ……K420 と較べて酷い音がするというのは明らかに異常ですので。 >そうすると、ヘッドホンアンプはオーディオIFとは別にUSBに刺すようになるのかどうか。 Audio IF の Line Output に Headphone Amplifier を繋ぐ方が Latency を生じないので有利かと思います。 soundhouse. asp? soundhouse. asp? 1 HALTWO です。 返品・解約に関する規定を参照されて、返品・解約が可能ならば即行で行ってください。 返品・解約期間が明示されていない場合でも「8 日間は消費者が送料を負担することで契約の解除が可能」と特定商取引法で定められていますし、「音が変だ! 送料負担するから交換したいっ!」という Claim ならば早めに返送日を連絡しておけば応じてくれる Case が多々あります。 私は毎週日曜日にしか行くことができない遠方の Sh... Q 音楽を聴く時間帯が夜であることと、ある程度の音量でリスニングを楽しみたいってことで、現在はヘッドホンをコンポのプリメインアンプに挿して音楽を聴いてます。 ヘッドホンを使うならヘッドホンアンプを使うべき」 といった内容の記事をちょくちょく目にします。 1)ヘッドホンメインで聴くなら、やはりヘッドホンアンプを別途使用した方がいいのでしょうか。 2)今の状況よりいい音で聴こうと思ったら、ヘッドホンアンプは最低どの程度からのものを選ぶべきでしょうか。 以上2点、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 最新の高級なアンプならヘッドホン出力も立派な物を使ってますが、10年前に5万円のアンプならヘッドホン出力は数百円もかけていたら良い方でしょう。 音量は出ますが音質はポータブルプレーヤーと変わりません。 逆にヘッドホンは驚くほど良い物をお使いですね。 このアンプでは実力の数分の1も出てないと思います。 専用のヘッドホンアンプなら高級オーディオの音がしますよ。 itmedia. htm 本当はこれが欲しかったのですが値段が高かったので上の製品にしました。 audio-technica. html 買った時は妥協したつもりでしたが想像以上に満足のいく音が出てきました。 オーディオテクニカのヘッドホンアンプは何度も試聴したのですが私が買った製品は近くの店に置いてなかったので「悪かったら返品しよう」と思い試聴せずに通販で申し込んだのです。 性格はまるで違うのですが音の良さでは負けてません。 最新の高級なアンプならヘッドホン出力も立派な物を使ってますが、10年前に5万円のアンプならヘッドホン出力は数百円もかけていたら良い方でしょう。 音量は出ますが音質はポータブルプレーヤーと変わりません。 逆にヘッドホンは驚くほど良い物をお使いですね。 このアンプでは実力の数分の1も出てないと思います。 専用のヘッドホンアンプなら高級オーディオの音がしますよ。 itmedia. A ベストアンサー ども。 振動にかかわる仕事をしているものです。 結論から言いましょう。 ヘッドホンに限りませんが、本人のフィーリングです。 試聴するのが一番ですが、できない場合はできる限りレビューを参考に似たような仕様のものを試聴しましょう。 最大入力やインピーダンスは最悪アンプの故障や低効率を招いたり正しく動作さするための仕様であり、音の良し悪しではなくアンプとスピーカーと最低限マッチするものを選ぶ基準です。 出力音圧レベル、最周波数帯域は、どの周波数辺りでどのようなパフォーマンスかは一切仕様には書かれていません。 最大値を記されているだけです。 (メーカーの都合のいい最大値といってもいいかもしれません。 ~30000Hzと書かれていても-60dBも減衰していたら増幅しているとはもはやいえないでしょう。 据え置きスピーカーには周波数特性が添付されているものもあります。 ) 周波数特性を測定し数値化、可視化することで特性が明らかになりますが、発振器、ピックアップ(マイク)、レコーダーやら、理想はFFTアナライザ、防音室などが必要です。 そんなもの個人で買える物ではありません。 (レンタルしてもいいですが。 ) 仮に周波数特性を測定できても、入力信号に対し全周波数帯域の減衰が0dBであること(入力を忠実に増幅する)が良いとも言いがたいのです。 それはどのような音のソースを聞くかによります。 また、本人がどのような音域が好みかにもよります。 ジャズなど中低音を楽しみたいのなら、高音部の増幅はむしろ減衰されていたほうがフィルターがあるがごとき聞きたくない周波数領域は再生されなくなります。 オーケストラでしたら様々な楽器の周波数領域を再生するので、全周波数領域の増幅がフラットである方が良いでしょう。 ロックやディスコミュージックなら低音域の周波数特性が良ければ、下手にシャリシャリしたノイズにも似た高温領域は再生されない方がいいでしょう。 これらは周波数特性を計測することで可視化できます。 ですが、これを計測する装置(マイクなど)の特性に左右されます。 実際には本人のセンサ、感覚による判断が一番いいです。 何しろ好みというものは数値化できないのですから。 ヘッドホンでの音質を決めるときは、 ・ソース(携帯端末、CDプレーヤーなど) ・アンプ(ヘッドホン専用アンプ。 ヘッドホンにあわせた低インピーダンスアンプ) ・ヘッドホン(希望する周波数特性を持つヘッドホン) とこの3種の点を押さえることでしょうか。 また、ヘッドホンには ・開放型(音質が一番良いとされています。 ) ・半開放型(開放型と密閉型の両方の特性を持ちます。 ) ・密閉型(レコーディングなどマイクに拾われないよう外部に音漏れをしないようにしたもの。 ) があります。 部屋で楽しむなら開放型をお勧めです。 外で(通勤やレコーディングなど)聞くなら、外部の音が聞こえにくくなる危険を覚悟でお勧めです。 音質を求めるならイヤホンタイプ、耳にかけるタイプは買うだけ損です。 値段のわりにすずめの涙ですね。 まだ格安ヘッドホンのほうがいい音がします。 注意しておきますが、値段が安いヘッドホンが悪い音、高いヘッドホンが良い音というのは絶対ではありません。 また、最近はノイズキャンセラというのが流行らしいですが、粗末な音源などからノイズを増幅していたり、ノイズキャンセラという回路を通すので、オリジナル音源とは異なる音になるので個人的には好みません。 (これも人それぞれです。 ) 良し悪しを決めるのは本人です。 ヘッドホンの特徴を紹介しているサイトがいろいろあります。 ご丁寧に周波数特性を測定されている方もいらっしゃいます。 (パワーユーザですね。 ) 参考までに検索されてみてください。 h-navi. 振動にかかわる仕事をしているものです。 結論から言いましょう。 ヘッドホンに限りませんが、本人のフィーリングです。 試聴するのが一番ですが、できない場合はできる限りレビューを参考に似たような仕様のものを試聴しましょう。 最大入力やインピーダンスは最悪アンプの故障や低効率を招いたり正しく動作さするための仕様であり、音の良し悪しではなくアンプとスピーカーと最低限マッチするものを選ぶ基準です。 出力音圧レベル、最周波数帯域は、どの周波数辺りでどのようなパフォーマン...

次の

【モニターイヤホン/ヘッドホンってどんなのを選んだらいいの?】楽曲制作用のヘッドホンの選び方【連載・第3回】

モニター ヘッドフォン

宅録やプロのエンジニアに定評のあるAudio-Technica ATH-M50x 耳を覆うハウジング部分が 密閉構造になっており、 外に音が漏れにくい構造になっています。 そのため レコーディングによく使われます。 音質的には外的ノイズの影響を受けにくいためクリアでダイレクトなモニタリングが行えます。 レコーディングで使用する場合は 【高域のヌケとスッキリした低域、さらにアタック感のはっきりしたもの】がチョイスされ、またミックスで使用する場合は 【フラットなサウンド】のタイプが好まれます。 専用ケースやケーブルが付属されている場合があります またケーブルが 脱着式だったりイヤーパッドの 交換部品が付属しているものもあります。 特にケーブル脱着式のタイプが、 断線トラブルにもすぐに対応できメンテナンスが容易なのでオススメです。 モニターヘッドホンのスペック 仕様 の読み方 モニターヘッドホンはスペック 仕様 を 数字や 専門用語を使って表記されています。 聞き慣れない単語がいっぱいで最初は難しいと感じるかもしれませんが、 内容を理解できれば導入の目安となるので非常に便利です。 ヘッドセットタイプの 密閉型や 解放型、セミオープン型がレコーディング の定番です。 また電源を必要としないタイプを ダイナミック型と表記され、電源を必要とするタイプを アクティブ型やコンデンサー型と表記しています。 再生周波数帯域 10Hz〜25000Hz 再生周波数帯域は、その ヘッドホンが再生可能な音の広さを表示しています。 小さい数字が低い音で、大きい数字が高い音を意味しており、この間の周波数帯域が再生可能だという意味です。 ただし、この入力をし続けられるわけではないので注意が必要です。 またこの数値は 音量 dB:デシベル とよく勘違いされやすいですが、音量ではなく 【 瞬間的な電力の入力】と覚えておくと良いです。 この数値が 低いほどハイインピーダンスで 数値が高いとローインピーダンスという意味です。 導入する時は オーディオインターフェイスやヘッドホンアンプの出力インピーダンスとヘッドホンの入力インピーダンスは同じ値のものを選びましょう。 なぜなら、インピーダンスが違うと音量が小さく聞こえたり逆に音量が大きくなりすぎて歪んでしまうことがあるからです。 日本製のヘッドホンはハイインピーダンスが多く、外国製のヘッドホンアンプに繋ぐと音量が大きくなり歪むことがあります。 また、ローインピーダンスのヘッドホンは、ハイインピーダンスのヘッドホンで再生すると音量が小さくなります。 もし、気に入ってるヘッドホンが手持ちのオーディオインターフェイスとのインピーダンスと数値が全然合わない場合は間に ヘッドホンアンプをかませて対応すると良いでしょう。 ドライバー ドライバーは、ヘッドホンの音を発信させる 振動板 ダイアフラム のことでその形状や構造、材質を表記しています。 特にミックスダウンやマスタリングで威力を発揮するヘッドホンですね その理由は、 スピーカーを聴いているような空間を感じさせる自然なサウンドで余計なEQ感がないからです。 マイク録音で使う場合には、音量を落とし気味で使うか、音漏れを承知して使うことで高音質のモニターでの録音作業を行うことができます。 特に繊細なニュアンスを要求されるボーカル録音では、最高に気持ちいい音質でレコーディング ができるでしょう。 また、宅録での1人作業には最適で、打ち込みやギター・ベースのダビング時に大きな音量でモニターできない場合でも、本機ならば 大音量でバランス良くサウンドメイク作業を行えます。 ミックス作業では、EQやコンプレッサーのかかり具合が良く分かり、空間系エフェクトの細かなニュアンスもしっかりモニターできます。 また 長時間の作業で装着していても疲れを感じさせないホールド感は、マスタリング作業にオススメです。 オーディオリスニング用のヘッドホンは、コンサートホールの客席で演奏を聴いているような心地よいサウンドにチューニングされているのに対して、本機は 楽器の音の分離が良くダイレクトに聴けるようにチューニングされてます。 ただ、このヘッドホンの音質は高音が強くて硬い音質なので聴こえたままミックスしてしまうとか音源が地味になりがちだからです。 個人的には このヘッドフォンはレコーディング用として演奏者が使うヘッドフォンとして最適だと思っています。

次の