ラーメン 深夜。 札幌市で深夜営業(24時以降)しているラーメン店リスト

東京、深夜の〆ラーメン15選

ラーメン 深夜

お酒を飲んだあとに、どうしてもラーメンで締めたくなる。 大人になるとよくあることですが、なぜそのような心理が働くのでしょうか。 com/oneinchpunch) 先に結論を言うと、この現象は「パヴロフの犬」の原理で説明できます。 この原理は、理科の教科書にも載っているので、ご存じの方も多いでしょう。 パヴロフの犬の原理とは以下のようなものです。 犬にエサの肉片を与えると同時に、ベルの音を鳴らす。 これを繰り返すと、ベルの音を聞いただけで、犬は肉を期待して涎を出すようになる。 心理学の専門用語では、このベルの音を「手がかり刺激」といい、涎が出ることを「条件反応」といいます。 つまり、深夜に空腹を感じたときや、アルコールを摂取したときにラーメンを食べる経験を繰り返すうちに、これが手がかり刺激となり、ラーメンを食べたいという条件反応が生まれていると考えられるのです。 ある特定の食べ物について我慢できないほど食べたくなる気持ちは「食物渇望」と呼ばれます。 日本に比べ、特に欧米で研究が進んでおり、食物渇望の代表例はチョコレートです。 肥満が社会的課題になっているアメリカでは「シュガーアディクション」、つまり糖分への渇望を抑制するための研究も進められています。 日本でも、小松さくら先生(現職・中央大学研究開発機構)を中心に、学生を対象にした食物渇望の調査が行われました。 その結果、男性、女性ともに渇望する1位は、ご飯という結果になりました。 ご飯を求めるのは日本に特徴的な結果です。 炭水化物であることはもちろんですが、日本の食文化として、味が濃かったり、ご飯のお供になるおかずがあると、白飯が欲しくなるもの。 それゆえ、1位になったのだと思われます。 ただし、調査対象が大学生であり、「飲んだあとのラーメン」「仕事のあとの夜食」といった経験自体が少ないことも、結果に影響しているでしょう。 先輩に連れられて行くなど経験が増えるほど、手がかり刺激とラーメンの関係が構築されて、深夜にラーメンが食べたくなるというわけです。 深夜のラーメンは蠱惑的ですが、健康にはあまりよろしくありません。 どうすればやめられるのか。 手がかり刺激による渇望の増強を長期的に抑えることが必要です。 パヴロフの犬の場合、1度条件反応を身につけると、例えば1年後にベルの音を聞いても涎を出します。 時間だけでは解決しないのです。 打ち消すには、ベルの音が鳴っても肉片がもらえないという新たな経験で記憶を上書きするしかありません。 ラーメンの場合、深夜や飲んだあとにラーメンを食べないという経験を繰り返して、上書きすればいいのです。 おすすめの方法として、渇望は一時的なものなので、その場で気を紛らわすこと。 海外の研究では、テトリスを3分遊ぶと渇望が低くなるとわかっています。 チカチカとする視覚的な刺激が、食物への欲求を阻害する効果があるのです。 ----------.

次の

深夜に96歳の男性が「ラーメン食べたい」と言ったら、どうしますか? 「ほどほど幸せに暮らす」を目指す事業者の挑戦(BuzzFeed Japan)

ラーメン 深夜

Text by メンチャック 酒席の後の、夜のラーメンはどうして美味しいんだろうか。 アルコール分解のために血糖値が下がっているから、身体が塩分を求めるから、舌の感覚が麻痺して濃い味のものを食べたくなるから……どれも科学的には正解なのかもしれないが、「深夜営業の飲食店のなかで、ラーメン屋が最も幅が広く、美味いから」というシンプルな理由もあるだろう。 深夜の食事が多少身体をいじめるとしても、否、だからこそ、食べる以上は美味しい一品で締めたいわけで。 たくさんの反響をいただいたに続いて、今回は深夜営業のラーメン店を15店チョイスした。 カロリーと快楽のバランスをとりながら、あなたの行動エリアの〆ラーメンを楽しんでいただきたい。 幸い、深夜のラーメン摂取はいまのところ法律で禁じられていない。 大阪道頓堀発、都内では3店舗展開しているラーメン屋。 新宿歌舞伎町のど真ん中、前面ガラス張りの店構え。 ラーメンの枠を越えるため、元ホテルシェフの店主が「違和感」をテーマに試行錯誤の末、完成させた一杯『おいしいラーメン』は、記憶に残る味だ。 醤油ベースの甘めなスープ、麺は中太、その上にシャキシャキした白菜と柔らかな豚肉がのる。 この白菜が神座独特の風味を出しているが、おすすめは途中からニンニクをいれること。 この甘めの醤油とニンニクが非常に合う。 この甘めのスープはすき焼きによく似ている。 1度目は理解できない味、2回目はやみつき、3回目は中毒になると店内にも書かれているが、まさに中毒性の高い一杯。 24時間年中無休で営業しているため、ナイトライフの〆にも最適。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 ラーメン激戦区・池袋の中でも最も行列が長いといわれる、池袋駅東口明治通り沿いの人気店。 スープは背脂たっぷりの豚骨しょう油系で見た目以上に独特のクセがない、濃いめの味で非常に飲みやすい。 そのスープに中太麺がほどよく絡み、食べ応えがある。 卓上には高菜やニンニクの薬味トッピングが準備されているが、ニンニクとの相性は抜群。 柔らかい食感のチャーシューも美味しい。 メニューは一番人気の本丸麺(800円)、背脂少なめのマイルドな仕上がりのげんこつ麺(700円)、つけ麺メニューも充実。 なんでいつもこんなに人がいるのかというほど、どの時間にいっても行列を作ってはいるものの、テキパキしたスタッフの対応もあってか、比較的回転は早い。 営業時間4時までやっているので、〆の一杯を狙って、行列が緩和されてくる23時以降が狙い目。 いつ行っても安定感のある味を出し続けてくれている。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 赤坂見附駅より徒歩5分ほど、バリエーション豊富な中国ラーメンを提供している、中国ラーメンチェーンの赤坂店。 都内を中心に多数店舗を展開している同チェーンだが、ラーメン通の人から見ても安定感のある味の一杯を届けてくれる、安心のお店。 季節限定のメニューなども多く、豊富なメニューを提供してくれているが、おすすめはスタンダードな一杯である、スーラータンメン(910円)。 程よい酸味と辛味が混じったスープがとても美味しい一杯。 麺は細麺と刀削麺の2種類から選べる。 その他の定番メニューに胡麻のコクが効いた担々麺(910円)など。 深夜4時までやっており、飲みの後の2軒目としても、深夜の腹ごしらえにもぴったり。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 目黒駅すぐ近くの権之助坂の下り右手に位置する、つけ麺をメインにした店舗。 オープン5~6年目であるが、目黒の権之助坂というラーメンの超激戦区の中で、存在感を放ち続けるつけ麺を提供してくれる。 一見すると、流行りのつけ麺に近いが、特徴的である。 そして、特に印象的なのは、手打ちの中太平打ち麺で、コシが強く、食べ応えがあり、その上にそっと置かれたカットレモンが酸味を効かせている。 おすすめはおいしい味玉がのった、味玉つけ麺と、重量感のあるチャーシューが追加されるチャーシューつけ麺。 その他にも、塩をベースとした塩つけ麺や通常のラーメンも提供してくれる。 品川駅前で30年ものあいだ営業されているという老舗店で、味のある昔ながらの屋台の風貌で、周囲に香る鶏ガラスープの臭いが食欲をそそる。 味は鶏ガラの味が出たスープと縮れ麺に、チャーシューと海苔がのった、古き良き醤油ラーメンといった感じで、シンプルに美味しい一杯。 屋台ラーメンでもしっかりとした美味しさを出しており、屋台の域を超えている。 このシンプルで優しい味は飲んだ後の一杯にぴったりで、飲んだ後の方がより美味しくいただける。 メニューは『ラーメン』、『玉子麺』、『ワカメ麺』、『ニンニク麺』、『スタミナ麺』、『焼豚麺』と意外にも豊富。 手間ひまかけて、長年のあいだ、ほぼ毎日届けられてきたこの味はしっかり後世にも伝えていきたい味。 東京の隠れた名店。 五反田駅よりすぐ、山手線の高架下に位置するお店。 高架下は雑居なイメージがあるが、清潔感のある店内で、活気のあるスタッフが対応してくれる。 人気ブランドである『つけめん TETSU』のセカンドブランドとして、立ち上がった煮干中華そばを提供してくれる。 いわゆる中華そば的なルックスのスープは、ラードがかぶっているが、煮干の良い香りがし、味は鶏ガラの旨味にそれを上回る煮干の旨味が効いている。 麺は中細縮れ麺で、重量感もあり、スープとよく絡みます。 トータル的には非常にバランスの取れた味になっており、煮干も濃すぎることなく、美味しくいただける一杯。 おすすめは特製中華そば。 もちろん、TETSUブランドだけあって、魚介を効かせた、つけめんも絶品。 チャーハン、ぎょうざ、わんたんなどのサイドメニューも充実。 麺のお持ち帰りサービスも。 深夜営業しているところも良い。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 JR線『御徒町』駅のガード下にある、昭和の雰囲気を出した朱色の看板が目を引くラーメン店。 本店は高田馬場にある。 昨今はラードののった濃い味の味噌ラーメンが人気だが、ここのスープは昔ながらの味噌ラーメンの様相で、クセのない味噌味を提供してくれる。 麺は少し黄みがかった中太の縮れ麺で、何より目を引くのががっつりとのせられた野菜(モヤシ)とメンマ。 テーブルには胡麻、ニンニク、唐辛子が置かれており、こちらで味の濃さを自由に調節できる。 味はよくも悪くもスタンダードな味噌ラーメンで、懐かしさを感じる味。 メニューは味噌ラーメン、味噌つけ麺、塩、醤油と味噌以外のラーメンも提供してくれている。 深夜5時まで営業。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 浅草千束通りから少し裏道の路地に入ったところにある、2010年オープンのお店。 佐賀の有名店『精養軒』の味を継承しているという、東京では珍しい佐賀ラーメンの専門店。 和風の看板がついた店構えが浅草の街にも溶け込んでいる。 豚ゲンコツのみから取ったというスープは臭みがなく、豚骨の旨みのみ抽出されたような、マイルドで甘めだがコクのある味が印象的。 九州の豚骨らしさとは異なり、驚くほどすっきりとした味わいで、歯切れのよい細麺、有明海苔、ネギ、チャーシューのシンプルな組み合わせもいい。 この優しい味は昼間はもちろん、飲んだ後の胃にぴったりで〆の一杯としてぴったり。 メインの一杯は味自慢ラーメン。 夜の時間はおつまみ料理も充実している。 おすすめは油揚げの味付けに佐賀の醤油を使用した、稲荷寿司。 甘辛さがラーメンとも相性が良い一品。 深夜3時まで営業。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 月島駅のすぐ近くにある、ショットバー風の内装のお洒落な店構えのラーメンバー。 町田の有名店『69'N'ROLL ONE』の店主と旧知の間柄だった縁で生まれたお店。 その『69'N'ROLL ONE』とのコラボである、軽い口当たりで醤油が香る正当派醤油ラーメンである月島ロック(850円)が人気メニュー。 熱を閉じ込めた熱々のスープは優しいアプローチで、一口で旨みが広がる。 するするといけてるが、存在感のある細麺も抜群に合う。 こちらも魚介ダシの旨みを閉じ込めた、上品な一杯。 昼は11時30分〜14時00分まで、夜は18時00分〜25時00分まで。 夜はバー営業をしており、お酒も提供している。 この優しい味はお酒を楽しんだ後に、〆で注文するのにもばっちり。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選 背脂たっぷり、太麺の新潟・燕三条ラーメンが味わえる、新潟の酒麺亭『らーめん潤』の東京1号店としてオープンしたお店。 スープはゲンコツをベースとした動物系に、煮干しを中心とした魚介系を加えた、すっと香りが入ってくる醤油味。 毎日新潟から届けられるという自家製の太麺はモッチリとした、食べ応えがある。 燕三条ラーメンの特徴でもある、たっぷりの背脂は甘みを引き出しており、5段階より選べ、お好みに寄って調節ができるようになっている。 最多の"鬼油"を注文すると、表面が雪のように覆われる。 おすすめは全部トッピングになるマル得ラーメン(1000円)で、メンマ、チャーシュー、煮玉子に加えて、スープとの相性抜群の岩のりがたっぷりとのる。 その他のメニューに、中華そば(730円)、岩のりそば(950円)、みそらーめん(900円)など。 営業時間も深夜2時(L. 15分前)までやっており、終電後にも寄られるのも嬉しい。 特集記事 東京、深夜の〆ラーメン15選.

次の

【2020年最新!】大阪府のラーメン 深夜で今年人気のおすすめ30店

ラーメン 深夜

営業中 現時刻に営業時間外のお店を除外 種類• スープ• メニュー• 製麺会社• サービス• イベント• 集合施設• 決済方法• 札幌ラーメンの食べ歩きブログです。 店舗検索や、ニュース、わかりやすい写真を重視しております。 見直しで数値変わったり、もっと曖昧な表現に変わったり、目立たない所に移動させたりするかもしれません。 模索中です。 6 ~ 5. 3 ~ 4. 0 ~ 4. 7 ~ 3. 4 ~ 3. 0 ~ 3.

次の