大島 てる 松山。 宮崎市の事故物件

大島てるが語る事故物件の怖い話。最凶で最悪の恐怖

大島 てる 松山

あなたの家も実は事故物件かもしれない…… イラスト/オギリマ サホ 第3位 床の下に死体!? 予期できぬ事故物件 てる氏が「2015年のワースト」と教えてくれたのは、京都府N市の一戸建て。 工務店を経営する男が自分の奥さんの遺体を、その当時工事を請け負っていた土地に埋めたと供述しました。 自分が殺したと殺害をほのめかす主張もしているそう。 これは12月に発覚したばかりの事件で、テレビや新聞などでも多く取り上げられたため、記憶に残っている人も多いかもしれません。 この事件の何が恐ろしいかというと、 「そこに住んでいた人は、事件にはまったくの無関係だったということ。 せっかく新築の家を立てたのに、その床下に死体が埋まっているなんてことは誰も予期することができません。 ローンを組んで購入していたとしたら、そのローンはどうなるのか…。 将来のことを考えると、とても怖くなります」と、てる氏。 一人暮らしの人は賃貸物件に住むことが多いため、いざというときには引越をして逃げることもできます。 でも、家を購入してしまった場合、そうは簡単にいきません。 その後の事件の続報はまだないため、詳細がわかりませんが、そこに住んでいた人たちは今現在どうしているのか、買ってしまった物件の補償はされるのか、とても気になるところです。 第2位 ひとつの物件から、死者が立て続けに4人も…… 次に上げていただいたのが、東京都A区にあるマンション。 「ひとつの物件で三回も事件が起こり、最終的に四人の人間が死んでいます」 その経緯を説明すると、まず最初の事件は2006年のこと。 そのマンションの3階部住人同士が喧嘩をし、一方がビール瓶で殴って死なすという傷害致死事件が起こりました。 その後、2009年には屋上で首つり自殺が発生。 さらに、2010年にはその物件の大家であった女性が元住人かつ元夫である男に刺殺されるという事件が起こり、その後犯人は埼玉県で自殺した状態で発見されました。 その物件についてさらに詳しく伺うと、 「部屋数もそう多くない小さな物件です。 その街全体の治安はごく普通で、事件や事故が特に多い地域というわけでもありません。 それなのに同じ物件で数年内に事件が立て続き、それぞれの事件に関係性があるかというと、それもまったくない。 関係がないのに、立て続くというのが、オカルト的で怖い物件です」 事故物件でまた事故が起こるというのは非常にレアなケース。 理由も関係もないのに、事故が立て続く裏には、その土地に何か呪い的なものがあるのではと疑ってしまいたくなります。 この物件は2008年に死体遺棄現場となりました。 しかし、その怖さは事故そのものというより、大家の行動です。 その大家はこのマンションで起こった死体遺棄事件を隠すため、『大島てる』に掲載された内容の削除と謝罪文の掲載等を求め、訴訟を起こします。 しかし、その結果は大家の敗訴。 現在も情報は『大島てる』に掲載されています」 もしかしたら、この経緯を読んでも「それのどこが怖いの?」と思う方もいるかもしれません。 「この大家はお客さんに本当のことを言うつもりがまったくないんです。 裁判を起こすには、当然費用がかかります。 そんなお金を支払えるなら、家賃を下げて貸すことくらいできるはずなのに、そうしない。 こんな人間がいることが本気で怖いと、私は思います」 こういう大家や不動産会社がいるということは、つまり知らぬ間に事故物件に住まわされている人もいるということ。 世の中には報道されていない事故も多くあり、『大島てる』のサイトだけが報じているものも数多くあるそうです。 だから、その情報さえ隠してしまえば、何も言わず、家賃も下げず、損することなく貸してしまえる。 そんなふうに考える人間は「決して珍しくない」とのこと。 だからこそ、この事故物件公示サイトの存在意義があるのでしょう。 最近の事故物件の傾向は? 最近の事故物件の傾向をお伺いすると、「殺人事件のうち,親族間のものの割合が増えています」ということ。 その中でも印象的に残っているものの、ひとつめが千葉県M市の事故物件。 2014年に93歳夫が83歳妻を老老介護する中で、病に苦しむ妻を見かねた夫が絞殺するという事件。 昨年その裁判が開かれ、夫には実刑ではなく、執行猶予付きの判決が出たことがニュースになりました。 「とにかく悲惨で、今後も同様の事件が増えそうです」。 高齢化が進んだ社会だからこその悲しい事件です。 そして、もうひとつが神奈川県I市の事故物件。 2013年に40年近く連れ添った妻が夫をマグカップで殴り死なすという事件が起こりました。 重なる浮気や酒癖に腹を立てたゆえの犯行だったとか。 「凶器が珍しい例として印象的」。 ちなみに、他にも珍しい凶器には「そば打ち棒」「漬物石」「お尻で窒息させて殺害」などがあるそうです。 こういった親族間の事件は、高齢化による老老介護や長引く不況などがその理由に挙げられることが多いですが、外から見えにくい親族間の問題は一言でいえるほど簡単なものではないようです。 事故物件、どうして隠そうとするの? 「2014年、アパマンショップホールディングスで自殺があった部屋を入居者に告知せず、貸していたことがわかりました。 自殺や殺人、火災などで人が死亡した心理的瑕疵(心理的な欠陥)がある部屋の場合、貸し主(大家)は借り主(入居者)に事前に告知する義務があるため、告知義務違反にあたります。 」と、てる氏。 このニュースが掲載されたサイトのコメントには「正直に自殺があったと言えばいいのに」「家賃が安いなら、住みたいと思う人もいるんじゃない」といったものが多くあったと、てる氏は言います。 でも、それはあくまで借りる側からの感覚であり、大家や不動産会社からすれば「家賃は下げたくない」「損してなるものか」と、事故物件であることを隠ぺいしようとするのだそう。 てる氏が事故物件公示サイトを始めたのは、「そういったズルい大家や不動産会社に一言物申したい」という強い思いから。 事故物件だと知れば、タダでも住みたくないという人の方が多いものです。 でも、その事実を知らない上に、高い家賃のまま住まされてしまう人がいるのは許されることではありません。 『大島てる』の存在によって、借りる側ばかりが損をするケースが少なくなることを願います。

次の

大島てるの嘘、デマ情報はあるの?信憑性は?

大島 てる 松山

インテリア・内装業界における卸問屋の役割とは、取引先である内装業者から資材の注文を請け、それをメーカーに発注して現場に納品、必要に応じてその現場に職人を投入するといった形が一般的だろう。 卸問屋は流通の中間に位置するため付加価値の提供が難しく、メーカーからは値上圧力、内装業者からは値下圧力にさらされ利益が圧迫されることになる。 愛媛県松山市に本社を構える 株 森熊(大塚紳哉社長)は、従来の問屋が担っている役割を超え、住宅メーカーや設計事務所など建築の上流工程にアプローチすることによって付加価値を高める取り組みを実行するインテリア卸問屋である。 「我々の本来の強みは、建築の上流工程にも下流工程にも関与が可能なことです。 上流工程での商品選定から施工にいたる建築全体の工程をコーディネートすることで内装業界、そして建築業界をアップデートする。 それが新しい問屋の在り方だと考えています」と大塚紳哉社長は語る。 株 森熊は来年2021年に創業百周年を迎える四国を代表する地場問屋で、松山本社の他、高松支店、徳島営業所、高知営業所を展開、四国エリア全域をカバーしている。 長年にわたって内装業者へのサポートを行ってきた同社だったが、今から7年前の2013年、松山市内に一般ユーザー向け壁紙専門店『WALLPAPERHOUSE(ウォールペーパーハウス)』をオープン、その後2年のうちに高知市、徳島市、高松市に出店し大きな注目を集めた。 「オープン当初は、DIY提案によって壁紙を雑貨のように販売することをメインにしてきました。 これによって壁紙の価値が高まり、壁紙市場が活性化すれば取引先の内装業者さんに還元できるという狙いもありました。 ところが2015年に4店舗目の高松店を開設する頃まではDIYのお客様が多数押し寄せていましたが、そうした意識の高いユーザーが一巡するとあとが続かなくなります。 やはりマジョリティが壁紙の楽しさを理解しなくては市場が広がりません。 マジョリティを啓蒙するにはどうすれば良いかと考えたときに工務店へのアプローチの必要性を強く感じました」.

次の

【怖い話】最凶で最悪の恐怖!大島てるが最も不気味と感じた事故物件

大島 てる 松山

AKB48時代の大島優子(2010年7月1日) AKB48時代 2006年• 2月26日に『』に合格した。 4月1日、でのチームK初日公演において公演デビューをした。 2007年• 1月、アニメOVAシリーズ『』で初めてを務めた。 7月、やとともに太田プロダクションに移籍した。 12月、AKB48として『』に初出場した。 2008年• 6月30日、『シリーズ』()に出演。 2009年• 3月21日公開の映画『』で映画初主演を務める。 4月11日、『』公演の初日に喉の手術をすることを発表し 、同月13日に手術を終え、同月20日に退院する。 』にMCのみではあるが、手術後初めて公の場に姿を見せる。 6月から7月にかけて実施された『』では2位となり、メディア選抜入りする。 9月15日、にて「大島優子オフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』」をスタート。 2010年• 1月 - 3月、『』()に同名役で出演。 5月から6月にかけて実施された『』では1位となり、メディア選抜入りする。 速報、中間発表の時点では2位であったが、最後に逆転する。 を決めるにあたり、「1位なら丸坊主」も考えたが、所属事務所からNGが出たため幻となる。 そのため「劇場のトイレ掃除」というマニフェストを掲げて選挙に臨む。 10月 - 12月、『』()にレギュラー出演。 11月10日、DVD『君は、僕のもの』をリリース。 2011年• 1月21日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』2日目公演のアンコールにおいて、、、とともに新ユニット「」を結成することが発表され、デビューシングル曲「」を披露する。 2月24日より、AKB48オフィシャルショップ香港において「大島優子フェスティバル」開催。 2011年の「NHK春の新番組」の魅力を伝える「チームぴちぴちNHK」を、他の8人のAKB48メンバーとともに結成。 3月中旬から4月中旬までの限定活動であった。 ミニ番組やポスターなどに登場する。 5月から6月にかけて実施された『』では2位となり、メディア選抜入りする。 速報の時点では1位であったが、最後に逆転される。 9月30日、期間限定で開設された(・)で大島の等身大の蝋人形が製造、展示される。 2011年10月時点で、展示されている日本人の人形は、大島と、の3人のみ。 10月 - 12月、『』()にレギュラー出演。 12月8日、による「2011年タレントCM起用社数ランキング」で、女性タレント最多となる19社のCM に起用されたと発表される。 2012年• 4月 - 6月、『』(フジテレビ)にレギュラー出演。 5月から6月にかけて実施された『』では、2年ぶりの1位となり、選抜メンバーになる。 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKキャプテンに就任することが発表される。 9月18日、『』において披露されたリリースの28thシングル「」で、とともにダブルセンターを務めることが発表される。 11月1日、チームKキャプテンに就任。 2013年• 5月から6月にかけて実施された『』では2位となり、選抜メンバーになる。 10月 - 12月、『』(TBS)にレギュラー出演。 12月31日、『』においてAKB48を卒業することを発表する。 2014年• 〜』のの公演において、卒業セレモニーが予定されていたが、荒天のため公演自体が中止となる。 代替コンサートは、6月8日にで開催されることが決定し 、当日は約7万人の観衆を集めて約4時間のライブが開催される。 6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した。 AKB48卒業後(ソロ活動第2期) 2014年• 10月15日の更新を最後にオフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』を終了。 開設から約5年、読者数は約18万7000人であった。 その後、公式サイトで会員限定のブログを開始する。 2015年• 1月 - 3月、『』()にレギュラー出演。 1月、2014年に公開された映画『』で優秀助演女優賞を受賞する。 4月 - 6月、『』(TBS)で連続ドラマ初主演。 それに先立ち3月14日、同ドラマの役作りのため、髪をカットし黒髪にイメチェンした姿をInstagramで公開する。 10月、『』で、初めて本格的な舞台に出演。 2016年• 3月、『』()最終週に平塚明(のちの)役で出演し、NHK連続テレビ小説に初出演。 2017年• 1月 - 3月、『』()にレギュラー出演。 7月、芸能活動を一時休業して日本国外へ行くと一部で報道されたが 、所属事務所は本人の希望により「見聞を広げるため」と一時休業を否定した。 8月 - 、へ1年余り語学留学し、にてする。 9月、8月から1年の予定で語学とエンターテインメントを学ぶために渡航したことが、報じられた。 帰国後のインタビューでエンターテインメントを勉強しに行ったわけではなく、語学留学であり、留学先はニューヨークではなくに通い、英語漬けの毎日を送っていたことを明かしている。 2018年• 10月22日、留学からの帰国と17日に誕生日を迎え30歳になったことをインスタグラムでの投稿で報告した。 11月8日、自身が出演するスマホ向けゲーム『』の新テレビCM発表会に出席し、帰国後初めて1年ぶりに公の場に登場した。 2019年• 1月から2月にかけて舞台『』にソーニャ役で出演。 9月 - 、連続テレビ小説『』(NHK)に演じるヒロインの幼馴染・熊谷照子役でレギュラー出演、地味なおばさん役を好演して評価を高める。 愛称は、主に「 ゆうこ」。 「 コリス」と呼ばれたこともあった。 の父親、・のの母親の元に生まれた。 小学校卒業後、から栃木県に転居するが、その直後に両親が離婚して、自身は父親のほうに付いてで育つ。 母親とは高校時代に再会した。 座右の銘は高校時代の恩師の言葉である「十人十色、己を信じ精進せよ」。 小学校3、4年生からのファンであり、ゆずの地元である横浜市岡村町にも足を運ぶほどである。 好きな楽曲は「」、「」。 また、は大島のファンであることを公言している。 憧れの女優は。 の女版になることが目標。 とは仲が良く、『』()で親友役で共演している。 好きな物は(9歳の頃から滑っており、マイボードとマイウェアも所持している )、、。 好きなスポーツは。 集めをしており、ブログでも度々登場している。 を飼っている。 名前は「ヒップ」。 嫌いな物は。 AKB48• AKB48の中心メンバーの1人であり、じゃんけん選抜を除いたすべてのシングル表題曲の選抜メンバーに選出されている。 加入当初から、チームKのセンター・エースだったが、当時のAKB48には中心メンバーとして、前田の他にも、が在籍しており、常に4番手か5番手のポジションだった。 AKB48デビュー当時は栃木県から通っており、夕方にレッスンのために東京に行き、夜間に帰宅するという生活だった。 その時期を乗り越えられたのは、毎日弁当を作って車で送り迎えして支えてくれた父親の存在が一番大きかったとインタビューで答えている。 メンバーの中では足が速く、も良い。 2009年10月10日に開催された『AKB48 チーム対抗大運動会〜絆よ永遠に〜』でのスプリンター決定戦で優勝し、NO. 1スプリンターに輝いた。 Not yet「」の撮影でをした時には初挑戦だったにもかかわらず、10分程度で波に乗れるようになり、「1時間はかかると思っていたのに」と大島自身が驚くほどであった。 自身のソロ曲である「」を持ち歌としている。 毎回ステージに出る前には、音程を取るためが手を握り締めながら歌ってくれていた。 お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの「」である。 旧チームKで一緒だった、、らと自主的にダンスグループ「梅島夏代」を組んでいた。 ラジオ『AKB48 今夜は帰らない…』の企画ユニットとして梅田彩佳、(2008年11月卒業、元・SDN48)と「H3O」(本当に3人は大人なの)を結成した。 劇場公演『』の「友よ」および、シングル「」では、を担当。 その他のAKB48メンバーでは、、渡辺麻友(2017年卒業)、篠田麻里子(2013年卒業)、高橋みなみ(2016年卒業)、(2013年卒業)、前田敦子(2012年卒業)、(2017年卒業)、、 (2016年卒業)、 (2016年卒業)、(2013年卒業)らと仲が良く、中でも秋元・宮澤とはお互いを「心友」と呼び合っている。 元・SDN48の野呂佳代とは旧チームK以来の親友である。 後にはNotyetの指原莉乃、北原里英、横山由依とも仲良くなっている。 高橋みなみに似ていると言われることがあった。 特に「」がリリースされた時期はメンバー全員がで統一していたことが多かったため、高橋のマネージャーから間違われたこともあった。 受賞歴 2011年• 第5回• 女性部門 2012年• 第6回JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ! 「Cut Above Award for Outstanding Debut」• 第23回 20代部門 2013年• 話題賞(俳優部門) - 『』 2014年• 第39回 助演女優賞 - 『』• 第36回 助演女優賞 - 『紙の月』• 優秀助演女優賞 - 『紙の月』• 第24回 助演女優賞 - 『紙の月』 2015年• 第85回 主演女優賞 - 『』• ベストコスメ年間グランプリ THE BEST BEAUTY OF THE YEAR 2016年• 勝手に演劇大賞2015・女優賞 - 『No. 9-不滅の旋律-』 AKB48在籍時の参加楽曲 シングルCD選抜楽曲• Virgin love - 「Team K」名義• 未来の果実• ハリケーン - 「ひまわり組」名義• 愛の毛布 - 「ひまわり組」名義• 最後の制服• 夢を死なせるわけにいかない• 桜色の空の下で• マジスカロックンロール• マジジョテッペンブルース• - センター• ラッキーセブン• 野菜シスターズ - 「野菜シスターズ」名義• 「」に収録• 予約したクリスマス• ALIVE - 「チームK」名義• これからWonderland• ヤンキーソウル• 青春と気づかないまま• アイスのくちづけ• 野菜占い - 「野菜シスターズ2011」名義• - とともにセンター• 「」に収録• ノエルの夜• ゼロサム太陽 - 「チームK」名義• ちょうだい、ダーリン! 君のために僕は…• - センター• 夢の河• - とともにセンター• 「」に収録• とっておきクリスマス• 永遠より続くように - 「OKL48」名義• 夕陽マリー - 「大島TeamK」名義• - 、、とともにセンター• How come? - 「Team K」名義• 最後のドア• 涙のせいじゃない• 細雪リグレット - 「Team K」名義• 「」に収録• Party is over• - センター• 「」に収録• 今日までのメロディー• SKE48名義• 「」に収録• 旅の途中 - 「と仲間たち」名義 アルバムCD選抜楽曲• 『』に収録• Baby! Baby! Baby! Baby! 君と虹と太陽と• 『』に収録• Seventeen• あなたがいてくれたから• 『』に収録• 少女たちよ• 僕にできること - 「チームK」名義• 風の行方• 『』に収録• ファースト・ラビット• 家出の夜 - 「チームK」名義• スキャンダラスに行こう! 大事な時間• 行ってらっしゃい• 青空よ 寂しくないか? 『』に収録• After rain• 強さと弱さの間で• 僕は頑張る• 共犯者 - 「Team K」名義 その他の参加楽曲• シングルCD「」(「AKBアイドリング!!! 」名義)• チューしようぜ! モテ期のうた - 「AKB48」名義• シングルCD「」(「チームドラゴン from AKB48」名義)• 心の羽根• 世界中の雨• 「」(「チームZ」名義)• 恋のお縄• 私の彼氏は銭形平次• 会いたかった 〜お江戸 Ver. 銭形平次 〜TEAM-Z Ver. 「」(「スケバンGirls」名義)• 突っ張る理由• 友よ 夜明けに待ち合わせよう• 「So long! 」に収録• (映画「」エンディングテーマ) 楽曲はCDには収録されておらず、MVのみがType-Bの付属DVDに収録されている。 シングルCD「」(「」名義)• Enjoy your life! 配信限定楽曲• 離れていても 劇場公演ユニット曲 公演• スカート、ひらり 公演(2006年5月25日、板野友美の代理)• 嘆きのフィギュア• ガラスのI LOVE YOU 公演• 禁じられた2人• ふしだらな夏 公演• 僕とジュリエットとジェットコースター 公演• Confession 公演• ごめんねジュエル 公演• エンドロール 公演• Confession(・浅居円のスタンバイ) 公演• 心の端のソファー 大島チームK ウェイティング公演• Glory days• ヒグラシノコイ 公演• 19人姉妹の歌 作品 AKB48としての作品は除く。 シングル• 夢見るオモチャ箱〜恋するdancing Doll(2005年8月10日、ユニバーサルジャパン) -。 映像作品• Growing up! (2001年7月27日、) - と共演。 adolescence(2003年10月3日、)• ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房)• と、ゆうこと。 (2009年12月6日、ワニブックス)• 君は、僕のもの(2010年11月10日、) 出演 AKB48メンバーとしてのコンサート・ライブイベント出演については「」を、AKB48メンバーとしてのその他の出演については「」を参照 テレビドラマ• (1996年4月15日 - 5月31日、、)• (1996年7月22日 - 8月30日、TBS、花王 愛の劇場) - 友達 役• (1997年1月6日 - 3月17日、) - 桜井和美(幼少期) 役• (1997年7月 - 9月、、) - 円城寺園子(幼少期) 役• 第40話(1997年11月30日、) - 少女(ネジイエロー) 役• (1998年4月18日 - 7月4日、日本テレビ、) - 太田明日香(幼少期) 役• 第2話(1999年4月9日、テレビ朝日)• 第4話(2001年10月29日、フジテレビ) - 大林加代子 役• 狼女の子守唄(2002年12月16日、TBS、) - 狼女(幼少期) 役• 京都食い道楽! 古本屋探偵ミステリー2(2004年5月28日、フジテレビ、) - 浅村由香里 役• (2005年2月28日、フジテレビ) - 木下聡子 役• 第3話(2005年10月31日、フジテレビ) - 愛の友人 役• (2005年11月26日、フジテレビ、)• 第12話・第13話(最終話)(2008年3月22日・3月29日、日本テレビ、) - 勅使河原りえ 役• シリーズ(2008年 - 、TBS、) - 大屋恵 役• 弁護士 一之瀬凛子(2008年6月30日)• 弁護士 一之瀬凛子2(2010年1月18日)• 弁護士 一之瀬凛子3(2010年12月6日)• 第2話 - 第4話(2008年9月4日 - 9月18日、、) - 平野ユミ 役• 第8話 - 第10話(2008年10月8日 - 10日、、) - 篠原美里 役• (2008年10月25日、フジテレビ、)• (2008年11月17日 - 2009年6月9日、TBS、1分半劇場) - 小島ユウコ 役• (2009年5月30日 - 7月4日、NHK総合、) - 川井千鶴 役• (2010年1月8日 - 3月26日、テレビ東京、) - 大島優子 役• (2010年1月14日 - 3月11日、テレビ朝日、) - 小笠原マナミ 役• 第4話(2010年5月4日、、) - 桃子 役• 夏の特別編2010 AKB48まるごと浄霊スペシャル「赤いイヤリングの怪」(2010年8月24日、フジテレビ) - 主演・綿引昌代 役• (2010年10月10日 - 12月5日、テレビ朝日、) - 飯伏薫 役• (2011年2月26日 - 3月6日、日本テレビ) - 大島優子 役• 第7話(2011年3月20日、テレビ朝日、日曜ナイトドラマ) - 大島優子 役• (2011年4月15日 - 7月1日、テレビ東京、ドラマ24) - 大島優子・大島優香・大島優希 役• (2011年10月17日 - 12月19日、フジテレビ) - 半沢真子 役• 第1夜(2012年4月5日、TBS) - 市原孝美 役• (2012年4月12日 - 6月21日、フジテレビ) - 野々村まひる 役• 「心霊アプリ」(2012年10月6日、フジテレビ) - 主演・立花さおり 役• 第2話(2013年2月12日、日本テレビ) - 倉林美帆 役• 第2シーズン 第3章「心聴る」(2013年4月29日、フジテレビ) - 脇坂睦美 役• (2013年7月7日、フジテレビ) - 森川優香 役• (2013年9月24日、関西テレビ) - 小田町咲良 役• (2013年10月13日 - 12月15日、TBS) - 沫嶋七瀬 役• (2013年10月23日、TBS) - 白い女 役• (2015年1月6日 - 3月17日、関西テレビ) - 紺野未央 役• (2015年4月16日 - 6月18日、TBS) - 主演・永光麦秋 役• 第2話(2015年8月25日、日本テレビ) - 優香 役• (2016年3月26日、29日、30日) - 平塚明(のちの) 役• (2019年9月30日 - 2020年3月28日) - 熊谷照子 役• (2017年1月18日 - 3月22日、日本テレビ) - 鳥居小雪 役• 版(2017年11月20日 - 12月18日、全5話、WOWOW)• (2020年1月4日・1月5日、フジテレビ) - 楠本しのぶ 役• 2020年1月11日 - 2月29日、WOWOW - 鴨居流美 役• (2020年8月22日、) 映画• (1998年9月26日公開) - 祭の少女 役• (2000年6月10日公開) - 岬美由紀(幼少期) 役• (2007年8月25日公開) - 夏野あんず 役• (2008年11月29日公開) - リンネ 役• (2008年11月8日公開) - 沢美登里(ワーリャ) 役• (2009年3月21日公開) - 主演・大橋可奈 役• (2009年3月21日公開) - 大橋可奈 役• (2009年11月28日公開) - みのり 役• (2010年1月9日公開) - ユウ 役• (2010年3月13日公開) - 岩本文 役• (2012年8月25日公開) - 鈴木未來 役• (2014年11月15日公開) - 相川恵子 役• (2015年8月29日公開) - 主演・北條鉢子 役• (2016年9月22日公開) - 火垂(ほたる) 役• (2016年11月26日公開) - 瀬利千晶 役• (2020年秋公開予定) - 奈津美 役 吹き替え• (2012年7月21日公開) - ・王女メリダ 役• 「ひみつのとしょしつ」(2016年2月11日、) - メリダ 役• (2018年12月21日公開) - メリダ 役 劇場アニメ• (2015年7月4日公開) - ミージャ 役 バラエティ• (2011年5月2日 - 2013年10月20日、フジテレビ) - レギュラー• (2011年10月9日 - 2012年3月25日、TBS)• (2014年4月5日 - 2015年3月28日、日本テレビ) - MC ドキュメンタリー• の戦争を考えるSP 〜戦争はなぜ始まり、どう終わるのか〜(2010年8月15日、テレビ東京)• 「世界一のサイドバックに サッカー 長友佑都」(2011年5月9日、NHK総合) - ナレーション• (毎日放送)• 感動地球スペシャル 大島優子の〜舞う火山島〜(2016年3月6日、フジテレビ系(制作著作・)) - ナビゲーター• 感動地球スペシャル カリブ海と聖なる泉〜大島優子 メキシコの旅(2017年3月5日、フジテレビ系)• 天空の国ネパール 神々が遊ぶヒマラヤと野生の楽園を行く(仮題、2018年3月4日放送予定、フジテレビ系) - 旅人 スポーツ• フジテレビ系列「」(2014年、フジテレビ) - スペシャルサポーター ラジオ• (2008年4月5日 - 11月22日、)• (2010年12月度・2011年1月3日・8月21日・2013年1月1日、文化放送) - 火曜パーソナリティ 舞台• 9 -不滅の旋律- (2015年10月10日 - 25日、東京・) - マリア 役• 美幸-アンコンディショナルラブ-(2016年5月 - 、 他) - 美幸 役• (2019年1月9日 - 2月1日、東京・/2月9日 - 17日、大阪・) - ソーニャ 役 オリジナルビデオ• HARD BOILED ハードボイルド(1997年9月5日、マグザム) - 桐生りえ 役• 炎(2000年6月10日、マグザム) - 若田部優子 役• (2007年5月25日・7月25日・9月25日、) - リンネ 役 ミュージックビデオ• 「甘い股関節」(2008年) - キャバクラ嬢 役• 中谷満男「浪花刑事ブルース」(2009年、監督:) - スナック嬢 役 CM 発表会(2014年7月1日)• (1998年) - 企業CM• (1998年)• JAL STORYで行くマジカルファンタジーツアー(1998年)• バースデー割引(2003年)• 「」(1999年)• 「トンバ・ザ・ワイルドアドベンチャー」(1999年)• (2000年)• 「」(2000年)• 総合生活消費財企業編(2002年)• ふりかけ・素材探求(2003年)• 「」(2004年)• 非行防止運動・薬物乱用防止(2005年)• 「」(2006年)• TOKYO体操(2008年10月 - 2009年8月)• 「AKB! ニキビ!! 」篇(2010年11月8日 - )• 「ニキビに効いてく」篇(2011年7月31日 - )• ハートブラ(2011年8月8日-8月14日)• ・個人向け復興(2012年冬季)• 「」(2012年8月9日 - 2013年2月)• 「除菌EXプラスデオドラントパワー」• 「男のニオイ撃破」篇(2016年3月22日 - )• 「名刺交換」篇(2017年3月1日 - )• 「BUSINESS篇」・「HOLIDAY篇」(2014年1月 - )• 「平成25年住宅・土地統計調査」(2013年9月 - 10月)• 「」(2014年) - CM出演の企画として取得に挑戦• 「ナニコレ」篇(2014年7月1日 - 終了月日不明)• 「もう乗った?」篇(2014年8月23日 - 終了月日不明)• 「それゆけ!LMW部リーンと傾くんです篇」・「それゆけ!LMW部二人でリーン篇」(2015年3月24日 - )• さらりとした梅酒「新さらり誕生篇」(2014年9月5日 - )• さらりとした梅酒「梅の味上々篇」(2015年1月13日 - )• さらりとした梅酒「ボトル登場篇」(2016年4月28日 - )• ウメッシュ「本格篇」(2015年12月10日 - )• 「ALOOK」(2014年9月)• 「ミノン」洗浄シリーズ(2014年)• 「小包」篇(2014年10月3日 - )• 「帰省」篇(2014年11月5日 - )• 「彼の引っ越し」篇(2015年2月25日 - )• 「彼とケンカ」篇(2015年9月3日 - )• 「後輩」篇(2015年12月2日 - )• 「彼と買い物」篇(2016年9月29日 - )• 「結婚式の日」篇(2016年12月1日 - )• 「話さなくても」篇(2017年10月21日 - )• 「似ているようで違う」篇(2018年2月17日 - )• 「銭湯で」篇(2018年10月10日 - )• 「甥っ子」篇(2018年11月17日 - )• 「なでたくなる」篇・「ひとつじゃない」篇 2019年10月19日 -• Web限定 MINON短編映画• 「ごめんねと大丈夫」(2017年10月23日 - )• 「思い出す」篇(2018年10月10日 - )• 「ミノン 薬用ヘアシャンプー」・「頭皮のスキンケア」篇(2015年10月 - )• 「白猫プロジェクト」(2014年8月1日 - )• 「合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士」(2014年8月27日 - )• 企業CM「ホワイトボード編」(2014年11月6日 - )• 「ホットでSNOW」篇(2014年12月24日 - )• 「ピュレグミ」(2015年4月4日 - )• ZOZOTOWN(2015年10月14日 - )• 「ずっと好きだった」篇(2017年6月6日 - )• 「」(2018年11月9日 - )• のんある気分「のんある屋台で、ちゃんとチューハイ」篇(2019年3月24日 - ) ネット配信• Yahoo ライブトーク(2008年1月8日、)• 版(2017年11月28日配信開始、全4話、Hulu) イベント• ミラノ 華麗なる貴族コレクション - 展覧会ナビゲーター(音声ガイド)• 東京展(2014年4月4日 - 5月25日、)• 大阪展(2014年5月31日 - 7月21日、) 書籍 写真集• Charm: 大島優子・写真集(2001年7月10日、、撮影:荒木秀明)• かがやくきもち(2003年10月18日、、撮影:)• デジタル写真集 かがやくきもち(2003年11月30日、ぶんか社)• ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、、撮影:関めぐみ)• 優子のありえない日常(2009年10月17日、、撮影:中山雅文)• 君は、誰のもの? (2010年8月25日、、撮影:TakeoDec. 優子(講談社MOOK、2011年6月17日、)• 脱ぎやがれ! (2014年9月18日、、撮影:) 雑誌連載• (2011年4月24日 - 、) - 「好きなモノって、こう優子と! (2015年9月 - 、) - 「優子のべっぴん道」 文庫• (、2009年6月15日、) - 表紙・グラビア。 カレンダー• 大島優子 2009年カレンダー(2008年10月11日、)• 大島優子 2010年カレンダー(2009年10月、ハゴロモ)• 大島優子 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)• 大島優子 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)• 大島優子 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)• 壁掛 AKB48-03 大島優子 カレンダー 2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)• 卓上 AKB48-119 大島優子 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)• 壁掛 AKB48-03 大島優子 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)• 卓上 AKB48-119 大島優子 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)• 壁掛 大島優子 カレンダー 2016年(2015年11月7日、ハゴロモ)• 卓上 大島優子 カレンダー 2016年(2015年11月7日、ハゴロモ) トレーディングカード• HITS! PREMIUM AKB48 大島優子トレーディングカード(2010年2月25日、ヒッツ) 脚注 [] 注釈• 2012年7月27日付の本人オフィシャルブログの記事、「ちっこいのはお好き?」では1cm伸びて153cmになったと申告している。 メンバーの中には、のちに「」として行動をともにする「」のも在籍していた。 『』、『』、『』で月9ドラマ出演経験はあるが、いずれもゲスト出演であり、同局制作の連続ドラマおよび月9ドラマは初のレギュラー出演となる。 月9ドラマにレギュラー出演するのは、AKB48のメンバーでは、2008年7月期の『』に出演した前田敦子、2011年1月期の『』に出演した篠田麻里子に続き3人目である。 、、、、、、、東京都選挙管理委員会、トライグループ()、()、、、、、()、(エステティックTBC) 、()、、。 TBSの連続ドラマ出演は『』(2008年11月17日 - 2009年6月9日)以来、約4年ぶり。 10周年記念シングルとして、卒業生の前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、4月に卒業を控える高橋みなみが参加。 Huluとの共同製作。 Hulu版は全4話で11月28日配信開始。 深夜時代は2回に1回程度で出演。 2011年10月、ゴールデンタイム進出と同時にレギュラー出演となる。 WOWOWとの共同製作。 WOWOW版は全5話で11月20日 - 12月18日放送。 大島優子 2012-07-27 2011. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 - ICE公式サイト• - 太田プロダクション• - AKB48オフィシャルブログ(2009年4月14日)• - AKB48オフィシャルブログ(2009年4月20日)• 『』2010年6月8日号による。 2019年4月26日閲覧。 - ORICON STYLE(2011年1月21日)• ぶんか社 アイドル誕生!TV. 2012年9月13日閲覧。 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)• 大島優子オフィシャルブログ 2011年10月19日投稿記事• - ニホンモニター(2011年12月8日)• - 毎日新聞デジタル まんたんウェブ(2012年3月7日)• - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)• - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)• - 日刊スポーツ(2012年8月24日)• - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)• 2014年3月19日, at the. - 日刊スポーツ(2013年12月31日)• - デイリースポーツ(2013年12月31日)• - 日刊スポーツ 2014年4月30日• - AKB48オフィシャルブログ(2014年4月2日)• - スポーツニッポン(2014年6月9日)• - スポーツニッポン(2014年6月9日)• - ニッカンスポーツ(2014年10月15日)• - スポーツニッポン(2014年10月12日)• - アメーバニュース(2014年10月19日)• - シネマトゥデイ(2015年3月16日)• モデルプレス 2015年7月14日. 2015年7月14日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年3月3日. 2020年2月12日閲覧。 2016年3月4日. 2020年2月12日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2017年7月4日. 2017年7月4日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年7月5日. 2017年7月5日閲覧。 MANTANWEB. 2019年6月24日. 2020年2月12日閲覧。 かんだがわのぞみ 2019年12月10日. COCONUTS JAPAN BizNews. 2020年2月12日閲覧。 dot. 2020年2月12日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年9月20日. 2017年9月20日閲覧。 インタビュアー:城リユア. Yahoo! ニュース 特集. 2018年12月11日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年10月23日. 2018年10月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年11月8日. 2018年11月8日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年6月7日. 2018年6月7日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年6月7日. 2018年6月7日閲覧。 インタビュー. ネットネイティブ. モデルプレス. 2019年1月21日閲覧。 - スポーツニッポン. 2014年5月1日時点でのよりアーカイブ、2019年1月21日閲覧。 - マギーオフィシャルブログ(2014年6月9日) - ORICON STYLE(2012年8月22日)• OFFICE-SANGA 関和麻子 デイリーニュースオンライン 2015. 4 Disc2 特典編• 大島優子 2010年4月21日. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 週刊アサヒ芸能 2011年8月25日号• 応募抽選の特典DVD、プライベートビデオより。 大島優子 2010年1月12日. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 大島優子 2012年2月22日. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 - BARKS(2012年5月8日)• AKB48総選挙公式ガイドブック(2010年、講談社)• 優子(2011年、講談社MOOK)• - スポーツニッポン 2011年6月17日• 『AKB48 ヴィジュアルブック2008 featuring team K, duet』2008年12月号(2008年11月7日発売、)• 大島優子 2012年1月10日. サイバーエージェント. 2012年1月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 大島優子 2011年8月13日. サイバーエージェント. 2014年10月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 - 宮澤佐江オフィシャルブログ(2011年10月17日)• AKB48 DVD MAGAZINE VOL. 05C 「51のリアル〜Cブロック編」• 大島優子 2010年6月2日. サイバーエージェント. 2014年10月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 ニュース. 2011年1月29日. 2012年9月13日閲覧。 株式会社サイバーエージェント. 2015年5月31日閲覧。 mynavi. 株式会社マイナビ. 2015年5月31日閲覧。 - シネマトゥデイ (2013年2月15日)• スポーツ報知 2014年12月18日. 2015年7月15日閲覧。 2015年2月1日. 2015年2月20日閲覧。 2015年1月14日. 2015年1月17日閲覧。 中山雄一朗 2015年1月20日. シネマトゥデイ. 2015年2月20日閲覧。 「」『週刊関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、 2015年8月12日閲覧。 『VOCE』公式サイト. 講談社 2015年12月16日. 2015年12月16日閲覧。 ステージナタリー 2016年2月27日. 2016年2月29日閲覧。 オリコン 2015年2月12日. 2015年2月23日閲覧。 ウォーカープラス. 2014年12月1日. 2014年12月1日閲覧。 スポーツニッポン新聞社 2016年3月3日. 2016年3月3日閲覧。 NHK 2019年2月21日. 2019年2月21日閲覧。 MANTAN. 2019年2月21日. 2019年2月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年8月11日. 2017年8月11日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2017年11月15日. 2017年11月15日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2012年2月21日. 2020年5月14日閲覧。 Movie Walker 株式会社ムービーウォーカー. 2013年3月19日. 2020年5月14日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2014年3月24日. 2020年5月14日閲覧。 秋吉布由子 2015年8月27日. SANSPO. COM. 2015年8月27日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年12月15日. 2015年12月15日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2016年4月26日. 2020年5月14日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月14日. 2020年5月14日閲覧。 大島優子 2012年7月20日. インタビュー. エイガ・ドット・コム. com. 2018年10月27日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月9日. 2016年2月10日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2018年12月16日. 2018年12月22日閲覧。 2014年8月1日, at the. 、2014年4月14日閲覧• テレビ静岡. 2016年3月6日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年2月6日. 2017年2月6日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年1月12日. 2018年1月12日閲覧。 Sponichi Annex 2015年6月4日. 2015年6月4日閲覧。 シアターガイド 2015年7月7日. 2015年7月8日閲覧。 Cinematoday 2015年3月17日. 2015年3月17日閲覧。 プレスリリース , エスエス製薬, 2010年11月3日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , エスエス製薬, 2011年7月28日 , 2018年6月7日閲覧。 CD Journal(2011年8月5日)2017年3月13日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年5月30日. の2012年6月3日時点におけるアーカイブ。 2012年6月7日閲覧。 世界日報 世界日報社. 2012年11月17日. の2016年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年6月7日閲覧。 NewsWalker KADOKAWA. 2012年8月9日. 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 花王, 2016年3月22日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 花王, 2017年3月1日 , 2018年6月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 外為オンライン, 2012年12月1日 , 2012年12月1日閲覧。 過去の新着情報. 外為オンライン 2014年1月24日. 2018年6月7日閲覧。 [ ]• CM Watch 2013年9月27日. 2018年6月7日閲覧。 統計調査ニュース No. 322. 総務省統計局 2013年9月. 2018年6月7日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2014年7月1日. 2018年6月7日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2014年8月21日. 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , ヤマハ発動機, 2015年3月24日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , チョーヤ梅酒, 2014年9月3日 , 2018年6月7日閲覧。 [ ]• CMソングMAX(2015年1月14日)• チョーヤ梅酒. 2016年3月24日時点のよりアーカイブ。 2018年6月7日閲覧。 マイナビニュース(2016年4月28日)2016年5月2日閲覧。 プレスリリース , チョーヤ梅酒, 2016年4月28日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , チョーヤ梅酒, 2015年12月7日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , ALOOK, 2014年9月20日 , 2018年6月7日閲覧。 Narinari. com 2014年9月26日. 2018年6月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2014年10月2日 , 2018年6月7日閲覧。 AdverTimes. 2014年12月10日. 2016年10月10日閲覧。 PDF プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2015年2月25日 , 2018年6月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2015年9月2日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2015年11月30日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2016年9月28日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 2016年11月28日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2017年10月20日 ,• プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2018年2月15日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , PR TIMES, 2018年11月14日 , 2018年12月3日閲覧。 Adver Times 宣伝会議. 2019年10月18日. 2019年11月6日閲覧。 プレスリリース , 第一三共ヘルスケア, 2017年10月12日 , 2018年6月7日閲覧。 第一三共ヘルスケア. 2018年6月7日閲覧。 第一三共ヘルスケア• プレスリリース , コロプラ, 2014年7月30日 , 2018年6月7日閲覧。 プレスリリース , コロプラ, 2014年8月26日 ,• プレスリリース , コロプラ, 2014年11月6日 , 2018年6月7日閲覧。 CMソングMAX(2014年12月21日)2017年2月23日閲覧。 プレスリリース , カンロ, 2015年4月2日 , 2018年6月7日閲覧。 PDF プレスリリース , スタートトゥデイ, 2015年10月14日 , 2018年6月7日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2015年10月14日. 2018年6月7日閲覧。 CM Watch(2017年6月7日)2017年6月9日閲覧。 食品産業新聞社ニュースWEB 食品産業新聞社. 2019年3月26日. 2019年3月27日閲覧。 (2014年3月14日時点の) - ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション(東京展)、2014年3月15日閲覧 外部リンク• yuk00shima - (2014年6月19日 - )• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 田島直弥、見浦彰彦• 上村典弘、榎本淳、仮屋想• 青木悠真• あしとみしんご• 荒澤守• 平子祐希、酒井健太• 黒川忠文、山本栄治• イノセントキラー• 岸井拓哉、小田桐雄磨• イルカキング• 大平かずき、渡辺浩平• じゃい、すぎ。 、ゆうぞう• ヴァンビ、• うっちゃり• 遠藤祐輔、義江和也• エールタワー• 石井裕二、齋藤宏和• 太田唯• 大西けんけん• 大森麻里• 大矢剛康• オールドパー• 大嶋友也、河野圭介• 小川のブンちゃん• 鬼ダンサー• 寺田一馬、吉川黎• 藤本淳一、小嶋宏太郎• オレンジセレナーデ• 永井康平、梅木航平 か行• カイジルポテト• 加納慎也、近藤大志• かがわの水割• 小林知之、高松信太郎• 大久保薫、前河キヨトシ• ガッチキール• 中村一馬、穴井雄大• 上谷沙弥• ガルボ• 原田勇輝、西隆志• ガレット• 松井拓真、坂井宣大、宮本和明• Not yet• キャラメルポップコーン• あすか、ゆう• 戦艦蓮見。 、手塚ジャスティス、ベーグル吉村• クウぃーんず。 田邊哲平、芝原奨真• クックロビン• 武田孝平、大井総一郎• 熊澤洋幸• グリーンバンバン• 野瀬翔大、翁長一貴• 栗山英宜• 牧野大祐、落合隆治• 岡本美樹、能崎弥生• こうチャンネル• 小関悠佳• 後藤千裕• 村田千鶴、補陀知子• ごりあて• 柿本太煕、岩本浩幸• 近野千里 さ行• サイトウズ• 佐藤尚輝、伊藤亮• Not yet• 宇野慎太郎、中田和伸• 佐藤弘基• 36号線• ササキサキ、大田黒ヒロタカ• 三手観音• 加藤哲史、はっしー• シノノメ• 伊藤大貴、宮下仁志• 下村尚輝• 冨山麗璃、勝呂祐介• しょんたむ• しらすのこうげき! 糟谷僚一、ひより• 神宮寺しし丸• 石沢勤、かねきよ勝則• スカベンジャー• 大熊明日馬、三浦裕太• 鈴木アキノフ• 鈴木メトロ• ストレッチーズ• 福島敏貴、高木貫太• スピードスター萩原• スペードの3• 栗林弘典、• 関口ジョニーズ• 絶対すのはら• センチメンタル• 今里拓登、伊藤祐輔• 園部琴子• それもまた一興• 松岡仁、五十嵐遊楽 た行• 横山結衣• 布谷梨琉• 井上美優• 御供茉白• 佐藤朱• 長谷川百々花• A、チームAキャプテン• 清水麻璃亜• 髙橋彩音• 吉川七瀬• 塩原香凜• 左伴彩佳• 歌田初夏• 鈴木優香• 服部有菜• 松村美紅• 橋本陽菜• 平野ひかる• 坂川陽香• 髙橋彩香• 永野芹佳• 福留光帆• 山本瑠香• 濵咲友菜• 徳永羚海• 奥原妃奈子• 蒲地志奈• 奥本陽菜• 春本ゆき• 行天優莉奈• 高岡薫• 立仙愛理• 吉田華恋• 川原美咲• 尾上美月• 山田杏華• 上見天乃• 藤園麗• 宮里莉羅• 4 研究生•

次の