いかりや長介 エピソード。 加藤茶・高木ブーが語る、いかりや長介のドリフ共演女優・由紀さおりに対する密かな想い

【いかりや長介の嫁・息子・娘】結婚歴3回!離婚原因は浮気?ベースはモテるため

いかりや長介 エピソード

いかりや長介について 「ザ・ドリフターズ」のリーダーとして、TBSの『8時だョ! 全員集合』や、フジテレビの『ドリフ大爆笑』など、80年代のテレビを賑わせていた。 『全員集合』での「オイッスー!」「次、行ってみよう」、『ドリフ大爆笑』"もしものコーナー"の「だめだこりゃ」などのフレーズが有名。 そんな「ザ・ドリフターズ」も最初はコメディアンではなく、音楽バンドだった。 いかりや長介はスティール・ギターを担当していたが、後にベースに変更する。 晩年出演したキリン・ラガーのCMでベースを弾いている姿を見せてくれた。 コメディアンを辞めた後は俳優に転身し、「踊る大捜査線シリーズ」や「火曜サスペンス劇場『取調室』シリーズ」「月曜ミステリー劇場『弁護士猪狩文助』シリーズ」などで活躍していた。 基本プロフィール 好きなタイプ 性格 いかりや長介の性格は 冗談が通じない性格で、恐ろしいだけでなく、礼儀やしつけにも厳しかった。 非常に真面目な性格で、凝り性でもあったので、「ザ・ドリフターズ」のコントを考える会議でも一切妥協せず、ストイックに面白いものを作り上げていた。 短気でもあったが、リーダー気質も兼ね備えた人。 そしていかりや長介が自分の家を持ったのは50歳の時という。 それはメンバーが幸せになってから最後に家を建てる…という思いからこのタイミングになったそう。 こんなにメンバー思いないかりや長介だからこそメンバーはどんなに厳しくてもいかりや長介から離れることがなかったのだろう。 趣味 いかりや長介の趣味は海外旅行。 特にアフリカが好き。 いかりや長介のアフリカ通は芸能界でも評判で、いかりや長介をメインレポーターとしたアフリカ紀行番組もたびたび放送されたことがある。 子供の頃はまだ戦時中だったのでラジオを聞くのが唯一の楽しみで、その中でも落語中継に熱中していて、小学校に入る頃には好きな演目を暗唱できるほどになっていた。 中学時代になると喜劇映画に熱中した。 この頃からコメディアンの道が開き始めたのかもしれない。 特技 いかりや長介の特技はハーモニカ・ベース。 音楽は「女の子にモテたい」という理由から始まりましたが、東京に上京してベーシストとして活躍していた頃、日本におけるチョッパー奏法の元祖と語られている。 いかりや長介の弾き方はチョッパー奏法と少し違い、親指で弦を弾くというもの。 たまに勢い余って親指で弦を叩くこともあり、この親指弾きのスタイルがいかりや長介の弾き方として世間に認知された。 親指でベースを弾くことを「長介弾き」とか「いかりや奏法」と呼ばれていた。 デビュー前の経歴 いかりや長介が4歳の頃、母親が結核で病没する。 本所区横川国民学校(現在の墨田区立横川小学校)卒業後、1944年には戦争の激化に伴って静岡県の吉原市へ疎開する。 中学卒業後は静岡県立吉原高等学校定時制課程吉永分校に進学したが中退して、静岡の製紙工場に勤め始める。 仕事仲間とバンドを結成してダンスホールで活動していた。 1959年にミュージシャンを目指して東京に上京し、新宿二丁目のアパートで暮らす。 1962年に加藤茶と同じ時期に、小野ヤスシやジャイアント吉田などが所属していた「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加するが、色々な事情がありいかりや長介がリーダーとなってドリフターズを受け継ぐことになる。 その後、メンバーの入れ替えがあり、今のメンバーになった。 出身・家族・学歴 兄弟 出生国 出生地域 高校 静岡県立吉原高等学校定時制課程吉永分校 大学 家族のエピソード・詳細 いかりや長介は3回の結婚歴がある。 最初は東京に上京してきた時に一緒に住んだ女性。 この女性との間には長男・長女の2人の子供がいるも1978年に離婚する。 その後すぐ再婚しますが2回目の奥さんは1989年に他界している。 現在の家族は、幼なじみと結婚式を挙げるが籍は入れなかった。 1999年には初孫も誕生している。 解散・引退について 周囲からの評判 いかりや長介は「ザ・ドリフターズ」のメンバーからはかなり恐れられていた。 それはコントに関して容赦なく厳しかったから。 しかしメンバーの志村けんは「頭の上がらない師匠」と称えており尊敬している。 俳優業をするようになってからも、その信頼は厚かった。 ファンからもコメディアンの頃の顔と一転して、渋い俳優として活躍していた。 2004年3月に他界した時も、通夜には「ザ・ドリフターズ」メンバー加藤茶・高木ブー・仲本工事・志村けんや「踊る大捜査線」で共演した織田裕二・柳葉敏郎・深津絵里・水野美紀も、そろって弔問に駆けつけ、芸能関係者、ファン合わせて約3500人が参列した。 整形 好きな食べ物 いかりや長介の好きな食べ物はパスタ・ジンギスカン・かつおのたたき・匂いのきついチーズ・油揚げ。 油揚げは一口大に切って焼いて食べるのが好き。 公式サイト・SNS.

次の

いかりや長介の息子は現在も父を守り続けている!

いかりや長介 エピソード

いかりや長介について 「ザ・ドリフターズ」のリーダーとして、TBSの『8時だョ! 全員集合』や、フジテレビの『ドリフ大爆笑』など、80年代のテレビを賑わせていた。 『全員集合』での「オイッスー!」「次、行ってみよう」、『ドリフ大爆笑』"もしものコーナー"の「だめだこりゃ」などのフレーズが有名。 そんな「ザ・ドリフターズ」も最初はコメディアンではなく、音楽バンドだった。 いかりや長介はスティール・ギターを担当していたが、後にベースに変更する。 晩年出演したキリン・ラガーのCMでベースを弾いている姿を見せてくれた。 コメディアンを辞めた後は俳優に転身し、「踊る大捜査線シリーズ」や「火曜サスペンス劇場『取調室』シリーズ」「月曜ミステリー劇場『弁護士猪狩文助』シリーズ」などで活躍していた。 基本プロフィール 好きなタイプ 性格 いかりや長介の性格は 冗談が通じない性格で、恐ろしいだけでなく、礼儀やしつけにも厳しかった。 非常に真面目な性格で、凝り性でもあったので、「ザ・ドリフターズ」のコントを考える会議でも一切妥協せず、ストイックに面白いものを作り上げていた。 短気でもあったが、リーダー気質も兼ね備えた人。 そしていかりや長介が自分の家を持ったのは50歳の時という。 それはメンバーが幸せになってから最後に家を建てる…という思いからこのタイミングになったそう。 こんなにメンバー思いないかりや長介だからこそメンバーはどんなに厳しくてもいかりや長介から離れることがなかったのだろう。 趣味 いかりや長介の趣味は海外旅行。 特にアフリカが好き。 いかりや長介のアフリカ通は芸能界でも評判で、いかりや長介をメインレポーターとしたアフリカ紀行番組もたびたび放送されたことがある。 子供の頃はまだ戦時中だったのでラジオを聞くのが唯一の楽しみで、その中でも落語中継に熱中していて、小学校に入る頃には好きな演目を暗唱できるほどになっていた。 中学時代になると喜劇映画に熱中した。 この頃からコメディアンの道が開き始めたのかもしれない。 特技 いかりや長介の特技はハーモニカ・ベース。 音楽は「女の子にモテたい」という理由から始まりましたが、東京に上京してベーシストとして活躍していた頃、日本におけるチョッパー奏法の元祖と語られている。 いかりや長介の弾き方はチョッパー奏法と少し違い、親指で弦を弾くというもの。 たまに勢い余って親指で弦を叩くこともあり、この親指弾きのスタイルがいかりや長介の弾き方として世間に認知された。 親指でベースを弾くことを「長介弾き」とか「いかりや奏法」と呼ばれていた。 デビュー前の経歴 いかりや長介が4歳の頃、母親が結核で病没する。 本所区横川国民学校(現在の墨田区立横川小学校)卒業後、1944年には戦争の激化に伴って静岡県の吉原市へ疎開する。 中学卒業後は静岡県立吉原高等学校定時制課程吉永分校に進学したが中退して、静岡の製紙工場に勤め始める。 仕事仲間とバンドを結成してダンスホールで活動していた。 1959年にミュージシャンを目指して東京に上京し、新宿二丁目のアパートで暮らす。 1962年に加藤茶と同じ時期に、小野ヤスシやジャイアント吉田などが所属していた「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加するが、色々な事情がありいかりや長介がリーダーとなってドリフターズを受け継ぐことになる。 その後、メンバーの入れ替えがあり、今のメンバーになった。 出身・家族・学歴 兄弟 出生国 出生地域 高校 静岡県立吉原高等学校定時制課程吉永分校 大学 家族のエピソード・詳細 いかりや長介は3回の結婚歴がある。 最初は東京に上京してきた時に一緒に住んだ女性。 この女性との間には長男・長女の2人の子供がいるも1978年に離婚する。 その後すぐ再婚しますが2回目の奥さんは1989年に他界している。 現在の家族は、幼なじみと結婚式を挙げるが籍は入れなかった。 1999年には初孫も誕生している。 解散・引退について 周囲からの評判 いかりや長介は「ザ・ドリフターズ」のメンバーからはかなり恐れられていた。 それはコントに関して容赦なく厳しかったから。 しかしメンバーの志村けんは「頭の上がらない師匠」と称えており尊敬している。 俳優業をするようになってからも、その信頼は厚かった。 ファンからもコメディアンの頃の顔と一転して、渋い俳優として活躍していた。 2004年3月に他界した時も、通夜には「ザ・ドリフターズ」メンバー加藤茶・高木ブー・仲本工事・志村けんや「踊る大捜査線」で共演した織田裕二・柳葉敏郎・深津絵里・水野美紀も、そろって弔問に駆けつけ、芸能関係者、ファン合わせて約3500人が参列した。 整形 好きな食べ物 いかりや長介の好きな食べ物はパスタ・ジンギスカン・かつおのたたき・匂いのきついチーズ・油揚げ。 油揚げは一口大に切って焼いて食べるのが好き。 公式サイト・SNS.

次の

志村けんといかりや長介の仲は介護ができない親子に似ている

いかりや長介 エピソード

今週 4月5日 金 21時から放送の、 中居正広の金スマスペシャルにて、 志村けんさんが今は亡き「 いかりや長介」さんへの思いを涙ながらに語ります。 志村けんさんと言えば、「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして、バカ殿様などの人気番組にも出演している国民的お笑いタレントですね。 高校卒業前にいかりや長介さんの元に弟子入りし、 「 けん」という芸名は父親である 憲司さんからとったそうです。 今や、知らない人などいないほどの人気お笑いタレント・志村けんさんですが下積み時代もあったそうで、 月給5000円で生活していたこともあったのだとか。 師匠と弟子という関係だった二人には、どんなエピソードがあるのでしょうか? それでは、まずお二人のプロフィールをご紹介します。 志村けんのいかりや長介さんへの思い この2人は天国でも お笑いの話をしてるのだろうか… ご冥福をお祈りします。 顔は思った以上にでかいんですね。 あんまり見ちゃいけないんだけど、見てしまって。 確かに唇出てんなって。 」とユーモア交じりに話し、笑いを誘いました。 いかりやさんはドリフ映画内で「 下唇」と呼ばれることもあったそうです!笑 また、いかりやさんの息子さん浩一さんがある番組内で、ガンで闘病していた時のエピソードを語りました。 その中では、 亡くなる3・4ヶ月前に自分でチケットを手配し、志村けんの舞台を観に行ったこと。 他にもいかりやさんが亡くなる直前に書いたと思われるメモ書きが残っており、得意技として「オッス!」「次行ってみよう!」「駄目だこりゃ」などの走り書き共に、 「加藤、志村、えらい」などと記されていたことを明らかにしました。 そのエピソードに対し、志村けんさんは「1人じゃ何もできないってすごく感じます。 家族や周りの人の力がないと何も…」と感じ入っていました。 闘病中の中、志村さんの舞台を見に行ったり、メモ書きの内容からも志村さんへの愛情を感じますね。 2004年3月にいかりやさんが亡くなった際には、 「やっぱり、つらいですよね、師匠ですから。 そういう時って悪いこと思い出さないんですよ。 」 と志村さんは語りました。 ドリフターズは当初、渡辺プロダクションに所属していました。 当初はナベプロからもらったもらった給料をいかりやさんがメンバーに分けていたそうですが、その後「ドリフターズ事務所」を設立しました。 そこから、給料の取る配分が変わっていき、結果的にいかりやさんがメンバーに配分する給料を 横取りしていたと言います。 当時、ドリフターズ営業だけで 1500万円はもらっていたと言い、それを事務所から聞いたメンバーが「俺たち何ももらってないじゃん!」と 不満が爆発したそうです。 そりゃあ、誰だって自分が汗水垂らして稼いだお金を、いくらグループのリーダーとはいえ横取りされてしまったら、信じられなくもなるし怒るのは当然ですよね。 「8時だよ!全員集合」が番組終了して以来接点が少なくなった二人。 たまにいかりやさんが志村さんと顔を合わせる機会があり、志村さんと会話をすると、その会話の内容をいかりやさんは家族に嬉しそうに語っていたそうです。 亡くなる3・4か月前に自分でお金を払い、周りに何も言わずに志村さんの舞台を見に行ったエピソードに関しては、「 直接楽屋に来て感想言ってほしかったですね。 」と涙ながらに語りました。 二人の間には、師匠と弟子という関係を超えて、家族のような絆があったのかもしれません。 【志村けんのいかりや長介への思い】確執を乗り越えてまとめ 今は亡き国民的お笑いタレントであった志村けんさんと、いかりや長介さん。 同じグループのメンバーとして一世を風靡した二人ですが、その中で様々な出来事があったようです。 ですが、いかりやさんは亡くなる直前まで志村さんの舞台を見にいったり、志村さんを 大切に思っていることが伺えます。 志村さんは今まで「天才!しむらどうぶつ園」などの番組で活躍されていましたが、それも 苦労をした下積み時代があってのことなのかもしれません。 今回の志村けんさんの訃報は、日本中に悲しみをもたらしました。 もっともっと、ご活躍されて国民に笑いを届けていってほしかったです。 心から、ご冥福をお祈り申し上げます。

次の