せい の な な。 「せい」の索引 1ページ目

霜降り明星、騒動を「笑いで跳ね返した」 せいや2時間ボケ倒し...報道後初ラジオに爆笑&称賛: J

せい の な な

「言葉で表すより芸人としての表現・やり方でアンサーしてる」 ラジオは冒頭からフリートークなしで「ポケットいっぱいの秘密」のコーナーが始まった。 せいやさんがファンである歌手アグネス・チャンさんの同名曲にのせ、リスナーから寄せられた「秘密」を紹介していくコーナーと銘打っているが、実際に読み上げられるのは雑学から日常の出来事まで取り留めがない。 読み上げた後せいやさんが唐突かつ多くは意味不明にボケ始め、粗品さんがツッコんでいくのがお決まりで、同番組において最も無秩序なコーナーとしてコアな人気を誇る。 なお番組公式サイト上では終了したコーナーとして扱われている。 通常は扱うとしても5分程度しか割かない同コーナーだが、今回は冒頭から終了までなんと2時間ぶっ続け。 延々とマシンガントークを繰り広げ、せいやさんがレパートリーとする桑田佳祐さんや武田鉄矢さんらのモノマネ、「笑っていいとも」の寸劇なども突然飛び出した。 脈絡のない話が次々と展開され、リスナーは爆笑。 自己紹介含め落ち着いたトークは一切なし。 せいやさんをめぐる文春報道のことも最後まで触れることはなく、2時間。 ツイッター上では「#霜降り明星ANN0」がトレンド1位に入り、こんな声が。 「あれこそ芸人だったし、コンビだったし、愛だったし、霜降り明星だった」 「彼らの言葉で表すより芸人としての表現・やり方でアンサーしてる感じ、痺れる」 「トークらしいトークは一切なく、自己紹介すらせずにカオスなコーナーをやり続け、ただひたすらにボケ倒し、ツッコミを入れ続けるという凄まじい放送。 芸人としての霜降り明星の答え、最高にカッコイイし何より二時間ずっと面白かった」 「この報道直後のラジオで意味わからん内容で2時間ふざけまくって粗品と笑いで跳ね返してて草」 「霜降り明星のオールナイトニッポン0、何を話すのかなー?と期待して聴いたら文春に全く触れずに2時間ボケ倒してた。 スゴいわ、せいや」 「間違いなく、伝説の回だった。 それに立ち会えたことに感動」 「格好よかったなー」「流石です。 凄かった」 「カオス」な放送ではあったが、途中コンビの処女作の漫才を披露。 「これでオーディション受かったんですわ、吉本(興業)の」(せいやさん)、「吉本に入ったきっかけのネタや」(粗品さん)などと笑顔で回想するシーンもあった。 こうした場面も含め「初心、か 感動回やん」という声もあがっていた。 テレビプロデューサーでANN0水曜パーソナリティの佐久間宣行氏は「格好よかったなー」と一言。 テレビプロデューサーの藤井健太郎氏も「流石です。 凄かった」と手放しで称賛した。 お笑いタレントでYouTuberのパーマ大佐(26)も「かっこよすぎる」と投稿した。 放送後、ライブ配信サービス「ミックスチャンネル」では2人のアフタートークを配信。 粗品さんは「僕ら見えませんけど、コメントが(画面の)下に流れてますよね。 せいやさんを労わってあげてください、皆さん。 十分届いていると思います、コメント」との言葉を残した。

次の

《突然ズボンを脱ぎ…》お笑い第7世代「霜降り明星」せいやが面識ナシの一般女性に“ZOOMセクハラ”

せい の な な

昨年、コロナ感染症の発生前に香港だったと思うがアジアの製薬関連の会を開いた際に、SoseiHeptares社の田村社長が招かれていた。 J&jは製薬もあるがそれ以外を含めたら世界に冠たる巨大企業で有る。 Mシリーズが変換された場合はJ&Jが導出の第1候補であろうと予てから予想していた。 アルツハイマー病の治験の治験は今のところ全滅である。 蓄積物質アミロイド、タウは除去できても病気の進行は止めることになるだろうが、病状の回復には繋がらないのでは、そこで神経細胞の残された予備力を賦活し症状を副作用無くHeptares社のムスカリン受容体作動薬でアセチルコリンを増強するMシリーズは世界のメガファーマが欲しいものであると思う。 日本の投資家はそれを見誤っているのでは。 いずれ機関投資機関がその株の保有高を増やす手来るだろうと予測する。 aho寿司屋、アストラゼネカのWebサイトに、こんなのがあったぜ。 お前のアンジェス、また大損野郎になるぞ。 アストラゼネカ、日本政府と日本国内における新型コロナウイルスのワクチンの供給に向けた協議を開始(公開日 2020年 6月 26日) アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)は、同社が英オックスフォード大学と開発を進める新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の日本国内における供給に向けて、日本政府と具体的な協議を進めることに合意しました。 アストラゼネカは世界的に公平なワクチンの供給を目指しており、世界中の政府や関係機関、製造業者とパートナーシップを締結し、ワクチンの開発、配分、供給に取り組んでいます。 できるだけ早期の供給開始を目指し、開発と並行して生産能力の増強にも全力で取り組んでいます。 また、アストラゼネカはパンデミック期間中においては、営利を目的とせずワクチンを供給することを考えています。 アストラゼネカは日本においては、第一三共株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:眞鍋 淳)、Meiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 大吉郎)、KMバイオロジクス株式会社(本社:熊本市北区、代表取締役社長:永里 敏秋)と協力し、ワクチンの国内安定供給に向けて最大限の努力をしてまいります。 具体的には、海外からの原液供給を受けた後に、アストラゼネカと三社はパートナーとして協力しながらバイアル充填から保管・配送といった接種のために必要な準備を進めることに合意しました。 パートナー企業は、日本政府による「新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業」の設備の活用も検討される予定です。 571 強く買いたい 2016年のニュースでそーせいCVCからSoseiRMF1に切り替えている記載が確かにありますね。 内容は名称の変更だけで中身は殆ど変わらないようです。 瑞穂からの融資で運営していて、投資対象は再生医療分野のようで9社ほどに投資、ステリヌムが先にIPOを果たし、モダリスが2件目になるようでIPOの趣意書に株主としてSoseiRMF1が記載されています。 ホームページに関連企業として記載されていないことも確かで、名目だけで主体はみずほなのでしょうか。 その辺の詳細はIRに確認が必要ですね。 SoseiHeptares社に対しての基本的な指示の姿勢は変わらないのですが、企業としては些か疑問を感じるところがあります。 クレヨン氏の指摘するような基礎的な研究は抜群なものがありますが、CVCの件やJITUBO社(ペプチドドリームと協業することになったのだから)をどう位置づけするのかなど、研究所では無く企業なのだからもう少しすっきりしてもらいたい。 予てからクレヨン氏が取り上げたような水分子の問題とか他のバイオでは無視しているようなことを綿密に研究するのは良いが、GPCRに関連したですから。 AbbVie社との提携が成立したのもそうした着実な研究があっての事だろうが、しかし、利益追求が企業で有るとしたら、今一度研究内容も吟味した方が良いのではないかと思うこともあります。 Heptaresの文献を読んでいると次から次へと話題が広がり、出発点がどこだったか分からなくなる事があります。 曾て小生はそーせいは小さな総合商社のようだと投稿したことが有りますが、余りに広範な分野に手を出しているようです。 CFOはかなりしっかりしているようですから、その辺を改善して呉れることを期待します。

次の

《突然ズボンを脱ぎ…》お笑い第7世代「霜降り明星」せいやが面識ナシの一般女性に“ZOOMセクハラ”

せい の な な

性交は生殖、すなわち精子と卵子が結合するために行われる交わりをいうが、ヒトでは陰茎を腟 ちつ に挿入し精子を放出することをさす。 陰茎を腟内に挿入するためには勃起 ぼっき が必要で、勃起がなければ性交は不可能である。 勃起した陰茎が腟の中に挿入され両者の摩擦によって性感が高められ反射的に射精がおこる。 このような性行為の全過程を完全に果たすためには、男性側では性欲、勃起、性交、射精、オーガズムのいずれの要素も十分であることが必要で、これらの要素の一つでも欠けるかあるいは不十分だと満足な性行為は不可能であり、このような状態を性機能障害とよんでいる。 男性ではこのように多くの要素がそろわなくては性行為の完遂は不可能であるが、女性ではかならずしもすべての要素がそろわなくても性交は可能である。 また男性と女性では性反応が多少異なるので、一致させるために前戯や後戯が必要となる。 男性では性感は急激に高まり、オーガズムに達すると急激に消退し、しばらくの間どのような性的刺激を加えても反応しない時期があるのに対し、女性では男性に比べて緩やかな性感の高まりを示し、オーガズムに達してのちも消退は緩やかで、この間に適当な性的刺激を加えると、ふたたびオーガズムに達することも可能で、この点が男性とまったく違う点である。 このように男女の性反応の違いをお互いに知ったうえで、性感がもっとも高まるようなくふうをする必要がある。 そもそも性感帯などは個人によってまったく異なるものであるから、どこにもっとも鋭い感覚があるかは経験を通して体得するもので、要するに夫婦でもっとも満足のいく個性的な性生活パターンをお互いにつくりだしていくことが肝要である。 また、性行為を通じて感染するいわゆる性感染症は個人的にもまた社会的にも大きな問題になってきており、その予防や受胎調節を含めた性教育の重要性が強調されている。 [白井將文] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の