ロケット サイダー 歌詞。 ”ロケットサイダー” by ナユタン星人

”ロケットサイダー” by ナユタン星人

ロケット サイダー 歌詞

10代のあなたにこそぜひ聴いて欲しい この曲をオススメしたい相手は、特に10代の方。 さらに言うと、今まさに恋をしている、という人。 一夏の恋って、楽しくて、でもなぜか切ないですよね。 そう思える人なら、きっとハマるはず。 曲の雰囲気はもちろんのこと、歌詞に込められたメッセージ性もあなたに刺さりますよ。 意味深な歌詞の内容についてはこの記事の後半でじっくり書かせて頂きますので、ぜひ最後までお付き合いください! 「ロケットサイダー」とは? 「」は2015年8月4日にニコニコ動画で公開されたボカロ曲です。 使用VOCALOIDは初音ミク。 作者であるナユタン星人、2作目のボカロソングに当たります。 曲のキャッチーさ、歌詞のメッセージ性が聴いた人の心を掴み、徐々に再生数が伸びていきます。 2018年には100万再生を突破!2019年2月現在では150万再生を越えている超人気作品です。 2015年11月にリリースされたナユタン星人初のアルバム「ナユタン星からの物体X」に収録されていますので、気になる方はチェックしてみてください! 宇宙人?作者のナユタン星人について 続いては作者であるナユタン星人のご紹介です。 ナユタン星人は2015年7月1日に投稿された「アンドロメダアンドロメダ」でボカロPとしてデビュー。 曲作りからイラスト、動画制作まで全てをこなすマルチクリエイターです。 注目すべきは作品イメージの一貫性! どの曲もキャッチーなバンドサウンドを軸にしており、リズムはダンスロック調の四つ打ちを多様。 そして動画のデザインが統一されていて、サムネイルを見るだけで「あ、ナユタン星人だ!」と分かります。 かわいらしいキャラクターたちが踊る様子を見てハマった方も多いはず。 して、ナユタン星人、その正体は?と気になるところですね。 正体は宇宙人です。 ふざけてないです。 その星にいる頃からニコニコ動画をチェックしており、地球侵略(楽曲制作やアルバムリリースなど)の作戦を立てていたのだとか。 時々、宇宙人設定を後悔しているそうですが…ちょっと何の話か分かりませんね。 清涼感あふれるポップロックチューン それではここからは曲の中身について書いていこうと思います! まず語りたいのがサウンド! BPM速めの四つ打ちダンスロックです! エネルギッシュで気持ちいいギターフレーズが耳に飛び込んできますね。 音像だけで「ロケットサイダー」というタイトルがぴったりだなと思えます。 ナユタン星人によるどの曲にも言えることですが、これ以上ないぐらいのポップセンスが感じられます。 イントロのメインリフはシンセサイザーで、キラキラした音色が印象的。 曲の爽やかな方向性をバシッと決めていますね。 初音ミクの調教はかわいい印象が強く、巻き舌のようなミキシングが特徴的。 オートチューンというエフェクトで作られる、通称「ケロボイス」のイメージ。 それがアクセントとして効いていて、そこの部分だけを何度も聴き返したくなります! 歌詞で語られるのは切ない夏の恋物語 では続いて、歌詞の内容を紐解いていきましょう! ---------------- 拝啓 人類は快晴なんか失くして 大抵が最低です。 廃材置き場の毎日で 「衛星都市にいこう」あなたは言った。 「人類は快晴なんか失くして」つまり曇り空のことですね。 常にどんよりとした天気の地球、そして「廃材置き場」で過ごす毎日に「大抵が最低」だなと感じている主人公。 そんな中「あなた」に「衛星都市にいこう」と誘われます。 「あなた」との宇宙の旅に、主人公は何を思うのでしょうか。 「衛星都市」なんて言いながら、どうせ何にもないんだろうなと想像し、多分「あなた」とそのくだらなさを笑い合うんだろうな。 そして、2人は恋に落ちる、と。 甘酸っぱいですね! なんとなく「旅の果て」はどうなるか想像できるけど、そんなことは今は「知らないふり」。 自分と「あなた」への気持ちに、正直に向かい合う主人公です。 「週末」という表現がまたいいですね! 目的地は月の裏側、という遠い遠い場所なのに、週末にちょこっと行ってみるか!という風な言い方。 主人公のまっすぐさがよく出ているフレーズです。 しかし8月に雪?おかしいですよね。 冒頭の歌詞にあったように、この曲の世界の地球には異変が起きています。 8月に降る雪もその一つ。 そして「崩壊する都市」。 さらには「それは最後の夏でした」と。 これは世界の終わり、地球の滅亡を指していると言えます。 終わる世界の中、その最後の夏に「あなた」と恋に落ちる。 この章のタイトルで、曲の歌詞のことを「切ない夏の恋物語」と表現しました。 その理由がこれです。 ---------------- 終末、ぼくらは月の裏側で 傷つけ合うのなんて 馬鹿らしくて 笑いあうだろう それからぼくらは恋におちて ふたり気付いていたって もうね、この夢は さめないよ。 さきほど「週末」だった部分が「終末」に変わっていますね。 世界の終わりが綴られた歌詞、ということがはっきりしてきました。 「ふたり気付いていたって」というフレーズ、これは1番サビにあった「旅の果て」のことでしょう。 世界が終わることに気付いていて、でも「この夢はさめないよ」。 世界が終わろうとも、2人の恋は終わらないのです。 ---------------- そうさ ぼくら世界の片隅で 「失くしてばっか」 なんて、心なんて 埋まらなくても 何度もぼくらは 星を巡るよ! うまくいかないことはたくさんある。 でも、それでも「何度もぼくらは星を巡るよ!」ずっと一緒にいよう、と。 宇宙が感じられる壮大な世界観の締めくくりが、誰もが簡単に手に入れられるサイダー、というのもいいですよね。 2人で分け合うサイダーは特別なもの。 これからどうなるかより、2人が今、心を通わせることの方が大切。 これがつまり「1. 5リットりの現実逃避計画」なのです。 「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介! ではここで「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介します! Sou.

次の

ロケットサイダー 歌詞「ナユタン星人」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ロケット サイダー 歌詞

10代のあなたにこそぜひ聴いて欲しい この曲をオススメしたい相手は、特に10代の方。 さらに言うと、今まさに恋をしている、という人。 一夏の恋って、楽しくて、でもなぜか切ないですよね。 そう思える人なら、きっとハマるはず。 曲の雰囲気はもちろんのこと、歌詞に込められたメッセージ性もあなたに刺さりますよ。 意味深な歌詞の内容についてはこの記事の後半でじっくり書かせて頂きますので、ぜひ最後までお付き合いください! 「ロケットサイダー」とは? 「」は2015年8月4日にニコニコ動画で公開されたボカロ曲です。 使用VOCALOIDは初音ミク。 作者であるナユタン星人、2作目のボカロソングに当たります。 曲のキャッチーさ、歌詞のメッセージ性が聴いた人の心を掴み、徐々に再生数が伸びていきます。 2018年には100万再生を突破!2019年2月現在では150万再生を越えている超人気作品です。 2015年11月にリリースされたナユタン星人初のアルバム「ナユタン星からの物体X」に収録されていますので、気になる方はチェックしてみてください! 宇宙人?作者のナユタン星人について 続いては作者であるナユタン星人のご紹介です。 ナユタン星人は2015年7月1日に投稿された「アンドロメダアンドロメダ」でボカロPとしてデビュー。 曲作りからイラスト、動画制作まで全てをこなすマルチクリエイターです。 注目すべきは作品イメージの一貫性! どの曲もキャッチーなバンドサウンドを軸にしており、リズムはダンスロック調の四つ打ちを多様。 そして動画のデザインが統一されていて、サムネイルを見るだけで「あ、ナユタン星人だ!」と分かります。 かわいらしいキャラクターたちが踊る様子を見てハマった方も多いはず。 して、ナユタン星人、その正体は?と気になるところですね。 正体は宇宙人です。 ふざけてないです。 その星にいる頃からニコニコ動画をチェックしており、地球侵略(楽曲制作やアルバムリリースなど)の作戦を立てていたのだとか。 時々、宇宙人設定を後悔しているそうですが…ちょっと何の話か分かりませんね。 清涼感あふれるポップロックチューン それではここからは曲の中身について書いていこうと思います! まず語りたいのがサウンド! BPM速めの四つ打ちダンスロックです! エネルギッシュで気持ちいいギターフレーズが耳に飛び込んできますね。 音像だけで「ロケットサイダー」というタイトルがぴったりだなと思えます。 ナユタン星人によるどの曲にも言えることですが、これ以上ないぐらいのポップセンスが感じられます。 イントロのメインリフはシンセサイザーで、キラキラした音色が印象的。 曲の爽やかな方向性をバシッと決めていますね。 初音ミクの調教はかわいい印象が強く、巻き舌のようなミキシングが特徴的。 オートチューンというエフェクトで作られる、通称「ケロボイス」のイメージ。 それがアクセントとして効いていて、そこの部分だけを何度も聴き返したくなります! 歌詞で語られるのは切ない夏の恋物語 では続いて、歌詞の内容を紐解いていきましょう! ---------------- 拝啓 人類は快晴なんか失くして 大抵が最低です。 廃材置き場の毎日で 「衛星都市にいこう」あなたは言った。 「人類は快晴なんか失くして」つまり曇り空のことですね。 常にどんよりとした天気の地球、そして「廃材置き場」で過ごす毎日に「大抵が最低」だなと感じている主人公。 そんな中「あなた」に「衛星都市にいこう」と誘われます。 「あなた」との宇宙の旅に、主人公は何を思うのでしょうか。 「衛星都市」なんて言いながら、どうせ何にもないんだろうなと想像し、多分「あなた」とそのくだらなさを笑い合うんだろうな。 そして、2人は恋に落ちる、と。 甘酸っぱいですね! なんとなく「旅の果て」はどうなるか想像できるけど、そんなことは今は「知らないふり」。 自分と「あなた」への気持ちに、正直に向かい合う主人公です。 「週末」という表現がまたいいですね! 目的地は月の裏側、という遠い遠い場所なのに、週末にちょこっと行ってみるか!という風な言い方。 主人公のまっすぐさがよく出ているフレーズです。 しかし8月に雪?おかしいですよね。 冒頭の歌詞にあったように、この曲の世界の地球には異変が起きています。 8月に降る雪もその一つ。 そして「崩壊する都市」。 さらには「それは最後の夏でした」と。 これは世界の終わり、地球の滅亡を指していると言えます。 終わる世界の中、その最後の夏に「あなた」と恋に落ちる。 この章のタイトルで、曲の歌詞のことを「切ない夏の恋物語」と表現しました。 その理由がこれです。 ---------------- 終末、ぼくらは月の裏側で 傷つけ合うのなんて 馬鹿らしくて 笑いあうだろう それからぼくらは恋におちて ふたり気付いていたって もうね、この夢は さめないよ。 さきほど「週末」だった部分が「終末」に変わっていますね。 世界の終わりが綴られた歌詞、ということがはっきりしてきました。 「ふたり気付いていたって」というフレーズ、これは1番サビにあった「旅の果て」のことでしょう。 世界が終わることに気付いていて、でも「この夢はさめないよ」。 世界が終わろうとも、2人の恋は終わらないのです。 ---------------- そうさ ぼくら世界の片隅で 「失くしてばっか」 なんて、心なんて 埋まらなくても 何度もぼくらは 星を巡るよ! うまくいかないことはたくさんある。 でも、それでも「何度もぼくらは星を巡るよ!」ずっと一緒にいよう、と。 宇宙が感じられる壮大な世界観の締めくくりが、誰もが簡単に手に入れられるサイダー、というのもいいですよね。 2人で分け合うサイダーは特別なもの。 これからどうなるかより、2人が今、心を通わせることの方が大切。 これがつまり「1. 5リットりの現実逃避計画」なのです。 「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介! ではここで「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介します! Sou.

次の

”ロケットサイダー” by ナユタン星人

ロケット サイダー 歌詞

10代のあなたにこそぜひ聴いて欲しい この曲をオススメしたい相手は、特に10代の方。 さらに言うと、今まさに恋をしている、という人。 一夏の恋って、楽しくて、でもなぜか切ないですよね。 そう思える人なら、きっとハマるはず。 曲の雰囲気はもちろんのこと、歌詞に込められたメッセージ性もあなたに刺さりますよ。 意味深な歌詞の内容についてはこの記事の後半でじっくり書かせて頂きますので、ぜひ最後までお付き合いください! 「ロケットサイダー」とは? 「」は2015年8月4日にニコニコ動画で公開されたボカロ曲です。 使用VOCALOIDは初音ミク。 作者であるナユタン星人、2作目のボカロソングに当たります。 曲のキャッチーさ、歌詞のメッセージ性が聴いた人の心を掴み、徐々に再生数が伸びていきます。 2018年には100万再生を突破!2019年2月現在では150万再生を越えている超人気作品です。 2015年11月にリリースされたナユタン星人初のアルバム「ナユタン星からの物体X」に収録されていますので、気になる方はチェックしてみてください! 宇宙人?作者のナユタン星人について 続いては作者であるナユタン星人のご紹介です。 ナユタン星人は2015年7月1日に投稿された「アンドロメダアンドロメダ」でボカロPとしてデビュー。 曲作りからイラスト、動画制作まで全てをこなすマルチクリエイターです。 注目すべきは作品イメージの一貫性! どの曲もキャッチーなバンドサウンドを軸にしており、リズムはダンスロック調の四つ打ちを多様。 そして動画のデザインが統一されていて、サムネイルを見るだけで「あ、ナユタン星人だ!」と分かります。 かわいらしいキャラクターたちが踊る様子を見てハマった方も多いはず。 して、ナユタン星人、その正体は?と気になるところですね。 正体は宇宙人です。 ふざけてないです。 その星にいる頃からニコニコ動画をチェックしており、地球侵略(楽曲制作やアルバムリリースなど)の作戦を立てていたのだとか。 時々、宇宙人設定を後悔しているそうですが…ちょっと何の話か分かりませんね。 清涼感あふれるポップロックチューン それではここからは曲の中身について書いていこうと思います! まず語りたいのがサウンド! BPM速めの四つ打ちダンスロックです! エネルギッシュで気持ちいいギターフレーズが耳に飛び込んできますね。 音像だけで「ロケットサイダー」というタイトルがぴったりだなと思えます。 ナユタン星人によるどの曲にも言えることですが、これ以上ないぐらいのポップセンスが感じられます。 イントロのメインリフはシンセサイザーで、キラキラした音色が印象的。 曲の爽やかな方向性をバシッと決めていますね。 初音ミクの調教はかわいい印象が強く、巻き舌のようなミキシングが特徴的。 オートチューンというエフェクトで作られる、通称「ケロボイス」のイメージ。 それがアクセントとして効いていて、そこの部分だけを何度も聴き返したくなります! 歌詞で語られるのは切ない夏の恋物語 では続いて、歌詞の内容を紐解いていきましょう! ---------------- 拝啓 人類は快晴なんか失くして 大抵が最低です。 廃材置き場の毎日で 「衛星都市にいこう」あなたは言った。 「人類は快晴なんか失くして」つまり曇り空のことですね。 常にどんよりとした天気の地球、そして「廃材置き場」で過ごす毎日に「大抵が最低」だなと感じている主人公。 そんな中「あなた」に「衛星都市にいこう」と誘われます。 「あなた」との宇宙の旅に、主人公は何を思うのでしょうか。 「衛星都市」なんて言いながら、どうせ何にもないんだろうなと想像し、多分「あなた」とそのくだらなさを笑い合うんだろうな。 そして、2人は恋に落ちる、と。 甘酸っぱいですね! なんとなく「旅の果て」はどうなるか想像できるけど、そんなことは今は「知らないふり」。 自分と「あなた」への気持ちに、正直に向かい合う主人公です。 「週末」という表現がまたいいですね! 目的地は月の裏側、という遠い遠い場所なのに、週末にちょこっと行ってみるか!という風な言い方。 主人公のまっすぐさがよく出ているフレーズです。 しかし8月に雪?おかしいですよね。 冒頭の歌詞にあったように、この曲の世界の地球には異変が起きています。 8月に降る雪もその一つ。 そして「崩壊する都市」。 さらには「それは最後の夏でした」と。 これは世界の終わり、地球の滅亡を指していると言えます。 終わる世界の中、その最後の夏に「あなた」と恋に落ちる。 この章のタイトルで、曲の歌詞のことを「切ない夏の恋物語」と表現しました。 その理由がこれです。 ---------------- 終末、ぼくらは月の裏側で 傷つけ合うのなんて 馬鹿らしくて 笑いあうだろう それからぼくらは恋におちて ふたり気付いていたって もうね、この夢は さめないよ。 さきほど「週末」だった部分が「終末」に変わっていますね。 世界の終わりが綴られた歌詞、ということがはっきりしてきました。 「ふたり気付いていたって」というフレーズ、これは1番サビにあった「旅の果て」のことでしょう。 世界が終わることに気付いていて、でも「この夢はさめないよ」。 世界が終わろうとも、2人の恋は終わらないのです。 ---------------- そうさ ぼくら世界の片隅で 「失くしてばっか」 なんて、心なんて 埋まらなくても 何度もぼくらは 星を巡るよ! うまくいかないことはたくさんある。 でも、それでも「何度もぼくらは星を巡るよ!」ずっと一緒にいよう、と。 宇宙が感じられる壮大な世界観の締めくくりが、誰もが簡単に手に入れられるサイダー、というのもいいですよね。 2人で分け合うサイダーは特別なもの。 これからどうなるかより、2人が今、心を通わせることの方が大切。 これがつまり「1. 5リットりの現実逃避計画」なのです。 「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介! ではここで「ロケットサイダー」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介します! Sou.

次の