賭け 麻雀。 黒川検事長、賭け麻雀仲間は朝日新聞“経営部門の要職社員”か…コンプラ推進すべき立場

賭け麻雀をオンラインで楽しめるDORA麻雀

賭け 麻雀

蛭子能収さんは麻雀賭博で現行犯逮捕 賭け麻雀で逮捕された芸能人といえば、人気漫画家の蛭子能収さん。 蛭子さんは無類のギャンブル好きとして知られ、競艇、パチンコ、カジノに大金をつぎ込むことで知られている。 さすらいのギャンブラーはもちろん麻雀も大好きだが、お金を賭けてやってしまったのがまずかった。 今から22年前の1998年11月、新宿歌舞伎町の麻雀店でその悪夢は起きた。 この日の蛭子さんは絶好調で、勝ちまくっていたという。 蛭子さんの喜ぶ顔が目に浮かぶが、そこへ数人の男たちが登場。 蛭子さん曰く「ガラの悪い人たち」だったそうだが、もちろんこれは警察。 麻雀賭博の現行犯で逮捕されてしまった。 食事抜きで10時間にも及んだという取り調べ。 捜査員に「趣味は?」と聞かれ、「麻雀です」と答えた蛭子さんらしいエピソードは有名だ。 その後、蛭子さんは4か月間タレント活動を自粛。 逮捕後の記者会見では、「もう二度とギャンブルはしません。 賭けてもいいです」との名言を放った。

次の

賭け麻雀認めた検事長、定年後勤務延長なしなら「民間人」? 今後の捜査に影響も(前田恒彦)

賭け 麻雀

初心者の太田をカモった田中 太田光:大体、麻雀ってのはね、人間なんだよ。 人間が出るの。 田中裕二:うん、出ます。 それはもちろん。 太田光:一番人間が出るの。 人を見抜くってことが、麻雀の一番。 だから、データとかじゃないの。 田中裕二:うん。 太田光:パッと見て分かるの。 「強い」とか。 それはもう経験。 田中裕二:経験、ないよね? 笑 太田光:あるよ。 バカ野郎!お前に振り込んで、4万負けたわ。 田中裕二:ああ、4万「点」ね 笑 太田光:てめぇ、忘れたとは言わせねぇぞ。 素人の俺をカモりやがって、この野郎。 田中裕二:4万点だろ? 太田光:小遣い全部なくなったわ、この野郎。 田中裕二:何の話してるのかな。 太田光:四暗刻単騎。 西の単騎だった、今でも忘れもしねぇぞ、バカ野郎。 田中裕二:ああ、あれは俺、見てただけだから 笑 太田光:はっはっはっ 笑 お前、その後、さんざん徹マンして。 田中裕二:それはだって、二抜けだったから 笑 お前がもう、意気消沈して 笑 太田光:ふふ 笑 ヒドイ奴だな、お前はな。 田中裕二:俺はいなかったから、そこには 笑 太田光:ほぼ初めて雀荘行ったぐらいだよ。 田中裕二:ビックリしたんだから。 山ちゃんに振ったんだよな。 太田光:「容赦ないんだ」って思ったからね。 賭け麻雀に理解 太田光:お前の場合は、 ゴルフ 賭けなきゃやらないから。 田中裕二:賭けねぇよ 笑 なんなんだ、その絡み方。 必ず言うけど 笑 太田光:うん。 田中裕二:本当に、ゴルフで賭けるとか、意味分かんないからね。 太田光:だって、「握んなきゃつまらねぇ」って。 田中裕二:言ったことないでしょ?太田さん、ウソはよそう、本当に。 太田光:いや、言ってたよ。 田中裕二:言うわけないもん。 だって、そんな考えないもん。 太田光:「多少は握るよ、それは」って。 田中裕二:いやいや、言ったことない。 太田光:言ってたよ。 田中裕二:俺、握るとか興味ないのよ、正直。 これは本当の話。 太田光:麻雀は? 田中裕二:麻雀は、まぁそれは… 太田光:はっはっはっ 笑 田中裕二:麻雀も賭けないけども、やっちゃいけないからしないけども。 麻雀は、そういう気持ちは分かるんですよ。 気持ち的には 笑 太田光:ボロボロだよ、お前 笑 田中裕二:ふふ 笑 太田光:ボロボロ。 田中裕二:ゴルフとかは別に、たとえば野球だって好きなんですよ。 だけど、野球にしたって、ゴルフにしたって、賭けるみたいな感覚はないから、一切やりません。 カジノには興味なし ネタメール:カジノ法案が通ったので、田中さんがニコニコしている。 田中裕二:俺ね、正直、あんま興味ないんだよね。 太田光:ないんだよね、バカラとかね、ああいうのね。 田中裕二:やったことないし。 太田光:やっぱり賭け麻雀なんだよね。 田中裕二:賭け麻雀もやんないけど 笑 ラスベガスは昔、行ったことあるんだけど。 太田光:うん。 田中裕二:なんつーのかなぁ…「これは勝てねぇよ」って思っちゃうんだよね。 太田光:そうだね。 田中裕二:全部を操縦されてるっていうか、ディーラーの人が。 太田光:やっぱ麻雀なの? 笑 田中裕二:麻雀…競馬とかは自分で馬券を… 太田光:まぁ、ディーラーの手の内だからね、ほとんどね。 田中裕二:そうだし。 スロットとかも、あんまり信用できないっていうか。 「どうせ出ないだろう、こんなの」って思っちゃう方だから。 太田光:うん。 儲からないか。 田中裕二:そうなんだよね。 太田光:麻雀の方が儲かる? 田中裕二:だから、儲かる意味が分からないよ。 ポイント制だから。 太田光:ふふ 笑 大王製紙・井高との共演で 太田光:今度、大王製紙の会長と… 田中裕二:井川 意高 だろ?やんねぇよ! 太田光:麻雀やる? 田中裕二:絶対にやらない! 太田光:レート言いかけましたからね 笑 田中裕二:なんだ、あのドラ息子。 なんで、『サンジャポ』に出てきて、アイツは 笑 太田光:『サンジャポ』で、レート言いかけてましたけど 笑 田中裕二:アイツは、何の反省もしてなかった。 太田光:はっはっはっ 笑 田中裕二:すげぇんだ、ヘラヘラしてたんだから。 太田光:ヘラヘラ 笑 田中裕二:井川 笑 太田光:「やってますよ、まだ。 やってますよ、麻雀」って言ってたんだけど 笑 田中裕二:はっはっはっ 笑 あの男 笑 うん、面白かったんだけどね。 太田光:田中と大王製紙の井川、捕まったら面白いな 笑 田中裕二:やんねぇよ! 笑 冗談じゃない、やんないですよ、俺は。 田中と蛭子能収の共演 アイデンティティ・見浦彰彦:だって、田中さんGoogleで検索したら、「田中裕二 賭け麻雀」で出てきましたよ。 太田光:はっはっはっ 笑 田中裕二:コイツのせいなんだよ。 見浦彰彦:そろそろ、ネットニュースになりそうですよ。 太田光:そろそろ、警察が動くんじゃねぇかって。 田中裕二:冗談じゃないよ。 太田光:さすがに 笑 この間、蛭子 能収 さんとな 笑 田中裕二:この間、蛭子さんがゲストで来ちゃってさ 笑 見浦彰彦:一番ヤバイ 笑 太田光:ヤバイ話になっちゃって 笑 CM入った瞬間にさ、「そりゃそうですよね。 賭けなきゃやってらんないですよね」って 笑 田中裕二:言ってねぇよ 笑 見浦彰彦:それを今、ここで言っちゃダメでしょ 笑 太田光:はっはっはっ 笑 見浦彰彦:言ってないですよね?冗談ですからね、今の。 Mリーグの司会である田中に 太田光:Mリーグは呼んでくれねぇしさ。 田中裕二:ちょっと待って 笑 熱闘Mリーグは、太田さんそれは来て欲しいってみんな言ってますよ。 太田光:だから…俺にジャイの部分をやらせろって。 田中裕二:ジャイの部分、できねぇっていうんだよ。 太田光:MCにしろって。 田中裕二:おかしいだろうが。 それ、俺がやってんだから。 太田光:俺の方が安全だぞ、ハッキリ言って。 田中裕二:ちょっと待ってください。 その後、言わなくていい。 太田光:なにかの時に… 田中裕二:何かもない、何かない 笑 お前はバカじゃないのか、本当に。 太田光:なんでだよ 笑 田中裕二:仮にだよ、仮に俺が何かがあっても、お前にはいかねぇよ 笑 太田光:はっはっはっ 笑 田中裕二:タイタンのタレントとかありえない 笑.

次の

【黒川検事長が辞意】なぜこのタイミング?陰謀論が怪しい!賭け麻雀の新聞社員は?

賭け 麻雀

黒川氏にとって、人生で最も気をつけなければならないこの時期に、この非行であった。 いつもは犯罪者を起訴している検察庁の親玉が、みずから犯罪者の側にも立っていたというのだから洒落にもならない。 そのうえ、賭けマージャンのメンツは産経新聞2人、朝日新聞1人の記者・社員であった。 検察と新聞は「こんなに近い関係なのか」「カルロス・ゴーン事件の時に話題になった検察から新聞へのリークはこうやって行われたのではないか」と考えた人もいるだろう。 処分については、国家公務員法に基づく「懲戒」ではなく、訓告という仲間内での甘い処分に白けさせられた。 5月25日の国会でも黒川氏の処分について政府は追及されているが、のらりくらりとかわす姿勢を続け、再調査は考えていないとしている。 黒川氏の賭けマージャンは刑法犯にはならないのか? 刑法185条は、「賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は過料に処する。 ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。 」と規定する。 賭けマージャンは、金銭をマージャンの勝敗結果という偶然の結果に賭けるものであり、言うまでもなく賭博である。 そして、「金銭はその性質上一時の娯楽に供する物ではない」という判例があるので、但書の例外にはあたらない。 つまり、1円でも賭ければ、賭博罪は成立する。 次の刑法186条1項には、「常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。 」とある。 賭博常習者とは、賭博を反復累行する習癖のある者を言うとされ、報道通り、黒川氏が3年間にわたり、同じメンツで月に2、3回賭けマージャンをやっていたというのであれば、常習賭博罪にも該当する。 確かに、警察や検察はすべての賭けマージャンを検挙しているわけではない。 射幸性の低いものはお目こぼしとなっている。

次の