感電米津歌詞。 米津玄師『感電』歌詞の意味を考察!過去曲との繋がりから新たな世界観を読み解く。

米津玄師『感電』の歌詞は?綾野剛&星野源主演ドラマ『MIU404』の主題歌に!!

感電米津歌詞

MIU404の主題歌として米津玄師さん新曲の「感電」が使用され、またも「アンナチュラル制作チーム」とのコラボを果たし、発売配信はいつからなのか、ネットでは反響を呼んでいます。 やっとドラマも再開しましたね! のドラマ発表から4ヶ月と13日。 予想外のことが起こり、撮影がストップしました。 不安もありましたが、無事に撮影再開できて、今日放送を迎えることができました。 その新曲の「感電」は、ドラマMIU404の主人公が物語に巻き込まれていく様子に共通する部分を、そのまま音楽に落とし込み、力強い詩が印象的な曲になっています。 早速発売、配信はいつからなのか、米津玄師さんの新曲がいち早く欲しいという方に予約開始はいつからなのか調べていきました。 米津玄師さん描き下ろしによる、ジャケットも公開!こちらのアルバムは全15曲収録されています。 【商品形態】• 米津玄師新曲「感電」予約開始はいつ? 予約は現在受付中!• 現在上記のサイトにて予約受付中です。 最短発送はAmazonで8月4日となっています。 歌詞を見てみると「淡い恋」を描いているようで、皆さんが思う「感電」のイメージとは少し異なっている様子です。 「感電」から思わぬ事故での感電というマイナスイメージが出てくるのですが、恋が芽生える時の電気が走ったような衝撃を表すこともできますよね。 今回の「感電」という曲はそういった衝撃や出会った瞬間をイメージしているようです。 歌詞は現在完全には公開されていません。 MIU404の制作チームの脚本家からのコメントから歌詞の意味やイメージを解釈していくと• 嫌になるほど毎日何かが起きる• 暗い気持ち、暗い何かに捕まらないように走り抜けたくなる• テンポは軽やかなのに歌詞は切ない• 現実を受け止める力強い歌詞が印象的 その歌詞はまさに現実的で切ないのだけど、痛快な感じがするようです。 「感電」の歌詞の意味を完全に読み解くには難しい部分がありますが、日常、衝撃、痛快、人間の感情的瞬間をキーポイントに考えながら読み解くといいかもしれませんね。 新曲「感電」の評判や感想 6月26日の22時に初オンエアとなる米津玄師さんの新曲「感電」! 皆さんの楽しみな様子をお届けします!• あと数時間で「感電」が聴ける!! どんな楽曲か楽しみで仕方ないよ ドラマも面白そうだし。 さ、働こ。 気合い入った。 今日、雷記念日らしいね なんとよくできた話だこと!!!!!! 今日は米津さんファンが感電する日だー!!!• まとめ 米津玄師 5thアルバム『STRAY SHEEP』8月5日発売 「Lemon」「Flamingo」「TEENAGE RIOT」「海の幽霊」「馬と鹿」の他、「パプリカ」セルフカバーVer、ドラマ「MIU404」主題歌に決定している「感電」を含む全15曲を収録 — AnimeVoice AnimeVoice MIU404の主題歌「感電」の発売配信や予約開始についていつがスタートなのか見ていきました。 アルバムはいよいよ8月5日に発売されることがわかり、予約は既に行われていることがわかりましたね。 通常盤からおまもり盤まで4種類の形態から購入することが出来るので、ファンの方には嬉しい特典ですね! MIU404はいよいよ今夜22時から放送スタートとなります。 話題となっている米津玄師さんの新曲「感電」を是非リアルタイムでお楽しみください。 追加の配信発売情報につきましてはまた追記させていただきます。

次の

感電 / 米津玄師 の歌詞|≪音楽ダウンロードなら6tag.sixdegrees.org≫最新の音楽配信中!

感電米津歌詞

アンナチュラルの最強チーム復活! 「感電」はTBS系のドラマ 「MIU404」主題歌として書き下ろされた楽曲。 主題歌「Lemon」とともに社会現象をも引き起こしたドラマ 「アンナチュラル」の製作チームと米津さんが再びタッグを組んだということで、非常に大きな話題を呼んでいます。 公開されたMVも斬新で奇抜で衝撃的。 楽曲について米津さんは ドラマのコンセプトと脚本を読ませていただき、受け取ったものがいくつもありました。 自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました。 どんなふうにドラマと一緒になるのか楽しみです。 どうかよろしくお願いします。 とコメントしています。 楽曲には スポンサーリンク 歌詞 逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 回り回って虚しくって 困っちゃったワンワンワン 失ったつもりもないが 何か足りない気分 ちょっと変にハイになって 吹かし込んだ四輪車 兄弟よ如何かしよう もう何も考えない様 銀河系の外れへと さようなら 真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも 僕ら手を叩いて笑い合う 誰にも知られないまま たった一瞬の このきらめきを 食べ尽くそう二人で くたばるまで そして幸運を 僕らに祈りを まだ行こう 誰も追いつけない くらいのスピードで 稲妻の様に生きていたいだけ お前はどうしたい? 返事はいらない 転がした車窓と情景 動機は未だ不明 邪魔臭くて苛ついて 迷い込んだニャンニャンニャン ここいらで落とした財布 誰か見ませんでした? 馬鹿みたいについてないね 茶化してくれハイウェイ・スター よう相棒 もう一丁 漫画みたいな喧嘩しようよ 酒落になんないくらいのやつを お試しで 正論と 暴論の 分類さえ出来やしない街を 抜け出して互いに笑い合う 目指すのは メロウなエンディング それは心臓を 刹那に揺らすもの 追いかけた途端に 見失っちゃうの きっと永遠が どっかにあるんだと 明後日を 探し回るのも 悪くはないでしょう お前がどっかに消えた朝より こんな夜の方が まだましさ 肺に睡蓮 遠くのサイレン 響き合う境界線 愛し合う様に 喧嘩しようぜ 遺る瀬無さ引っさげて たった一瞬の このきらめきを 食べ尽くそう二人で くたばるまで そして幸運を 僕らに祈りを まだ行こう 誰も追いつけない くらいのスピードで それは心臓を 刹那に揺らすもの 追いかけた途端に 見失っちゃうの きっと永遠が どっかにあるんだと 明後日を 探し回るのも 悪くはないでしょう 稲妻の様に生きていたいだけ お前はどうしたい? 返事はいらない 作詞:米津玄師 歌詞の意味・解釈 1番 逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 回り回って虚しくって 困っちゃったワンワンワン 失ったつもりもないが 何か足りない気分 ちょっと変にハイになって 吹かし込んだ四輪車 米津玄師さん特有の、 どことなく不安げで満ち足りない歌詞から楽曲はスタート。 ドラマタイアップではありますが、イントロの何処となく気だるげな雰囲気や、やるせない感情で変なテンションになっている主人公の様子を見るとなんだか 懐かしさに似た感情を覚えます。 過去の楽曲でいうなれば 『でしょましょ』という楽曲に近い感じ。 思えば『でしょましょ』にはこんな歌詞もありました。 獣道 ボロ車でゴーゴーゴー ねえどうしよ? ここどこでしょ? ハンドルを手放してもういっちょ アクセルを踏み込もう 出たい場所に出られず虚しさを感じ、仕方なく四輪車で突き進む。 かなり今回の『感電』冒頭の歌詞に近いものを感じますよね。 こんなところから考察するに、『感電』はドラマの世界観を色濃く反映した楽曲といえど、 あくまで米津玄師という人間のキャンパスの上で描かれたものであることがよくわかります。 兄弟よ如何かしよう もう何も考えない様 銀河系の外れへと さようなら 真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも 僕ら手を叩いて笑い合う 誰にも知られないまま 「真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも…」という歌詞にここでは注目してみます。 米津さんの楽曲では割と頻繁に、 「こんなおかしな世の中だけど僕は呑気に行こう」みたいな姿勢が描かれてきました。 先ほど紹介した『でしょましょ』然り、若干昔の楽曲ですが『百鬼夜行』然り。 「おかしな世の中からの乖離」。 これは言うなれば、米津玄師さんの楽曲の通年のテーマであるといえるでしょう。 今回の楽曲でも 「イカれた夜だけど僕らは人知れず笑い合う」という歌詞は、それに近い構図が組まれているように思います。 また米津さんは前作『馬と鹿』を発売した際に、カップリング楽曲の『でしょましょ』について興味深いコメントを残されています。 (凄惨な事件に対するSNSの反応が)一つ一つ見ていくととても正常じゃないなというか。 何か狂気的な流れが存在しているような気がしたんですよね。 (中略) 例えば正義心だとか義憤っていうものの皮を被って自らの後ろ暗い欲求を正当化しようとするその大きな流れを見た時に、俺はこれに加担したくないと思ったんですよね。 これはコメントのごく一部を抜粋したものですが、 今の狂った世の中への危機感のようなものを米津さんは抱いていて、そこから『でしょましょ』が生まれたのだとのこと。 こうした米津さんの過去の発言を見ていると、先述の「自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました。 」というコメントの 「自分が今暮らしている境遇」というのは 今の狂った世の中のことを指しているのではないか、と個人的には思えてなりません。 何を言いたいかと言うと、この楽曲でいう 「真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも」というのは今の世の中の暗喩であって、タイアップ曲であるこの曲も実は 「 おかしな世の中からの乖離」という米津さん通年のテーマに沿った楽曲なのではないか、ということです。 世の中は狂っているけど、僕らは自分らしく笑っていよう。 そんな方向性で楽曲は進行していくのです。 サビ1 たった一瞬の このきらめきを 食べ尽くそう二人で くたばるまで そして幸運を 僕らに祈りを まだ行こう 誰も追いつけない くらいのスピードで 稲妻の様に生きていたいだけ お前はどうしたい? 返事はいらない サビも先述のテーマに従っていて、 「周りなんか気にせず僕は幸せを掴むんだ」という主人公の意志を感じる内容となっています。 しかしここで、今回の楽曲がこれまでの同テーマの楽曲と大きく異なる点が一点あります。 それは、 これまでの楽曲のどこか退廃的で享楽的な雰囲気が打ち破られているというところです。 これまでの楽曲ではそれこそ 『でしょましょ』の 「異常な世界で凡に生きるのがとても難しい 令月にして風和らぎ まあまあ踊りましょ」という歌詞に代表されるように、周りと一緒でありたくないと感じているものの実際にやることとしては呑気に踊る事ぐらいのものでした。 例示が『でしょましょ』一辺倒になってしまいましたが、例えば 『リビングデッドユース』という楽曲でも希望の見えない世の中が描かれたのち、最後は 「遊ぼうぜ 明けぬ夜でも火を焚いて今」という享楽的な結末に帰着します。 しかし今回の楽曲では 「稲妻の様に生きていたいだけ」「誰も追いつけない くらいのスピードで」のように、明らかに 「絶対に自分は自分らしく生きるんだ」くらいの強い気概が感じられる歌詞が用いられるようになっています。 世界がどんなにおかしなものだろうと知ったことではない。 俺は我が道を行く。 「楽しく生きよう」というスタンスは同じですが、そこにかける熱量が大きく異なっているのです。 また、 「お前はどうしたい? 返事はいらない」という歌詞もかなり強烈。 「俺はこんな世の中でも突き進む。 お前がどうだろうと関係ない。 」とか、あるいは「お前も当然ついてくるよな?」といった類の カリスマ性を感じてしまいます。 そこには、「自分だけでも踊って過ごそう」という過去のどこか自己中心的で享楽的な姿勢はもうありません。 過去の楽曲のテーマを踏襲しつつも、 確実に米津さんは違う方向へと舵を切り始めているのです。

次の

【楽譜あり】感電 / 米津玄師【ピアノ】MIU404 主題歌

感電米津歌詞

ドラマ 『MIU404 ミュウ404 』のエンディング主題歌を 「米津玄師」が担当!楽曲は 「感電」に決定しました。 OPテーマ曲サウンドトラックを担当した「得田真裕」さんの情報はこちらから! 綾野剛・星野源W主演『MIU404』は、警察内部で何でも屋と揶揄されながらも、犯人逮捕にあますところなく力を注ぐ初動捜査のプロと言える「機動捜査隊」(通称:機捜)が、24時間という時間制限において事件解決を目指す、1話完結のノンストップ「機捜」エンターテインメント。 今回は、2020年ドラマ 『MIU404』の 主題歌に決定した「米津玄師 」の新曲『感電』の歌詞や発売日・配信日情報、ネット上の反応など「米津玄師」さんの過去の音楽についても探っていきます。 機動捜査隊員の2人のコールサインを指す「404」。 このサインを歌詞に落とし込まれているんやろうか。 主題歌「感電」の発売日・配信日はいつ? ドラマ『MIU404』主題歌「感電」の発売日は、2020年8月5日にリリースされるアルバム「STRAY SHEEP」に収録されています。 他楽曲「Lemon」「Flamingo」「TEENAGE RIOT」「海の幽霊」「馬と鹿」」など 配信日は2020年7月6日です。 各音楽配信サービスから。 ネット住民 米津さんの曲…「春雷」とか「花と嵐」とかもそうなんだけど電気??自然???それ系のタイトル付いてるやつまじでアホほど刺さり散らかすから今回の 感電 もめちゃくちゃやばい気がする。 歌詞が怖い。 場合によってはときめきで爆散する。 雰囲気がガッチリハマってる。 「たった一瞬のこの煌めきを食べつくそう2人でくたばるまで」 のサビ好き過ぎるし、 「返事はいらない」で曲終了からの、 志摩「一先ず、保留で」 って終わるところめちゃくちゃにかっこいい。 米津玄師さんが手掛けた主題歌「感電」を聴くためだったけれど、歌詞がまさにこのドラマに相応しいなと思ったのが第一印象。 そして中毒性のあるサビが独特。 テイストがFlamingo寄りなのにKEYがlemonに近い…何かの策略なのかな。 1991年生まれ、徳島県出身• シンガーソングライター、イラストレーター、映像作家• 本人名義アルバム『diorama』でソロデビュー(2012年)• 所属事務所:ソニー・ミュージックレコーズ 「米津玄師」さんは、2009年に「ハチ」名義でソロ活動をスタートさせ、幻想性がある物語の濃い楽曲をニコニコ動画にアップしては、若年層を中心として評価される。 メジャーデビューする前は、MVやジャケットワークにおよぶ外観のデザインまで、一人で行なっていた。 以降、バックアップ体制も手厚くなりサポートメンバーを導入して、バンドサウンドの内容の濃いものにする楽曲制作にシフトチェンジし、従来から意識して視野に入れてた「大衆性に富んだJ-POP」の制作がアクティブ化するようになる。 ポピュラーなものを作ることを主体に、日本人であるからこそ、J-POPの音楽を作りたいと主張しており、歌謡曲など先人が築き上げたのをひもといて、歴史に根ざしているものを取り入れ音楽に映し出すことを重要視して取り組んでいる。 若者から50歳を超えた広範囲な世代から支持を得ていることで「このやり方は間違っていなかったんだ」と語っている。 米津玄師ドラマ主題歌・挿入歌・タイアップ曲は? ドラマ『ノーサイドゲーム』の主題歌として起用。 一切告知なしで突如として流れてきたのが「馬と鹿」やったな。 馬と鹿の区別がつかない者を「馬鹿者」と称されるという事になるが、この歌詞では、「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか」というワードや、「僕は知らなかった」という表現は、主演の大泉さんが演じた君島がラグビー初心者だった自分に、アストロズのメンバー達からラグビーの本質部分にに気づかされた意味合いにも解釈される。 「呼べよ花の名前をただ一つだけ、行こう花の咲かないうちに、呼べよ畏れるままに花の名前を」と続けざまに「花」と言うフレーズが出現するが、チームそれぞれの心情を物語っているのを1つに集結させた胸の内を伝えているような歌詞に感じられる。

次の