水ぶくれ 対処。 女医が回答【虫刺され】水ぶくれみたいになったときの対処法

【必見】水ぶくれの正しい治し方とケア方法

水ぶくれ 対処

履き慣れないビーチサンダルで何時間も歩く日に、靴擦れを防ぐのは難しい。 そこで今回はフットクリニック『DG Podiatrist』を設立した足病医のディナ・ゴーヒルが、靴擦れによる水ぶくれができる理由と、それを今すぐ治す方法をイギリス版ウィメンズヘルスに教えてくれた。 足の専門家が教える「靴擦れによる水ぶくれ」への対処法 「靴擦れによる水ぶくれ」とは? ゴーヒル医師によると、靴擦れをして上皮の一部に液体が溜まると水ぶくれになる。 「血清と呼ばれる透明な液体を含むことが多いですが、血液や膿が溜まることもありますよ」 水ぶくれになるのはナゼ? 「水ぶくれは多くの場合、足に合わない靴や足が激しく擦られる靴との摩擦によって、皮膚が剥がれたために生じます」とゴーヒル医師は続ける。 「やけど、凍傷、虫刺され、アレルギー、ウイルス感染や細菌感染も水ぶくれの原因になります」 実質上、水ぶくれは人間の保護機能。 ゴーヒル医師の話では、膨らんだ皮膚がカバーとなって、その下にある傷を守っているそう。 「水ぶくれは治癒しながら、その下にある健康な皮膚層を守るのです」 水ぶくれは潰していいの? ニキビを潰す癖のある人は特に、水ぶくれも潰したくなるかもしれないけれど、そんなことしていいの? ゴーヒル医師いわく、水ぶくれは放っておくのが絶対ベスト。 「ほとんどの場合、自然と水が抜けて乾きますから」 水ぶくれを潰せば痛いのはもちろんのこと、傷が感染症にかかりやすくなり、治りも必要以上に遅くなる。 「水ぶくれが極端に大きかったり、色が変だったり、水ぶくれから他の部位に赤みが広がっていたりする場合は、すぐに足病医に見せ、安全に水を抜いてもらいましょう」 足の水ぶくれを治すには? 「その部位を何かで覆い、清潔に保ちましょう」とゴーヒル医師はアドバイスする。 「専用パッチや絆創膏を貼っておくのもいいでしょう」 水ぶくれは、どのくらいで治るもの? 放っておけば、かなり早く治るはず。 「水ぶくれは、通常数日で自然と治ります」 水ぶくれをもっと早く治すには? 数日も待てない人は自分で水を抜けばいいけれど、この処置は慎重に。 「触る前に必ず手と水ぶくれを洗ってください。 滅菌済みの鋭い鍼で、水ぶくれを下から中央に向かって切りましょう」とゴーヒル医師は注意を促す。 「水が自然と抜けるのを待ち、皮膚を剥がさないようにしてください。 上の方に残っている皮膚で傷口を下まで覆い、上からガーゼを当てましょう」 水ぶくれのできる靴にも、足はいずれ慣れるもの? 「これには個人差がありますし、靴のタイプにもよりますね」とゴーヒル医師。 「もう一度履いたら、やっぱり靴擦れができたという患者さんは多いですが」 「足を痛めつけるのは避けるべきです。 靴の種類は星の数ほどありますが、足は一組しかありませんので、別の靴を見つけた方がいいでしょう」 ウィメンズヘルス編集部がオススメする、靴擦れ防止アイテム 靴擦れしやすい靴を履く時には、こんなテープを自分のかかとや靴が当たる、足の甲に貼っておこう。 すべりが良くなり、靴擦れ知らずで快適に履けるはず。

次の

日焼けで水ぶくれになった時の対処方法や薬、破れた時にはどうするの?

水ぶくれ 対処

スポンサードリンク やけどの水ぶくれの正しい処置方法は? やけどを負うと、しばらく経過してから水ぶくれができてくることがありますよね。 これは、真皮の中層までに及んでいるやけどではありますが、毛穴や皮脂腺、汗腺などは損傷されていないものです。 この水ぶくれができるタイプのやけどは、強い痛みを伴いますし、「真皮にまで達しているということは、跡が残ってしまうのではないか?」と不安になる方も多いでしょう。 ですが、実はこのタイプのやけどは、1~2週間程度で治癒しますし、傷痕も残りにくいのです。 そのため、水ぶくれができたからと言って、慌てることはありません。 水ぶくれができてしまった時には、「破く、そのままにしておくべきか」ということで悩まされますよね。 これについては、正しい処置方法は医師の間でも意見が分かれています。 ですが、素人がむやみに水ぶくれを破いてしまうと、細菌に感染するリスクも高いので、無理に破く必要はないでしょう。 ただ、無理に破くつもりはなくても、何らかのきっかけで水ぶくれが潰れてしまうのはよくあることです。 そのような時には、水ぶくれの部分をよく洗って清潔にしてから、感染を防ぐ処置をしていきましょう。 不安な場合は、病院に行けば、水ぶくれ部分の剥がれている皮膚を取り除いて、感染予防のための処置をしてくれます。 むやみに自己流の処置方法を行うと、手指などに付着した雑菌により感染を起こすリスクがありますので、要注意です。 絆創膏で覆えるくらいの小さなやけどであれば、応急処置として利用してみましょう。 この軽度の火傷までであれば、絆創膏での応急処置が可能です。 方法は、まずやけどの患部をよく冷やします。 この時は保冷剤などは使わずに、常温に近い温度の水で5分程度、冷やした方が効果的です。 患部が冷えたら、ハイドロコロイド素材などの絆創膏を使って皮膚を保護していきます。 このタイプの絆創膏は、湿潤環境を維持する性質がありますので、ヒリヒリする痛みを和らげたり、やけどの治癒を促進したりしてくれます。 ただし、これはあくまでも軽度のやけどのみに行える応急処置です。 症状がひどい場合や、自分で判断するのが難しい場合は、病院を訪れるようにしましょう。 軟膏は、やけどの状態を診てもらってから、医師に処方してもらうようにしましょう。 基本的には、抗生剤軟膏が用いられることが多いです。 軟膏を使った処置方法は、やけどの水ぶくれが潰れてしまった後に効果的です。 ガーゼに軟膏を付けて、これで患部を覆って保護しましょう。 もし、「病院に行く時間が無いから、自宅にある軟膏で応急処置がしたい!」というのであれば、おすすめなのは軟膏ではなく「ワセリン」です。 香料などが入っていない医薬品のワセリンを使って、患部を覆いましょう。 ワセリンは、水ぶくれが潰れてしまった時に露出してしまう「真皮」を、皮膚代わりになって守ってくれます。 また、ガーゼや絆創膏では、やけどのキズとくっついてしまうのではないかと不安な方もいらっしゃるでしょう。 そのような場合には、サランラップの使用がおすすめです。 自宅にあるもので応急処置をしたいなら、ワセリンを塗布してから、サランラップで患部を覆っておきましょう。

次の

意外に知らない正しい水ぶくれの治し方。

水ぶくれ 対処

水道から水を出しっぱなしにして、最低20分は冷やしてください。 やけど直後にしっかり冷やすか冷やさないかで、傷の深度や治りやすさが大きく変わります。 皮膚の深部に熱が及ぶと水ぶくれができやすくなってしまうのですが、 やけど直後に患部をしっかり冷やすと水ぶくれを防げることがあります。 ワセリンなどの保湿剤を塗って、ガーゼやばん創こうで保護してください。 そこで 病院に行くべき目安のひとつにしてほしいのが、「水ぶくれができているかどうか」です。 水ぶくれができているやけどは痕になることがあるので、病院で処置してもらうことをおすすめします。 ただし、これはあくまで目安です。 水ぶくれができていなくても腫れや赤みが酷かったり痛みが強かったりする場合は、病院で診てもらいましょう。 顔や目立つところにやけどをして、色素沈着や痕が不安だという方も、やけどの程度に関係なく病院で処置を受けることをおすすめします。 水ぶくれは潰れると細菌が入って感染症の原因になる恐れがあるので、抗生剤の入った塗り薬や飲み薬の処方を行うこともあります。

次の