デロイトトーマツコンサルティング。 デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の選考/採用情報

デロイトトーマツコンサルティングはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

デロイトトーマツコンサルティング

このページではデロイトトーマツコンサルティング DTC のWebテスト対策についてまとめています。 Webテストの概要 課される試験 Webテスト 詳細 [形式] [対策方法] Web上での能力検査が、ES提出と同時に行われます。 は言語・非言語・英語の3分野に分かれており、およそ60分で25問程度の問題を解いていく形式です。 言語は、文章の空欄補充・文章整序問題、筆者の主張などを答える問題。 非言語は、図形の展開図を答える推測して答えるいわゆる「折り紙問題」など、「判断推理」と呼ばれるさまざまなジャンルが出題されます。 英語は、長文読解の内容理解です。 問題は難しくありませんし、受験者のレベルがものすごく高いわけでもないため、他のコンサルティングファームの筆記試験を突破できた人ならまず合格できます。 先述のように、デロイトトーマツコンサルティングを受ける時期には他のファームの選考を対策し終えていることも多いため、そういった方は特別な対策はあまり必要ないでしょう。 ただし、初めてコンサルティングファームの選考を受けるという方は、一般的なWebテストの対策書、もしくは判断推理の参考書に一度目を通しておいても良いかもしれません。 Webテスト対策についてはこちらのを参照してください。 ファームごとにどのようなWebテスト・筆記試験が課されるかについては、という記事でまとめてありますのでこちらも参考にしてください。

次の

デロイトトーマツコンサルティングはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

デロイトトーマツコンサルティング

気になる項目をクリック• デロイト トーマツの平均年収は約830万円 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、デロイト トーマツ)の平均年収は約830万円ほどです。 は約2億円ほどといわれていますので、平均より1億5,000万円近く多くもらえることになります。• 総合系コンサルティング企業の平均年収ランキングでは第2位 デロイト トーマツは「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する総合系コンサルティング企業です。 同じ総合系コンサルティング企業で平均年収を比較したところ、アクセンチュアに次いで第2位に位置しています。 以下が第5位までをまとめた表です。 順位 企業名 平均年収 1位 アクセンチュア 約850万円 2位 デロイト トーマツ 約830万円 3位 プライスウォーター ハウスクーパース(PwC) 約807万円 4位 野村総合研究所 約811万円 5位 日本アイ・ビー・エム 約774万円 (参考:) 2. デロイト トーマツの年代別の平均年収とは? デロイト トーマツの年代別の平均年収をまとめたものが以下の表です。 年代 平均年収 年収の幅 20代 600万円 530~700万円 30代 750万円 630~900万円 40代 955万円 800~1,200万円 (参考:) 表を見ると、 20代にして平均年収は500万円を超えており、日本企業の平均年収432万円を上回っていることがわかります。 しかし、年収が1,000万円を超えることの多い外資系戦略コンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」や、外資系金融コンサルティング企業「ゴールドマン・サックス」と比べると平均年収は低い傾向にあります。 (参考:) デロイト トーマツでは業務はプロジェクト単位で割り振られるので、 一概の固定の業務があるという訳ではありません。 例えば金融(保険領域)における業務では、「事業戦略策定」「海外展開支援」「オペレーションモデル変革支援」「リスク管理」等を顧客と相対して行います。 シニアコンサルタントの平均年収は約1,000万円 デロイト トーマツのシニアコンサルタントはおおよそ入社5〜8年目の社員が該当し、平均年収は900〜1,100万円のあたりです。 業務内容はコンサルタントと同じくプロジェクトごとにチームで動くためさほど変化はありません。 ただし、より責任ある立場として部下を管理する業務が徐々に増えていきます。 マネージャーの平均年収は約1,300万円 デロイト トーマツのマネージャーはおおよそ入社6〜10年目の社員が該当し、平均年収は1,200〜1,500万円のあたりです。 マネージャーからコンサルティング能力だけではなく、プロジェクトやメンバーのマネジメント能力も期待されるようになります。 シニアマネージャーの平均年収は1,750万円 デロイト トーマツのシニアマネージャーはおおよそ入社10年以降の社員が該当し、平均年収は1,500〜2,000万円のあたりです。 シニアマネージャーはプロジェクトの責任者であるため、コンサルタントとしての高い能力に加えて、チームの高いマネジメント能力も問われる役職です。 デロイト トーマツの働き方に関する口コミ 国の平均と比べて年収の高いデロイト トーマツですが、 その代わり激務だったり、社員の入れ替わりが激しい(解雇率が高い)なんてことはあるのでしょうか。 外資系ならではの働き方について、口コミサイト「」の情報を参考に解説していきたいと思います。 「Up or Out」の文化ではない。 社員を長い目で育てる社風 一般的に年収の高い外資系企業では「Up or Out(昇格するか? 去るか?)」という文化が根付いていることが多く、社員同士の競争も激しく入れ替わりも盛んなイメージがあります。 しかし、 デロイト トーマツは外資系企業としては珍しく、「Up or Out」の文化は弱く、社員もじっくりと長い目で育てていく社風のようです。 若くても、責任の重たい仕事を任せられる社風。 上司もこれまで場数を踏んでここまでやってきた人が多く、失敗しても批判されるより建設的な意見を言われる事の方が多い。 一人一人が社員の成長を大事にしていると感じている。 (引用:) プロジェクト内容によって業務時間はさまざま 「外資系企業だから平日も休日も関係なくハードワークを強いられるのではないか?」と不安の方もいらっしゃると思いますが、労働時間はどれくらいなのでしょうか。 デロイト トーマツでは先ほども説明したようにプロジェクト単位で業務が進んでいくため、労働時間はプロジェクト内容によってさまざまなようです。 基本的には10時〜19時ごろが定時のようですが、プロジェクトによっては深夜を過ぎるケースもあるようです。 公認会計士• 税理士• セキュリティアナリスト• エンジニア• クリエイティブ・UXデザイナー• コーポレート デロイト トーマツのおもな福利厚生 デロイト トーマツでは多くの大企業と同じように、以下のような充実した福利厚生を社員に提供しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張手当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• カフェテリアプラン デロイトトーマツへの転職は「JACリクルートメント」を利用しよう! (引用) デロイトトーマツへの転職は、転職エージェント「」を利用しましょう。 JACリクルートメントは、グローバル・ハイキャリア・高年収求人に強みを持つ転職エージェントです。 つまり、外資系・ハイキャリア・高年収のデロイトトーマツへの転職を、どこよりも的確にサポートしてくれますよ。 また、「アクセンチュア」を始めとした コンサル業界への転職支援実績も多いため、安心して支援を任せられます。 実際にもあるため、デロイトトーマツへの転職ノウハウも豊富です。 登録や利用がすべて無料なのも嬉しいですね。 JACリクルートメントを利用し、デロイトトーマツへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ デロイト トーマツの平均年収は約830万円です。 総合系コンサルの平均年収ランキングでは、アクセンチュアに次いで2位です。 新卒初任給は約500万円で入社5〜8年目を目安に昇進するシニアコンサルタントでは年収900〜1,100万円となっています。 実力次第ですが、シニアマネージャーまで昇進すると年収は1,500万円超にものぼります。 また、デロイト トーマツは外資系コンサルとしては珍しく「Up or Out(昇進するか?去るか?)」という文化ではなく、新卒社員をはじめ、じっくりと長い目で社員を育てていく社風です。

次の

デロイト・トーマツ・コンサルティングのES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの年収は以下のようになっているようです。 デロイトの給与は、BIG4の中では最も高いと考えてよいでしょう。 ただ、年齢や経験、役職によってやはり大きく変わってきます。 また戦略コンサルタントに比べれば金額は低くなります。 (戦コンであれば最低800万円程度貰えるイメージ) 某電力会社案件などで潤っているなどと聞きますし、インセンティブや賞与などを考えると高い年収が期待できます。 特に冬の賞与に反映されるため、人によっては、通常の2倍ほどの賞与がもらえることもあったようです。 また、年俸制で新卒でも530万円という高い給与ではあるものの、家賃補助などはないので最初のうちは給与の伸びを感じにくいかもしれません。 マネージャークラスとなれば、1000万円を超えるため余裕が出てくるでしょう。 1.『』 年収800万以上や外資系への転職に強い 2.『』 評判の良い総合転職エージェント 3.『』 フリーコンサル案件に特化したエージェント 福利厚生は充実している? 各種保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、労災保険 退職金制度、企業年金基金、定期健康診断、自己啓発援助など 諸手当 通勤手当、出張手当のみ 休日休暇 慶弔休暇、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度10 日、最大20 日) 一般的な福利厚生となっており、目立った特徴はありません。 有給休暇も一般的な日数なので、取りやすいかどうかです。 当然、プロジェクトによって左右されるので、土日出勤しなければならないような時もあります。 閑散期やプロジェクトの間には、長期休暇を取得する人もいます。 コンサルなので当然と言えば当然です。 ただ裁量労働なので、自分でスケジュールが管理できればプライベートも確保できるでしょう。 コンサルとしての仕事の早さが問われるので、アウトプットのイメージがつかめないと深夜までタスクを行っている人も多いです。 どのコンサルにも言えることですが、優秀な上司も多いので、ハングリー精神がある人間にとっては成長できる環境ではあります。 精神的にきついと感じる人もいるため退職者もそれなりにいるため、入れ替わりが激しいのは事実です。 デロイトトーマツコンサルティング合同会社の情報 事業内容 4大監査法人の一つであるDeloitte Touche Tohmatsuのメンバーファームでクライアントの事業戦略立案から実行まで一貫して支援しています。 2,300名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のエリアで最適なサービスを提供することを目指しています。 他の外資系ファームと比較すると穏やかな社風で、人材を育成するという風土があるといわれています。 もし、外資系への転職が不安であれば、お時間がある時に以下記事を読んで頂くと良いかと思います。 参考記事: 会社の特徴 4大監査法人のグローバルネットワークを活かしたクロスボーダー、クロスファンクション(コンサルティング、フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務)でのワンストップソリューションの提供が強みといえます。 2006年当時300名程度だった人員は、2017年には2100名以上にまで急増しています。 社内での会社の評価は「堅実な社風」と捉えられており、会社の将来性や成長性、安定性においては高い支持を得ています。 インダストリーサービスでは、日本と米国で混成チームを組成し、日本と米国における銀行業の収支構造やビジネスモデルなどの違いの具体的な調査を行い、トータルサポートを実施しています。 抽象的ではなく具体的なサポートをすることで、クライアントのグローバル展開における大きな足掛かりをつくり貢献することに成功している会社です。 その他にも情報・メディア・通信・資源・自動車などの様々な分野においての活躍が見られます。 あとは、東電案件が何かと話題ですよね。 BIG4について ご存知の通り、デロイトはBIG4の一角です。 日本のBIG4系コンサルとして最も規模が大きく、リーダー企業として存在感を示しています。 その他BIG4については以下にまとめていますので、お時間ある時に読んで頂けると幸いです。 ・ 教育制度の評価と新卒の教育・中途採用の場合の教育は? 各インダストリーやコンピテンシーユニット主催の勉強会などあるようですが、全員が受けるわけではありません。 成長環境かどうかは、所属の上司やユニットの状況に左右されるため、主体的にプロジェクトを選ぶ意思を示すことが必要です。 上司等への相談はしやすいとの話も聞くので、自分の動きによって大きく変わるはずです。 新卒採用の場合には、1. 5か月の研修と1か月のOJTがあるようです。 中途入社になるとペーシックなPCスキルと成果物作成スキルを1週間ほどの研修で教わるようです。 BIG4の中でも年収が高いため、戦略系ファームからの転職者が比較的多い印象です。 専門性の高い人材も募集しているため、事業会社やSIerから転職する方もいます。 転職者に求める資質については、以下のようなものが挙げられます。 「日本の国際競争力の再興」「企業のみならず政府・NGO等を含むクロスセクターでのインパクト創出」という広い視野と志を持つ人• グローバルPJが大半であるため、志向性・語学力は必須のため、英語などを学んできた人• 積極性、協調性、根気強さ・打たれ強さ、泥臭い仕事を厭わない覚悟など、仕事に対して熱意のある人 コンサルファーム出身者であれば、比較的良い条件で、かつ採用可能性も高いため、穴場の転職先と言えそうです。 経験業務 転職を成功させる上で、事業との関連性を経験業務を持って語れることは重要です。 デロイトは、幅広くアドバイザリーサービスを提供しており、一概には言えませんが、代表的な アドバイザリーサービスにおいてどのような経験が求められているかをまとめました。 戦略 ・経営戦略コンサルティングファームでのコンサルタントとしての実務経験 ・事業会社等での経営企画部門・新規事業開発部門での実務経験 ファイナンス ・経理・財務部門における改革プロジェクト経験 ・ 経理・財務部、経営企画部などの計数管理、計画立案を遂行する部門での経験 デジタル ・コンサルティングファームでの実務経験 ・システム開発経験(アプリケーションまたはインフラストラクチャー) ・インターネットサービス企業やWebサイト企画・運営会社などでの実務経験 ・事業会社の経営企画・情報システム部門などでの実務経験 当てはまらないからと言って諦める必要はありません。 自分の経験をデロイトの業務に紐付けることができるか考えてみましょう。 デロイト内部のコンサルタントや転職エージェントに相談すれば、新しいアイデアも生まれるのでオススメです。 求められる人柄や会社の雰囲気など 外資系の割には堅実な社風ではありますが、仕事をこなしていく裁量を持たせてもらうが出来ます。 中途採用者が活躍していることからも、今まで培ってきたコンサルスキル、ITスキルがあれば、非常に活躍しやすい場所であるともいえます。 多忙のためか、飲み会などがあまりされていないとの話もあるので、仕事とプライベートを割り切ってやっていきたい人にも向いているかもしれません。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。 その理由は下記3点です。 Webには出てこないデロイトトーマツコンサルティングのリアルな情報が手に入る可能性がある• デロイトトーマツコンサルティングおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる• 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる デロイトトーマツコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント デロイトトーマツコンサルティングを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。 転職エージェント 登録すべき人 ランスタッド 高年収を目指す、すべての方 Type転職エージェント 年収800万以下のすべての方 アクシスコンサルティング コンサルタント転職を目指す、すべての方 ランスタッド は、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。 39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。 年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。 世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

次の