アイム オンリー ワンコール アウェイ 歌詞。 【歌詞カタカナ】One

【すべて無料で見放題】ギターコード/ピアノコード検索サイト|楽器.me

アイム オンリー ワンコール アウェイ 歌詞

) Tonight (今夜) I just want to take you higher (お前をハイにさせたいだけ) Throw your hands up in the sky (さあ両手を高くあげるんだ) Let's set this party off right (パーティを始めようぜ) Players, put yo' pinky rings up to the moon (遊び人なら ピンキーリングを月にかざそうぜ) Girls, what y'all trying to do? (ねえお嬢さんたち 君達はどうしたいの?) Twenty four karat magic in the air (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) Head to toe soul player (頭のてっぺんからつま先まで筋金入りのプレイヤーさ) Look out uh (さあ見てな) Pop pop, it's show time show time (さあさあ、ショータイムのはじまりだ(ショータイムだ)) Show time show time (お楽しみの時間だ お楽しみの時間だ ) Guess who's back again? (誰が帰ってきたか分かってる?) Oh they don't know? go on tell 'em (おい、知らないのかよ(教えてやれよ)) Oh they don't know? go on tell 'em (おい、知らないのかよ(教えてやれよ)) I bet they know soon as we walk in showin' up (俺達が姿を現せばすぐに分かるはずさ(姿を見せればね)) Wearing Cuban links ya (ゴールドチェーンのネックレスに(そうさ)) Designer minks ya (デザイナーブランドのミンクを身につけて(そうだ)) Inglewood's finest shoes whoop, whoop (足元はイングルウッドのイケてるシューズ(スゲー)) Don't look too hard might hurt ya'self (あんまり見つめすぎると自分が辛くなっちゃうぞ) Known to give the color red the blues (赤だって真っ青になっちゃうほどさ) Oh shit, I'm a dangerous man with some money in my pocket keep up (マジかよ! 俺は金も持ってるヤバイ奴さ (マネしてみろ)) So many pretty girls around me and they waking up the rocket keep up (俺もたくさんの可愛い女の子たちに囲まれちゃって ロケットも発射しちゃうぜ(マネしてみろ)) Why you mad, fix ya face ain't my fault y'all be jocking keep up (何ムカついてるんだよ、不細工なのは俺のせいじゃないだろ 冗談言うなよ(マネしてみろ)) Players only, come on (遊び人オンリーだからな) Put your pinky rings up to the moon (ピンキーリングを月にかざそうぜ) Girls, what y'all trying to do? (ねえお嬢さんたち 君達はどうしたいの?) Twenty four karat magic in the air (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) Head to toe soul player (頭のてっぺんからつま先まで筋金入りのプレイヤーさ) Uh, look out! (ねえお嬢さんたち 君達はどうしたいの?) Twenty four karat magic in the air (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) Head to toe soul player (頭のてっぺんからつま先まで筋金入りのプレイヤーさ) Uh, look out! (さあ見てな!) everywhere I go they be like (俺がどこへ行こうとこんな感じさ) Oh, so player (わあ、一流の遊び人がやってきた) Everywhere I go they be like oh, so player oh (俺がどこへ行こうとこんな感じさ(わあ、一流の遊び人がやってきた)) Oh everywhere I go they be like oh, so player oh (俺がどこへ行こうとこんな感じさ(わあ、一流の遊び人がやってきた)) Now, now, now watch me break it down like uh (ほらほらほら、ブレイクダウンはこんな風にやるんだぜ(おお)) Twenty four karat, twenty four karat magic (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) What's that sound twenty four karat, twenty four karat magic (何だって?( 24カラット、 24カラットの魔法さ)) Come on now (さあ、始めよう) Twenty four karat, twenty four karat magic ( 24カラット、 24カラットの魔法さ) Don't fight the feeling invite the feeling (感情のおもむくままに 自由に) Just put your pinky rings up to the moon (ピンキーリングを月にかざそうぜ) Girls, what y'all trying to do? Tell me what y'all trying to do (ねえお嬢さんたち 君達はどうしたいの?(みんなどうしたいのか言ってくれよ)) Twenty four karat magic in the air (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) Head to toe soul player Hands up! (頭のてっぺんからつま先まで筋金入りのプレイヤーさ(ハンズアップ!)) Put your pinky rings up to the moon (ピンキーリングを月にかざして) Girls, what y'all trying to do? do (ガール、君達はどうしたいの?(さあ)) Twenty four karat magic in the air (そこら中 24カラットのキラキラな魔法で溢れてるぜ) Head to toe soul player twenty four karat uh, look out (頭のてっぺんからつま先まで筋金入りのプレイヤーさ( 24カラットだ)さあ、見てろよ).

次の

【One Call Away の和訳】Charlie Puth(チャーリー・プース)

アイム オンリー ワンコール アウェイ 歌詞

q []. createElement 'script' ;r. hjsv; a. hotjar. 「Unforgettable」から「L-O-V-E」、「The Christmas Song」に至るまで、彼は不朽の名曲を数多く残している。 そのコールの生誕100周年を祝して、ナット・キング・コールの名曲20曲を選定し、ここで称えたい。  1. 同曲は1943年のコメディ映画『HERE COMES ELMER』のサウンドトラックにも使用されている。 1919年3月17日にアラバマで生まれたナット・キング・コール(本名はナサニエル・アダムス・コール)は、シカゴでバプテスト教会の牧師の息子として育った。 「Straighten Up And Fly Right」はコールの父エドワードが説教の際に時々話していた説話を基にしている。 戦時中の本ヴァージョンでは、ジャズ・トリオ編成(ギターはオスカー・ムーア、ベースはウェスリー・プリンス)でのコールによる初期の名演が聴ける。 同曲はチャートの1位にも輝き、その人気は今も衰えない。 ジェフ・ゴールドブラムは2018年に発表したデビュー・アルバム『The Capitol Studios Sessions』でこの曲を取り上げている。 「 Get Your Kicks On Route 66」(1946年) の夫、ボビー・トゥループが作曲した「 Get Your Kicks On Route 66」は、シカゴからロサンゼルスへの旅を歌った楽曲。 アメリカを代表する旅の曲のひとつであると同時に、ナット・キング・コールの代表曲のひとつでもある。 ヒットを記録した1946年のヴァージョンでは、ピアニストとしてのコールの天才的な技術が発揮されている。 ジャズの名手アール・ハインズの影響を受けたコールは、流れるような演奏で至高のスウィングを生むピアニストだった。 「私は寝食の全てをかけてナット・コールを自分に取り込もうとしていました。 つまり彼の声とピアノはあまりに調和している。 私もそうなりたかったんです。 ナット・コールのような演奏をして、仕事をもらいたかったのです」。 そしてそのレコーディングが「The Christmas Song」の決定版となった。 同曲は有名なバラード歌手のメル・トーメとボブ・ウェルズにより猛暑の夏の日に共作された。 トーメの末子でジャズ・シンガーのジェームズは、彼の父とウェルズが最初に同曲を持ち込んだ出版社は同曲を見向きもしなかったと明かす。 「ふたりはその後、当時大人気だったナット・キング・コールに会いました」とトーメの息子は話す。 「一度聴くと、彼はもう一度聴かせてくれと言って『もうどこにも持ち込まないでくれ。 これは僕の曲だ!』と彼は言ってくれました」。 ヒットしたコールによるヴァージョンは、コールの代表曲のひとつに留まらない。 同曲は現代のクリスマスの一部になっている。 「Nature Boy」(1947年) ブルックリン生まれの放浪の作曲家エデン・アーベズは、コンサートの舞台裏で「Nature Boy」の歌詞と音楽をコールのマネージャーに渡したと言われている。 コールは同曲を気に入り、1947年8月22日にレコーディングをした。 この曲はヒット・チャートの1位を獲得し、以降8週に亘りそのポジションを維持した。 「Nature Boy」は難しい曲であり、卓越したバリトン・ボイスで歌われた威厳ある演奏からはコールの技術の高さがわかる。 オーケストラの指揮はキャピトル・レコードの専属アレンジャーだったフランク・デ・ヴォルが担当。 彼のストリングスやフルートの使い方により同曲の胸を刺すような歌詞の魅力が一層引き出されている。 「Mona Lisa」(1950年) 「Mona Lisa」はナット・キング・コールの代表曲のひとつであるだけでなく、20世紀の名ラヴ・ソングのひとつだ。 同曲はレイ・エヴァンスとジェイ・リヴィングストンによって映画『別働隊』のサウンドトラック用に作られ、アカデミー賞の歌曲賞を獲得している。 「Mona Lisa」はもともとシングル「The Greatest Inventor of Them All」のカップリング楽曲としてリリース。 しかしラジオのDJたちはA面曲の代わりに、同曲をプレイするようになったのである。 コールのヴァージョンの編曲は名手ネルソン・リドルが手掛け、レス・バクスター率いるオーケストラが演奏している。 同曲のタイトルはもちろん、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画のことを指している。 コールが同曲に吹き込んだ<柔らかさ>を称賛するは8歳のとき、のど自慢大会で優勝してレコードを作る権利を得た。 そこで彼は、リトル・ジョージ・ベンソン名義で「Mona Lisa」をレコーディングしている。 「あの曲が僕に大きな影響を与えたんです」と彼はのちに語っている。 「Almost Like Being In Love 恋をしたみたい 」(1955年) 「Almost Like Being In Love 恋をしたみたい 」はアラン・ジェイ・ラーナーとフレデリック・ロウによって、1940年代にミュージカル『Brigadoon』のために書かれた曲だった。 コールはこの曲を気に入り、いくつかのヴァージョンをレコーディングしている。 そのひとつが1955年のアルバム『Nat King Cole Sings For Two In Love』に収録された2分のきらめくようなテイクだ。 コールのヴァージョンは映画にも使われ、1993年の作品『恋はデジャ・ブ』でもエンディングに使用されている。 「Almost Like Being In Love」に関して、コールは以下のように語っている。 「多くの曲は同じことについて歌っています、そう愛について。 そこでは勝つか負けるかのどちらかなんですよ」 11. 「Almost Like Being In Love 恋に落ちた時 」(1956年) ヴィクター・ヤングとエドワード・ヘイマンが共作した「Almost Like Being In Love」は1952年にドリス・デイがヒットさせていた。 コールも同曲を取り上げて、魅力溢れるカヴァー・ヴァージョンを生み出した。 コールの弟であるフレディは、ナットの歌の印象的な点として、歌詞をしっかり発音することを挙げている。 彼の感動的な歌声は、リスナーに強烈な印象を与える。 シンガーのスージー・クアトロも、それを聴いたことが子ども時代の大きな出来事のひとつだったと明かしている。 「初めてあの曲を聴いたのは、私がとても多感な頃でした。 私は10歳くらいで、本格的なラヴ・ソングを聴いたのが初めてだった。 姉の部屋で座って聴いては泣いていたんです」 13. 「Ballerina」(1957年) コールが「Ballerina」(「Dance, Ballerina, Dance」と表記されることもある)をレコーディングしたのは、同曲がカール・シグマンによって書かれた10年後だった。 ポーターは同曲を<影響力のある曲>と評し、こう話す。 「これは愛についての曲で、ダンサーがキャリアや自分自身の人生を追い求め、愛は実を結ばない。 コールは独特な存在です。 彼のすばらしい音楽にある非凡な音色やスタイル、究極のクールさには影響されずにいられません」 16. 「 I Love You For Sentimental Reasons」(1961年) ヴォーカル・グループのインク・スポッツの創設メンバーであるディーク・ワトソンは1945年、不朽の名曲「 I Love You For Sentimental Reasons」の作曲に参加。 その16年後、コールはグラミー賞の最優秀アルバム賞にもノミネートされたアルバム『The Nat King Cole Story』で同曲をカヴァー。 彼の甘い歌声は、後の世代のシンガーに影響を与えた。 「僕は彼の催眠にかかったようでした。 ナット・キング・コールの歌は僕にとって薬のようなものなんです」。 そう語るのはアーロン・ネヴィルである。 「ナットは誰もが大好きなシンガーです。 レイ・チャールズやサム・クック、もみんな彼のファンだ。 みんなナット・キング・コールの曲をやりたいと思ったものです」。 コールはアメリカのポピュラー・ミュージックの世界における先駆的な存在だで、人気が絶頂をきわめたころには、アフリカ系アメリカ人としては初めて、テレビ・シリーズのホストも努めている。 それでも彼がルーツを忘れることはなかった。 「L-O-V-E」(1965年) 現代の名ラヴ・ソング「L-O-V-E」はミルト・ガブラー(コメディアンのビリー・クリスタルのおじに当たる)によって書かれた。 すばらしい英語のヴァージョン以外に、コールは日本語、スペイン語、フランス語でもこれをレコーディング。 「L-O-V-E」は、ナット・キング・コールの代表曲として確立された。 コールは音楽において正確性を重視しており、彼の歌は原子時計のように狂いがない。 トランペットにはやラロ・シフリン、らの作品に参加したジャズの世界の巨匠ボビー・ブライアントを迎えている。 ナット・キング・コールが同曲をレコーディングしたのは1964年のことで、そのとき彼は既に肺癌と診断されていた。 ナット・キング・コールは翌1965年、その病を原因として45歳でこの世を去っている。

次の

【歌詞カタカナ】Baby I Love U

アイム オンリー ワンコール アウェイ 歌詞

背景 [ ] ロメオ・ストッダートは『』紙のインタビューにおいて、前作『』(2006年)から本作まで4年の間隔が空いたことに関して「僕達は4年間もロードに出て、全員がそろそろ休みべきだと感じた。 それに、僕達は自分達のスタジオを建設して、ミシェル(・ストッダート)が妊娠したしね」と語っている。 「ア・スタート・ウィズ・ノー・エンディング」、「スローイング・マイ・ハート・アウェイ」、「レストレス・リヴァー」、「アイム・ソーリー」を除く8曲には、が共同プロデューサーとして参加した。 また、前作『ゾーズ・ザ・ブロウクス』に引き続き ()がストリングス・アレンジを担当したが 、カービーは本作リリース前の2009年10月3日に死去した。 収録曲のうち「ハート・ソー・グッド」は、2009年10月よりバンドの公式サイトを通じて無料配信が開始された。 イギリスや日本では、4曲入りライヴEP『Live at Wiltons Music Hall』が追加された2枚組CDのフォーマットで発売されている。 反響・評価 [ ] 本作は前2作ほどの成功に結びつかず、母国イギリスでは2010年8月7日付ので46位を記録するにとどまった。 また、ザ・マジック・ナンバーズの人気が特に高かったスウェーデンでも、トップ60入りは合計4週にとどまり、2010年8月27日付のアルバム・チャートで最高32位となった。 ジョン・オブライエンはにおいて5点満点中3. 5点を付け「デビュー当時の持ち味であった、ワクワクするようなウェスト・コースト風ハーモニーや明らかな1960年代及び1970年代からの影響は、なおもはっきり打ち出されているが、今回はヴァルゲイル・シグルズソンやロバート・カービーの助けを得て、より優雅でオーケストラ的なサウンド・プロダクションに包み込まれている」「本作の実験的な特質は、彼らにチャート上の復権をもたらすとは思えないが、彼らの最も完成度の高い作品ということは否定できない」と評している。 収録曲 [ ] 特記なき楽曲はロメオ・ストッダートとミシェル・ストッダートの共作。 ザ・パルス " The Pulse" Romeo Stodart — 5:17• ハート・ソー・グッド " Hurt So Good" R. Stodart — 4:24• ホワイ・ディッド・ユー・コール? " Why Did You Call? " — 4:34• ワンス・アイ・ハッド " Once I Had" — 4:28• ア・スタート・ウィズ・ノー・エンディング " A Start with No Ending" R. Stodart — 3:55• スローイング・マイ・ハート・アウェイ " Throwing My Heart Away" — 4:11• レストレス・リヴァー " Restless River" — 3:07• オンリー・セヴンティーン " Only Seventeen" — 3:36• サウンド・オブ・サムシング " Sound of Something" — 3:19• ザ・ソング・ザット・ノー・ワン・ノウズ " The Song That No One Knows" R. Stodart — 4:40• ドリームス・オブ・ア・レヴェレーション " Dreams of a Revelation" — 3:26• アイム・ソーリー " I'm Sorry" — 9:21 Live at Wiltons Music Hall [ ]• " Hurt So Good" R. Stodart — 4:34• " Why Did You Call? " — 3:35• " Dreams of a Revelation" — 5:03• " Restless River" — 5:09 参加ミュージシャン [ ]• ロメオ・ストッダート - 、、、、、、• ミシェル・ストッダート - ボーカル、、、マーキソフォン、タン・ドラム、、• ショーン・ギャノン - 、パーカッション• アンジェラ・ギャノン - ボーカル、、、、パーカッション アディショナル・ミュージシャン• ジョージ・アレン - ハモンドオルガン• ロバート・カービー - ・ on 1, 7, 10, 11• Jules Singleton - on 1, 7, 10, 11• Sally Herbert - ヴァイオリン on 1, 7, 10, 11• Gini Ball - ヴァイオリン on 1, 7, 10, 11• Calina De La Mare - ヴァイオリン on 1, 7, 10, 11• Elspeth Cowey - ヴァイオリン on 1, 7, 10, 11• Anna Hemery - ヴァイオリン on 1, 7, 10, 11• Clare Finimore - on 1, 7, 10, 11• Claire Orsler - ヴィオラ on 1, 7, 10, 11• Sophie Harris - on 1, 7, 10, 11• Ian Burdge - チェロ on 1, 7, 10, 11• Liz Bradley -• サイモン・クラーク - 、 on 9, 12• ティム・サンダース - サクソフォーン on 9, 12• デヴィッド・リデル - on 9, 12• ポール・スポング - on 9, 12 脚注 [ ].

次の