倉敷 コロナ 感染。 岡山県倉敷市で初のコロナ感染者は誰でどこ住み?4月に高知県へ出張!

【岡山コロナ】倉敷市で初の感染者!「とうとう出たか」「どう対応する?県知事 市長」 ・・・情報がtwitterで拡散される

倉敷 コロナ 感染

岡山県倉敷市で初めての感染確認です。 倉敷市の30代の男性が8日、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 新型コロナウイルスに感染したのは、倉敷市に住む30代の男性会社員です。 倉敷市で初めて、岡山県では23人目の感染確認です。 倉敷市によりますと男性は4月22日から発熱や喉の痛み、味覚障害などがあり、医療機関を受診していました。 胸部レントゲンで肺炎の像はありませんでしたが、倦怠感が改善せず、8日、PCR検査で「陽性」と判明しました。 男性は4月9日から11日まで同僚3人と一緒に高知県に出張し、12日から21日まで会社に勤務していたということです。 常時マスクを着用し、感染経路は不明ということです。 yahoo. 詳しく見ていきましょう。 倉敷市で初のコロナ感染者の感染ルート、行動歴は? では感染者の感染ルート、行動歴を見てみます。 今回感染したのは30代の男性会社員の方です。 4月22日 37. 4の熱、咽頭痛 4月24日 味覚障害、38度台の熱 4月25日 熱は下がったものの、咽頭痛と味覚障害あり 4月27日 医療機関Aを受診。 肺炎の症状なし 5月4日 症状は治まっていたものの、再び38度の発熱 5月5日 倦怠感、医療機関Bを受診 5月6日 味覚障害が改善 5月7日 医療機関B再診。 肺炎像なし。 帰国者接触者外来受診 5月8日 PCR検査の結果陽性判明 4月22日から症状があったんですね。 一度改善したようですが、再び発熱してしまったということです。 そして詳しい行動歴もわかっています。 4月9日~11日まで、同僚3人と高知県に出張をしていました。 常時マスクはつけていたとのこと。 4月12日~21日の症状が出る前日までは、会社で勤務をしていました。 このときもマスクは常用とのこと。 症状が出た4月22日からは、自宅で過ごしていたということです。 この高知県での出張が感染源?かもしれませんが、まだ詳しい感染ルートが分かっていません。 いったいどこから感染してしまったのでしょうか。 市内で初めての感染となると、どこからの感染だか特定するのが非常に難しそうですね。 倉敷市のコロナ感染30代男性との濃厚接触者は? この男性は一人暮らしだということなので、同居している方の濃厚接触者はいません。 今会社などを含めて倉敷市が濃厚接触者を調査中ということでした。 もし高知県に出張に行ったときが感染源だとしたら、同僚の方だけでなく高知県で接した方なども濃厚接触者になるでしょう。 しかしかなり日数が経っているので、感染していたら症状が出ている可能性が高いですよね。 男性は一人暮らしで症状が出てから自宅で過ごしていたとのこと。 感染しているかもしれないということと、体調が悪い中一人で過ごすのも大変だったのではないでしょうか。 これから入院予定ということですが、早く回復されることを祈ります。

次の

〈新型コロナ〉倉敷市在住の60代男性 帰省先の高知県で感染確認 岡山(KSB瀬戸内海放送)

倉敷 コロナ 感染

岡山、高知県は6日、倉敷市在住の60代の男性会社員が、帰省先の高知県で新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。 一時重症だったが改善しているという。 感染源は不明。 岡山県在住者の感染が確認されたのは初めて。 両県などによると、男性は2月27日、岡山から自家用車で妻と一緒に帰省。 3月1日に39度の熱が出て、食欲不振になった。 2日に医療機関を受診。 3日も症状が治まらずに救急搬送され、5日深夜に陽性が確認された。 現在は、感染症指定医療機関の高知医療センター(高知市)に入院しており、熱も下がり容体は安定している。 妻も高知県内にとどまり、今後検査を受けるという。 岡山県と倉敷市の職員が6日、現地に入り、男性から2月27日以前の県内での行動歴を聞き取り調査している。 詳細は7日にも公表する予定。 今後、職場の同僚が濃厚接触者かどうか保健所が判断する。 岡山県の伊原木隆太知事は記者会見を開き「高知県に帰省する前に県内で感染した可能性もあるため、行動歴などの把握と迅速な情報提供に努めたい」と話した。 高知県の浜田省司知事は会見で「感染経路が明確ではない患者が発生した。 岡山県と協力して特定する」と述べた。 JFEグループ会社の事務職 JFEスチール(東京)は6日、高知県で新型コロナウイルス感染が確認された倉敷市在住の60代男性会社員について、西日本製鉄所倉敷地区(同市水島川崎通)構内のグループ会社社員だと明らかにした。 JFEなどによると、男性は事務職で、不特定多数と接触する仕事ではないという。 勤務は週2、3日。 直近は2月20、26日に出勤した。 同グループ会社では6日、男性の執務フロアを消毒し、同じフロアで働く約40人を帰宅させた。 今のところ発症者はいない。 JFEは「保健所の指導に基づき、適切に対応する。 今後の状況については必要に応じて公表していく」としている。

次の

新型コロナウイルス感染症について

倉敷 コロナ 感染

岡山県倉敷市で初めての感染確認です。 倉敷市の30代の男性が8日、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 新型コロナウイルスに感染したのは、倉敷市に住む30代の男性会社員です。 倉敷市で初めて、岡山県では23人目の感染確認です。 倉敷市によりますと男性は4月22日から発熱や喉の痛み、味覚障害などがあり、医療機関を受診していました。 胸部レントゲンで肺炎の像はありませんでしたが、倦怠感が改善せず、8日、PCR検査で「陽性」と判明しました。 男性は4月9日から11日まで同僚3人と一緒に高知県に出張し、12日から21日まで会社に勤務していたということです。 常時マスクを着用し、感染経路は不明ということです。 yahoo. 詳しく見ていきましょう。 倉敷市で初のコロナ感染者の感染ルート、行動歴は? では感染者の感染ルート、行動歴を見てみます。 今回感染したのは30代の男性会社員の方です。 4月22日 37. 4の熱、咽頭痛 4月24日 味覚障害、38度台の熱 4月25日 熱は下がったものの、咽頭痛と味覚障害あり 4月27日 医療機関Aを受診。 肺炎の症状なし 5月4日 症状は治まっていたものの、再び38度の発熱 5月5日 倦怠感、医療機関Bを受診 5月6日 味覚障害が改善 5月7日 医療機関B再診。 肺炎像なし。 帰国者接触者外来受診 5月8日 PCR検査の結果陽性判明 4月22日から症状があったんですね。 一度改善したようですが、再び発熱してしまったということです。 そして詳しい行動歴もわかっています。 4月9日~11日まで、同僚3人と高知県に出張をしていました。 常時マスクはつけていたとのこと。 4月12日~21日の症状が出る前日までは、会社で勤務をしていました。 このときもマスクは常用とのこと。 症状が出た4月22日からは、自宅で過ごしていたということです。 この高知県での出張が感染源?かもしれませんが、まだ詳しい感染ルートが分かっていません。 いったいどこから感染してしまったのでしょうか。 市内で初めての感染となると、どこからの感染だか特定するのが非常に難しそうですね。 倉敷市のコロナ感染30代男性との濃厚接触者は? この男性は一人暮らしだということなので、同居している方の濃厚接触者はいません。 今会社などを含めて倉敷市が濃厚接触者を調査中ということでした。 もし高知県に出張に行ったときが感染源だとしたら、同僚の方だけでなく高知県で接した方なども濃厚接触者になるでしょう。 しかしかなり日数が経っているので、感染していたら症状が出ている可能性が高いですよね。 男性は一人暮らしで症状が出てから自宅で過ごしていたとのこと。 感染しているかもしれないということと、体調が悪い中一人で過ごすのも大変だったのではないでしょうか。 これから入院予定ということですが、早く回復されることを祈ります。

次の