アイラ 島 ウイスキー。 おすすめの美味しいアイラ島ウイスキーの種類

アイラ・モルト

アイラ 島 ウイスキー

スコッチウイスキーにはいくつか種類がありますがその中でも、一番クセのある産地といえばこのアイラ島でしょう。 この地域で造られるウイスキーはすべて超個性的で、ファンも非常に多いです。 こちらではそんなアイラモルトについてご紹介します。 アイラモルトとは? アイラモルトはスコットランドのアイラ島で造られるウイスキーのことです。 日本でも有名なのは、アードベック、ラフロイグ、ボウモア、カリラなどがあります。 島であることが理由でもありますが、ほとんどの蒸留所が海に近いので「潮の香りがする」と言われたり、大麦を泥炭(ピート)を焚いて乾かすので、そのにおいが付いて「独特のピート香がする」や「スモーキー」とも言われます。 銘柄の中には、独特の甘さから「正露丸」なんて形容されるものもあります。 上記を見ればわかるかと思いますが、その超個性的な味わいから好き嫌いはかなり分かれます。 アイラ島の各蒸留所は世間に媚びることはなく、この「クセ」にこだわっています。 しかし、一度はまったらアイラモルトしか飲まないという方も多くいるのも事実で、熱狂的なファンも多いです。 また、特徴的な味わいからシングルモルトだけでなく、ブレンデットウイスキーのキーモルトとして利用されることも多いです。 アイラモルトをブレンデットウイスキーにするとその特徴が良く活かされてアクセントになります。 日本で有名なものだとジョニーウォーカー黒やバランタイン17年があります。 アイラ島ってどこ? アイラ島はスコットランドの西側に広がるヘブリディーズ諸島の南側にある小さな島です。 島自体の大きさは東京23区とちょうど同じくらいです。 しかし、人口は4000人を満たない程度でなので、かなりスカスカですね。 もちろん? ウイスキーの生産が主な産業になっています。 観光地としても人気で、古き良きスコットランドの街並みが残る自然豊かな島です。 また、アイラモルトを作るうえで欠かせない「ピート」と一般的に言われる泥炭がよく採れてこれにより独特の香りが造られています。 現在創業しているのは8箇所の蒸留所のみですが、個性的な銘柄多いウイスキーを語る上では外せない地域です。 アイラ島の気候 アイラ島の気候は、スコットランドの中では温暖で、過ごしやすいです。 雪も滅多に降らず、降ってもすぐに溶けてしまいます。 これは、メキシコ湾からの暖流や南風のおかげです。 ただ、大西洋からの偏西風の影響は大きく、強風が吹き付けることも多いので、そこだけ注意が必要です。 アイラ・モルト・ウイスキーが特徴的な理由 アイラ・モルト・ウイスキーはスコッチウイスキーの中でも群を抜いて、特徴的な味わいを持っています。 こちらでは、アイラモルトが特徴的になる理由をご紹介します。 アイラモルトに欠かせないピート(泥炭)とは何か? アイラモルトの独特の香りを作っているピートというのは、ヒースといわれるコケや水生生物が炭化して堆積したものです。 平たく言うと、炭化が完全ではない石炭です。 スコットランドでは燃料としも扱われています。 中でもアイラ島では、このピートがよく採れウイスキー以外にも燃料などで利用されています。 ウイスキーでは原材料の大麦を乾燥させるという製造過程があります。 アイラモルトはこの大麦を乾かす工程で、このピートで焚いて乾燥させます。 こうして、ピートの香りを浸透させた大麦を使うことで、ウイスキーに独特な香りがするようになるのです。 アイラモルトに利用される水 アイラモルトはウイスキー作りで使われる水も特徴的です。 一言で言うと「茶色い水」です。 汚いわけではありません。 笑 先ほどのピートが堆積した地層を水が流れ、ピート層のタンニンが混ざり合うからと言われています。 こうして、ウイスキー作りに使われる水もピートの香りが付いているので、個性的なスモーキーさが追加されるのです。 蒸留所が全て海から近い 蒸留所が海から近いというのも、アイラモルトのクセを出す一つの要因です。 製造者が丁寧に樽詰めしたものを海沿いの貯蔵庫で熟成されます。 アイラモルトは口に含むと潮風の香りが鼻を抜ける味わいを持っています。 そんな味わいは、海沿いでじっくりと熟成が行われるからなのです。 アイラ・モルト・ウイスキーのオススメ銘柄 アイラモルトは世界的にはもちろん、日本でも大人気。 BARや酒屋で棚に並んでいないと言うところは皆無と言っていいでしょう。 こちらではそんなクセの強いアイラモルトの中でオススメの銘柄をご紹介します。 ラフロイグ10年 アイラの王と呼ばれるアイラモルトウイスキー。 アイラ島らしく、ピート香とヨードの香りが強く、クセの強い複雑な味わいを楽しむことができます。 また、イギリスのチャールズ皇太子が大好きなことから、ウイスキーで初めてプリンスオブウェールズに認定された英国御用達のウイスキーとしても有名です。

次の

「ジュラ島」産スコッチの魅力を知っていますか?【ウイスキー用語集】|たのしいお酒.jp

アイラ 島 ウイスキー

アイラウイスキーのスモーキーな魅力とは? 一説には、アイルランドで生まれたウイスキーの蒸留方法がアイラ島を経由して、スコットランドに渡りスコッチ・ウイスキーが出来たとも言われる歴史的な蒸留所。 アイラ島で蒸留されるモルトウイスキーの特徴といえば薬品のようなヨード臭です。 そして海の潮の香りが豊かで、強烈な味わいがあり、非常に解りやすい特徴です。 コレを魅力と思うか、苦手と思うかは別として、非常に個性的な味わいを持つため、アイラ島のウイスキーには根強いファンが存在し、人気を獲得しているのです。 それでは、1度は飲んでもらいたい アイラ島の美味しいウイスキーのおすすめ銘柄を、解説とともに紹介して行きますので、お付き合い下さい。 全身で受け止めろと言わんばかりの強烈な味は、ボウモアを口に含んだ瞬間に訪れます。 澄み切った煙の様な香りと、フライパンの上で醤油が焦げる様な蒸気を纏った香りは、 アイラウイスキー特有のヨード臭であり、ベッドに沈み込む様な落ち着きを得られます。 そんなアイラウイスキーのド定番を味わえる、おすすめの美味しいウイスキーです。 クセの強さが人気のアイラウイスキー:キルホーマン Kilchoman 非常に骨太なスモーキーフレーバーとシトラスやバニラの香りが特徴のキルホーマン。 アイラウイスキー特有のヨード臭にのって舌の上を滑り落ちるように喉へ流れます。 食事と合わせるには癖が強すぎると感じる人も多い程に深い味わいを持ったウイスキーで、オン・ザ・ロックスなどで飲めば、感じた事の無い様な強烈なスモーキーさに酔えます。 初心者向けでは有りませんが、 アイラウイスキーが好きなら絶対に外せない逸品です。 初心者向けアイラウイスキー:ブルイックラディ Bruichladdich 天才的なブレンド技術を持つジム・マッキュワンが復活させたブルイックラディ蒸留所。 マッキュワンが買った時の値段の5倍で蒸留所を売りに出せる程までに成長させた同氏が、自身の生み出したウイスキーをべた褒めしている事からもこの凄さが解るはずです。 アイラウイスキーの中でも非常に実験的なウイスキーであり、 初心者にもお勧めな味わい。 若すぎるようにも感じる麦の香りに、甘みや渋みがさり気なくミネラルの味が飲みやすい。 賛否両論あるアイラウイスキーの名作:ラフロイグ Laphroaig なぜ、このラフロイグという銘柄のアイラウイスキーが賛否両論なのかと言いますと、それはズバリ「 日本人からすると正露丸の様な香りがするアイラウイスキー」なのです。 この香りは、アイラ特有のヨード臭が強烈であり、さらに非常に強いピート香と混ざり、バーテンダー達からは" 煙たいウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。 しかし、アイラのウイスキーらしさを存分に堪能出来ると合って人気も高いのが特徴です。 高級アイラウイスキー:アードベッグ Ardbeg アイラウイスキーの中でも高級な原料を使用して作られた高品質なアードベッグ。 鼻を突く様な鋭いピート香とヨード臭がアイラウイスキーの楽しみを教えてくれて、薫製の様なスモーキーフレーバーが、ウイスキーの新しい世界を開いてくれるでしょう。 一般的なウイスキーからすると強烈な個性に相当クセのある味わいと感じるでしょうが、 アイラウイスキーの中では洗練された飲み口であり、非常に魅力的な一本と言えます。

次の

おすすめの美味しいアイラ島ウイスキーの種類

アイラ 島 ウイスキー

キラロウ教会とボウモアの街 アイラ島の行政上の中心とされるボウモア。 そして、この町のランドマークと言えるのが、1769年に建てられたキラロウ教会です。 教会としては珍しく、可愛らしい円筒形をしているため、「ラウンドチャーチ」とも呼ばれています。 このユニークな丸い形状は、悪魔が潜む影を出来るだけ少なくしようとの理由からだとか。 ボウモアの街は、ハイランドの貴族キャンベル家によってキラロウ教会などと同時期に、計画的に建設されました。 丘の上のキラロウ教会から海に向って下る広いメインストリートを軸に、碁盤の目状に造られた美しい街です。 散策にはうってつけの気持ちの良い場所で、風向きによっては麦芽をスモークさせる薫風や、発酵による甘い香りが漂ってきます。 のんびりとした島の風情共相まって、本島のスコットランドとはまた違った味わいを楽しめる観光スポットです。 名称:Kilarrow Parish Church and Bowmore 住所:1 Main St. org. ボウモア蒸留製造所 ボウモアと聞けば、ウィスキーファンならすぐに思い浮かべるシングルモルトブランド。 ボウモア蒸留所の歴史は古く、1779年にアイラ島初の蒸留所として、ここボウモアの地で操業を開始したのがその始まり。 以来約230年余、経営危機の時代も有りましたが、現在は日本のサントリー傘下で経営再建が図られ、根強い人気を持つアイラモルトの代表銘柄として今に至っています。 アイラ島を訪れる観光客の最大の目的は蒸留所巡りですが、中でもこのボウモア蒸留所はアクセスの良さから一番の人気。 門構えも立派で、ビジターセンターも設けられています。 10月~3月まで、日曜を除いて毎日ガイド付き見学ツアーが組まれており、麦芽の乾燥から樽詰めまで、ウィスキー作りの全工程の見学が可能(有料)です。 ちなみに、エリザベス女王がアイラ島で唯一見学した蒸留所なんですよ! 3. ラフロイグ蒸留製造所 ラフロイグの創業は1815年。 ボウモアほど古くはありませんが、シングルモルトウィスキーとしては初めて英国王室御用達に認定されました。 アイラモルトの中でも特にスモーキーな味わいで癖の強い銘柄ですが、チャールズ皇太子のお気に入りだとか。 ここには驚くべきことが一つ。 広大な敷地を持つこの蒸留所ですが、誰もがこの敷地の一部の土地を自分のものに出来るのです!フレンズ・オブ・ラフロイグ(FOL)クラブと言う愛飲者の会員組織があり、ラフロイグの指定された製品を購入して会員になると、一区画の土地を生涯所有できるというこの制度。 たった30cm四方の区画ですが、観光客は嬉々として自分の所有する区画に自国の旗(蒸留所には、かなりの種類の国旗が準備されている)を立てて、記念写真を撮影していくのです。 なんとも粋なこの制度、ウィスキー好きならずとも体験してみたくなりますね。

次の