清水 翔太 この 日 の こと。 【クリスマスの約束2019】セトリ(曲目)がコレ。出演者は清水翔太が「この日のこと」を歌う理由がステキ

お知らせ|TBSテレビ:クリスマスの約束

清水 翔太 この 日 の こと

シンガーソングライター・小田和正による、クリスマス恒例の TBS のコラボレーションライブ番組 『クリスマスの約束2019』 が放送決定!12月25日 水 深夜24時10分から放送する。 2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。 これまで2度にわたりギャラクシー賞月間賞を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」 と称するに値する番組の一つと言われている 『クリスマスの約束』。 2年ぶりとなった今回は、シンガーソングライターの KAN と松崎ナオが初参加。 それぞれの代表曲を披露する。 さらに清水翔太が5年ぶりに出演。 『クリスマスの約束2009』 で披露した 「22'50" 22分50秒 」 各アーティストの楽曲をつなげていくというメドレー で出会って以来、ずっと心に刺さっていたという 「この日のこと」 を小田と共に10年ぶりに歌う。 また熊木杏里、矢井田瞳は3月に放送された 『小田和正音楽特番 「風のようにうたが流れていた」』 に続いて出演。 さらに、JUJU、スキマスイッチ、根本要、水野良樹、和田唱ら、小田を支え続ける最強の面々が、今回も様々な楽曲でクリスマスの夜を彩る。 18回目となる今年の収録は、小田の地元である神奈川県横浜市の隣、横須賀市にある 「横須賀芸術劇場」 で行われた。 小田のツアーではおなじみの 「御当地紀行」 ツアーで訪れる各地の映像 が場内に流れ、ちょっと照れたような小田がステージに姿をみせると、集まった観客から大きな拍手が。 「マイホームタウンを突き抜けて、横須賀にやって参りました。 2年ぶりの 『クリスマスの約束』 ということで、楽しくやっていきたいと思います!」 と、小田が宣言するとゲストアーティスト11人と共に立つステージが赤と緑のクリスマスカラーに染まり 「きよしこの夜」 のハーモニーが鳴り響く。 冬の風物詩といっても過言ではない 『クリスマスの約束』 の幕開けだ。 番組初参加の KAN は、クリスマスを意識したという衣装で登場。 衣装のポイントや作詞するときの心理について小田とトークが弾む。 さらに小田のリクエストで KAN の代表曲のひとつである 「愛は勝つ」 を披露し、観客の心をほぐしていく。 同じく初登場の松崎ナオは、小田から 「なんとなく縁がありまして…」 と、松崎の父親との関係を切り出される一幕も。 母親の影響でオフコースが好きだという松崎は、小田のリクエストで、オフコース時代に小田が発表した 「誇れるのはたゞ」 を披露する。 メンバーは、小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹 は、チューリップの名曲 「心の旅」 をカバー。 さらに新曲を初披露!! 今回で3回目となる和田唱との 「ムービーメドレー」 は、懐かしの映画音楽や松たか子が歌ったあの映画の名曲などで場内を盛り上げる。 収録日の前日が44歳の誕生日だった和田に、小田の合図で出演者たちからサプライズでバースデーソングを贈る一幕も。 そんな中、和田が観客に口笛での参加を求めると、5階まである場内のあちこちで、小田が話しているにも関わらずひゅーひゅーと音が鳴り響きだす。 ステージと観客が一体になる 「ムービーメドレー」 は必見だ。 さらに根本やスキマスイッチに次いで10回目の出演となる JUJU は、矢井田瞳、熊木杏里と共に往年の名曲を披露。 デビュー15周年を迎えた JUJU は 「歌うことがすごく楽しい」 と小田との息もぴったり、しっとりと歌い上げる。 そして最後は 『クリスマスの約束』 のテーマソングともいえる 「この日のこと」 を清水翔太を招き入れて披露。 今年はぜひ翔太を呼んで、この曲で締めくくりたいと思いました」 と語った原点回帰ともいえる楽曲だ。 アーティストたちの思いが詰まったステージに、3万通を超える延べ10万人の応募の中から選ばれた1600人の観客が酔いしれた。 小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲を奏でる 『クリスマスの約束2019』 は、12月25日 水 深夜24時10分からお届け。 ぜひクリスマスの夜にお楽しみください。 良かったら聴いてみてください。 140秒までしかアップできないので最後までいけなかったですが感動する曲です。 」 という文章と共に公開した。 放送予定楽曲• きよしこの夜• この日のこと• 心の旅 ほか 出演• KAN• 熊木杏里• 清水翔太• JUJU• スキマスイッチ 大橋卓弥、常田真太郎• 根本 要 STARDUST REVUE• 松崎ナオ• 水野良樹 いきものがかり• 矢井田瞳• 和田 唱 TRICERATOPS バンドメンバー• 木村万作 ドラム&パーカッション• 栗尾直樹 キーボード• 稲葉政裕 ギター• 有賀啓雄 ベース ストリングス• 金原千恵子 ファーストバイオリン• 吉田翔平 セカンドバイオリン• 徳高真奈美 ヴィオラ• 堀沢真己 チェロ スタッフ• 製作著作:TBS• 制作協力:TBSスパークル• プロデューサー:服部英司• ライブ演出:柴田猛司.

次の

清水翔太の岩手が「神回だ!」と感じた根拠を述べよ|りり|note

清水 翔太 この 日 の こと

ドラマや映画でも話題になった「赤い糸」の主題歌「366日」 沖縄出身のアーティスト「HY」のアルバム「HeartY」に収録されているバラード曲ですが、 清水翔太がカバーをして歌っています。 カラオケでもよく歌われているHYの名曲「366日」 タイトルの「366日」は、365日では足りないくらい、君のことが好き、という意味だそうです。 では、歌詞にはどのような想いが込められているのでしょうか? 歌詞を分析しながら紹介していきたいと思います。 366日 作詞・作曲 仲宗根 泉 それでもいいんだと思えるような恋だったんだ。 たとえ戻れないって知っていたとしても、あなたとは繋がっていたくて・・・。 正直こんな気持ちになったのは初めてだよ。 口約束は当たり前だし、頻繁に会えるわけでもないからね。 でもそれでもいいって思ってたんだ。 あなたが、私のことをまた好きになるなんて、 こんな願いなんてきっと叶うことなんてないんだよ。 でもそれでもいいから、どうせ長続きしないような私の願いだけど、今日もあなたに会いたいんだ。 それでもいいんだと思えるような恋だったんだ。 最初はよかったけど、だんだんと私と会うことさえも拒んできたよね。 あの時私は、あなたのことを忘れたらよかったの?ってどうしても一人になると考えてしまうんだ。 考えるたびに涙が出てくるんだけど、でもこの涙がきっと答えなんだよね? だって心は嘘つかないもんね。 あなたの匂いとか動作とか、とにかく全部を恐いぐらいに覚えてるんだよね。 どう考えたっておかしいと思わない? たとえ違ったとしても、嘘でもいいからそうやって言って笑ってよ。 すでに別れているのに、あなたのことばかり考えてしまうんだ。 恋をすることがこんなに苦しいなんて思わなかったよ。 恋がこんなに悲しいなんて思わなかったよ。 そのぐらいあなたのことを本気で思ったから。 本気で思って初めて恋が苦しいとか悲しいとかわかったんだ。 私の中であなたは忘れられない存在だよ。 だって私の全部をあなたに捧げたんだから。 たとえ二度とあなたのところに戻れなかったとしても、 今はただただ、あなたのことばっかり考えてるから。 歌詞をちゃんと読んでいくうちに、 相手に気持ちが伝わらない辛さや悲しみ、苦しみがつづられた曲なんだと改めて感じました。 片思いって本当に辛いですよね。 悲しいですよね。 そんなときは「366日」を聞いて、ちょっとでも癒されてくださいね。 HY ジャンル: ロック リリース日: 2008-04-16 価格: 2,000円 清水翔太 プロフィール 1989年2月27日、大阪府八尾市生まれ。 おばあちゃんの影響もあり、小さな頃から歌うことが大好きで、2歳くらいからいろいろな歌を歌っていたそうです。 中学時代に吹奏楽を経験し、その中でもパーカッションが一番得意だった清水翔太は、一般の高校に進学するのではなく、音楽の専門学校への進学を決めました。 その音楽学校で、自分自身で作詞したり、様々なジャンルの音楽を学びながら、ダンスやボーカルのオーディションを受けるなどして、2008年に「HOME」でメジャーデビューを果たしました。 デビューしてからは、加藤ミリヤとコラボレーションを組んで、「Love Forever」や「Forever Love」をリリース。 特に2010年に発売された「Forever Love」は、着うたダウンロード数150万回(100人に1人がダウンロードしてることになります)という大ヒットを成し遂げました。 デビューから8年が過ぎようとしてますが、他のアーティストと比べると、シングル曲はそこまで数多く出しているわけではありません。 2008年のデビュー曲「HOME」は「レコ直新人杯」と「MTV STUDENT VOICE AWARDS リリック賞」をそれぞれ受賞して、 さらに清水翔太というアーティストとして「LIFE MUSIC AWARD BEST VOICE OF LIFE」と「LIFE MUSIC AWARD BEST NEW ARTIST OF LIFE」にノミネートされました。 さらに翌年2009年には、「SPACE SHOWER Music Video Awards 最優秀新人ビデオ賞」を受賞し、 加藤ミリヤとコラボレーションした「Love Forever」で「LIFE MUSIC AWARD BEST MELODY OF LIFE」にノミネートされました。 デビューしてから2016年4月現在まで、21枚のシングル曲と6枚のアルバム曲を発表しており、今後のさらなる活躍に期待したいです。

次の

清水翔太

清水 翔太 この 日 の こと

「今年も出演できて嬉しい」と語ったJUJUらとの一曲には「昔の曲を聴くとホッとする」という小田らしい、往年の名曲が選曲され、聞き応え抜群。 そして最後のパートナーは清水翔太。 小田は今年の夏、ネットで清水が「この日のこと」(『クリスマスの約束』のテーマ曲として制作された楽曲)をカバーしているのを見たと言い、『クリスマスの約束』がこの歌から始まったことを思い出し、この曲で締めくくりたいと思ったと話した。 同曲は当時デビュ一1年目だった清水が同番組で歌った曲でもあり、それ以来清水の心にずっと心に刺さっていたという。 〈その時きっと振り返るだろう 今日という この日のことを〉まさにこの先振り返りたくなるような、贅沢な一夜だった。 3時間を超える収録の間、ステージでアーティストとトークをし、歌い続けた小田の体力に、素直に脱帽した。 そして若い世代には聴き馴染みのない昔の曲も、聴きやすいアレンジで披露され、音楽のリレーを繋いでもらったような気持ちがした。 小田の変わらぬ歌声は、いつの時代も胸を打つ。 小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲を奏でる『クリスマスの約束2019』は、12月25日深夜24時10分から。 2 current.

次の