クラブ ツーリズム インターン。 「クラブツーリズム」の面接・選考情報!志望動機や企業研究のやり方なども

選考方法と社風について

クラブ ツーリズム インターン

クラブツーリズムの事業内容:本当の旅を提供 クラブツーリズムは、「文化」に親しむ、「自然」を愛する、「仲間」と楽しむ をコンセプトとした取り組みを事業内容としています。 旅行業としては1980年よりダイレクトマーケティングを開始。 新聞や自社ホームページを使って顧客に旅のプランを提供しました。 約300万世帯に毎月届けられる「旅の友」という雑誌とWEBサイトを用いた、顧客目線でのサービスが強みです。 クラブツーリズムの競合他社も知ろう クラブツーリズムが即するKNT-CTホールディングスは、国内の旅行業界において第2位のシェアを誇ります。 トップのエイチ・アイ・エスとは3%ほどのシェアの差しかなく、ほぼ同等の立ち位置といえるでしょう。 <競合他社>• 第1位:エイチ・アイ・エス• 第3位:ANAホールディングス• 第4位:阪急阪神HD• 第5位:農協観光• 第6位:ユーラシア旅行社• 第7位:一休 クラブツーリズムのインターンシップ選考には面接がなく、提示されたエントリーページにて記入をして、通過後にインターンシップの参加が決定します。 面接がない分、ここで入念な選考対策をしなければいけません。 募集内容 夏季インターンシップの場合は、以下のような募集条件でした。 応募者多数の場合は書類選考が行われる クラブツーリズムのインターンシップは、応募者多数の場合は書類選考が行われます。 エントリー時の登録内容がすべてなため、記入漏れのないように心がけましょう。 そして、この段階からすでに本選考が始まっている、くらいの意識をもっておいてください。 そのためには、クラブツーリズムについて詳しく知っておいた方が有利になりますよ。 なお、インターン参加者への面談などは行われません。 エントリー対策:チームワーク力・サービス精神を強く意識 クラブツーリズムのインターンシップでは、グループディスカッションがあります。 クラブツーリズムのGDでは、旅行に関するテーマを設定され、役割分担をして進めていきます。 役割分担、時間配分、それぞれが自分の役割を理解しているかを見られていますよ。 グループディスカッション対策:周りを見て行動しよう グループディスカッションのお題は開催年度によって異なる可能性がありますが、2015年に開催された際には、アクティブシニア層をターゲットにした企画を考える内容が出題されました。 GDでは全体の空気を読むことが必要とされるため、1人でもチームワークを乱す人物がいれば、チームとしての評価に悪い影響を与えかねません。 そういった人物への対処や、周囲へのフォローができているかを先輩社員から見られています。 それぞれの役割での対策がある GDでは適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が 効率的に対策ができます。 しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。 そこでおすすめなのが「」です。 こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。 「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか? 無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。 「クラブツーリズムのインターンシップでは、旅行業そのものから、具体的な仕事内容に至るまで詳しく知ることができ、先輩社員との交流の時間も十分に設けられていた為に、リアルな内情を知ることができた」• 「まさに、ビジネス。 旅というツールを通じ、クラブツーリズムが実現したいことを深く知ることができたのは大きな発見だった」• 「自分たちの考えたことを何人もの前で発表。 伝わるプレゼンのために工夫するのは、とても勉強になった」• 「お様を喜ばせたいという気持ちで仕事をしていると言っている先輩を見て、働いている社員もインターンシップの内容も魅力的な会社だと思った」 このように参加者はインターンシップに参加して、改めてクラブツーリズムの素晴らしさを感じたようです。 参加者の満足度が高いインターンシップは人気である証拠。 受ける方は、この声を参考にして選考対策をしましょう。 インターン参加者は本選考で有利になるメリットも クラブツーリズムのインターンシップは、旅行業界の現状と今後の課題を学ぶ良い機会です。 それだけでなく、内定に繋がる本選考でも有利になる要素が沢山あるって知っていましたか? インターン参加者には本選考時のエントリーシート(ES)の提出が免除されるため、かなり有利になります。 面接でもインターンでの経験を活かせば、的確な答えを導き出すことも難しくはないでしょう。 クラブツーリズムのインターンシップ選考対策はチームワーク力とサービス精神が重要 クラブツーリズムのインターンシップは、旅行会社を知りたいなら参加する価値があります。 参加することによって、企業としての考え方や、旅行業界について深く知ることができますよ。 参加者を多く取っているタイプのインターンシップではないため、難関を乗り越えるためにも事前の選考対策がカギとなります。 後の本選考でもかなり有利になるため、参加したいと考えているなら選考対策は必須ですよ!.

次の

クラブツーリズム株式会社のインターンシップ情報|あさがくナビ2022

クラブ ツーリズム インターン

クラブツーリズムの事業内容:本当の旅を提供 クラブツーリズムは、「文化」に親しむ、「自然」を愛する、「仲間」と楽しむ をコンセプトとした取り組みを事業内容としています。 旅行業としては1980年よりダイレクトマーケティングを開始。 新聞や自社ホームページを使って顧客に旅のプランを提供しました。 約300万世帯に毎月届けられる「旅の友」という雑誌とWEBサイトを用いた、顧客目線でのサービスが強みです。 クラブツーリズムの競合他社も知ろう クラブツーリズムが即するKNT-CTホールディングスは、国内の旅行業界において第2位のシェアを誇ります。 トップのエイチ・アイ・エスとは3%ほどのシェアの差しかなく、ほぼ同等の立ち位置といえるでしょう。 <競合他社>• 第1位:エイチ・アイ・エス• 第3位:ANAホールディングス• 第4位:阪急阪神HD• 第5位:農協観光• 第6位:ユーラシア旅行社• 第7位:一休 クラブツーリズムのインターンシップ選考には面接がなく、提示されたエントリーページにて記入をして、通過後にインターンシップの参加が決定します。 面接がない分、ここで入念な選考対策をしなければいけません。 募集内容 夏季インターンシップの場合は、以下のような募集条件でした。 応募者多数の場合は書類選考が行われる クラブツーリズムのインターンシップは、応募者多数の場合は書類選考が行われます。 エントリー時の登録内容がすべてなため、記入漏れのないように心がけましょう。 そして、この段階からすでに本選考が始まっている、くらいの意識をもっておいてください。 そのためには、クラブツーリズムについて詳しく知っておいた方が有利になりますよ。 なお、インターン参加者への面談などは行われません。 エントリー対策:チームワーク力・サービス精神を強く意識 クラブツーリズムのインターンシップでは、グループディスカッションがあります。 クラブツーリズムのGDでは、旅行に関するテーマを設定され、役割分担をして進めていきます。 役割分担、時間配分、それぞれが自分の役割を理解しているかを見られていますよ。 グループディスカッション対策:周りを見て行動しよう グループディスカッションのお題は開催年度によって異なる可能性がありますが、2015年に開催された際には、アクティブシニア層をターゲットにした企画を考える内容が出題されました。 GDでは全体の空気を読むことが必要とされるため、1人でもチームワークを乱す人物がいれば、チームとしての評価に悪い影響を与えかねません。 そういった人物への対処や、周囲へのフォローができているかを先輩社員から見られています。 それぞれの役割での対策がある GDでは適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が 効率的に対策ができます。 しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。 そこでおすすめなのが「」です。 こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。 「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか? 無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。 「クラブツーリズムのインターンシップでは、旅行業そのものから、具体的な仕事内容に至るまで詳しく知ることができ、先輩社員との交流の時間も十分に設けられていた為に、リアルな内情を知ることができた」• 「まさに、ビジネス。 旅というツールを通じ、クラブツーリズムが実現したいことを深く知ることができたのは大きな発見だった」• 「自分たちの考えたことを何人もの前で発表。 伝わるプレゼンのために工夫するのは、とても勉強になった」• 「お様を喜ばせたいという気持ちで仕事をしていると言っている先輩を見て、働いている社員もインターンシップの内容も魅力的な会社だと思った」 このように参加者はインターンシップに参加して、改めてクラブツーリズムの素晴らしさを感じたようです。 参加者の満足度が高いインターンシップは人気である証拠。 受ける方は、この声を参考にして選考対策をしましょう。 インターン参加者は本選考で有利になるメリットも クラブツーリズムのインターンシップは、旅行業界の現状と今後の課題を学ぶ良い機会です。 それだけでなく、内定に繋がる本選考でも有利になる要素が沢山あるって知っていましたか? インターン参加者には本選考時のエントリーシート(ES)の提出が免除されるため、かなり有利になります。 面接でもインターンでの経験を活かせば、的確な答えを導き出すことも難しくはないでしょう。 クラブツーリズムのインターンシップ選考対策はチームワーク力とサービス精神が重要 クラブツーリズムのインターンシップは、旅行会社を知りたいなら参加する価値があります。 参加することによって、企業としての考え方や、旅行業界について深く知ることができますよ。 参加者を多く取っているタイプのインターンシップではないため、難関を乗り越えるためにも事前の選考対策がカギとなります。 後の本選考でもかなり有利になるため、参加したいと考えているなら選考対策は必須ですよ!.

次の

クラブツーリズムの添乗員募集 [国内・海外]|クラブツーリズム

クラブ ツーリズム インターン

クラブツーリズムのES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 400字以内 ・あなたがこれまでにした『旅』をふりかえり、最も感動した、もしくは成長できた旅について、述べてください。 その旅があなたに与えてくれたものとは何ですか?考察してください。 400字以上600字以内 ・あなたは自分自身をどのように成長させていきたいですか?良いところと改善したいところを踏まえて、お書きください。 テーマ性のある旅を大切にしている点が興味深かった。 また、説明会も選考も企業理解が深まる内容だったので、自分の働いているイメージもしやすかった。 旅行業界の中でも、特に人物を重視してくれると感じた。 この2点を軸に企業選びをしていました。 特に旅行業を志望していましたが、中でも添乗をしたかったので、数ある旅行会社の中でも添乗ができるところを選びました。 クラブツーリズムは社員皆が『旅のデザイナー』で、企画から添乗まで旅の全てに関わることができる、という点が非常に魅力的でした。 また、「テーマ旅行」も魅力のある商品だと考えていました。 私は日本の歴史や文化が好きな ので、旅の目的は大体史跡巡りや寺社仏閣巡りです。 しかし、趣味が合う人が周りにいないため、いつもひとり旅です。 クラブツーリズムでは、そんな人達が参加しやすいよう、仲間を作りやすいよう、テーマを設定している旅があります。 そんなツアーの添乗をしたい!と強く思いました。 そのため、クラブツーリズムを志望しました。 私は旅をすることが趣味であり、これまでの旅で多くの感動を得てきました。 旅で経験する感動や楽しさ、魅力を伝える仕事がしたいと思い、旅行業界への就職を希望しています。 その中でも、貴社がお客様に「テーマのある旅」を提供しているという点に特に魅力を感じました。 どこへ行くかではなく何を経験するかを重視する貴社の考え方は、きめ細やかなお客様のニーズにも対応することができると感じました。 そしてそのような旅を創れるのは、企画から添乗まで全ての業務に一貫して携わるという貴社の体制にあると思います。 現場の生の声を聞き、それを活かした旅行を企画ができるのは貴社ならではの魅力だと感じました。 私は企画から添乗という幅広い業務を行う中で、「お客様の喜ばせ方」を常に追求し、様々な角度からお客様に旅の魅力を伝えていきたいです。 私は「今までの人生で最も頑張ったこと」「いくつかのキーワードの中から2つを選んでプレゼン」などの質問をされました。 人事の方がどんどん話を引き出してくれます。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 ・学生時代、特に力を入れたこと。 ・これまでの人生で困難だったこと、またそれをどのように切り抜けたか。 ・企業選びで大切にしていること。 集団面接は学生2人でしたが、同じ質問はされませんでした。 個人面接はプレゼンが中心で、内容についての感想も頂けました。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 ・複数のカードから自分が大切にしていることが書かれている3枚を選び、それを述べ、その中から更に大事にしているものについて意見を述べる。 1週間前くらいにお題の発表があるので、準備はなんとかできるはずです! ・会社への志望度 などだと思います!最終面接は面接というより、プレゼンを発表した後、本当に会社に来てくれるのかの意思確認という印象が強かったです! 何にせよ、クラブツーリズムは本当に人物重視の会社だと思います。 ですから、もちろんこの会社だけでなく共通して言えることですが、とにかく笑顔で、熱意をもって気持ちを伝えてください!「ここに入りたいです!」という気持ちが相手に伝われば、きっと上手くいくと思います。 もちろん、インターンに行かなくても色んなことに積極的に挑戦することで、自分の視野も広がると思います!辛いこともあると思いますが、そういう時こそ笑顔で楽しんで自分らしく、頑張ってください! 【内定直結型の個人面談】 ここの面談を1度受けておくと、通常の選考ルートより短縮された選考をうけることができます。 昨年ここの個人面談をうけた就活生の大手企業内定率は80. 4%です。 最短1週間で内定です。

次の