お腹の脂肪をとる サプリメント。 筋トレでお腹の脂肪が落ちない貴方に、一つ思いがけない鍵!

お腹周りの贅肉・脂肪を取る方法

お腹の脂肪をとる サプリメント

つまめるほどの脂肪があるってことは、それ 皮下脂肪がたまっている証拠です。 これまで運動したり食事制限したりと、 色んなことをやってきてもなかなか体重が減らない…という方は、ぜひ を試してください! 脂肪を燃やす組織が衰えてしまっていると、脂肪を貯めるばかりになってしまい、体脂肪や血中中性脂肪が増えてしまうんです。 そこで、「シボヘール」を飲んで、 脂肪を貯めずに排出してしまいましょう。 食欲を抑え、糖の吸収を穏やかにしてくれるので、なんと 8週間で6kg以上体重が減少したという声や、ウエストが2cm以上減ったという声も多数! 様々なサポート成分を凝縮して配合しているので、 整腸作用や新陳代謝の促進、活性酸素の除去など様々な作用が期待できます。 普段通りの食事をしながら無理な運動をせずにダイエットが出来る【シボヘール】で、ぽっちゃりお腹を凹ませてしまいませんか? なぜもむ・つまむでダイエットできるのか? 太ったときに思わずつまんでしまう脂肪。 その脂肪のもむ・つまむを継続していくことがダイエットに効果的なんですよ! では、なぜもむ・つまむがダイエットに効果的で お腹の脂肪を落とす方法として優秀なんでしょうか? マッサージやストレッチを考えてみて マッサージやストレッチっていつしますか?ちょっと考えてみてください。 マッサージといえば、肩コリや腰痛など体に疲れが溜まったときに 疲労回復効果を発揮するために行いますよね? プロスポーツ選手が試合後にマッサージを受けるのも同様のことですね。 一方、ストレッチはこれから活動をスタートさせるために、体がきちんと反応するための 準備運動として行いますよね? ラジオ体操もそうですし、アキレス腱を伸ばすなどもそうですね。 また、マッサージを準備運動として、ストレッチを疲労回復として行うこともあります。 血流やリンパの流れ・身体機能の向上 つまり、マッサージをすることで血流やリンパの流れをよくしたり、ストレッチをすることで 本来ある身体機能を向上させることが期待できるということであり、その効果について否定的な見解をする男性・女性陣は少ないと思います。 何をいいたいのか? というと、お腹の脂肪を落とす方法としてもむ・つまむという行為は、 マッサージやストレッチに似た効果を発揮するのでは?ということです。 よく笑う方のほうが若く見られたりするのも、笑うことでリフトアップされ顔の皮膚がたるみにくいからなども同様です。 小顔ローラーとか発売されてますしね。 w どうですか?お腹の脂肪を落とす方法としてもむ・つまむという行為も必要かも?と思いませんか? 「わき腹つまむだけ」ダイエットは「整膚 せいふ 療法」と呼ばれる中国ゆかりの治療法に基づくもの。 つまむ事によってポンプのような力が働く。 つまり皮膚を引っ張ると無数の毛細血管に血液が流入、皮膚を戻す事で流入した血液が押し出されて血流が増加。 特に、脂肪をつまむことができる皮下脂肪は痩せにくい脂肪ですし、つまむことができない内臓脂肪は短期間の脂肪の蓄積ですので、カロリー摂取を減らさないとお腹の脂肪を取ることはできません。 理想の体型になりたいなら、食事制限や腹筋・腕立て伏せ等の筋トレと、時間をかけてでも痩せやすい身体にする事が大切です。 もむ・つまむで脂肪と体重を落とす効果的なやり方 もむ・つまむで脂肪と体重を落とす方法ですが、もちろん先述の通り カロリー摂取を控えたり運動もしないと体重は落とす事が出来ません。 他のダイエットと組み合わせる事で、多少時間はかかりますが確実に効果が出やすくなる脂肪を落とす方法なんですね。 では、もむ・つまむで 脂肪を落とす、腹筋が見えるようになる効果的な方法をご紹介します! 朝と入浴時が効果的 お腹全体のぽっちゃりや腹筋 腹直筋 には、 体が温まっている朝や湯船に浸かっている時が一番効果があります。 体が温まり血行が良いとリンパの流れも良くなっているので、老廃物の排出にも効果があるんです。 必ずコップ一杯の白湯や常温の水を飲んでから行ってください。 体内の水分量が少ないと血流も悪いですし、同じくリンパの流れも悪くなります。 入浴時は代謝が良い分、汗で体内の水分量が減るので 水分補給をしながら行いましょう。 もむ・つまむ効果的なやり方 まずは摘まみ方ですが、 親指以外の4本はくっつけて、親指とその他で挟むように摘まみます。 この時引っ張ると皮膚が伸びるので気を付けましょう。 力加減は、少し痛いと感じる、痛気持ちいい程度くらいで大丈夫。 効果を期待して強すぎる力でつまむと、皮膚や細胞を傷つけてしまうので、逆効果になるので注意してください。 軽い力でも痛みがある場合は、老廃物がかなりたまっている状態なので、優しく念入りに時間をかけて摘まんであげてくださいね。 お腹周りのもむ・つまむ順番 もむ・つまむ順番にも効果的なものがあります。 1~7の順番で下腹以外は縦に、下腹は横に摘まむのがコツです。 1.右脇腹• 2.右脇腹の斜め下• 3.左脇腹• 4.左脇腹の斜め下• 5.下腹肉• 6.右そけい部上• 7.左そけい部上 なるべく朝、 座った状態で5分ほど時間をかけて行いましょう。 皮下脂肪と内臓脂肪 お腹の脂肪を落とす方法、つまりダイエットでまず考えなくてはいけないのが、脂肪の種類とカロリーです。 脂肪が蓄積されているってことは、 【摂取カロリー > 消費カロリー】が継続してしまったからであるのですが、 内臓周辺(お腹の中)につく内臓脂肪は、本来使用する予定だったカロリーが余ったものであり、皮下脂肪は長期的な備蓄として残していたものが結局使われることなく余ったものです。 内臓脂肪 運動や普段の生活でカロリーは消費していきますが、今までの生活習慣から体が勝手に予想してカロリーの蓄積を行います。 この蓄積があることで、急なカロリー消費にも対応することができるのですが、 思った以上の使われなくなると余って内臓脂肪に変化してしまいます。 内臓脂肪は 男性に多くみられる(もちろん女性にもみられます)のですが、もともと筋肉量が女性よりも多い男性にとってカロリー消費は高いのですが、筋量や代謝の低下、急激な暴飲暴食、運動不足などが一度に訪れるとぽっこりお腹として内臓脂肪になっていきます。 女性よりも男性に内臓脂肪が多いのもこういった影響が男性に起こりやすいからだといえます。 30過ぎてからお酒の付き合いが多くなって、運動もしなくなった。 ぽっこりお腹なんとなく想像できますよね。 皮下脂肪 皮下脂肪 筋肉の真下の脂肪 は毎日の 摂取カロリーが消費カロリーより上回ってしまう状態が継続してしまうと皮下脂肪へと変化してしまいます。 内臓脂肪の急激な変化と違い、長期的に摂取カロリーよりも上回ってしまった結果のものですので なかなか落とすことができない脂肪です。 皮下脂肪は女性につきやすいのですが、男性よりも筋量が少ない、もともと運動する機会が少なかったということがあるのでしょう。 icon-magic摂取カロリーを減らす• icon-magic消費カロリーを増やす• icon-magicダイエットしやすい体環境を整える ということが必要であり、 どれも欠けてはいけないんです。 また、ぽっこりお腹などたまった脂肪を落とすには健康的に行わなければ意味がありません。 特に短期間での減量はアウト要素が高く、いくら痩せたとしてもリバウンドしてさらに体重が増加してしまうリスクになります。 今回紹介する3つの方法は健康的に痩せるための準備段階のものですのでまずは気持ちの中にいれて実践していきましょう。 摂取カロリーを減らす 摂取カロリーを減らすことは短期的ではなく 長期的に時間をかけて行う必要があります。 方法としては、食べる量を減らす、脂質を減らす、炭水化物を減らすなど食事をコントロールすることですが、短期的に行ってしまうと リバウンドしてしまう可能性があります。 今では主食となるご飯やパン、麺類を食べずない炭水化物ダイエットが男性でも女性でも主流ですが、無理して摂取しないってことはせず、最初は 夜だけ炭水化物ダイエットするなどし調整していきましょう。 また、単純に食べないってことではなく、 腸内環境を改善させることも必要です。 腸内細菌のバランスで太りやすい痩せやすい体質など変わってしまうこともあるようです。 食物繊維を摂取し腸内細菌に善玉菌を増やすことも必要です。 野菜やフルーツ、乳製品などを積極的に摂取していきましょう。 消費カロリーを増やす 消費カロリーを増やすのもお腹の脂肪を取る方法には必ず必要です。 摂取カロリーを減らすだけでは、いずれ体が必要なカロリーを調整し直し痩せにくい体になってしまいます。 そのため、消費カロリーを増やす、つまり 運動を行うことも必要なんです。 ジョギングや腹筋・スクワット等の筋トレをし、筋量を上げれば消費カロリー値が上がるため、ぽっこりお腹が目立つ男性は優先的におこないましょう。 内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすいので有効です。 女性の場合はもともとの筋量が少なくMAX筋量値も低いので、まずは体に負荷が少ない有酸素運動を行いましょう。 ある程度運動に慣れてきたところで少し筋トレを追加しさらなる消費カロリーを上げていきましょう。 腹筋や大腿筋を鍛えると筋量が多いのでさらに消費カロリーが増えますよ! ダイエットしやすい体環境を整える 今回前半で紹介したもむ・つまむはまさに、 【ダイエットしやすい体環境を整える】というものに該当する方法になります。 運動前に準備体操やストレッチをするのと合わせて、お腹の脂肪ももみほぐしておきましょう。 普段の生活から もむ・つまむを意識付けておくためにもテレビを観ながらつまむ・もむを行うことも吉です。 そうそれば、 老廃物を体の外に流すルートを作ることにもなり痩せやすい体に変化していくことでしょう。 ダイエットといえば、 筋トレやランニングなどで消費カロリーを増やす、そして食事制限を行うことで摂取カロリーを減らすことはよく知られていますが、 ダイエットしやすい体環境を整えることも重要です。 脂肪を効率よく燃焼するためには、血流やリンパの流れが滞っていては消費しきれなかった余剰脂肪が残りやすくなってしまいます。 もむ・つまむなど脂肪を マッサージ、ストレッチさせ体の流れを整え痩せやすい体を作り、そしてくびれたウエストや割れた腹筋を維持出来るよう、体重や体型の維持に努めていきましょうね。 適度な運動・バランスの良い食事、もむ・つまむ、さらに を追加して、 なりたい自分になる時間を少しでも早めてみませんか? 体脂肪や血中中性脂肪の値も下げてくれるので、痩せるだけでなく健康にもなれます。 その他ダイエットに効果的な栄養をギューッと凝縮したシボヘールは、本当にあなたのダイエットの味方をしてくれます。 いろいろやっても効果が出なかった あなたの最後の救世主はこれしかありませんよ!.

次の

お腹の皮下脂肪を落とすダイエット!筋トレやサプリは効果的か?

お腹の脂肪をとる サプリメント

【やり方】• 両足を肩幅くらいに開く。 つま先は前に向け左右平行にする。 両腕は腰におく。 息を吸いながらゆっくりひざを曲げる。 お尻を突き出すイメージで。 息を吐きながらもとの姿勢に戻る。 脂肪燃焼が目的なら大きな筋肉を鍛えるのがセオリーです。 そして下半身に集中する大きな筋肉がいっぺんに鍛えられるのがスクワット。 「 お腹痩せしたいなら腹筋よりもスクワットをしろ!」といわれるくらい、スクワットは脂肪燃焼に効果的なのです。 はじめはきついので回数を少なめにして、慣れてきたら徐々に増やしていくようにしましょう。 正しい方法でやらないと、 ひざを痛めてしまうことがあるのでフォームにはくれぐれも気をつけてくださいね。 腹筋500回よりスクワット20回のほうが脂肪燃焼に効果的!? スクワットでは大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングといった 大きい筋肉を使うため、その分消費エネルギーが多く、なんと 腹筋500回とスクワット15回は同じくらいだといわれています。 コレってすごくないですか?? どうせなら短時間でたくさんのエネルギーを消費して効率良く脂肪燃焼したいですよね! 短時間でも着実に続けていきましょう。 お腹周りの脂肪をとる1週間エクササイズ2:プランクで体幹トレーニング 【やり方】• うつぶせになり握りこぶしを床に縦に着く。 握りこぶしからひじは床につけたままつま先で体を支える。 体を浮かせて10秒間キープする。 お腹痩せに欠かすことのできないもう1つのエクササイズがこちら。 アスリートもおこなう「 プランク」と呼ばれる体幹トレーニングです。 お腹が沈んだりお尻が上がったりしてしまわないようにすることがポイントです。 余裕がある人は片足をあげてやってみてください。 たった 10秒なので、これなら運動が苦手な人でも続けやすいかもしれません。 この体幹トレーニングを通じて 深層筋(インナーマッスル)を強化することにより、 基礎代謝量のアップと脂肪燃焼効果の向上が期待できます。 体幹トレーニングは、基礎代謝がアップする、姿勢が良くなる、体力がつく、身体能力が向上するなど多くのメリットがあり、長友佑都選手をはじめ、多くのプロアスリートもおこなっているトレーニングです。 骨盤が歪むと内臓の位置が下がり、下腹が出る!? 深層筋(インナーマッスル)の一つに、 大腰筋という腰から太ももに繋がる大きな筋肉があります。 この大腰筋は上半身と下半身を繋ぐインナーマッスルで、これが衰えると 骨盤に歪みが生じ、内臓の位置が下がった結果、下腹が出ることにつながります。 体幹トレーニングをしたことで「短期間でお腹が凹んだ!」という人はとても多いのですが、これは体幹トレーニングにより 骨盤が正しい位置に戻るためだといわれています。 骨盤の歪みは、ぽっこりお腹の大きな原因です。 お腹周りの脂肪をとる1週間エクササイズ3:ねじり運動でくびれを作る 【やり方】• 足を肩幅に開きハの字にする。 両手を後ろに回し中腰になる。 ゆっくりウエストをねじる。 下半身は前を向いたまま上半身だけをねじると効果的です。 動画ではチューブを使用していますが、チューブなしでも十分効果があります。 また、タオルやストッキングなどを代用してもよいでしょう。 脇腹を鍛えてお腹周りをスッキリ このあと「5」で紹介する通常の腹筋運動では、お腹の前側の 腹直筋しか鍛えることができません。 お腹周りの引き締め効果を狙うなら腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋を鍛えられるこのエクササイズが有効。 横腹を効果的に鍛えることで、引き締まったお腹、キレイなくびれを目指すことができます。 腹横筋は内臓を正しい位置に戻すための コルセットのような役割も果たしているため、腹横筋を鍛えることで、ぽっこりお腹も解消することができます。 また腸が刺激され動きが活発になるため、便秘解消効果もあったという声も。 お腹周りの脂肪をとる1週間エクササイズ4:足の上下運動で下腹部を鍛える 【やり方】• 仰向けになり、ひざの角度が90度になるようにする。 手は胸の前にクロスか耳の横に添える。 息を吐きながら、肩甲骨が浮く程度の高さまで上体を起こす。 息を吸いながら、上体を戻す。 体を起こすというよりはお腹を中心に 体をギュッと丸めるイメージでやると、腹筋に効かせることができます。 また、鼻から息を吸い込み口からゆっくり息を吐き出す 腹式呼吸を意識してすることでより効果的に腹筋運動をすることができます。 一見地味でカンタンそうに見えますが、コレが効くんです(汗)従来の腹筋のように回数こなす必要はなく、数回でも効果が現れます。 首に負担をかけないポイント! 体を起こすときに 顔の向きに気をつけることが大切です。 顔が上を向いていると首に負担がかかってしまうので、 自分のおへそを覗き込むようにします。 そして頭の後ろで手を組んで、 腕の力だけで起き上がり、ただただ回数をこなすというのも首に負担がかかってしまうのでやめましょう。 体を起こしきる腹筋運動は腰を痛めるリスクあり 一般的に「腹筋」というと、仰向けで両足を固定し上体をしっかりと上まで起こす運動を想像する方が多いと思います。 しかし、最近はその方法だと腹筋を鍛えられないばかりか、 腰を痛める危険性が高いと指摘されています。 肩甲骨が浮く程度の高さまで自分のおへそを覗き込んで体をギュッと丸める。 これで十分です。 次章からは、 「お腹痩せしたいけど、運動の時間がない!」という方向けの解説です。 1日15分しか運動できない人のお腹痩せなら… この記事では1週間で効果的にお腹周りを絞るエクササイズを全部で5つご紹介しています。 このうち、とくに お腹周りに効果が期待できる運動は、1番と2番で紹介したエクササイズです。 もしも、時間が少ししかかけられない場合は 1番と2番の運動だけを日課にしてみてください。 1番のスクワットで太腿の 大きい筋肉を、2番のプランクで 深層筋(インナーマッスル)を使うことにより、基礎代謝と脂肪燃焼効果をアップさせることに集中しましょう! 運動の時間がまったくとれない人のお腹痩せは? 「毎日忙しくて運動の時間なんてとれないよ。 」 「仕事で疲れて帰ってきて運動する気力がない…」 現実問題としてこういうケースも多いですよね。 でも、安心してください。 その場合はー 通勤や家事の時間を運動に変えてしまうんです。 こうすることで特別な時間をかけなくても、カラダは着実に変わっていきます。 「ああ、今日も運動ができなかった…」という自己嫌悪から、「もういいや!どうにでもなれ!」とストレス食いに走ってしまうくらいなら、通勤や家事の中で少しでも多くカロリーを使うことを考えましょう。 消費カロリーを増やす具体的な方法は、次章でお伝えします。 感染症対策専門家会議の呼びかけに呼応するかのように、今、おうちエクササイズ動画やオンラインフィットネスの登録者がかつてない勢いで増えています。 自分で動画を探して続けられる人はYouTube よりプライベートレッスン感がほしい人は、、 日本最大級のオンラインフィットネス動画サービスなら2週間無料で体験できるのでこの機会に試してみるのがオススメです。 イメージチラ見せ Stay at home. Stay safe. ジムにいかなくても動画で運動はできます。 おこもりエクササイズ おうちにいよう 日常生活を運動に変えて痩せる なにもウェアやシューズを準備してすることだけが運動ではないのです。 特別な時間を確保する必要もありません。 ちょっと意識を変えるだけで、日常生活の中にも運動の機会( 脂肪燃焼の機会)はこんなにたくさんあります。 みすみす見逃してはいないでしょうか? 【日常生活に潜む脂肪燃焼のチャンス】• 自宅から会社までの道のりを歩く• エスカレーターではなく階段を使う• 4Fまでならエレベーターを使わない• 電車では座らずに立っている• 一駅手前で電車を降りて歩く• 1つ先のコンビニ・自販機まで買いに行く• クルマではなく自転車を使う 移動手段に選択肢があったら、 あえて不便な方を選ぶ。 運動に時間をかけずに痩せようと思ったら、これが絶対法則です。 スタイルがいい人の習慣をマネすればいい 食習慣、運動習慣、睡眠などの生活習慣。 習慣がその人のカラダを作ります。 忙しいのにスタイルの良い人の共通点は、こういった 太りにくく痩せやすいカラダづくりの習慣を身につけていることです。 運動のための時間がとれなくても、日常生活の中でカロリー消費する意識をもつことで確実に脂肪は燃焼されていきます。 カロリー収支をマイナスにする意識を 実際、痩せる原理というのはとてもシンプル。 消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよい たったこれだけです。 ですから、「 動く量が増えて食べる量が以前と同じ」だったら、理論上は間違いなく痩せます。 お腹周りの臓器は骨で守られていないため脂肪で守ろうとする• 重心が安定するようになるべく体の中心に脂肪を集めようとする 人体の構造、本能というのが厄介ですね… では、年齢とともにますます落ちにくくなるのはどうしてなんでしょうか? 年齢とともにお腹周りに脂肪が集中する理由は成長ホルモンに関係あり!? 年齢とともにお腹周りに脂肪が集中する問題。 この問題、実はある物質と深い関係がありました。 それが、体内で 脂肪の分解を担う「 リパーゼ」という酵素です。 このリパーゼは皮下脂肪に少なく、内臓脂肪に多く存在しています。 さらに、このリパーゼは 「 成長ホルモン」によって活性化されるという特徴があります。 20代前半頃までは成長ホルモンの分泌も盛んなので、リパーゼも活性化されています。 そのためカロリーオーバーしたとしても脂肪は全身にまんべんなくついていきます。 それが20代後半以降、成長ホルモンの分泌が低下するとリパーゼの活性も低下していき、 次第に内臓に脂肪が溜まりやすくなります。 そのため、30代になって太りはじめると、お腹周りに集中的に脂肪がつくようになるのですね。 脂肪を分解するリパーゼの活性低下に加えて、 年齢とともに基礎代謝が低下して、脂肪を燃焼しにくくなっている という状況があります。 年数が経ったお腹周りの脂肪はとくに落ちにくい 一般的に、 ついたばかりの脂肪は落ちやすく、時間が経つにつれて落ちにくくなるといわれています。 ですから、もしも 長年ため込んだお腹の脂肪を何とかするつもりなら、やれることは全部やるくらいの気合いで取り組む必要があります。 ついたばかりならまだしも、長年ため込んだお腹の脂肪はかなり厄介。 年数が経ってすっかり居座ってしまった 古い脂肪を分解・燃焼させるのは、簡単なことではないんです。 数年後しのお腹周りの脂肪を落とすなら、お腹の脂肪を分解・燃焼させることに特化したがおすすめです。 長年ため込んだお腹の脂肪は、医薬品の力を借りたほうが効率良く落とせるでしょう。 「」というこのダイエット漢方は 脂肪の分解、燃焼、排出に効果効能が認められた第2類医薬品なので、サプリメントよりも期待度は高めです(次章ので「脂肪燃焼系」の人向け)。 とはいえ、 「ダイエットにサプリなんて意味あるの…?」 と思いませんか? お腹周りの脂肪を落とすのにダイエットサプリメントは有効か? 結論からいうと、効果の有無は「何をどう使うかによる」となります。 もちろん、早く結果を出すためにプラスに働くということはあります。 運動や食事管理にサプリメントを組み合わせることで、ダイエット効果の底上げを期待できるためです。 ただし、自分にあったサプリを選べないと気休めにしかならない ダイエットサプリには脂肪燃焼系やカロリーカット系などいろんなタイプがあります。 自分に合わないものを選んでも気休めで終わって、効果が実感できないことが多いのも事実。 結局、何でもよいわけではなく、「 自分に合っているかどうか」が重要だということなんです。 営業職など普段からよく動く人は燃焼系、食事管理がストレスになる人はカロリーカット系を。 自分にあったダイエットサプリを選べば、サプリ本来の効果が期待できるでしょう。 そこで、いくつかの質問に答えることで自分に合ったダイエットサプリが分かるテストを用意しました。 【あなたは何系?】自分に合ったダイエットサプリ診断 以下の質問に「Yes」か「No」いずれかを選択して「次へ」ですすんでみてください。 今のあなたのライフスタイルに合ったダイエットサプリメントのタイプがわかります。

次の

内臓脂肪を減らす薬・サプリ実力ランキング|人気ベスト10を比較

お腹の脂肪をとる サプリメント

1 お腹の脂肪が落ちない筋トレとは まず筋肉と脂肪の関係ですが脂肪が燃焼するときにはまず、血中の糖分が燃焼します。 次に筋肉にある糖分が使われます、その次に内臓脂肪が、そして最後に皮下脂肪が燃焼するというメカニズムになっています。 お腹の脂肪といえば内臓脂肪と皮下脂肪です。 特に女性の場合は皮下脂肪が多いのですが、 過度な食事制限などによるダイエットで減量しようとすると、同時に筋肉も落ちてしまいます。 したがってお腹の脂肪を落とす筋トレとは同時お腹の筋肉が落ちないように支えているという言い方が正しいのではないでしょうか。 でもお腹の脂肪が落ちないのは腹筋を鍛えても十分その効果が出ていない状態が続いているのかもしれません。 お腹という環境を考えますと、背骨からも肋骨からも遠くて内臓をしっかり守るものがありません。 だからこそ脂肪がガッチリガードしているため落ちないのだと思います。 腹筋を鍛えてお腹の筋肉を大き強くすればお腹に脂肪がつきにくくなっていくでしょう。 要するに筋トレだけでは限界があるのではないでしょうか・・・ 1-1 お腹周りの脂肪を落とす筋トレとは 身体で筋肉のつきやすいところといえば太もも、ふくらはぎ、そして腹筋です。 効率的に脂肪を落とすために 筋トレをして基礎代謝を高め、脂肪を落とすのが一番です。 基礎代謝が上がれば血中や筋肉中の糖分が使われていきます。 そして内臓脂肪、次に皮下脂肪という順序で落とすことができます。 男性の場合のお腹周りの脂肪といえば内臓脂肪です。 強い腹筋が手に入れば皮下脂肪がつきにくなりますので鍛えた男性はバキバキに割れた腹筋が手に入るのです。 でも女性の場合のお腹の脂肪とは皮下脂肪が主ですから付きやすく落ちにくいのです。 たとえ強い負荷を与えた腹筋であってももそれなりの皮下脂肪でお腹をしっかりガードしてくれていますから、男性のようにはならないのもうなづけます。 1-2 お腹周りの筋肉を強く大きして脂肪が落ちやすくする 腹筋などの筋トレでしっかりと筋肉トレーニングすればお腹の筋肉が鍛えられ、大きくなっていきます。 そして 筋肉が強く大きくなることで基礎代謝が上がり、脂肪が落ちやすくなっていきます。 筋肉という強力なバリアーがしっかりと内臓を守ってくれています。 そして腹筋だけではなく、太ももに効果のあるスクワットやお相撲さんがやるシコを踏むなども 足腰の筋肉を鍛えるのに有効でしょう。 身体全体の筋肉量が増えれば基礎代謝量もぐんとアップしてきます。 1-3 電気刺激を使った腹筋ベルトに学ぶ 腹筋ベルトのメカニズムは、電気信号を受けたお腹の筋肉が収縮し筋肉に負荷がかかった状態となり 、 次の瞬間では電気信号が切れお腹の筋肉は弛緩します。 この収縮運動と弛緩運動を短時間に何度も繰り返して筋肉を鍛えていくという仕組みなのです。 したがって短期間で筋肉を強くしたい大きくしたいという方には効果が期待出ると思います。 私はこの腹筋ベルトの電気信号の代わりに自分の意思でこの腹筋の緊張、弛緩をウオーキング中とか寝るときにしています。 吐く呼吸に合わせて、ハッハッハッ・・・という感じです。 「ハッ」が収縮で腹筋に力が入ります。 でもお腹周りの脂肪を落としたい場合に 腹筋ベルトが直接脂肪に効いて脂肪を燃焼してくれることは難しいと思います。 ベルトで鍛えた腹筋が代謝を上げてその代謝が脂肪を落としてくれるのだという論理になるでしょう。 やはり有酸素運動には叶わないと思います。 1-4 加圧シャツに学ぶ 今の人気の加圧シャツ、実は私も1年前に使用していて感じたのですが着るだけで筋肉トレーニングと同等の効果というのは少し疑問を感じますが、 私が着用して感じたのは強い収縮性、きっと水泳選手の水着に近い素材で身体への圧力をすごく感じました。 これすなわち 姿勢矯正シャツだと私は思いました。 それに 強いサポート効果でお腹を凹ませるドローイン効果もあると感じました。 強い発汗促進効果があってお腹の脂肪を落とすには効果が期待できるのかもしれません。 でも私には少し肌触りに抵抗があって、いまはタンスの中で眠っています。 2 お腹の脂肪が落ちないのは 2-1 まずは有酸素運動 一度付いてしまった皮下脂肪はなかなか落ちない現実をまず理解しましょう。 このメカニズについては次の私の拙稿を参考にしていただきたいと思います。 参考: 皮下脂肪は付きやすく落としにくい 脂肪であるために根気強く脂肪を燃焼させる「有酸素運動」が効果的です。 とてもまどろっこしでしょうが貴方の生活習慣でお腹についた皮下脂肪であり内臓脂肪なのですから時間をかけざるを得ないと思います。 2-2 有酸素運動+筋トレ(腹筋・他の筋肉) 有酸素運動に加え、筋トレで時間短縮と脂肪が落ちやすい身体に改造できると思います。 そして筋トレの後に有酸素運動をするのがベストです。 筋トレはお腹の脂肪を直接燃焼させられませんが確実に基礎代謝が向上します。 そして筋肉の増強により脂肪がつきにくく、落としやすい身体に改造できるのです。 それにこの筋トレを怠ると、もしダイエットが失敗した場合の リバウンドでかえって脂肪のつきやすい、太りやすい身体になってしましますので、筋トレは有酸素運動とともに大切だといえます。 それに筋トレは今日腹筋したなら明日は休むなり、腹筋以外の部位の筋トレが大切になってきます。 乳酸がたまる緊張状態から解放して弛緩状態に筋肉の修復増強がなされますのでその休息時間に必ず良質なタンパク質の補給が重要となります。 2-3 脂肪と筋肉との関係についての誤解 ・筋トレしても筋肉は増えません、太さが太くなるだけです。 ・筋肉が鍛錬によって大きくなるのは筋肉が増えているわけではありません。 ・脂肪が筋肉になることはなく単なるエネルギーです。 ・筋肉は老化によって落ちていく。 この点、よく、理解しておきましょう。 2-4 ドローインでインナーマッスルを鍛える インナーマッスルというお腹内部の筋肉を鍛えることをドローインと言います。 腹筋がお腹表面の腹直筋であるのに対してインナーマッスルはお腹の中の奥にある腹横筋を鍛えることで姿勢がよくなり、キュッと締まったウエストの実現も可能です。 お腹の脂肪を落とすには効果的なドローインですので紹介しておきます。 ドローインのやり方はお腹を引っ込めたまた呼吸をするというシンプルなものですが、基本的な私のやり方を説明しますと ・仰向けに横になり膝を立てます。 ・息をゆっくり吐いてお腹を凹ませます。 ・息を吸いながらさらにお腹を凹ませます。 ・息を吐いて吸うをもう一度、繰り返します。 ・ここまできたらその状態を維持して静かに呼吸をします。 1分くらいで普通の呼吸に戻します。 これを5セットです。 こんな感じなのですが、私の場合はお腹を凹ませて息を吐く腹式呼吸とお腹を凹ませて息を吸う胸式呼吸を併せてやることでより一層のインナーマッスルの強化を狙っています。 朝のウオーキング、水泳など運動時にはいつもこのドローインをしています。 このインナーマッスルを鍛えれば身体の中に自分のコルセットを持つようなもので表面の腹筋と合同で強いお腹のバリアーになることが期待でき脂肪の入る余地がなくなってくると思います。 3 筋トレしてもお腹の脂肪が落ちない悪玉四天王 今一度、筋トレをしてもなかなかお 腹の脂肪が落ちない原因である4項目をあげておきたいと思います。 3-1 皮下脂肪(内臓脂肪) 皮下脂肪は男性には少なく女性の身体につきやすい脂肪です。 一度付いてしまえばなかなか落ちません。 皮下脂肪を落とすために食事習慣を見直す必要がありそうです。 詳しく摂取カロリーと消費カロリーを管理しながら食事するのが好ましいですが、とてもできません。 満腹状態を感じながら摂取カロリーを落とすには、ともかくよく噛んでゆっくりといただくのが最も大切です。 この点については次の私の拙稿が参考になると思います。 参考: 3-2 セルライト 皮下脂肪がどっぷりと停滞して細胞内の老廃物とが蓄積してできる脂肪の塊であるセルライト脂肪がつきやすいところに加え、血流、リンパの流れが悪くなるとセルライトが蓄積されて行きます。 血行やリンパの流れをよくするためにゆっくりとお湯に浸かってマッサージしながら処理していきましょう。 自力で難しいようであれば美容外科など専門家に相談されることをお勧めします。 3-3 便秘 この便秘や腸内のガスなどでお腹が膨らんでしまいます。 この便秘の解消には適度な運動、腸内環境を改善してくれる乳酸菌や食物繊維を食べる習慣によって改善していきましょう。 3-4 姿勢 姿勢が良くない状態は代謝が低下しています。 逆に姿勢をよくすれば確実に新しい筋肉がついて、代謝が改善されていきます。 まず猫背を治しましょう。 あなたは歩くときにご自身の視界に足が見えますか 足全体が見えたらかなり猫背です、消化器系の疾患が今後心配されます。 つま先が見えたら猫背です。 足が見えない状態なら正しい姿勢です。 常に意識して姿勢を正して歩きましょう。 4 姿勢を正す! 正しい姿勢とはどんな姿でしょうか? こういう質問を投げかけると「えっ・・・」と戸惑ってしまうと思いますが 一言でいうと、体幹がまっすぐで頭から足の土踏まずまでまっすぐな状態です。 きょうつけをして、横から見れば一目瞭然です。 人によってはきょうつけをするとお腹が出て背骨が湾曲していると思います。 一番手っ取り早く確認する方法はは壁を背にして、きょうつけをします。 壁と背中に空間がない状態が正しい姿勢です。 頭が前に出たり、身体が湾曲したりしているのはNGです。 ではどうしたら正しい姿勢が取れるかというと それは お腹を凹ませ両肩の肩甲骨に力を入れて引き寄せる感じです。 修正するとどうでしょうか、鏡が横にあれば良く観察して欲しいと思います。 これが正しい姿勢です。 まさにドローイン状態です。 いかがですかこれほど苦しい姿勢はないのではありませんか。 正しい姿勢をとるという矯正はそれ自体が筋トレをしているようなもので、体幹を支える筋肉トレーニングと言えます。 日々の暮らしの習慣から仕事場ではパソコンを使っての作業、通勤時間、そしてリラックスする時間のくつろいだ時間は猫背になっているのではないでしょうか。 姿勢は胸や内臓を圧迫し呼吸が浅く、首にある頚椎の湾曲、骨盤の歪みなど身体に悪影響を及ぼすほか、 ダイエットとして取り組む筋トレ、お腹など脂肪の分解、そして食事にも良くない影響を及ぼし消化吸収の阻害にもなります。 そして正しい姿勢は血行やリンパの流れが良くなると同時に老廃物の排出にも効果的です。 姿勢を良くすることで、筋力アップと代謝の向上が期待できます。 お腹などについた脂肪を落とすにはまず基本だと頭の中に落とし込んで欲しいと思います。 5 まとめ 筋トレしてもお腹の脂肪が 落ちない原因やその対応についてその知恵や対処法を述べてきました。 ここで見逃してはならない大切なポイント、それは 姿勢をよくする努力を最後に述べたいと思います。 現代を生きる日本人は姿勢が悪すぎます。 それは私自身に対する警告でもあります。 いまは単に脂肪が落ちないという状況で悩んでいますがその状況が悪化すれば重篤な病気になる危険信号です。 お腹の脂肪は何が何でも落とさなければならないと強い信念で臨んで欲しいと思います。 女性の場合のお腹の脂肪はそのほとんどが皮下脂肪で、 この皮下脂肪が病的疾患の原因としては関係がありませんが、 男性につきやすい内臓脂肪がお腹の脂肪の大半ならメタボシンドロームは必死です。 腹囲が85センチが男性の限界です。 お腹に脂肪がつき始めたのも姿勢が良くないことが原因の一つであり、 お腹についた脂肪を落とすのも正しい姿勢が鍵です。 強い信念を持ってお腹の脂肪を撃退していきましょう。 これからはお互いに、お腹の脂肪とはおさらばできると信じています。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 初稿:2018年6月21日• 初めまして 「けんこう水泳」の石原 孝です。 この度は私のサイトにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。 私は水泳が大好きで、今でもスポーツクラブプールで泳いでいます。 水泳歴は子供の時からずっとですから60年になります。 本格的な競泳は高校生からで、当時の兵庫県大会では平泳ぎで優勝、社会人になってからも福井県マスターズで40歳代県記録を長く保持していました。 そして、今も日本マスターズ水泳の現役で競技に参加しております。 90歳代スイマーが私の生涯目標です。 今、思いますに、我が人生、泳いでいるときは健康でした。 これからは老いを受け入れて楽しみながら生涯、泳いでいたいです。 そして勿論競技スイマーでありたいと願っています。 私のプロフィール 経歴その他 1953年1月18日生、兵庫県尼崎市出身 1975年3月近畿大学農学部水産課学科卒業.

次の