新日本無線 倒産。 日本無線(株)【6751】:リアルタイム株価チャート

倒産危険度ランキング

新日本無線 倒産

「変化 」 を捉え 、 「進化 」 に繋げる チャレンジャーを求めています! 私たち新日本無線は、グループ全体で半世紀以上に亘り電子デバイス、マイクロ波製品の提供によってエレクトロニクス社会の発展に貢献してきました。 今日では自動車・スマートデバイス・衛星通信等様々な分野で当社の製品は採用され、これからもIoTやAIを活用した超スマート社会の実現に向け、キーデバイスを提供し続けたいと考えています。 これらは言葉にすれば簡単かもしれませんが、成し遂げることは簡単ではありません。 だからこそ、チャレンジ精神が旺盛で、「変化」を捉え、それを「進化」に繋げて行くことが期待できる人財を求めています。 私たちと一緒に「チャレンジ」してみませんか? また、私たちはいきいき働くためには「健康」が重要であると考え、「健康」をキーワードとして「ヘルシーカンパニー」の実現に向け様々な取り組みを行っています。 是非、私たちの会社のドアをノックしてみて下さい。 心からお待ちしています。 新日本無線の採用サイトにようこそおいで下さいました。 はじめまして!私たちが皆さんと新日本無線の橋渡し役です。 よろしくお願いします。 私たちの役割は、多くの方に新日本無線をご理解いただき、「ぜひ入社したい!」と感じていただくことと、選考・入社までのお手伝いです。 新日本無線のビジネスはBtoBなので、当社の製品が皆さんの目に触れることは殆どありませんが、実はスマートフォンや自動車等多様な製品に採用され、意外と身近な所で皆さんのお役に立っています。 当社はこれからもIoTそして超スマート社会を、高品質な「電子デバイス製品」と「マイクロ波製品」で支えていきます。 新日本無線に少しでも興味を持って下さった方、まずはマイナビでエントリーをお願いします。 あとは私たちがナビゲートしますね。

次の

倒産情報アーカイブ

新日本無線 倒産

大企業が次々に経営難に陥り、 倒産危機が相次いでいる時代。 自分の会社の倒産の危険度が どれくらいなのかは知っておきたいものです。 そこで今回は、倒産の危険度が高い企業の ランキングを少し見ていきましょう。 倒産危険度ランキング こちらは週刊ダイヤモンドで発表されていた、 倒産の危険度が高いランキング100社です。 上場企業を対象に資金繰りや今までの利益、 負債、総資産における売り上げの状況を数値化して、 倒産の危険度をランキングにしています。 倒産危険度ランキング TOP1~100 1. ジアース 2. インスパイアー 3. コネクトホールディングス 4. ワールド・ロジ 5. YAMATO 6. イー・キャッシュ 7. ゲイトウェイホールデングス 8. プリンシバル・コーポレーション 9. アクロディア 10. インデックス 11. セレブリックス 12. アイフラッグ 13. 石井表記 14. ディー・ディー・エス 15. T&Cホールデカグス 16. インスペック 17. fonfun 18. USEN 19. 原弘産 20. 北川精機 21. ユニバーサルソリューションシステムズ 22. 東京カソード研究所 23. ランド 24. 東京機械製作所 25. 価値開発 26. 日本風力開発 27. 高橋カーテンウォール工業 28. アテクト 29. 常磐興産 30. ホロン 31. 東京建物 32. ロイヤルホテル 33. 新日本科学 34. 東京電力 35. 倉元製作所 36. 日本エスコン 37. アスコット 38. パルステック工業 39. SUMCO 40. エスボア 41. 燦キャピタルマネージメント 42. 明治海運 43. 神戸電鉄 44. 常和ホールデングス 45. ジェイクシード 46. ファンドクリエーショングループ 47. 東北電力 48. ランドビジネス 49. 細田工務店 50. アーバンライフ 51. ファーストエスコ 52. 新日本無線 53. 共栄タンカー 54. アビックヤマダ 55. スガイ化学工業 56. TASAKI 57. テラプローブ 58. ケネディクス 59. セブンシーズホールディングス 60. 山田債権回収管理総合事務所 61. 九州電力 62. メガネスーパー 63. アルパック 64. 平和不動産 65. マルマエ 66. 新潟交通 67. サムティ 68. ニューテック 69. NTT都市開発 70. 南海電気鉄道 71. ワイズマン 72. 住友不動産 73. 鴨川グランドホテル 74. エスケーエレクトロニクス 75. 関西電力 76. 五洋インデックス 77. 東京ドーム 78. ルネサスエレクトロニクス 79. 東急不動産 80. 雪国まいたけ 81. 飯野海運 82. 大東貿易 83. J-POWER 84. 東亜石油 85. 日本板硝子 86. 両毛システムズ 87. グリーンランドリゾート 88. JCLバイオアッセイ 89. アパマンショップホールデングス 90. 中山製鋼所 91. 北海道電力 92. 京都ホテル 93. 日本製罐 94. ニプロ 95. 田中化学研究所 96. オーミケンシ 97. 京阪神ビルディング 98. 野村不動産ホールディングス 99. 光ハイツ・ヴェラス 100. 大企業でもリストラが進行していく!? 日本経済はこれから衰退期に入っていきますので、 今後は、中小企業に限らず大企業でも潰れてしまったり 大きなリストラ策を敢行するということが増えてくると予想されます。 シャープなどが有名ですが、今まで日本を代表する企業だったとしても、 数年ほどの大幅赤字で倒産の危機を迎えることも現実に起こりえます。 関連記事: ただ、こうした中でも 「自分の会社は大丈夫」だと思っている人は意外と多いです。 JALが経営破綻した際の話を聞いたことがあるのですが、 内部の人間は会社が破たんする直前までは、 まさか自分の会社が潰れるわけがないと思って、 危機感すら感じていなかったそうです。 そして、いざ破綻して、自分がリストラされたときに、 初めて自分の直面している危機的な状況に焦り始めて 途方に暮れてしまうといったが起きたようです。 こうしたことは、今の日本社会では決して他人ごとではなく、 「自分だけは大丈夫」と会社の安全神話を信じていると 近い将来に経済的に不幸な目に合うことはかなり高いでしょう。 ですので、今の内から将来の自分のために しっかりと万が一の準備を備えていくことが 非常に大切になってきます。 今現在、僕はこうした社会の先を見すえて 行動したい人のためのメルマガを配信しています。 詳しくはこちらをご覧さい。

次の

就活生へメッセージ | 新日本無線株式会社 採用サイト2021/2022

新日本無線 倒産

オーディオ機器用SiC-SBD「MUSES7001」 SiCは、パワー半導体分野におけるシリコンに変わる次世代半導体材料として注目を集める。 シリコンに比べ、耐圧が高く、高速スイッチング特性に優れるなどの利点があり、電力変換損失を低減できるなどの効果が期待できるためだ。 SiC-SBDも、シリコンによるSBDに比べ、逆回復時間が短く、逆回復電流も少なくでき、スイッチング素子の動作を高速化できるとい特長を持つ。 新日本無線では、SiCを用いたパワー半導体を開発を進める中で、得意とするオーディオ分野向けのSiCデバイスの開発も実施。 オーディオ機器の電源を、より高速スイッチングさせ、電源ノイズの音質への影響を抑制できるSiC-SBDを、オーディオ機器メーカーなどとも連携しながら開発。 2011年ごろから、特定顧客向けにオーディオ機器用SiC-SBD製品を量産してきた(関連記事:)。 高音質デバイスシリーズ「MUSES」に位置付け サンプル出荷を開始したMUSES7001は、初の一般向けに販売するオーディオ機器用SiC-SBDとなる。 高い音質を追求したデバイス製品シリーズでこれまでオペアンプなどを展開してきたMUSESシリーズの1製品として位置付け、「音質重視のSiC-SBD製品」というイメージを打ち出した。 銅太線ボンディング技術採用 関連記事• 新日本無線は、デンソーからライセンス供与を受け、スーパージャンクション構造を持つパワーMOSFET(SJ-MOSFET)を量産する。 従来工法のSJ-MOSFETと比べて、単位面積当たりのオン抵抗を半減したことが特徴である。 新日本無線がアルミニウム電極への銅太線ワイヤボンディング量産技術を発表。 低損失で環境性能も高い銅製ワイヤの配線によるパワーデバイスの量産技術が確立された。 インバータなどの電力効率を高める次世代パワーデバイスの用途で期待されているSiCデバイス。 このSiCデバイスを搭載することにより音質を高めたカーオーディオ用パワーアンプが「東京モーターショー」に出展されている。

次の