断食 回復食 コンビニ。 【保存版】ファスティング(断食)の回復食を専門家が教えます

ファスティングの回復食おすすめメニュー

断食 回復食 コンビニ

これなら簡単!コンビニで買える回復食! まずはどどーん!とコンビニで買える回復食を紹介しちゃいましょう。 回復食、わざわざ作るのは面倒だし以外と大変。 また食材を買いに行けば、誘惑に触れる機会が増えてしまいます。 そんなとき、コンビニなら1食分ごとに購入でき、スーパーなどに比べて目移りしにくいですよね。 長居しにくいのもポイント! お目当てのものを予め決めておき、さっと買ってきましょう! おかゆ やっぱり見逃せないのはお粥です。 いまはパウチになっている商品が、ほとんどやコンビニに置いてあります。 なにも入っていない白粥を選んでください。 ダイエット目的の方は、一袋全部ではなく朝昼晩に分けると良いですね。 出典: 梅干し 皆さん、梅干しを一粒ずつ購入出来るのをご存知でしたか? 最近はおにぎりやお弁当コーナーにさりげなく並んでいます! 酸味のある梅干しは食欲を抑えてくれる効果もあるので、どうしても口寂しくなったときにも重宝しますよ。 もちろん他の商品と組み合わせるのも抜群です。 出典: もずくやめかぶ とろとろとした粘りけと、酢醤油の相性がおすすめ。 海藻をとることで、ミネラルや食物繊維を補えます。 ただし、サラサラと食べやすいので、しっかりと噛むことを忘れないでください。 出典: サラダ おきまりの一品ですね。 種類も豊富で飽きのこないところが魅力です。 気を付けてほしいポイントは、肉や卵などの動物性タンパク質が入っていないのを確認してください。 また、パスタやマカロニにも注意点が必要です。 とくに小麦粉製品はファスティング期間中、一貫して摂らない方が良いですよ。 出典: 豆腐 冷奴や、スーパーに並ぶような普通の豆腐か並んでいるかと思います。 植物性のタンパク質なので内蔵にも優しく、低カロリーなのも嬉しいですね。 これだけでは味気ないですが、サラダにトッピングするなど工夫してみてください。 出典: l お味噌汁 具はなめこや豆腐、あおさ、長ネギやほうれん草と種類豊富に揃っているので日替わりで楽しんでください。 豚汁などは控えましょう。 気持ち多目にお湯を入れるなどして、塩分の摂りすぎには注意してください。 出典: ひじきの煮物 パウチタイプとお惣菜パックタイプがあるかと思いますが、お惣菜タイプをおすすめします。 ひじきは鉄分もミネラルも豊富です。 体の疲労回復にも一役かってくれます。 出典: おでん 暖かい、食物繊維がとれる、消化に良いと私のイチオシです。 出汁の香りと旨味で満足感も抜群ですね。 一番回復食向きなのは、大根。 他には焼き豆腐や昆布巻きも、ぴったりですよ。 出典: コンビニなど、外で買うお惣菜はどうしても味が濃いめで添加物も心配にはなりますか、何よりもストレスを貯めないことが大切です! 夕飯は自炊して、あとはコンビニ!と自分なりのルールを作ればメリハリもつきますね。 またファスティングを終えたら、コンビニ食や外食をいったんお休みするのも良いですね。 出来る時は自分で、忙しい時や買い置きをするとついつい食べてしまいそうなときはコンビニで、と普段から無理をしない習慣をつけていきたいてすね。 回復食の基本も抑えよう! まず食事内容をどうするかは、実はファスティング中に何を摂取していたかによります。 最近流行りの 酵素ドリンクや クレンズジュースだったのか、野菜スープの具なしだったのか、厳しく水やハーブティーのみだったのか…。 今回は今一番ポピュラーな、酵素ドリンクなど何かしら栄養を摂取する方法でファスティングした時を想定してご説明しますね。 ちなみに筆者の体験を基に当ブログでは優光泉という酵素ドリンクをおすすめしていますよ! まず、選ぶ基準値ですが、 ビタミン、ミネラル、食物繊維が多い食材を意識してとってください。 「え?お粥じゃないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。 しかし、最近のファスティングでは全く栄養を摂らないわけではありません。 酵素ドリンクや ジュースにはミネラルもビタミンも含まれています。 お粥などの糖質にしてしまうと、今まで摂取していた栄養素は減り糖質だけを過剰にとることにつながってしまうのです。 もちろん、ファスティングの目的によってはお粥をおすすめする事も。 それは、後程ご紹介しますね。 まず簡単に作れて野菜の種類も多くとれる、「お味噌汁や野菜スープ」はぴったりです。 お味噌汁の出汁は鰹節と昆布からとりましょう。 また野菜スープは野菜から出る出汁と、天然塩を使うだけで美味しくできますよ。 添加物は回復食には避けたいので、顆粒出汁やコンソメスープの素などはおすすめできません。 くたくたになるまで煮てしまい、消化しやすくするとより内蔵に負担をかけずに済みますよ。 お味噌汁なら出汁として、少量ですがタンパク質も補えるので一石二鳥です。 また野菜と海藻を使った「サラダ」もバランスよく栄養を補えます。 野菜は大根や玉ねぎ、ほうれん草がおすすめ。 海藻は手に入りやすいワカメやひじきで十分ですよ。 ドレッシングは控えて、ハーブ塩や、オリーブオイル、レモン果汁などシンプルに楽しんでください。 また体を冷やしにくい温野菜や蒸し野菜にするとなおGOODです! お粥や蕎麦などの炭水化物を食べるべき人 まず、 炭水化物はお粥や重湯のように消化しやすい形で食べてください。 お蕎麦は血糖値を比較的上げにくくおすすめですが、ザルそばではなく、汁に浸しながら食べるのがベストです。 うどんも消化には優しいのですが、小麦製品はファスティング中は控えるのがベター。 ダイエット目的ではなく、体質改善やスポーツでのパフォーマンス向上を目指す人には、消化しやすくした炭水化物がぴったりです。 ファスティング中のエネルギー不足により体は筋肉を分解して、エネルギーを補給しようとしはじめます。 糖質を適度に摂取することにより、エネルギーを食事から直接とれるようになるので筋肉を守ることができるのです。 スポーツが日常だった人は控えていた運動を再開させ、食事でとった糖質を上手に使うようにしましょう。 また減量目的ではなくファスティングを行っていた人は、落ちすぎた体重を戻すのを手助けしてくれますよ。 ダイエット目的だった人にも決してデメリットだけではありません。 一度に食べるのではなく、数回に小分けして食べてみてください。 腹持ちも良く、間食の誘惑に負けずにすみます。 梅干しや塩分控えめの漬物を先に食べると、唾液の分泌を促し消化を助けてるうえに、漬物に含まれる酵素は回復食にはぴったりです。 お蕎麦には、とろろをかけたり山菜蕎麦にして具を足すと、より糖質の吸収をゆるやかにしてくれますよ。 どのメニューのときも、 必ずよく噛んで食べてくださいね。 内蔵の負担を減らし、満足感をアップしてくれます。 甘いものがとりたい!そんな人におすすめフルーツは?バナナはいいの? 甘いものがどうしても食べたくなってしまったら、お菓子に手を出さずにフルーツで乗り気ってください。 以前流行っていた朝バナナダイエット。 バナナは栄養価も高く腹持ちも良いので、比較的ダイエット向きに思えますよね。 しかし、 回復食には不向き! もちろん様々な意見はありますが、糖質がフルーツの中でも多く炭水化物と同じ役割と捉えるべきかと思います。 食べるときは、少量を数回にわけて、です。 また南国原産のフルーツは比較的体を冷やす効果があります。 ですがバナナは「 準備食」にはもってこいのフルーツ! もちろん普段のデザートがわりにも向いています。 上手に取り入れながら、ファスティングを乗りきってくださいね。 フルーツを食べるときはりんごやぶとうを積極的に選んでみましょう。 特にりんごは、すりおろすことで消化にも優しくなり、また乳酸菌の発酵を助けたりと万能です。 ヨーグルト 豆乳タイプだとなお良い に すりおろしりんごをかけて食べれば、美味しく楽しめます。 甘い物の誘惑は我慢どころですよね。 完全に断ち切ろうとすると、かえって反動がでてしまうことも。 ファスティング後は味覚も敏感になっています。 ぜひ美味しい自然の甘みを楽しむチャンスにしてくださいね。 ファスティングの「回復食」って?なぜ重要? ファスティングは大きく三段階にわけて行います。 まず、ファスティングをするための体作りをする「 準備食期間」 本格的なファスティングを行う、「 断食期間」 そして、少しずつ普通の食事に慣れさせていく「 回復食期間」です。 断食の間胃などの消化器官は、それまでの食べ物を消化し終えると 休憩しはじめます。 そこに、急に固形物が大量に入ってくると対応しきれなくなり 消化不良を起こしてしまうのです。 また、体は栄養を摂りたいために、 出来る限り体に貯めこもうと働きます。 回復食で摂取するものは、そのまま体の一部になるといっても過言ではないのです。 もちろんどの期間も大切に過ごさなければなりませんが、回復食期間は誘惑に負けやすい時期。 断食を乗り切った安心感と、我慢していた食事への反動でついつい食べ過ぎてしまいがちです。 簡単に説明すると、 リバウンドのような状態に陥りやすくなるのです。 これを回避するためにも、回復食期間も気を抜かずに取り組んでいきましょう! 難しくはありませんよ。 ちょっとしたポイントを押さえれば、想像よりも簡単ですので安心してくださいね。 回復食まとめ• ファスティング期間中で最も重要期間!?• 消化器官が休んでいるので、急に大量に食べるのはNG• 吸収率は上がっているので、食べる内容は大切に• ミネラル、ビタミン、食物繊維を意識する• 糖質に偏りすぎないように、少量を数回にわけて• 筋肉を維持したい人には炭水化物はおすすめ• 甘いものがほしくなったらりんごやブドウ• コンビニは誘惑にも少なく、手軽なのが魅力 いかがでしたか? これなら出来そうな気がしてきますよね。 ファスティングで一番大切なのは、楽しむことです! 終わった後の爽快感とすっきりとした体感は、自信にも繋がるはずですよ! 食事の基本は「まごわやさしい」を意識して、ポイントごとにアレンジしてください。 ぜひハッピーなファスティングに挑戦してみてくださいね。

次の

ファスティングの回復食とは?おすすめのレシピとコンビニで買える回復食!

断食 回復食 コンビニ

断食はダイエットや健康のために、日本のみならず世界中で実践されている健康法です。 宗教的な意味を持ったものから、ダイエットのために行われるものまであり、昔から行われてきたものです。 ファスティングとは日本語で断食を意味します。 胃腸を休ませ、体が消化などに使っていたエネルギーを細胞の活性化や修復のために使えるので、 美容・ 健康にとてもいいといわれています。 デトックス効果、もちろん ダイエット効果もあります。 断食は胃腸に負担をかけないものを摂取しながら行う方法と、水しか飲まない素人が行うには危険なものまであります。 一般的に行われているのは前者の断食でしょう。 そんな断食、 回復食がとても重要です。 断食が終わってホッと緊張感が緩んだところで口にする、回復食の選び方次第では断食した意味がなくなってしまうこともあります。 普通食に戻るまでの期間食べる、回復食にはどんなメニューがおすすめなのでしょうか? リバウンドしにくいおすすめメニューや、栄養を効率よく取り入れることができるメニューを10選紹介していきます。 ファスティングの成功は回復食にあり!ということを覚えておいてください。 断食は健康のために行う人も多いですが、ダイエットのために行う人もたくさんいます。 短期間で痩せることができる断食ですが回復食次第ではリバウンドしてしまいます。 まず、断食中は血糖値が下がった状態です。 そんな状態で断食が終わって、回復食ではなく普通の食事をしたらどうなるでしょうか? 食事が入ってきたことで 血糖値は急激に上がります。 血糖値が上がることで体内ではインスリンが分泌され血糖値を下げます。 この乱高下が体の大きな負担になるばかりか食欲が止まらなくなる原因になるのです。 急激に血糖値が下がることで、 体は空腹感を覚えます。 そのため、食欲が抑えることができずに暴飲暴食してしまうのです。 断食中の体はスポンジのようなものです。 栄養を吸収しやすくなっているので、徐々に回復食で休ませていた体を回復させる必要があるのです。 回復食には 胃腸の負担をかけないため、という役割もあります。 断食は普段、酷使している臓器を休めるために行うものです。 休ませた胃腸にいきなり脂っこいものや、硬いものなど消化が悪いものを食べると負担がかかります。 寝ている人を急に起こして、いきなり全速力で走らせるようなものです。 断食した後、食欲に任せてラーメンを食べて腹痛になり救急車で運ばれた、ロールケーキを1本食べてしまってやはり救急車で運ばれた、ということもあるようです。 流石にそこまで食べないにしろ、胃腸に負担にならない量やメニュー、食材を選ぶ必要はあります。 休んでいた胃腸は 急には今まで通り動きだせません。 本来の働きができるまでは、徐々に時間をかける必要があります。 断食した期間と同じか2倍の期間は回復食にかけるのが望ましいとされています。 最初は胃腸に負担の少ないスープなどから始め、だんだん固形のものを食べて胃腸を慣らしていく必要があります。 ファスティングをダイエット目的で行う人も多いと思います。 短時間で効果が出るファスティングは人気のあるダイエット方法です。 もしもダイエット目的でファスティングする場合は、 お米の取り方に注意点があります。 お米はみなさん知っての通り、 炭水化物です。 私たちの主食でもありエネルギーの源です。 しかし、断食後の低血糖状態でいきなり重湯やおかゆを食べるとどうなるでしょう。 断食後のおかゆの美味しさは格別で、今までに感じたことのない美味しさだと言います。 おかゆを食べることで血糖値が上がり、インスリンで血糖値が下がることで脳がもっと食べたい、と指令を出します。 それがリバウンドに繋がるのです。 そのため、ダイエット目的でファスティングを行う場合はおかゆや重湯の摂り方には気をつけましょう。 回復食の後半で、少しづつ取り入れたり、玄米のおかゆを食べるなどしてリバウンドしないよう気をつけてください。 糖分を多く含む食べ物は、回復食には向きません。 空腹状態の体にいきなり糖分の多い食材やメニューを摂ると、血糖値が急上昇します。 休んでいた膵臓から勢いよくインスリンが排出され、血糖値を下げます。 この血糖値の乱高下がリバウンドや体調不良の原因になります。 インスリンによって下がった血糖値によって、脳から「 もっと食べろ」と指令が出ます。 その結果、堪え難い空腹感に苦しむことになりリバウンドしてしまうのです。 また砂糖には中毒性がある、といわれています。 砂糖を摂ることで食欲が抑えきれなくなりリバウンドを起こすのです。 せっかく健康やダイエットのために断食したのに、回復食であっという間にリバウンドしないよう、糖分たっぷりの食品は控えましょう。

次の

ファスティングの回復食とは?おすすめのレシピとコンビニで買える回復食!

断食 回復食 コンビニ

コンビニの商品は添加物が多く含まれているイメージがあって、「ファスティングの準備食・回復食には向かないのではないか?」と心配する人も少なくないですよね。 実際に、合成着色料や防腐剤などによる健康被害は出ていたりします。 しかし、その大部分は生活習慣病やメタボリック・シンドロームの症状として現れます。 では、「ファスティングの準備食・回復食は自分で作るしかないのか?」そんなことはありません。 近年に入り、コンビニの商品ラインナップは、めざましい進化を遂げてます。 栄養バランスを気遣った食べ物・飲み物が今のコンビニでは充実しています。 そこで今回は、ファスティングの準備食・回復食をコンビニで済ませることが出来るオススメの商品について解説します。 ファスティング準備食・回復食に相性バッチリ!コンビニ商品を選ぶポイントとは 【ポイント】 コンビニ商品から準備食・回復食を選ぶ場合、食べ物や飲み物のパッケージ裏に記載された成分表から、 食品添加物の配合量や種類を確認するのがポイント。 準備食では、血液をサラサラにするために脂質を避けたコンビニ商品を手に取りましょう。 ファスティング後の回復食では、急激な糖分吸収を抑制する目的で、炭水化物を控えるのも大事なことですが、コンビニ商品で自炊に匹敵する栄養価を摂取するには、 体内に添加物を入れないのが鉄則。 食品添加物は将来病気になる可能性が高まる 準備食・回復食に適したコンビニ食品や飲み物を手に取っているつもりでも、どのような添加物が含まれているのかを見落とせば、病気を発症する危険性だってあります。 現代人が最もかかりやすい病気は、がん・心臓病・脳卒中の3種類。 この原因が、着色料、保存料、甘味料、香料などの食品添加物の過剰摂取であることとも言われていいるんですね…。 ファスティング後の準備食・回復食に向かないコンビニ食材 控えるべき食材 理由 ハム 亜硝酸ナトリウム(発色剤)は、加工肉に含まれるアミンと相性が悪く、同時に摂取することで「ニトロソアミン類」という発がん性物質に変わってしまう。 砂糖 人工甘味料をふんだんに使用したコンビニの砂糖は、過剰摂取すれば糖尿病になる危険性があります。 明太子 ハム同様、亜硝酸ナトリウムが含まれており、発がん性がある。 準備食をコンビニで済ませる際にオススメの商品とは 添加物の多さが懸念される コンビニ商品の中でも、ファスティング前の準備食としても使えるオススメの食べ物と飲み物をそれぞれ紹介します。 ファスティング前の準備食を摂取する際に意識したいことは、2つ! 血液を汚さないこと、腸内環境を整えることです。 外食時と同様、 を心がけることも忘れないようにしましょう。 これらを徹底することで、おのずと添加物の少ないコンビニ商品にありつけるはずです。 コレステロール値を下げ、脂質の吸収を抑制する。 お粥レトルト レトルトなので簡単に準備できるのも良いところ!胃にも負担が少ないのでベスト! カップみそ汁 自分でお湯などで塩分などの調整も出来るのでおすすめ。 準備食として飲み続けることで体質改善効果を見込める。 回復食をコンビニで済ませる場合にオススメの商品は 前項の準備食として、主にセブンイレブンの商品を紹介してきました。 「ほかにもコンビニがあるのになぜ…?」と思った方もいることでしょう。 実は、 大手コンビニチェーンの中で最も添加物の配合量が少ないのは、セブンイレブンなのです。 添加物の配合量や種類が少ないということは、それだけ健康に影響を及ぼす被害も少ないということです。 ここでも、セブンイレブンの商品を中心にファスティング後の回復食を紹介します。 ファスティング前の回復食メニュー【コンビニの食べ物】 回復食期間で使える食べ物 オススメポイント カップみそ汁 海苔 ファスティング後の塩分補給に役立つほか、 美髪を取り戻すためのミネラルも豊富。 カップみそ汁 とうふとわかめ 太りにくい体質をつくる上で理想的な具材が 含まれている。 お粥レトルト レトルトなので簡単に用意が出来るのでオススメ! スープ春雨 カロリーも少なく腹持ちも良いので回復食にぴったり 豆腐そうめん 春雨同様にカロリーが少なく食べやすい もずく酢 まごはやさしい食のひとつ海藻類に入るので回復食でもおすすめ めかぶ もずく同様胃腸にも負担が少なく準備もそのまま食べれるので簡単 ファスティング前の回復食メニュー【コンビニの飲み物】 回復食期間で使える飲み物 オススメのポイント ヘルシア緑茶マイルド (189円) ファスティング後は味覚が過敏になり、どんな食べ物・飲み物も濃い味として感じがち。 よって、よりマイルドな味わいの緑茶がオススメ。 ヘルシアウォーター (189円) リバウンド防止のための運動のお供にするなら、この一本。 体脂肪を燃焼しつつ、喉の渇きを最小限に抑えてくれます。 ファスティングの準備食や回復食期間に摂取する食べ物や飲み物では、コンビニでも代用できるものも探せばもっとあるでしょうが、何より体にとって負担のないものが大切です。 酵素ドリンクだけはこだわって!ファスティングの効果を左右する商品選びとは ファスティングには、必須の酵素ドリンクですが、これに関しては、コンビニのグリーンスムージーなどで済ませるのは本当はあまりオススメしません。 酵素ドリンクに比べ、コンビニのスムージーなどでは、ファスティングのデトックス効果や栄養摂取としては少しばかり足りないからです。 理由は、品質や栄養の抽出方法など全く違うため。 【ポイント】 酵素ドリンクは、品質が高いイメージがあるかもしれませんが、コンビニのグリーンスムージーと比べても大して合計での費用は、そこまで大差ありません。 ここは、妥協せずにファスティングの健康の効果を最大限まで上げるためには、品質の良い酵素ドリンクを用意しましょう。 なので、体のためにも栄養価が高い品質の良い酵素ドリンクを使用しましょう。 ファスティングでの正しい酵素ドリンクを使用する3つのポイント• 食前30分前に飲む• 酵素ドリンクと水両方合わせて1日2~2. 完全無添加で低カロリーのものを使用する 準備食や回復食は、どうしてもめんどくさくてコンビニで済ませようとするのはまだ良いです。 しかし、酵素ドリンクに関しては、安全にファスティングをするためにも、品質の良いものを購入を考えたほうが体にとっては安心です。

次の