ミスチル 花火 歌詞 意味。 6tag.sixdegrees.orgen「sign」/ 歌詞の意味と解釈

ミスチル「花火」の歌詞の意味は?

ミスチル 花火 歌詞 意味

【1番Aメロ】元々は、シンプルなラブソングになるはずの歌だった? この曲ができた当時、ミスチルは4枚目のシングル 「CROSSROAD」がヒットし、次の曲はミスチルらしいラブソングにしようと決めていました。 innocent worldの仮タイトルは 「innocent blue」で話が進んでいました。 しかし、ここでミスチルのプロデューサー兼元キーボード担当・小林武史さんが「いまのミスチル桜井にしか歌えない曲を」と一声を上げたことによって、歌詞が変わりタイトルも 「innocent world」に改められました。 【1番Bメロ】夢を追いかける男の歌 そのため、この曲では「君」という昔の恋人を連想させる人物が出てきてラブソングとしての要素をはらんでいるものの、夢を追いかける男の歌になっています。 窓にうつる哀れな自分を見つめているところを見ると、まだ夢は叶っていないようですが、その胸にはたしかに熱い思いを抱えています。 一方 「このままこの道を歩き続けていいのか?」という不安も同時に抱えていて 「いいだろう?」と自分に語りかけることによって決意をたしかめているようにも聴こえます。 【1番サビ】もう後戻りはできない、険しい道を歩く 「innocent world」とは直訳する と「無垢な世界、純粋な世界」という意味です。 ここでは 「無邪気だった若いころの自分自身」ということでしょうか。 若いころは自分の夢にまっすぐで、後先考えずにつき進むことができていたけど、いまは中々できないという現状を憂いつつ、またそんな自分に戻れたらなと希望も捨てずがんばっている主人公のようです。 「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」とは、若いころ聴いていた曲のことでしょう。 懐かしのメロディーを聴いては、あの頃のガムシャラさを思い出しているシーンが頭に浮かびます。 【2番Aメロ】主人公は、自分を取り戻したい ここでは、日常の話題が仕事の話で汚染されていると嘆いています。 仕事の話ばかりしている自分を見て 「自分を見失っている」と評価しています。 つまり、仕事に生活の大部分の時間を取られているけど、本当にしたいことは仕事ではないということを言っています。 しかし、ここでは 「君 =過去の恋人ではない」ということがわかってきます。 「夢を追いかける自分」と「目の前を一生懸命がんばる自分」が頭の中で、交互に会話をしているのではないでしょうか。 【2番サビ】忘れてた笑顔を取り戻した主人公 また 「あの懐かしのメロディ」を思い出しているようです。 (というか、歌っている。 ) なにか嫌なことがあったのでしょうか。 「物憂げな6月の雨」とは、嫌なことを表すたとえのことでしょう。 しかし、あの頃のメロディを歌って、当時の決意を思い出しているようです。 音楽の力って、偉大ですよね。 明るい曲をきけば明るい気分になりますし、ノスタルジックな曲をきけば過去の思い出すことができます。 彼は、昔よく聴いていた応援ソングを聴いて熱い気持ちを思い出しているんでしょうね。 【Cメロ】決意、ここに固まる ここでも、もう一人の自分が登場します。 自分をとりまく環境、周囲の人間関係、時代は変われど、夢を追いかける自分は「微かな光(希望)」を胸に抱いて進んでいく。 誰から否定されようと、それを止めることはない。 それでも、いいでしょ? そういう自問自答をしているということでしょうね。 決意は固まったようです。 【ラスサビ】ミスチル自身のことを歌っているようにも聴こえる そして、ラスサビです。 ここまで聴いてきて、 誰にでも想い出の一曲はある。 そして、叶いたい夢もある。 嫌なことがあった時は、昔よく聴いたその曲を聴いて初心を思い出して、また歩き出せばいい。 というストーリーが、イメージできたかと思います。 と同時に 「そんなアーティストに僕たちはなりたい」というような桜井さんからのメッセージも見え隠れしているような気分になります。 いつの日も多くの人の心の中に流れてるメロディを奏でられるようなバンドになりたい。 ふとした瞬間に、口ずさまれるような曲を作りたい。 そんな桜井さん自身の決意も含まれているのかなと。 こればっかりは桜井さん本人に聞いてみないことには分からないことですが。 桜井さんがいつも言ってる 「いい意味で、歌詞の意味は勘違いしてもらって構わない。 その方が作り手としても面白いから。 」という狙い通りだとしたら、完敗です。 最後に innocennt worldの歌詞の意味を考察しました。 いかがだったでしょうか。 他にも「こんな解釈もできるんじゃない?」という意見があれば、この下のコメント欄でお待ちしております。

次の

6tag.sixdegrees.orgen HANABI 歌詞&動画視聴

ミスチル 花火 歌詞 意味

最後までどうぞよろしくお願いします。 制作経緯 この「花の匂い」は桜井さんの父親さんが亡くなられて、その想いをメロディや歌詞にした曲だと言われています。 なので、歌詞で「さよなら」を「本当のさよなら」にされてるんですね。。。 また、夫を亡くして未亡人となった妻の目線で書いた歌詞だとも言われています。 そして、JENさんがレコーディングのときに初めてこの曲を聴いたとき、感極まって泣いてしまったというエピソードがあるみたいです。 とても感動的な曲ですよね。 「花の匂い」の凄いところ この「花の匂い」はアルバム最後の曲ということもあり、曲の入り方は静かですが曲がクライマックスを迎えるにつれ、ドラム、ベース、ストリングスが曲を盛り上げてアウトロで田原さんの感動的なギターソロが流れます。 そして、歌詞もメロディも最後の曲にふさわしいものになってるのではないでしょうか。 そんな「花の匂い」は僕の「myミスチルベストソング」の中で上位になるわけですが。 個人的に特に好きな箇所。 感動的な箇所があります。 桜井さんの魂の叫びのようです! Aメロとサビのメロディラインとは少し違うメロディが、歌詞にもならない「Oh〜」という叫びで歌われているようです。 それは桜井さんが父親に対する言葉にならない「想い」を叫んでるように思えます。 「悲しみ」や「感謝」。 様々な想いを込めた叫びのようですね。 まさに「NOT FOUND」のあの歌詞 言葉にならない「想い」を歌う。 そんな桜井さんの姿勢を歌詞にした曲がありますね。 19枚目のシングル曲「NOT FOUND」です。 その曲の1番のサビで歌われてます。 あぁ 何処まで行けば解りあえるのだろう? 歌や詩になれない この感情と苦悩 「花の匂い」のサビの前の叫びは詩になることができなかった「感情や苦悩」なのではないでしょうか? 僕が思う、桜井さんの凄いところのひとつに その歌詞にならない「メロディ」に想いを乗せるところです。 「Oh! 」「Yeah!」「Ah!」など。。 ミスチルを知らなかったらそういうところに着眼点を置けなかったのでは。。 と思うくらい、聴き手を響かせるには難しい部分だと思いますが。。 みなさんはどう思いますか? その「歌詞にならないメロディ」についてまとめた日記はこちら 「花の匂い」のMVはこちらになります。 ;月別アーカイブ• 2020年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年•

次の

HANABI 6tag.sixdegrees.orgen 歌詞情報

ミスチル 花火 歌詞 意味

【1番Aメロ】元々は、シンプルなラブソングになるはずの歌だった? この曲ができた当時、ミスチルは4枚目のシングル 「CROSSROAD」がヒットし、次の曲はミスチルらしいラブソングにしようと決めていました。 innocent worldの仮タイトルは 「innocent blue」で話が進んでいました。 しかし、ここでミスチルのプロデューサー兼元キーボード担当・小林武史さんが「いまのミスチル桜井にしか歌えない曲を」と一声を上げたことによって、歌詞が変わりタイトルも 「innocent world」に改められました。 【1番Bメロ】夢を追いかける男の歌 そのため、この曲では「君」という昔の恋人を連想させる人物が出てきてラブソングとしての要素をはらんでいるものの、夢を追いかける男の歌になっています。 窓にうつる哀れな自分を見つめているところを見ると、まだ夢は叶っていないようですが、その胸にはたしかに熱い思いを抱えています。 一方 「このままこの道を歩き続けていいのか?」という不安も同時に抱えていて 「いいだろう?」と自分に語りかけることによって決意をたしかめているようにも聴こえます。 【1番サビ】もう後戻りはできない、険しい道を歩く 「innocent world」とは直訳する と「無垢な世界、純粋な世界」という意味です。 ここでは 「無邪気だった若いころの自分自身」ということでしょうか。 若いころは自分の夢にまっすぐで、後先考えずにつき進むことができていたけど、いまは中々できないという現状を憂いつつ、またそんな自分に戻れたらなと希望も捨てずがんばっている主人公のようです。 「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」とは、若いころ聴いていた曲のことでしょう。 懐かしのメロディーを聴いては、あの頃のガムシャラさを思い出しているシーンが頭に浮かびます。 【2番Aメロ】主人公は、自分を取り戻したい ここでは、日常の話題が仕事の話で汚染されていると嘆いています。 仕事の話ばかりしている自分を見て 「自分を見失っている」と評価しています。 つまり、仕事に生活の大部分の時間を取られているけど、本当にしたいことは仕事ではないということを言っています。 しかし、ここでは 「君 =過去の恋人ではない」ということがわかってきます。 「夢を追いかける自分」と「目の前を一生懸命がんばる自分」が頭の中で、交互に会話をしているのではないでしょうか。 【2番サビ】忘れてた笑顔を取り戻した主人公 また 「あの懐かしのメロディ」を思い出しているようです。 (というか、歌っている。 ) なにか嫌なことがあったのでしょうか。 「物憂げな6月の雨」とは、嫌なことを表すたとえのことでしょう。 しかし、あの頃のメロディを歌って、当時の決意を思い出しているようです。 音楽の力って、偉大ですよね。 明るい曲をきけば明るい気分になりますし、ノスタルジックな曲をきけば過去の思い出すことができます。 彼は、昔よく聴いていた応援ソングを聴いて熱い気持ちを思い出しているんでしょうね。 【Cメロ】決意、ここに固まる ここでも、もう一人の自分が登場します。 自分をとりまく環境、周囲の人間関係、時代は変われど、夢を追いかける自分は「微かな光(希望)」を胸に抱いて進んでいく。 誰から否定されようと、それを止めることはない。 それでも、いいでしょ? そういう自問自答をしているということでしょうね。 決意は固まったようです。 【ラスサビ】ミスチル自身のことを歌っているようにも聴こえる そして、ラスサビです。 ここまで聴いてきて、 誰にでも想い出の一曲はある。 そして、叶いたい夢もある。 嫌なことがあった時は、昔よく聴いたその曲を聴いて初心を思い出して、また歩き出せばいい。 というストーリーが、イメージできたかと思います。 と同時に 「そんなアーティストに僕たちはなりたい」というような桜井さんからのメッセージも見え隠れしているような気分になります。 いつの日も多くの人の心の中に流れてるメロディを奏でられるようなバンドになりたい。 ふとした瞬間に、口ずさまれるような曲を作りたい。 そんな桜井さん自身の決意も含まれているのかなと。 こればっかりは桜井さん本人に聞いてみないことには分からないことですが。 桜井さんがいつも言ってる 「いい意味で、歌詞の意味は勘違いしてもらって構わない。 その方が作り手としても面白いから。 」という狙い通りだとしたら、完敗です。 最後に innocennt worldの歌詞の意味を考察しました。 いかがだったでしょうか。 他にも「こんな解釈もできるんじゃない?」という意見があれば、この下のコメント欄でお待ちしております。

次の