藍染 カレン。 藍染カレン

藍染カレン&香椎かてぃ(from ZOC)×SPINNS

藍染 カレン

『IDOL AND READ 019』の発売を記念したトークショー&サイン会が、藍染カレンさん(ZOC)をゲストに迎え、2019年7月9日下北沢ヴィレッジヴァンガードにて開催された。 司会進行はIDOL AND READ吉田編集長が担当。 (場内大拍手) 藍染カレン(以下カレン):今晩は、藍染カレンです、本日はありがとうございます、よろしくお願いします。 凄いいっぱい来てくれて。 カレン:本当にありがたいことです、ありがとうございます。 カレン:そうですね、 5月なのにメッチャ暑い日で、今より全然暑い。 移動しても常にどこかしら赤い物が写ってるような構成にしたくて。 でもさすがに全部に赤を入れるのは無理があったので、ポイントで赤が入っているような構成にしたんですけど。 人間って寝て撮ると顔がちょっと違う感じになるんですけど、写真を見て自分でどう思いました? カレン:撮ってるときは、これって大丈夫かな?って思ったんですけど、メチャキレイな感じに撮ってもらえて嬉しかったです、ありがとうございます。 私ちっちゃい頃、親が与えてくれた家具、勉強机とかタンスとかが全部赤だったんです。 メチャクチャ赤が多くて、刷り込み的に赤が好きになった。 あ、これ付けていいですか?(真っ赤なリボンのカチューシャを付けて)、私華やかなトークとか絶対無理なんで見た目だけでも華やかにしておこうかなと。 カレン:付ける機会ないけん、今日付けます。 カレン:メチャ好きだったんですけど、 ZOCに入ってから明らかに加速しましたね。 カレン:ちょっと落ちてきましたけど赤。 服も赤で、ここ最近では今日が一番赤いかも。 カレン:全然。 私だけが赤になりたかった。 カレン:出過ぎた真似をしてしまったな…と、今思ったんですけど(笑)。 カレン:ならなかったです。 それから赤が加速しました。 メンバーの中で私が一番色に固執してるから(笑)、私のファンの子も結構赤くしてくれてて、嬉しいなって思って。 一時間くらい歩きましたよね。 カレン:そうですね、でもすごい楽しかったです。 でもインタビューが始まったら話は2時間以上ノンストップでしたよ(笑)。 カレン:しかもヲタク特有の早口で。 2時間以上話して、まだまだ話せる感じの余裕もあって。 カレン:( IDOL AND READ 019で)こんなに自分の半生を振り返って人に話すことってしたことなかったので、意外と話せることあるんだなぁ…って。 八割くらいずっと暗くないですか? これ本になって大丈夫かな、誰も何も面白くないんじゃないか…って。 カレン:専門学校時代に便所飯してた話ですか。 カレン:唯一の友だちだったから、友だちゼロ人になっちゃって。 カレン:そう、専門学校のトイレの中が赤かったんですよ可愛くて、鏡なんかもまん丸で可愛くて、だから凄い気に入って。 カレン:私、今も気質は全然引きこもりのままなんですよ、学生の頃からあまり変わらなくて。 用事がなければ家から一歩も出ない。 でも引きこもってるからってツマンないわけじゃないじゃないですか、家にいても楽しいことっていっぱいあるし、一人でも楽しいことはできるんですよ。 カレン:そうです。 カレン:近場に一切出られなくなりました、知り合いに会いたくなくて。 カレン:ちょっと恥ずかしいです。 だから凄いきっかけだったんですよ、個人的に。 最初で最後のきっかけになれば…と思って受けました。 カレン:ミス iDを受けたときは熊本に住んでましたし。 受けていなかったら、今、東京にはいないですし。 カレン:充実してます、相変わらずオフの日は家から出ないから引きこもりは変わってないんですけど、 ZOCのお仕事をさせてもらってて、ライヴやこういうイベントとかで外に出るようになって、自分の中でメリハリがつくようになってきました。 それは自分にとってメッチャプラスになったなと思ってます。 ZOCか自宅、それとかてぃの家。 カレン:その三つのコミュニティがあるのはありがてぇなぁって思ってます。 そこもすごい変化ですよね。 カレン:最初は戸惑いましたよ、女の子の集団に自分が属したことは人生の中で初めてなんで、しかもあんな人たちで(笑)。 カレン:そう、逆によかったんだろうなって思います、みんなそんなに生きるのが上手じゃなさそうだし(笑)。 カレン:え、私のほうがマシじゃないですか、(観客に)マシですよね、マシだと思うよ。 かてぃさんよりはマシです(笑)。 カレン:マシマシマシ。 ZOCの中で同じ目標があるから仲良くなれたんだろうなって。 カレン:あの人も同じ目標で頑張れる。 カレン:そう。 本来、かなのとかはメッチャ気が合わないんですよ。 あの人は結構セッカチで、私はゆっくりしてるし。 でもかなのは ZOCの中でメッチャ必要な人だと思ってて、多分向こうもそう思ってくれてて、だから一緒に頑張れてるソウルメイト感があってメッチャ好きです。 カレン:毎日、夜中とかみんなのこと考えてるから、ぺろっと出てきた。 そうやって皆とは違ったアプローチの仕方をさやはできるから、それは凄いなって思ってます。 カレン:にっちやんは、ずっと皆も言ってるんですけど、あれは天才なんですよ。 ZOCは皆がベターっとまとまったり、チョーケンカしたり…みたいなことがあるんですけど、にっちやんはいい意味で一歩置いたところで皆のことを見てて、凄いフラットに皆を見てるなといつも思います、にっちやん一番大人なんだろうなって思ってる。 トークも抜群に面白いからライヴ中 MCは結構任せちゃってますね、私は喋るのはあんまり…こういう感じなんで(笑)。 カレン:目の前じゃないと見えないから、お客さんがライヴでにっちやんと目が合ったってよく言ってるけど、それは気のせい…っていう(笑)。 そして大森さん。 私は元々大森さんの音楽が好きだったし、そういうのがミス iD受けたきかっけでもあったし。 こうやって今 ZOCにいることも昔の私が聞いたらひっくり返っちゃうことだと思って。 いつまでも尊敬してます。 ZOCのライヴを見てても大森さんがいるとピリっとするんですよね。 引き締まるというか。 カレン:凄く楽しそうにライヴしてくれるんですよ。 カレン:そうですね、振り付けの rikoちゃん。 彼女も共犯者って形で一緒にやってくれてるんですけど、ここぞ!っていうときは一緒にステージに立ってくれて凄い心強いっていう点があるし、元々ミス iDを受けた直後くらいに、 rikoちゃんの個人レッスンを受けに行ったことがあるんです、まだ ZOCがない頃に普通に生徒として。 ニコニコ優しいんですけど凄い肉体的に厳しいレッスンで、その後二日くらい筋肉痛で動けなかった(笑)。 カレン: rikoちゃんはちょっとモダンバレエっぽい動き、元々そのダンスをやってて、私はクラシックバレエだったからちょっと違うんですけど、バレエっぽい動きをライヴでやらせてもらえるのは rikoちゃんの振り付けの特徴だから。 カレン:踊りに結構近いものがあるから、ライヴでバレエっぽい動きができるのはメッチャ嬉しい。 音にウルサい評論家の人たちも大絶賛してるんですけど、 MVが凄いですね、あの…。 ふふ(笑)。 カレン:そうですね、ちょっと様子がおかしいんですよ(笑)。 表情も鬼気迫るものが。 カレン:あれはあれでいいんじゃないかなと。 カレン:びっくりしてます。 次のシングルの予定とかあるんですか? カレン:いやぁ、ちょっと分かんないっす。 だから、続報を待て…って感じですね。 そろそろアルバムも出して欲しいとこなんですが。 カレン:出したいですね。 では、今の野望とか今後の目標を。 カレン:今は個人的な野望がないくらい、 ZOCのことばかり毎日考えているんで、それで全然いいかなって。 カレン:最初に、 ZOCやりませんか?って靖子ちゃんが私を誘ってくれた理由は、ミス iDでの私のダンスで、それを見て ZOCに入って欲しいって言ってくれたんで、私ができるところはそこだと思うんで。 まだまだなんですけど、そうありたいなって思います。 カレン:そうそう。 歌って踊った後に自分が喋ってるとそれが恥ずかしくなっちゃう。 カレン:大丈夫です、何の問題もありません、そうなんです、すいません頑張ります。 カレン:まぁ、このインタビュー( IDOL AND READ 019)はさんざん暗い暗いって言ってるんですけど、 ZOCに入ってからの私の話はそんなに暗くないとも思うので、最後まで読んでくれたら嬉しいです。 カレン:ありがとうございました。 この後サイン会が行われた。 巻頭6Pで、生い立ちからももクロへの思いまでをたっぷりと語っています! 裏表紙と第二巻頭は、先日の日比谷野外大音楽堂ワンマンも超満員でソールドアウトさせ、今勢いに乗っているGANG PARADEの月ノウサギ。 32Pでその生い立ちに迫ります! また、AKB48からチーム8/チームAキャプテンの岡部麟、オリコン1位を獲得したラストアイドルのシングル「大人サバイバー」で総勢52人のセンターを務めたLaLuceの阿部菜々実、話題のZOCの001番、藍染カレン、CY8ERのイチゴりなはむ、BILLIE IDLEのプー・ルイら、今回も本誌ならではの個性派ラインナップで迫ります!

次の

『IDOL AND READ 019』発売記念 藍染カレン(ZOC)トークショー・レポート

藍染 カレン

また、ツーショットチェキ券と囲みチェキ券を同時に1会計で配布することは出来ません。 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止のため、 SPINNS店内にて実施予定でございました、下記のイベントを延期とさせていただきます。 イベントの振替日は決まり次第、SPINNS公式twitter/HPにてアナウンスさせて頂きますので、 振替日当日にイベント参加券をお持ちいただきますようお願いいたします。 イベントの振替日は決まり次第、SPINNS公式twitter/HPにてアナウンスさせて頂きますので、 振替日当日にイベント参加券をお持ちいただきますようお願いいたします。 出来る限りイベントを実施できるよう衛生対策や、実施に向けての協議を重ねてまいりましたが、このような判断とさせていただくこととなりました。 何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 【プレゼントに関して】 ・個人の連絡先(LINE IDや電話番号、住所等)を手紙の中に書く行為はおやめください。 ・手紙やプレゼントの中身は基本的に運営が一度確認させて頂きます。 ・参加をされない場合は物販スタッフなどへお渡しください。 spinns. spinns. 絵を描くことと踊ることに人生を救われた、孤高の横須賀バカヤンキー。 絵は「ニューヨーカーの挿絵のよう」と評されるハイセンス。 簡単にいえば、ゲームにおける「支配領域」の概念のことです。 ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。 そしてZOCは、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。

次の

ZOC藍染カレン&香椎かてぃがアンニュイな表情を披露♡私服や私物コスメも紹介♪

藍染 カレン

『IDOL AND READ 019』の発売を記念したトークショー&サイン会が、藍染カレンさん(ZOC)をゲストに迎え、2019年7月9日下北沢ヴィレッジヴァンガードにて開催された。 司会進行はIDOL AND READ吉田編集長が担当。 (場内大拍手) 藍染カレン(以下カレン):今晩は、藍染カレンです、本日はありがとうございます、よろしくお願いします。 凄いいっぱい来てくれて。 カレン:本当にありがたいことです、ありがとうございます。 カレン:そうですね、 5月なのにメッチャ暑い日で、今より全然暑い。 移動しても常にどこかしら赤い物が写ってるような構成にしたくて。 でもさすがに全部に赤を入れるのは無理があったので、ポイントで赤が入っているような構成にしたんですけど。 人間って寝て撮ると顔がちょっと違う感じになるんですけど、写真を見て自分でどう思いました? カレン:撮ってるときは、これって大丈夫かな?って思ったんですけど、メチャキレイな感じに撮ってもらえて嬉しかったです、ありがとうございます。 私ちっちゃい頃、親が与えてくれた家具、勉強机とかタンスとかが全部赤だったんです。 メチャクチャ赤が多くて、刷り込み的に赤が好きになった。 あ、これ付けていいですか?(真っ赤なリボンのカチューシャを付けて)、私華やかなトークとか絶対無理なんで見た目だけでも華やかにしておこうかなと。 カレン:付ける機会ないけん、今日付けます。 カレン:メチャ好きだったんですけど、 ZOCに入ってから明らかに加速しましたね。 カレン:ちょっと落ちてきましたけど赤。 服も赤で、ここ最近では今日が一番赤いかも。 カレン:全然。 私だけが赤になりたかった。 カレン:出過ぎた真似をしてしまったな…と、今思ったんですけど(笑)。 カレン:ならなかったです。 それから赤が加速しました。 メンバーの中で私が一番色に固執してるから(笑)、私のファンの子も結構赤くしてくれてて、嬉しいなって思って。 一時間くらい歩きましたよね。 カレン:そうですね、でもすごい楽しかったです。 でもインタビューが始まったら話は2時間以上ノンストップでしたよ(笑)。 カレン:しかもヲタク特有の早口で。 2時間以上話して、まだまだ話せる感じの余裕もあって。 カレン:( IDOL AND READ 019で)こんなに自分の半生を振り返って人に話すことってしたことなかったので、意外と話せることあるんだなぁ…って。 八割くらいずっと暗くないですか? これ本になって大丈夫かな、誰も何も面白くないんじゃないか…って。 カレン:専門学校時代に便所飯してた話ですか。 カレン:唯一の友だちだったから、友だちゼロ人になっちゃって。 カレン:そう、専門学校のトイレの中が赤かったんですよ可愛くて、鏡なんかもまん丸で可愛くて、だから凄い気に入って。 カレン:私、今も気質は全然引きこもりのままなんですよ、学生の頃からあまり変わらなくて。 用事がなければ家から一歩も出ない。 でも引きこもってるからってツマンないわけじゃないじゃないですか、家にいても楽しいことっていっぱいあるし、一人でも楽しいことはできるんですよ。 カレン:そうです。 カレン:近場に一切出られなくなりました、知り合いに会いたくなくて。 カレン:ちょっと恥ずかしいです。 だから凄いきっかけだったんですよ、個人的に。 最初で最後のきっかけになれば…と思って受けました。 カレン:ミス iDを受けたときは熊本に住んでましたし。 受けていなかったら、今、東京にはいないですし。 カレン:充実してます、相変わらずオフの日は家から出ないから引きこもりは変わってないんですけど、 ZOCのお仕事をさせてもらってて、ライヴやこういうイベントとかで外に出るようになって、自分の中でメリハリがつくようになってきました。 それは自分にとってメッチャプラスになったなと思ってます。 ZOCか自宅、それとかてぃの家。 カレン:その三つのコミュニティがあるのはありがてぇなぁって思ってます。 そこもすごい変化ですよね。 カレン:最初は戸惑いましたよ、女の子の集団に自分が属したことは人生の中で初めてなんで、しかもあんな人たちで(笑)。 カレン:そう、逆によかったんだろうなって思います、みんなそんなに生きるのが上手じゃなさそうだし(笑)。 カレン:え、私のほうがマシじゃないですか、(観客に)マシですよね、マシだと思うよ。 かてぃさんよりはマシです(笑)。 カレン:マシマシマシ。 ZOCの中で同じ目標があるから仲良くなれたんだろうなって。 カレン:あの人も同じ目標で頑張れる。 カレン:そう。 本来、かなのとかはメッチャ気が合わないんですよ。 あの人は結構セッカチで、私はゆっくりしてるし。 でもかなのは ZOCの中でメッチャ必要な人だと思ってて、多分向こうもそう思ってくれてて、だから一緒に頑張れてるソウルメイト感があってメッチャ好きです。 カレン:毎日、夜中とかみんなのこと考えてるから、ぺろっと出てきた。 そうやって皆とは違ったアプローチの仕方をさやはできるから、それは凄いなって思ってます。 カレン:にっちやんは、ずっと皆も言ってるんですけど、あれは天才なんですよ。 ZOCは皆がベターっとまとまったり、チョーケンカしたり…みたいなことがあるんですけど、にっちやんはいい意味で一歩置いたところで皆のことを見てて、凄いフラットに皆を見てるなといつも思います、にっちやん一番大人なんだろうなって思ってる。 トークも抜群に面白いからライヴ中 MCは結構任せちゃってますね、私は喋るのはあんまり…こういう感じなんで(笑)。 カレン:目の前じゃないと見えないから、お客さんがライヴでにっちやんと目が合ったってよく言ってるけど、それは気のせい…っていう(笑)。 そして大森さん。 私は元々大森さんの音楽が好きだったし、そういうのがミス iD受けたきかっけでもあったし。 こうやって今 ZOCにいることも昔の私が聞いたらひっくり返っちゃうことだと思って。 いつまでも尊敬してます。 ZOCのライヴを見てても大森さんがいるとピリっとするんですよね。 引き締まるというか。 カレン:凄く楽しそうにライヴしてくれるんですよ。 カレン:そうですね、振り付けの rikoちゃん。 彼女も共犯者って形で一緒にやってくれてるんですけど、ここぞ!っていうときは一緒にステージに立ってくれて凄い心強いっていう点があるし、元々ミス iDを受けた直後くらいに、 rikoちゃんの個人レッスンを受けに行ったことがあるんです、まだ ZOCがない頃に普通に生徒として。 ニコニコ優しいんですけど凄い肉体的に厳しいレッスンで、その後二日くらい筋肉痛で動けなかった(笑)。 カレン: rikoちゃんはちょっとモダンバレエっぽい動き、元々そのダンスをやってて、私はクラシックバレエだったからちょっと違うんですけど、バレエっぽい動きをライヴでやらせてもらえるのは rikoちゃんの振り付けの特徴だから。 カレン:踊りに結構近いものがあるから、ライヴでバレエっぽい動きができるのはメッチャ嬉しい。 音にウルサい評論家の人たちも大絶賛してるんですけど、 MVが凄いですね、あの…。 ふふ(笑)。 カレン:そうですね、ちょっと様子がおかしいんですよ(笑)。 表情も鬼気迫るものが。 カレン:あれはあれでいいんじゃないかなと。 カレン:びっくりしてます。 次のシングルの予定とかあるんですか? カレン:いやぁ、ちょっと分かんないっす。 だから、続報を待て…って感じですね。 そろそろアルバムも出して欲しいとこなんですが。 カレン:出したいですね。 では、今の野望とか今後の目標を。 カレン:今は個人的な野望がないくらい、 ZOCのことばかり毎日考えているんで、それで全然いいかなって。 カレン:最初に、 ZOCやりませんか?って靖子ちゃんが私を誘ってくれた理由は、ミス iDでの私のダンスで、それを見て ZOCに入って欲しいって言ってくれたんで、私ができるところはそこだと思うんで。 まだまだなんですけど、そうありたいなって思います。 カレン:そうそう。 歌って踊った後に自分が喋ってるとそれが恥ずかしくなっちゃう。 カレン:大丈夫です、何の問題もありません、そうなんです、すいません頑張ります。 カレン:まぁ、このインタビュー( IDOL AND READ 019)はさんざん暗い暗いって言ってるんですけど、 ZOCに入ってからの私の話はそんなに暗くないとも思うので、最後まで読んでくれたら嬉しいです。 カレン:ありがとうございました。 この後サイン会が行われた。 巻頭6Pで、生い立ちからももクロへの思いまでをたっぷりと語っています! 裏表紙と第二巻頭は、先日の日比谷野外大音楽堂ワンマンも超満員でソールドアウトさせ、今勢いに乗っているGANG PARADEの月ノウサギ。 32Pでその生い立ちに迫ります! また、AKB48からチーム8/チームAキャプテンの岡部麟、オリコン1位を獲得したラストアイドルのシングル「大人サバイバー」で総勢52人のセンターを務めたLaLuceの阿部菜々実、話題のZOCの001番、藍染カレン、CY8ERのイチゴりなはむ、BILLIE IDLEのプー・ルイら、今回も本誌ならではの個性派ラインナップで迫ります!

次の