行政書士 おすすめ テキスト。 うかる! 行政書士 総合テキスト 2020年度版

行政書士試験一般知識、おすすめテキスト問題集まとめ

行政書士 おすすめ テキスト

初めて受験する人や法律初学者におすすめのテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や法律を初めて学ぶという人におすすめのテキストを紹介します。 まずは試験を初めて受ける人や法律初学者がテキストを選ぶときのポイントから見ていきましょう。 初学者がテキストを選ぶポイント 見やすいテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や初めて法律を学ぶという人にとって一番の天敵は何でしょうか? それは挫折です。 法律は独特な表現を使う部分もあり、あまり馴染みのないものです。 勉強していても、難しいと感じる場面も多いでしょう。 そうなってくると勉強していても楽しくなくなって次第に勉強から遠ざかっていきます。 最悪の場合、受験を諦めて挫折してしまいます。 従って、いかに挫折しないで勉強を続けるかということが課題になってきます。 その課題の解決を左右するものがテキストです。 勉強を続けるには「難しい法律用語を難しく感じさせない」「わかりやすい」「楽しく学べる」、こういったテキストを選ぶと良く、特に法律初学者にはおすすめです。 まずはいかに挫折せず、勉強を続けられるかに注目してテキストを選んでください。 そのためには実際に自分の目で中身を見てから購入することをおすすめします。 大きな書店に行けば、色々なテキストがあります。 なので、どれを選べば良いか迷うと思います。 しかし、どれを選んでも大きなハズレはありません。 ページをめくって読みやすい、見やすい、面白そう、そういった感覚で選んでも構わないと思います。 繰り返せる分量のテキスト 学習において重要なのは繰り返し勉強することです。 繰り返すことで記憶に定着していくからです。 テキストも何度も読み込み、記憶に定着させていきます。 なので、テキストの分量に気をつけてください。 分量が多いと繰り返し勉強することができません。 メモ欄や余白があるテキスト テキストも完璧ではありません。 なかには解説を読んでも理解できないこともあります。 そんな時はテキストに直接書き込んでいきましょう。 自分なりの言葉で解説を補助する内容やテキストには書かれていない語句や解説を書き込んでいきます。 そうやってオリジナルのテキストを完成させていくのが大切です。 そのためにはメモ欄や余白があったほうが良いでしょう。 余白がないと、書き込むスペースがなく、せっかく書き込んでも見づらくなってしまいます。 カラーのテキスト 人はモノクロよりカラーのほうが記憶に残りやすく、また記憶できる情報量も増加すると言われています。 従って、モノクロのものよりはカラーのものを選んだほうがいいと言えます。 モノクロでも蛍光ペンなどで線を引いて自分で見栄え良くする方法もあります。 しかし、これは意外とセンスが必要で、反対に見づらくなってしまう可能性もあります。 特に初めて法律を勉強するという人は何が重要なのかがまだわからないので、重要ではない箇所に線を引いてしまい、「何でこんなとこに線を引いたんだろう・・・」となってしまいます。 イラストや図表を多用しているテキスト 文字だけだと、どうしても飽きてきてしまいますのでイラストなどがあったほうが飽きずに学習できます。 またイラストがあるとイメージがしやすく、記憶にも定着しやすいです。 イラストがあると子供っぽくて抵抗がある人もいるかもしれませんが、前述したようにまずは挫折しないことが大切です。 また行政書士試験に出題される条文のなかには混同しやすいものも多く存在します。 そんなときは比較表などが効果的です。 こういった図表を多用しているテキストのほうが覚えにくい箇所や間違えやすい箇所を効果的に学習することができます。 おすすめテキスト 合格革命行政書士基本テキスト 受験2回目や法律学習経験者におすすめのテキスト 次に、前回残念ながら行政書士試験に失敗してしまい2回目の受験をする人や他の資格試験で法律学習を経験したことがあるという人におすすめのテキストを紹介します。 経験者が選ぶべきポイント 受験2回目の人は個別テキストを追加することをおすすめします。 恐らくは前回使用しているテキストは全ての科目がまとまった総合テキストだと思います。 総合テキストは初学者には向いていますが、経験者にとっては情報量が足りないと感じる場面もあると思います。 1回目で、ある程度の基礎は出来ていると思いますので、2回目ではもっと情報量を増やしても良いでしょう。 そのため、総合テキストではなく、個別テキストを用意することをおすすめします。 おすすめ個別テキスト よくわかるシリーズ 「よくわかる」シリーズは科目毎にテキストが出版されているので通常のテキストでは掲載しきれないところまで、詳細な情報を収録しています。 とは言え、安くはない価格なので全てを購入する必要はないと思います。 苦手分野や強化したい科目のテキストを購入すると良いでしょう。 また、受験経験者だけでなく初学者にもおすすめできるテキストです。 1冊にまとまったテキストで物足りないという人は個別にこのテキストを用意しても良いと思います。 但し、あくまでも物足りないという人です。 恐らくは1冊にまとまった合格革命などのテキストだけでも、こなすのに苦労すると思われます。 下手にあれこれ手を出すよりも、初学者は1冊のテキストを繰り返し勉強したほうが効率的です。 「合格革命行政書士基本問題集」は過去問の重要問題を中心に掲載されていますが、過去問だけでなくオリジナル問題も交えて収録しています。 過去問だけだと各テーマにどうしても偏りが出てしまいますが、そこをオリジナル問題で補充しているので問題を解きながら自然と各テーマを満遍なく学ぶことができます。 基本テキストともリンクしているので復習にも最適です。 一問一答式の問題集を用意しよう 行政書士試験は5肢択一式がメインとなります。 そのため問題集も5肢択一式のものが多いですが、一問一答式の問題集も用意しておきましょう。 5肢択一式の場合、消去法などによって正解を導き出すことが可能な問題もあるため、問題を解く効果が減少してしまう可能性があるからです。 一問一答式の場合は、1問の問題に対して正解を導き出す作業がおこなられるため、純粋に学習効果を高めることができます。 合格革命行政書士肢別過去問集 上記の「合格革命行政書士肢別過去問集」に対して、「一問一答式出るとこ千問ノック」は過去問ではなくオリジナル問題の一問一答式問題集です。 過去問をやり尽くしたという人や過去問だけでは物足りないという人におすすめの問題集です。 オリジナル問題ですが、基本テキストと連動しているので、解説を読んでも理解できない部分についてはテキストで確認することができます。 一問一答式と5肢択一式のどちらがおすすめ? 純粋に問題と向き合うなら一問一答式が良いので、「なら一問一答式の問題集だけでいいじゃん」と思う人もいるかと思います。 しかし、一問一答式問題集だけで学習するのはおすすめできません。 必ず5肢択一式の問題集でも学習してください。 5肢択一式の過去問題集を解く理由は、本試験で使える解法テクニックを身につけることができるからです。 5肢択一式の過去問題集では、解法テクニックを掲載しているものもあるので、そういった過去問題集を利用しましょう。 上記でも述べましたが、5肢択一式の設問は消去法などの解法テクニックで正解を導き出すこともできるので、本試験では自身の知識だけでなく、こういった解法テクニックも駆使して設問を解いていきます。 従って、5肢択一式の過去問題集も利用して、解法テクニックも学んでいた方が有利なのです。 出る順行政書士ウォーク問過去問題集 一般知識のおすすめテキスト&問題集 一般知識は試験範囲が広く、学習しても得点に結びつきにくいため、あまり深入りしないことがポイントです。 基本的には合格革命などのような1冊にまとまったテキストで一般知識も学習してOKです。 特に政治・経済・社会は範囲が広く学習効果が薄いため、情報通信・個人情報保護と文章理解の2つを中心に学習していくのが一般的な戦略です。 また模試などを利用して自分の苦手な科目に絞って学習していくのも良いでしょう。 行政書士試験用に作られた一般知識のテキストは数が少ないため、一般知識の対策はセンター試験や公務員試験など他の試験用に作成されたテキストや問題集を利用しましょう。 政治・経済・社会のおすすめテキスト&問題集 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本 中古のテキストについて テキストなどを揃える際に、新品ではなく中古のものを用意しようと考えている方もいるかと思います。 中古のテキストや参考書を使って学習することについては賛否両論あります。 中古のテキストを使うメリットは、何と言っても費用を抑えられることです。 今はネットオークションなどで中古のテキストを購入することができます。 なかには最新版のテキストや問題集なども出品されているので、うまくタイミングが合えば格安で試験年度対応のテキストを手に入れることができます。 問題は中古テキストは古いものだと、法改正や試験委員など、その年の試験内容に対応していない可能性があることです。 また前の持ち主が使っていた場合、色々と書きこんでいたり、最悪は汚れている場合もあります。 その年の試験に対応しているもので、未使用であれば、購入を検討しても良いかと思います。

次の

【行政書士】独学におすすめのテキスト(参考書)、口コミ・評判徹底比較!【2020年度向け】

行政書士 おすすめ テキスト

これらのテキストは行政書士試験で必要とされる知識を一冊にコンパクトにまとめているので、その分個々の法律に割く紙面が限られてしまい、書いていることが ただの知識に羅列に留まってしまっています。 例えば「この法律はこういう理由で制定された」であるとか「この法律はこういう役に立っている」というような背景知識が抜け落ちてしまっています。 さらに専門用語の説明もなかったりしますし、難解な知識をかみ砕いて説明することなく難解なまま紹介してしまったりしていて、 読者に内容を理解させようという仕組みがなくなってしまっています。 通信講座や通学講座を受講している生徒なら、わからないことは講師に聞けば教えてくれますが、独学受験生の場合、わからないことは自分で理解できるよう努力しなければなりません。 そのときにテキストに分かりやすい説明が書いてなければ、わからないことがわからないままになってしまい、結果的に ごり押しの暗記のみで受験を乗り切ることになってしまいます。 これでは行政書士試験に合格することはできません。 行政書士試験は合格率約10%の難関試験、 10人受ければ9人が落ちる試験です。 あなたがその1人の方に入るには、正しい勉強法を実践して、知識を的確に効率よく頭に入れていかなければなりません。 「理解する」ことの重要性 では独学受験生が知識を的確に効率よく頭に入れていくにはどうすればいいか。 それは「 わかりやすいテキストを買って理解しながら勉強を進める」ということです。 わからないものをわからないまま暗記していく勉強法は、暗記するのも大変ですし、その暗記した知識も抜け出ていくのが早いのではないでしょうか。 さらに わからないものを覚える作業は非常に苦痛ですし、勉強をするのが大変つまらないものになってしまいます。 これでは机に向かうのが億劫になり、試験へのモチベーションが途切れ、継続的な学習ができないことになり、試験の合格は夢のまた夢になってしまいます。 つまらない勉強を少しでも楽しくし、試験へのモチベーションを保つには、 わかりやすいテキストを買って理解しながら勉強を進めることです。 「わかる」ということが脳への刺激になり、知る作業がどんどん楽しくなります。 理解しながら覚えた知識はそれを引き出すのも比較的容易だと思います。 わかりやすいテキストがあれば 継続的な学習が可能になり、試験合格への道を一直線に歩くことができます。 正しい勉強法 「理解しながら勉強を進める」上で行政書士独学受験生にとって重要なのは、「 行政法なら行政法、民法なら民法の専門のテキストを買う」ということです。 上記で紹介したオールインワンタイプのテキスト一冊のみで合格できるほど行政書士試験は甘くありません。 何年も受験すればいつかは合格できるでしょうが、一発で合格したいなら正しい勉強法を実践することです。 専門のテキストはページ数が多い分、 難解なことをわかりやすく説明しようという工夫が凝らされておりますし、 記述も平易で初心者にとって心強い味方になってくれます。 また 具体例や背景知識が豊富なので、理解しながら勉強をする上で大いに役にたってくれます。 専門のテキストを使うことが行政書士試験の一発合格の大きなカギです。 最初は本の分厚さに驚くかもしれませんが、かえってその方が効率的な学習になるということを覚えておいてください。 行政書士行政法おすすめのテキスト 今本屋にはいっぱいテキストがあるので、「どれを買えばいいかわからない!」という方が多いと思います。 一番いいのは直接本屋に出向いて、「自分でも理解できる!」「これは自分に合っている」というテキストを自分で探すことです。 本一つとっても人によって相性があるので、 自分に合っているテキストを自分の目で確かめるのが最善の方法です。 しかし行政書士試験について何も知らない初心者の方に、自分でテキストを選べと言っても酷なことなので、この記事では私が行政書士受験生時代に使って「わかりやすい」「これは人におすすめできる」と思った本を紹介したいと思います。 私がおすすめする行政書士行政法のテキストはこちらです。 これは掛け値なしでおすすめできるテキストです。 オールインワンタイプのテキストと違って、専門用語もちゃんと解説してくれていますし、記述も平易で初心者にわかりやすい一冊になっています。 具体例が豊富で難解な法律の仕組みを読者に理解させようという仕組みが整っています。 これ一冊と他に問題集と判例集があれば、 行政法は完ぺきなレベルまで仕上げることができます。 満点を取ることも不可能ではないでしょう。 行政法のテキストをどれを買おうか迷っている方は、ぜひこちらのテキストをおすすめします。 (追記) 現在ではこちらのテキストはもう中古でしか売られていないようです。 新版が発売されました。 以下の書籍です。

次の

行政書士の独学におすすめのテキスト

行政書士 おすすめ テキスト

「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」の特徴・おすすめな点 「何を、どの順序で検討していけばいいのか」がはっきりと書いてある この特徴が、行政書士試験の直前期にわざわざ購入してまでこの本を読んだ理由です。 本屋で何気なく手に取ったのですが、パラパラと見ただけでもとてもよく出来ているのが分かり、「これは試験までにひと通り読んでおきたいな」と思いました。 例えば、民法の債権総論の補償のところでは、• 要式性、保証債務の範囲を考える• 主たる債務、保証人どちらについて生じた事由なのかを考える• もう一つ例を挙げると、債権者代位権の要件検討では• 被保全債権が金銭債権の場合、無資力かどうか• 債務者が権利行使してるかどうか• 弁済期に達しているかどうか、達していなければ裁判上の代位・保存行為に当たるかどうか• 一身専属権・差押禁止債権かどうか このように順番に検討していきます。 私はこの本を読み始めたのは行政書士試験直前だったので、上記の知識はもう全て知っている状態でしたが、この本の記述のように具体的に「これとこれとこれを検討して…」というようには考えてなかったです。 問題を解く時はとりあえず選択肢を見て、頭の中にあるバラバラの知識のどれに当てはまるかどうかで判定していたので、解法の鉄則を読むことで頭の中の知識がかなり整理された感じになり、スッキリしたのを覚えています。 予め問題で聞かれることをパターンとして全て押さえておくような感じですかね。 例えば選択肢に弁済期に達していないという記述を見つけたら、「どうせ裁判上の代位・保存行為に当たる行為が書いてあるんでしょ?…あ、あった」みたいな感じです。 暗記しておくべき民法と行政法の条文・判例知識等のまとめ図表が豊富 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」にはたくさんの暗記用のまとめ図表が載っています。 似てる事項の比較の図表やなどもありますので、知識があやふやになりやすい部分もしっかりと意識して潰していくことが出来ます。 いくつか例を挙げると、• 不動産物権変動と第三者の整理• 代価弁済と抵当権消滅請求の比較• 共有と法定地上権の成立の可否 などです。 もちろん他にもたくさんありますよ。 取消し前の第三者との関係でも制限行為能力によるのか、詐欺によるのか、強迫によるのかで第三者との関係は少し変わってきますよね。 これをテキスト通読のみでしっかり意識して区別するのは結構難しいのではないでしょうか(私はこのサイトのまとめ記事にして覚えました)。 このようなややこしい知識もバッチリまとめの図表が載っているので比較して覚えることが出来ます。 他には、共有と法定地上権の成立の可否などは土地が共有なのか建物が共有なのか、土地建物両方が共有なのかで法定地上権が成立するのかどうかを理解しておかないといけませんよね。 私も最初はかなりこんがらがりました。 個人的に「やめてくれー」と思いながら暗記したのは「通知義務と求償関係」ですね。 受託のない保証人ならどっちも不要」など、ちゃんと覚えておかないといけません。 こういった「テキストを通読するだけではちょっと区別して覚えるのが大変な暗記事項」がまとまっていますので、ある程度科目の全体を勉強した後は、この本に載っている図表の知識をまずは完璧にするという勉強の仕方もアリだと思います。 Advertisement 実際の行政書士試験、司法試験、司法書士試験、国家2種公務員の過去問とオリジナル問題で知識を使う練習が出来る 「解法の鉄則」「まとめ図表」で学んだことを、実際の行政書士試験の過去問はもちろん、旧司法試験、司法試験、司法書士試験、国家2種公務員試験とオリジナル問題ですぐ練習出来るのがありがたいですね。 司法試験の過去問と聞くと驚く人もいるかもしれませんが、あくまでも行政書士試験対策、解法スキルのマスターのための問題ですので安心して下さい。 この解説がかなり分かりやすいです。 「解法の鉄則」で学んだ要件と検討順序で問題を解いていくのですが、問題を解く時の頭の使い方、思考の順序をたどることが出来るのでとても勉強になりました。 解法の鉄則を読んで検討順序を理解しただけでは、実際に解く時に「あれ?どうだっけ」となってしまうので、しっかりと要件に当てはまっているか、検討順序が正しいかを確認しながら問題を解いてみるのは大切だと思います。 問題で練習することで知識の強化ももちろん図れます。 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」の使い方・覚え方 とにかく、「本の解説に書いてる頭の働かせ方・知識の使い方で問題を解いてみる(検討してみる)」ということが大切だと思います。 解法の鉄則、図表を読む• 設問を読む• すぐに解説を読む• もう一度設問を読み、解説と同じ考え方で正誤の判定が出来るかチェック• 覚えたい図表には付箋を貼り、毎日目を通す このように使っていました。 設問は自力で解かなくても良いと思います。 問題を読んだら即解説を読んで、伊藤塾の平林先生の解き方・頭の使い方を知り、すぐに自分でも試してみると良いと思います。 「暗記した知識を有効に使うとはこういうことなんだろうなぁ」と結構感動しました。 私は最初から順番に読んでいきましたが、自分の苦手な範囲から読み始めても良いと思います。 Advertisement 最後に 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」はかなりおすすめ出来る民法・行政法のテキストです。 問題を解いている時の頭の働かせ方、考える順序を示してくれる本はあまりないと思いますので、一度読んでみて下さい。 解説が詳しいのでいつ始めても効果はあると思いますが、個人的にはテキストを一通り読み終わって過去問演習に入る前にやるのがおすすめですね。 自分の頭の中の知識が整理されると思います。 この本にもっと早く出会っていれば、あんなに行政書士の民法には苦戦しなかっただろうなぁ…笑 私の行政書士試験の受験体験記 178点不合格、234点合格体験記の両方アリ 、おすすめテキスト・勉強計画などは「」をどうぞ。 Advertisement 関連する記事• 2019. 03 おかげさまで、平成30年度行政書士試験に合格することが出来ました。 (択一式182点、記述式52点、合計234点) 前回の記事「行政書士試験 行政法のお[…]• 2019. 16 行政書士試験には法令、一般知識ともに基準点が設けられていて、それを下回ると足切りになってしまいます。 私もそうでしたが、行政書士試験の受験生には「法令で[…]• 2019. 13 私は行政書士試験の過去問集は1年目(178点不合格)にLECの『出る順行政書士 ウォーク問過去問題集』、2年目(234点合格)に『合格革命 行政書士 […]• 2019. 24 今までたくさん行政書士試験の対策について記事を書きましたが、行政法・民法の記述式の対策についての記事がないのを疑問に思っている人もいるかもしれません。 […].

次の