アイリスミステリア。 【あいミス】リディア

『あいりすミスティリア』リセマラ最強ランキング|あいミス 攻略

アイリスミステリア

最近、あいりすミスティリア(あいミス)というDMMのブラウザゲームをやってます。 エロゲメーカーの老舗AUGUSTが提供してるだけあって、 絵とシナリオはとにかくクオリティが高いです。 RPGパートはシステムが独特で手探りでやってく感じが面白いですね。 DMMは独自性の高いゲームが多いのが楽しいところ。 このゲームはキャラクターのビルドが独特で 「ガチャで引いたカードのアビリティ・スキルを同一キャラの他のカードに装着できる」という特徴があります。 Nカードのアビリティを鍛えてSSRカードにつけたり、Rカードのスキルがやけに強かったり等があり面白い。 というわけで今回は恒常カード中心に個人的に強いと思ったキャラクターの使用感・雑感を投下します。 SRオススメ度はSRとRのみの評価、SSRオススメ度はSRを持っている前提で更にSSRがあるとどれぐらい嬉しいかという評価です。 最初にこの記事を書いた時点では試練およびレイドイベントがなかったため、対レイドボスと試練は考慮していません。 あくまでメインシナリオの攻略、シナリオ系イベントの周回などを中心に評価しています。 レイドボスはHEAT時にデバフ回復、罠が固定ダメージ化、10ターンの制限などで評価軸がかなり変わります。 試練も100wave耐久でバフデバフ回復の減衰で別ゲーになります。 バステの達人。 SRのアビリティ「通常攻撃に睡眠付与」がとにかく強い。 ウィルは幸運のパラメータが高いためボス以外には睡眠が高確率で通ります。 試練ではコマンドモードで毎ターン敵を一人づつ眠らせて、ゆっくり回復やスキルをクールダウンさせるというのが最強戦法です。 睡眠以外にもSRの前衛デバフスキルは効果量が大きいのでボス戦で初手に使うなど、デバッファーの役割もできます。 恒常SSRはアビリティもスキルも有能です。 前衛睡眠攻撃は敵の編成が前衛多めなら即ゲームセット。 また現在このゲームは味方のデバフを解除する手段が少ないため、バフデバフ全解除はレアスキルです。 またウィルを使った裏技的なボス攻略として「タイマン睡眠ループ」というのがあります。 単体ボスにウィルでタイマンを挑んで睡眠でハメ殺します。 ストーリーなら途中で睡眠が効かずに負けてもBPは返ってくるので、挑み続ければそのうち睡眠ループがキマって倒せます。 レイドはBPが返ってこないので駄目です。 レイドボスには睡眠が通らないことが多いですが、他のキャラの幸運バフ・デバフと組み合わせれば通るようになることもあります。 最強のバッファー。 SR以下は微妙ですが、SSRのアビリティが本体。 また敵後衛が魔法をバンバン撃ってくるような場合には「反撃で後衛を殴り殺す」という戦術が非常に有効なため、対魔法でも普通に有能です。 物理攻撃を多用してくるレイドボス戦ではプリシラがいると難易度が大きく変わります。 10ターン制限があるため反撃でターンダメージを伸ばせるのも素晴らしい。 唯一の難点は試練で弱いことですね。 回避バフも減衰していくため、プリシラ+回避アタッカーという組み合わせは中盤50~70あたりで力尽きます。 聖装の蒼片2000での交換の筆頭候補だと思います。 後々で二枚目以降を引いてもアビリティが強化できてとても嬉しい。 前衛キャラで最も固く、最も殲滅力が高い。 HPが高いので敵が物理でも魔法でも対応できて、かつ同じく高HPのクレアやファムと比べて攻撃力、スキル、萌技で上回っています。 恒常SRのみでも範囲攻撃スキル&全体攻撃の萌技を持っていて下手なSSRより強いぐらいです。 恒常SSRはアビリティやスキルは微妙ですが、萌技の防御無視全体攻撃は全萌技の中で最強クラスの性能です。 大きな弱点はないですが、あえていうなら連撃がない&萌技が全体のため敵が単体だと火力はいまいちです。 と言ってもシャロンより高い火力を出すためには限定SSRが必要なので恒常キャラの前衛としては最強と考えていいと思います。 盗むスキルを持ってる唯一のキャラ。 胸部装甲が厚く、どう見てもCカップじゃない。 銭ハントや曜日クエストは前衛SSRラウラのみ+後衛に回復役とプリシラ、という構成で挑めばめっちゃ盗めます。 銭は1. 5倍ぐらいになります。 恒常SSRは萌技に盗む効果アリ、盗むスキル所持、アビリティが普通に強い(先制攻撃、連撃)と隙のない性能のため、聖装の蒼片2000での交換を検討しても良いと思います。 範囲攻撃がないので周回時の火力は期待できませんが、敵が単体なら火力も悪くないです。 限定SSRと恒常SSRが揃えばレイドイベントのエースになります。 最強のデバッファーの上にアタッカーもこなせる。 攻撃時に相手のステータスを下げるアビリティを持つ後衛です。 範囲魔法攻撃があるから雑魚殲滅の役割も持てます。 前衛にポリン、後衛にエルミナと回復役というパーティ編成は鉄板で、どんなに強いボスでもデバフ解除できない奴なら勝てます。 レイドボス、一部シナリオボスはデバフを定期的に解除してきますが、解除されるまでの間は非常に有効です。 SSRはいりません。 後衛だしデバッファーだし属性はあまり気にしなくてOK。 この人も恒常SRのアビリティが本体のため、SRが引けないと弱いです。 色んなビルドができて楽しいキャラ。 R2種類と恒常SRが揃うと回避ビルドと即死ビルドが作れるので、SSRなしでも強い。 回避ビルドはアヴォイドのレベルを上げて、更にSSRプリシラのサポートがあれば 回避率が100近くなり、対物理は無敵になります。 SSRプリシラと合わせて起用したいですが、プリシラなしでも火力のある回避壁として普通に強い。 即死ビルドは周回の時短で有効です。 敵パーティが多属性混成の場合はどうしても等倍属性や不利属性で殴るシーンがありますが、即死なら属性関係なくワンパンできます。 恒常SSRは回転率の高い全体萌技が魅力。 またディープディメンジョンは使いやすい連撃スキル。 恒常SSRの連撃は貴重。 なんでもできる万能キャラで、特にアタッカーとして有能。 素のクリティカル率が高いため前衛に置くだけ火力役になれますが、更に防御無視の攻撃スキルを所持しておりゴーレム系やドラゴン系の防御力が高い敵を紙切れみたいに殺します。 サポーターとしてはSRカードのアビリティで味方の幸運と敏捷を毎ターン上昇できます。 幸運はクリティカル率にボーナスがかかるのと、バステの発動率・被弾率に関係します。 高難易度や試練でバステが痛い時に使います。 敏捷は回避にボーナスがかかりそうに見えますが、 実は回避ボーナスは戦闘開始時に決まり戦闘中のバフは考慮されません。 戦闘中の敏捷バフは早く動ける&一部スキルの威力向上のみですが、限定ラウラやティセと組み合わせて超火力を狙う時などに使います。 タンク運用は周回時には使いませんが、試練では強いです。 試練では防御バフ(アビリティ含む)が減衰するため終盤は通用しませんが、50層付近では十分に超防御力を発揮しました。 後衛で火力が落ちない物理攻撃役。 でも強いのは弓じゃなくて罠。 罠スキルの 割合ダメージがボス相手にえげつない火力を出すため、一部の高難易度クエストで輝く人。 また「敏捷が高いほど威力増加」系スキルの攻撃力たクソ高いです。 どっちも割と簡単に発動できてしまうのがやべーです。 注意点としては、罠の持続ターンがスキルレベルに依存することぐらいでしょうか。 レイドイベントや試練では罠が固定ダメージになりますが、普通にアタッカーとして強いです。 SSRアビリティはセシルとセット運用で攻撃・敏捷が上がるのでスキルの威力がやべーことになります。 かわいい。 あとかわいい。 吸血スキルで回復できるのですが、悲しいことに最初からHP高いキャラの方が事故らなくて強いと思います。 反撃時にも吸血が発動するようになるため、回避率より反撃率が生命線になります。 敵が強いと一撃でHPの半分以上が吹っ飛ぶのですが、反撃&吸血で全回復というやり方で耐えられます。 ポテンシャルやプリシラで反撃率を高めましょう。 参考までにどうぞ。

次の

あいりすミスティリア!〜少女のつむぐ夢の秘跡〜

アイリスミステリア

オーガスト最新作『あいりすミスティリア!』内で使用されているBGM・ボーカル曲を収録した、CD2枚組のサウンドトラックです。 KitKit Luさんの歌うPV曲「みどりのこだま」はもちろん、さらに録り下ろしのボーカル曲を2曲収録しました。 こちらのボーカル担当はCeuiさん、中恵光城さんのお二人です。 ジャケットは竪琴を構えた『あいりすミスティリア!』のヒロイン、クリスティン・ケトラ(クリス)。 作曲を手がけた音楽制作集団「Active Planets」自ら全曲リマスタリングを手がけ、ゲーム用に調整・圧縮されている音源を本来の厚みにまで膨らませました。 ブックレット、特典のコースターとともに、特製ハードケース仕様のパッケージにてお届けします。 【DISC 01】 01. みどりのこだま short ver. Academia Knows 03. Magic of Ease 04. Mystic Parade 05. Run more! Learn more! Puzzle Attack 07. Balloon Arch 08. Sleepy Fluff 09. PATAPATA Movie 10. Be a Rut 11. Relish of the Air 12. Elven Hamming 13. Timberline 14. Time Call 15. Black Vox 16. Dismal Bridge 17. Crystal Fear 18. Raging Crisis 19. Sketchbook 20. Enpireo 21. Paradiso 【DISC 02】 01. Istedoa 02. Merry Dreams 03. Undo the Ribbon 04. Preface 05. Spell for Tomorrow 06. GATE 07. Sign of Win 08. Sign of Lose 09. Another Story 10. みどりのこだま inst ver. Last Healing【新規収録】 歌:Ceui 作詞:永原さくら 作編曲:u. 『あいりすミスティリア! ORIGINAL SOUND TRACK』のバナーです。 使用条件等はございませんので、Webサイトをお持ちの方は、こちらの画像をサイト上にご掲載頂ければ幸いです。 (2) コピーしたソースをご自分のホームページ、ブログ等の『HTMLソース』に貼り付けて下さい。 (3) バナーが表示され、オフィシャルページへのリンクが張られます。 バナーは随時内容が書き換わる可能性がありますので、リンクからご利用下さい。 関連商品.

次の

【あいミス】リディア

アイリスミステリア

Contents• アビリティ、バフ・デバフ能力が重要なゲーム性なので、ランキングでもそこを重要視しています。 通常攻撃時でデバフ可能。 範囲攻撃スキル持ち。 敵前衛デバフ、味方デバフ解除など有難いスキルが多い。 敏捷は低いがその分火力も高い。 そもそもキャラ性能も高いので、考え方によってはSランクより優先すべきキャラ。 構成方法次第でアタッカーもタンカーも出来る。 回避or即死の2タイプで使用可能。 SSRで幅が更に広がる。 ガチャはフレアライトを単発300個、10連3000個使用、1周5分で約70回ガチャをまわすことができます。 ガチャ 10連5回、単発1回• というのも、以下のような理由があるからです。 SSRとSRのスキルやアビリティ内容が大きく異なる• 入手した衣装の能力は、同キャラの他のレア度でも使用可能 なので、例えばSSRとSR両方のポリンを入手した場合、SSRで運用しながらも編成でSR能力を使用可能となります。 SRの能力の方が優秀であるキャラが何体か存在するため、能力を把握した上でリセマラした方が良いでしょう。 ガチャ回数は多いが狙いも厳しい ガチャ回数がやたらと多く、SSRも入手しやすいです。 しかし、ランキングのようにSRとセットで入手した方が良いキャラなども多いです。 さらに、アタッカーだらけの編成であったり、前衛・後衛の兼ね合いなどもあるので、バランスや相性も重要です。 そのため、特定のキャラ2体を狙ってリセマラする場合にはそれなりに厳しいリセマラになるかと思います。 ガチャ プレゼントを全て受け取ったらホーム画面からガチャ画面へ移動しましょう。 ガチャの種類 10連 単発 夜空に星を散りばめて 1 — リリース記念召喚 2 — 無料召喚 — 1 ピックアップ召喚 1 — フレアライト 1 — SR以上確定チケット — 9 SR確定チケット — 1 ガチャの種類と回数がやたらと多いですねwこの時点で61回ガチャを引けます。 上記のように引いてもまだ石が2400個程余っている状態になります。 ここで、ガチャ結果にも依りますが、 実績から石を回収すると3000個まで増える場合があります。 そのときは、さらにステップアップの10連をもう一度引きましょう。 もし3000個未満の場合は、単発150個で引けるガチャなどを含めて単発でガチャを引き切りましょう。 ろっくんがやってみた中ではバグ・不具合は発生しませんでした。 ただし、正常動作しなくなってバグが発生する可能性も十分あるので、自己責任でお願いします。 排出される対象はレアリティが定められた衣装です。 排出確率は以下の通りです。 レア 確率 SSR 2. そのため、リセマラ時点で出来る限り多くレア度の高い衣装を入手できると嬉しいです。 ガチャ当たりSSRの入手目安と確率 ガチャ回数は時と場合で若干変化するため、ここでは70回として計算します。 最高レアSSRが出る確率は以下の通りです。 SSRが2体以上:40. SSRが3体以上:16. SSRが4体以上:5. また、ランキングにて紹介した通り、SRだけでも十分性能を発揮できるキャラが存在します。 そのため、セットではなくSR単体狙いもありですね。 リセマラの狙い方まとめ 狙い方は以下のようになるかと思います。 同キャラのSR・SSRの組みを2セット• SSR2体とSR1体、計3体を狙い撃ち どちらのパターンも、SSRなら何でもいい訳ではなく、ランキングに紹介した強キャラを狙っています。

次の