アクア フルモデルチェンジ。 【新型アクア 10年ぶり登場へ!!】 2021年トヨタの新車 いまわかっている全情報!!!

トヨタアクアが今年フルモデルチェンジするようですが 何月ですかね...

アクア フルモデルチェンジ

トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』次期型に関する情報を入手した。 日産『ノートe-POWER』にその牙城を脅かされたアクアだが、初のフルモデルチェンジでその差をつき離すことはできるのか。 進化のポイントに注目だ。 アクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開された『FT-CH』が起源となっている。 その後2011年1月には『プリウスC コンセプト』へ進化し、2011年11月にアクアとして発表、発売された。 登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど人気モデルの地位を確立した。 2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われているが、デビューから7年以上が経過し、ついに第二世代へバトンタッチされる。 次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。 5ナンバーのため全幅は1. 7mをキープするが、居住空間がアップするとみられる。 エクステリアデザインは、2013年の東京モーターショーで公開された『Premiアクア』がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感を実現する。 次期型アクアに期待されるのはやはり燃費だろう。 現行モデル同様にハイブリッド専用モデルとなり、パワーユニットには1. 5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載。 また同ブランドの次世代4WD「E-Four」の設定が予想される。 安全技術では、「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」、「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」など最新世代の「トヨタセーフティセンス」を装備するはずだ。 Spyder7スクープ班では早速、次期型予想CGを制作した。 トヨタのCセグの流れを汲んだデザインを盛り込み、かつサイドのキャラクターラインで立体的なシルエットを表現した。 また、タイヤハウスを取り巻くラインでワイド感もアピール。 フロントも大口径のグリルに存在感を持たせたシャープかつ大型二連のヘッドライトを装備。 さらにコーナーエアインテークから中央につながる羽型のデザインバーもポイントだ。 ワールドプレミアは2019年12月か。 秋の東京モーターショー2019でのお披露目も期待できそうだ。 《Spyder7編集部》.

次の

2021年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

アクア フルモデルチェンジ

トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「アルファード」「ヴェルファイア」を統合する。 予想では「アルファード」が残るだろう。 現行同様にキープコンセプトではあるが、エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。 2015年12月に発売された新型プリウスから採用された、と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。 エンジンモデルには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン直列4気筒 2. 5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engineが搭載される。 スペック 新型アルファード 予想 全長 4,940mm 全幅 1,850mm 全高 1,880mm ホイールベース 3,010mm エンジン 直列4気筒 2. 4〜19. 0〜14. 兄弟車のも同時にフルモデルチェンジを行い発売する。 トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」を統合する。 予想では日本モデルは「ヴォクシー」が残るだろう。 予想価格:250万円〜335万円 スペック 新型ノア ヴォクシー 全長 4,695mm 全幅 1,695mm 全高 1,825mm ホイールベース 2,850mm エンジン 直4 DOHC 1. 6kgm リアモーター 最大出力 5. 3kW 7. 2ps リアモーター 最大トルク 55Nm 5. 6kgm システム出力 90kW 122ps 車両総重量 1,540kg JC08モード燃費 30. 第45回東京モーターショー2017 2017年10月25日 水 ~11月5日 日 にて新型エスティマ FCVのコンセプトモデル Fine-Comfort Ride を世界初公開した。 トヨタ 新型 パッソ 4代目 フルモデルチェンジ 2021年10月発売 トヨタはパッソのフルモデルチェンジを行い2021年10月に発売する。 現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。 同日新型「」も発売される。 3代目同様に、ダイハツ ブーンのOEMとし開発や生産はダイハツである。 今回は ダイハツの新開発プラットフォームDNGA(Daihatsu New Global Architecture)を採用。 これにより、更なる軽量化を行い、燃費向上する。 トヨタ 新型プレミオ フルモデルチェンジ 2021年12月発売 トヨタは新型「プレミオ」のフルモデルチェンジを行い2021年12月に発売する。 丸14年でのフルモデルチェンジを果たす、今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる。 フルLEDヘッドライト、J字形状に光る1眼でハイビームとロービームを使い分けるBi-Beam LEDヘッドライト+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライトもしくは3灯式LEDヘッドライト+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプを採用、LEDフォグランプと新デザインのフロントグリル、リアオールLEDランプクラスターを採用。 通常モデルとスポーツモデルの2パターンのデザインを用意。 インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。 トヨタ 新型 C-HR EV モデル トヨタはC-HRのEV(電気自動車モデル)を2020年から2021年に発売する可能性がある。 トヨタと言えば「EV」ではなく「ハイブリッド」「PHV(プラグインハイブリッド)」であるが、実は以前から電気自動車の制作は行っており、トヨタは2012年9月から、米国で電気自動車「RAV4 EV」を販売していた。 しかし「RAV4 EV」の生産を2014年末までに終了してしまった。 「RAV4 EV」はテスラとの共同開発で当時の「Model S」と同様の電動システムを採用していた。 その後トヨタは電気自動車を販売していない。 しかし、トヨタは世界的に拡大する電気自動車市場を無視する訳にはいかなくなってきている。 特に、中国市場とヨーロッパ市場においては各社が次々と新型電気自動車の投入をしているからだ。

次の

トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2021年発売

アクア フルモデルチェンジ

取り回しやすいコンパクトなボディや低燃費(JC08モード燃費38. トヨタ アクア クロスオーバー その一方、2017年1月には「ヴィッツ」のマイナーチェンジ時にHVモデルが追加され、後継の新型ヤリスにおいてもHVモデルが設定されていることから、アクアと競合する関係のまま現在に至っています。 デビュー後モデルチェンジまでの期間が長いこともあり、アクアは現行モデルを最後に消えるのでは?との噂が出ていましたが、各種情報によると実は来年の発売を目標に着々と開発が進められているようです。 新型アクアの外観はスポーティなイメージの新型ヤリスに対し、落ち着いた雰囲気にまとめられているようで、インテリアも幅広い層にターゲットを広げたコンパクトHVとして、使い勝手の良さを前面に押し出している模様(下画像は東京モーターショー2013に出展されたコンセプトカー「PremiAQUA」)。 東京モーターショー2013に出展されたコンセプトカー「プレミアクア」 コンセプトカー「プレミアクア」のインテリア おりしもトヨタでは5月から「全販売店全車種併売化」がスタートするため、同一販売店における車種競合(重複)を避ける必要があり、次期アクアでは居住空間の拡大やクオリティアップによる上級シフトにより、新型ヤリスとのコンセプト分けを明確にすると予想されます。 ちなみに新型アクアは現行モデルの全長:4,050mm・全幅:1,695mm・全高:1,455mm、W/B:2,550mmに対し、居住性向上の観点から車幅を1,700mm以上に拡大した3ナンバーモデルとなる可能性が高いようで、全高についても後席のヘッドクリアランス確保を目的に、新型ヤリス並み(1,500mm)に高く設定されるようです。 次期アクアへの採用が予想される新型ヤリスのパワートレーン プラットフォームは新型ヤリスと同様にTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の採用により、コンパクトながらも高剛性の安定した走りを実現。 パワートレーンについても新型ヤリスHVと共通で、現行の1. 5L直4エンジン+モーターに代わり、1. 5L直3エンジン(91ps/12. 2kgm)+モーター(80ps/14. 4kgm)により、システム出力116psを発生。 燃費は現行のJC08モード・38km/Lに対して、パワートレーン等のグレードアップによりJC08モード燃費40km/L以上が期待できそうです。 また、現行アクアにはSUV風の「クロスオーバー」グレードが設定されていることから、次期アクアにも設定されることが予想されます。 同モデルは東京モーターショー2013年で公開された「アクア クロス」(下画像)が「アクア クロスオーバー」として市販化されたもの。 東京モーターショー2013に出展されたコンセプトカー「アクア クロス」 車両価格については、新型ヤリスHVの車両価格が199. 8万円からとなっていることから、次期アクアの車両価格は200万円台前半となりそう。 年末に発表、来年2月頃の発売が予想されているコンパクトHV「アクア」のフルモデルチェンジが大いに待たれます。 (・画像:TOYOTA、Avanti) 【関連記事】 新型「ハリアー」いよいよ6月に発進! 思わず目を惹く「ツイン・デイランプ」装備 高性能ハッチバック「GRカローラ」は、米国仕様のフロントマスクでデビュー!? ベトナムモーターショー2019にも出展、トヨタ「Tj クルーザー」の発売時期は? トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」は、ist(イスト)の後継モデル!? トヨタ自動車が新型車「GRヤリス」を初公開! 価格は3,960,000円〜 【関連リンク】 トヨタ アクア トヨタ ヤリス by カテゴリー : , , タグ : , , , ,.

次の