エアコン 鼻 づまり。 子供の鼻づまりや鼻水の解消法3選【眠れない夜に】

温度差で鼻が過敏になる病気 寒暖差アレルギーの対処法|シティリビングWeb

エアコン 鼻 づまり

湿度をあげるとなぜ鼻づまりが解消されるの? つらい 鼻づまりを治すには 湿度をあげると解消されます。 その理由としては、2つの鼻づまりの原因から考えてみましょう。 一つ目の理由は花粉やウイルスなどが湿度をあげることによって、 減少するからです。 花粉やウイルスが多いと感じた時には鼻の中の空気の通り道を狭くして、通りにくくするのです。 湿度をあげるとこれらの悪さをする物質が減っていくので、 鼻の通り道が広がって鼻詰まりが解消されるのです。 また、もう一つは、周りの温度が低いと人間の身体は体温を上げようと血流が活発になります。 そのため、血管が膨れて鼻の穴の中も通り道が狭くなってしまうのです。 湿度を含んだ空気は暖かさをともなっているので、血管も元にもどり、鼻詰まりが解消されます。 お風呂に入ったときに鼻詰まりが解消されるのもこれが理由です。 平日はドラッグストアに行く時間も限られるし…。 そんなときには加湿器をつかったり、 お風呂に入ったりして 湿度をコントロールすることで、鼻づまり解消が期待できるのです! 逆に湿度が高いと鼻が詰まるのはなぜ? 反対に湿度が低いと鼻が詰まりやすくなるのは、 さきほど書いたこと 湿度UPで鼻づまり解消 と反対の条件であるということに加えて、 乾燥すると鼻水がいっぱいでてしまうからです。 乾燥して鼻水がいっぱいでる?どういうこと? 鼻から吸い込んだ空気は「気温37度、湿度100%」の状態にされて体内に送り込まれます。 その湿度を上げるのに一役買っているのが鼻水です。 乾燥した空気には、 たくさんの鼻水を使って「 湿度100%」にあげなければならないのですね。 そのため、鼻水がいっぱい鼻の中でつくられて、それが鼻づまりの原因にもなるのです。 室内なら湿度を上げられますが、外出先ならどうしたらよいの? その場合は、 マスクをして、マスク内の空気の湿度をアップしましょう。 メガネをかけた方が、マスクをしているとたまにメガネが曇りますよね。 これって、口から吐き出された空気に湿度がたっぷりと含まれているからなんです。 マスクをした状態で、鼻から吸って口から出す呼吸をすれば、湿度をアップさせることができるのです。 鼻水が出る・鼻が詰まる仕組み 鼻水は体内に入る空気の湿度を上げるために出ています。 そのため、空気が乾燥していると身体は体内に入る空気の 湿度を保つために、 鼻水をいっぱい出すのですね。 また、鼻水にはもう一つ役目があって、 鼻から体内に悪いものが入ってこないようにするために、体外に出す働きも兼ねています。 くしゃみも同じ原理ですね。 花粉や空気中のごみが多いと鼻水も増えていくわけです。 また、鼻がつまる原因は鼻水が多いことも原因になりますが、 もともと鼻は左右の鼻が交互に詰まっています。 身体に空気が入りすぎないように、左右の鼻の穴の奥が交代でわざと腫れることによって、 鼻を詰まらせて空気の量をコントロールしているのです。 鼻の穴が2つある理由がわかりましたね。 また鼻水が出ていたりしているわけではないのになぜか、 片方だけ鼻が詰まっていると感じることはありませんか? それってこれが原因なのですね。 鼻水や鼻づまりにはマイナスなイメージを抱きがちですが、身体を守る大事な仕事をしてくれていたのですね。 エアコンで鼻がつまる2つの原因 エアコンで 鼻が詰まる原因は2つ考えられます。 1つは 冷やし過ぎによる 血管の拡張。 先ほども少し触れましたが、急激に気温が下がったりすると 身体は体温をUPさせようとして、血流をよくします。 それは血管の拡張を引き起こすので、 鼻の穴の中の血管も膨らんで、空気の通り道が狭くなってしまうのですね。 2つ目はエアコンが排出している空気にあります。 エアコンは室内の空気を循環させて温めるので、室内の チリや ほこりを巻き起こします。 それが体内に入らないようにするために人間の身体は鼻の穴狭くするので、 鼻づまりの原因にもなります。 また、エアコン自体が カビを繁殖させてしまったりしていると最悪です。 カビもほこりと同じように鼻づまりの原因にもなるので、注意が必要です。 鼻づまりについてはこちらの記事もご参考に! エアコンでの鼻づまりの対処法は? 定期的なエアコンの メンテナンスが必要です。 仕事などで疲れて帰ってきて、ゆっくり休んだりしているときに、 身体をリラックスさせるためのエアコンが、 ストレスのもとになる鼻づまりを引き起こしてはイヤですよね。 女性一人でエアコンを掃除したり、フィルターの掃除をするのは難しいと思うので、 力持ちの男性に頼むか、本格的なエアコン掃除を業者に頼むとよいでしょう。 毎日働いて忙しい方にとってもアマゾンなどでも買うことができる商品を選んでみました。 ナザール• 強制的に鼻の穴の中の通り道を広げることでおなじみの商品。 あまり人前にでることは難しいですが…。 就寝時には効果抜群です! ブリーズライトすげぇ。 一瞬じゃないか。 鼻づまり一瞬じゃないか。 ブリーズライトすげぇ。 ストレスを適度に 解消し、食生活も バランスのよい食事を心がけましょう。 また、冷えには要注意ですね。 特にエアコンの温度は 28度前後に設定し、 体温の急激な低下を防ぎましょう。 職場でエアコンの温度を管理できない、彼氏が暑がるので温度を上げられない、 といった方はマスクをして鼻だけでも、体温が下がらないようにしましょう。 さらに鼻に余分な悪いものの侵入を防いでくれるので、よいと思います。 まとめ• 鼻詰まりは入浴や 湿度を上げることで解消される• 逆に 乾燥していると鼻が詰まりやすくなる• 鼻水が出る、鼻がつまるというのは実は 身体を守るシステム• エアコンの 冷やし過ぎ、エアコンによる 空気汚れは鼻づまりを引き起こす• どうしても早く鼻づまりを治したい!という方は市販薬も活用しましょう! つらくてストレスの原因にもなる鼻づまり。 でも今回ご紹介したことを少しづつ実践していただければ、解消されそうな気がしませんか? これでみなさんもイライラから解放されすっきりとした毎日を送れるようにと願っています!.

次の

エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説

エアコン 鼻 づまり

暖房をつけると鼻づまりが悪化することがありますが、これにも色々な理由が考えられます。 まずひとつ言えるのは、暖房が原因で鼻づまりが起こるのはあり得るということです。 暖房をつけると温まるから鼻づまりが収まるのでは?と思うかもしれませんが、状況次第では鼻づまりが起こる原因になったり、解消法になったりするのです。 まず一つ目に考えられるのが自律神経の乱れですね。 外出時は寒くて自律神経が交感神経に傾いていますよね。 その状態で暖房の効いた部屋に入ることで一気に副交感神経に傾いていきます。 普通はここで調度良いバランスでリラックス状態になり、鼻づまりにも影響は出ないのですが、自律神経のバランスが乱れコントロールを失うと、今度は副交感神経に傾きすぎてしまい、血管が拡張され、鼻の粘膜が腫れた状態になってしまうのです。 これが一つ目に考えられる理由です。 次に考えられるのが暖房によってハウスダストが巻き上げられることです。 暖房で部屋の中の空気がかき混ぜられることにより、普段は床に積もっているはずのホコリやダニ、カビなどが舞い上がり、呼吸によって体内に吸い込まれてしまいます。 最後に考えられるのが暖房のフィルターです。 暖房の中にカビやダニが紛れていると、その空気を部屋中に放出してしまいます。 暖房を使いはじめる前に必ずフィルターの掃除を行いましょう。 それぞれの解決方法についてですが、自律神経が原因の場合は日頃からストレスを溜めないようにし、適度な運動や十分な睡眠時間をとるようにしましょう。 また、お風呂にゆっくり浸かるなど日々のストレスを発散する機会を作るようにして、自律神経のバランスを整えていきましょう。 ハウスダストが原因になっている場合は、暖房を付ける前に部屋の拭き掃除をしたり、フィルターを掃除するようにして下さい。 掃除機などでフィルターを吸い込むだけでも効果があるので、できるだけ清潔に保つようにしましょう。 あまりにもひどい場合は暖房をつけるときだけマスクをするなどして対策しましょう。

次の

エアコンをつけると鼻炎に?不快な鼻炎の原因を徹底解明!

エアコン 鼻 づまり

乾燥性鼻炎(ドライノーズ)とは 鼻は外部から酸素を取り込む時の通り道となっています。 外気をそのまま取り込んでしまうとホコリやウイルス・細菌なども体内に入ってしまうため、鼻がフィルターの役目をしています。 鼻の中にある鼻毛は大きなホコリなどをキャッチしてくれます。 そして鼻の中の皮膚は粘膜で覆われており、ここでウイルス・細菌もキャッチできるというわけです。 さらに外気温と体内の温度の差を少しでも少なくする必要があるため、冬場などの外気温が低い時期には、血流の多い粘膜によって空気が温められています。 このように鼻の粘膜は重要な役割を果たしていますが、エアコンの多用などが原因で鼻の粘膜が乾燥してしまう状態が乾燥性鼻炎です。 乾燥性鼻炎になると、鼻がムズムズして気になるだけではありません。 何度も鼻をかんだり触ったりしているとカサブタができ、不快感はさらに増します。 痛みをともなう場合や出血してしまうこともあります。 また、粘膜が本来の役目を果たせないため、ウイルスや細菌の侵入により体調を崩しやすくもなります。 乾燥性鼻炎になる原因は乾燥した環境にあります。 一日中エアコンの聞いた室内で過ごしている方に多く見られます。 鼻の粘膜が乾燥するときの対策 加湿 乾燥した環境で長時間過ごすことが原因となりますので、乾燥した環境への対策が必要です。 エアコンのきいた自宅で過ごすという方は 加湿器を用意しましょう。 ワンルームなどで過ごす方なら、湯舟のお湯をはったままにしておくのも1つの方法です。 水分補給 乾燥した環境にいながらあまり水分を摂らないと症状は悪化します。 こまめに水分補給を行うようにしましょう。 濡れマスク 職場などで乾燥した環境に長時間いる場合は自身で加湿器を用意するというわけにもいきませんね。 その場合は 濡れマスクの着用がおすすめです。 使い捨ての濡れマスクも販売されていますが、濡らしたガーゼを2枚のマスクに挟むだけでも使用できます。 ホコリやウイルスなども侵入できないので安心ですね。 生理食塩水の点鼻 生理食塩水を作り、スプレーボトルでシュッと鼻の中にかけます。 これは、食塩が鼻に付着することに反応して鼻水が出るようになるためです。 生理食塩水は水1Lに食塩9gをよく溶かすだけなので簡単に作ることができます。 ただし、大量に作り置きするのは不衛生ですので、少量ずつ作るようにしましょう。 市販のドライノーズ用のスプレーを購入しても良いですね。 お風呂で保湿 湯舟にゆっくり浸かると、湯舟からの蒸気が鼻に潤いを与えてくれます。 この時、ワセリンなどを綿棒で鼻の中にやさしく塗っておくと、入浴後も水分が出て行きにくくなるので保湿効果が高くなります。 できるだけ触らない 乾燥性鼻炎になると、どうしてもムズムズして気になるし、鼻くそがついているような錯覚に陥って触りたくなります。 しかし、触ると症状は悪化してしまいます。 とにかく触らないように気をつけましょう。 鼻の中にかさぶたのような異物感を感じる場合はぜひこちらもご覧ください。 参考: まとめ 鼻の粘膜が乾燥する乾燥性鼻炎は、意外と多くの方が悩まされています。 しかし、乾燥性鼻炎だとわからずに悪化させてしまっている方も多いようです。 自分もそうかも…と思った方は、まずは乾燥した環境で長時間過ごさないように注意しましょう。 そして鼻を保湿し、悪化しないように対策していきましょう。 原因がわかり、対策法がわかれば、次は予防していけますね。 ぜひお試しください。

次の