自 チーム 確定 スカウト。 【スカウト/攻略】絶対に回してはいけないガチャ。(2020series対応版)

プロスピA

自 チーム 確定 スカウト

プロスピAの自チームとは? プロスピAの自チームとは、「ユーザー情報」で設定できる「お気に入りチーム」のこと。 自チーム選手確定スカウト、 自チームSランク契約書や 自チームミキサーを引く時はここで設定されたチームの選手が出てくるのです。 それでは、前提の説明はそこそこに、2020年5月15日現在はどの自チームがおすすめなのか、ランキングを見ていきましょう。 自チームミキサー用に選手を溜めていた方はぜひ当ランキングを参考にしてみてください。 なお、純正チームを組んでいる方はあくまでそのチームの選手を引くことがおすすめです。 0 ソフトバンクの注目選手• 1位はソフトバンク。 リアタイでも最強レベルの千賀選手の登場で1位に躍り出ました! 千賀選手の他にも 攻撃力最強のセンター柳田とレフトグラシアルとサード松田が大注目です。 いうまでもなく甲斐選手は守備型キャッチャーとしてかなり使えますし、抑えには昨季定着した森選手もいます。 中継ぎ1番手にはモイネロ選手。 そして今後が楽しみなダブル高橋選手と当たったらキープしたい選手が多いのも魅力です。 ただ、2位の巨人の投手陣に比べると若干、リアタイ向きではないのが傷ではありますね・・・。 0 巨人の注目選手• 2位は巨人ですね。 ポイントは、 球界No. 1ショートである坂本選手がいる点、そして守備まで加味するとNo. 1センターと言っても過言ではない丸選手、さらにサードの大砲岡本選手がいることです。 そして投手ではステータスは現役最強レベルの菅野選手がいます。 変化球の能力は下がってしまいましたが、大きな戦力になってくれることは間違いありません。 他の選手も世界の小林選手は守備特化の捕手としてリーグオーダーでもリアタイでも重宝します。 抑えには球速がありステータスも高いデラロサ選手、中継ぎにはリアタイで一定の人気がある中川皓太選手、そして田口選手と澤村選手もいます。 レフト枠ではありますが、亀井選手も球界屈指のライトと言えるでしょう。 5 日ハムの注目選手• 3位はおハム。 日ハムでもっとも注目すべき選手は有原航平投手。 ステータス、球種がチート級です。 リアタイでも使えるのでおすすめ。 レフトにはバットコントロールの天才でありながら選球眼も良い出塁マシン近藤健介選手。 センターには守備とズバ抜けた走力が魅力のイケメン西川選手がいます。 西川選手リアタイで使ってると盗塁は決まるわ、守備範囲すごいわでビビります(笑) ライトには攻守に優れた、大田泰示選手。 ステータスが全体的に高く全同値も狙える上にライト守備がAとスタメン必至の選手ですね。 そして日ハムの投手陣も魅力的ですね。 12球団No. 1中継ぎと言っても過言ではない宮西選手や昨年は不運な怪我で離脱してしまいましたが、上沢選手も本来エース級の選手。 リリーフ陣は抑えの秋吉選手を筆頭に、石川選手、玉井選手とレベルが高いです。 打撃面のステータスはいまいちですが、屈指の守備力を誇るショートの中島選手も注目です。 5 西武の注目選手• 4位は西武ライオンズです。 西武はみなさんご存知の通り山賊打線の強力な打者達がいます。 中でも 現役No. 1サードの中村剛也選手、現役No. 1打てる捕手森友哉選手は必見ですね。 そして攻守共に素晴らしく、12球団No. 1と言っても過言でもない二遊間は凄まじいですね。 源田選手と外崎選手、どちらも当たりです! 投手力に不安があると言われていますが、抑えには復活した増田選手が鎮座しています。 リーグオーダーでは活躍してくれること間違いなしでしょう。 また昨季12勝1敗の大正義ニール投手も注目の先発ですね。 特に打線を強化したい方にはおすすめです。 0 オリックスの注目選手• 5位はオリックス。 やっぱりなんだかんだ言ってオリックス個々の能力は非常に高いですからね。 特にマッチョは現役最強レフト。 そして山岡選手も豊富な球種と決め球の縦スラを持っていてリアタイにも引っ張りだこです。 さらに、一気に 現役最強先発陣の仲間入りを果たした山本選手がエースで登場しました。 これはデカい!! ディクソン選手も昨年チーム事情から抑えに回りましたがそれがドンピシャでハマり結果を残しています。 ツーシームと大きく変化するカーブを持っていて球種も悪くなく、中継ぎ配置ならリアタイでも優秀です。 守備面では過小評価されがちですが、若月選手と安達選手もかなり有能。 中川選手も昨年ルーキーながら結果を残していて期待できますね。 中継ぎでは海田選手が球威制球同値であり、立派な戦力になります。 当サイトの管理人たちもオリファンではないですが、なぜかオリ純正チーム組んでます 笑 そして最近はオリファンになりつつある・・・。 オリックス、おすすめです。 0 中日の注目選手• 6位は中日です。 昨季最優秀防御率を獲得し、 大きく動くツーシームが持ち味の大野選手は中日純正民以外の方も欲しい選手ですね。 注目の選手は昨季2桁勝利をあげた柳選手と中日の安打製造機こと大島選手。 柳選手はスタミナがA80に乗り、リーグオーダーでより強くなりましたね。 大島選手はミート走力A81の同値で守備も魅力です。 また、昨季覚醒した中日の未来を担う男シューヘイ選手やセカンドのマスター、セリーグショート守備No. 1の京田選手、レフトのパワーヒッター福田選手、ライトで攻守に渡って活躍する平田選手も注目野手ですね。 中日野手陣の特徴として言えるのは、とにかく守備が良いです! 中継ぎ陣も若手の台頭で一時期に比べるとかなり改善されてきたのではないでしょうか。 今後期待できる選手が豊富に揃っています。 7位は横浜。 横浜で狙いたい選手はなんと言っても山崎康晃選手。 もはや 現役No. 1の抑えと言っても過言ではないですね。 最強のオーダーを組みたいのであれば必須級の選手です。 そしてエースとして復活を果たした今永選手も見逃せないですね。 また、ロペス選手、宮崎選手は守備のステータスが下がってしまいましたが、依然打力は優れています。 ファースト、サードに強打者が多い分少しかすみますがしっかり戦力になるでしょう。 その他の選手で言うと守備力の高い神里選手と大和選手、先発と中継ぎに配置ができる石田選手も優秀な選手ですね。 5 楽天の注目選手• 8位は楽天。 楽天で狙いたい選手は なんと言っても則本選手。 エース枠ではありませんが、本来エース級の実力を持つ投手です。 球種もよくリアタイでも人気があります。 そして同じく先発投手の岸選手。 ステータスが全体的に高く使いやすい投手です。 野手では、侍JAPANにも選出されている浅村選手特に注目の選手です!! また、茂木選手、島内選手は攻守のバランスが良く戦力になること間違いなしですね。 ロッテから移籍してきた鈴木大地選手もミートが高く注目のサードです。 そして楽天の魅力は中継ぎにもあります。 最強クラスとまではいかないかもしれませんが、宋家豪選手、高梨選手と12球団の中継ぎの中では強い選手が揃っていて当たったら嬉しい選手が多いですね。 5 広島の注目選手• 9位は広島カープ。 広島の大目玉はやはり 球界No. 1ライトの鈴木誠也選手、走攻守揃った完璧な選手です。 広島純正じゃなくても欲しい選手ですね。 カープの エース大瀬良選手は12球弾のエースの中でも上位のステータスを持っています。 そしてセカンドには忍者こと菊池選手も。 他の注目の選手は先発のジョンソン選手ですね。 ステータスが高く球威スタミナ同値、球種も悪くありません。 センター西川選手も頭角を表し目が離せない選手ですね。 捕手の會澤翼選手は森選手の次に打撃が良いキャッチャー。 攻撃型のファイヤーオーダーには持ってこいですね。 0 阪神の注目選手• 10位は阪神タイガース。 移籍1年で立派な 阪神のエースになった西勇輝選手は、阪神純正の方以外も欲しい選手ですね。 ここにきて復活した藤川選手は注目ですね。 TSでも登場することがあり、Aランクもキープしたい選手です。 福留選手もほぼ毎年TSで最強ライトとして登場するのでキープ必至。 そして中継ぎの島本選手は既に頭角を表していますが今後さらなる活躍が予想できます。 捕手が定まってない場合には梅野選手もおすすめです。 スローイングと肩が良いのでリアタイでも盗塁を抑止してくれます。 0 ヤクルトの注目選手• 12位はロッテ。 注目の選手はなんと言っても荻野選手でしょう。 ミート走力がAに乗っており理想的なリードオフマンですね。 守備もCなので無難にこなしてくれます。 離脱しがちですが、実力は本物の選手なので持っておいて損はないでしょう。 エースの石川選手もオールBではあるものの球威制球が同値でコンボ要員として戦力になります。 中継ぎ配置もできますし便利な選手ですね。 そして現役の選手で唯一セカンドの守備適性が特守なしでAに乗っている中村奨吾選手もおすすめ。 他には抑えの益田選手もおすすめです。 変化量の大きいシンカーとツーシームを持っていてリアタイで戦力になります。 今季楽天から移籍してきた美馬選手も制球型の先発としては優秀です。 制球型のオーダーを組んでいる方は欲しい選手ですね。 1位 福岡ソフトバンクホークス 5. 0 2位 読売ジャイアンツ 5. 0 3位 北海道日本ハムファイターズ 4. 5 4位 埼玉西武ライオンズ 4. 5 5位 オリックスバファローズ 4. 0 6位 中日ドラゴンズ 4. 0 7位 横浜DeNAベイスターズ 4. 0 8位 東北楽天ゴールデンイーグルス 3. 5 9位 広島東洋カープ 3. 5 10位 阪神タイガース 3. 0 11位 東京ヤクルトスワローズ 3. 0 12位 千葉ロッテマリーンズ 2. 5 今後も選手が出たら順位更新していきます! 自チーム(純正チーム)をどこにするか迷っている方へ 「そもそも自チーム(純正チーム)を作る必要ってあるの?」 と思っている方、必要はあります。 と言うのも、以下2つの定期的に開催されるイベント ・最強決定戦 ・チャレンジカップ で純正チームを使う機会があるためです。 また、純正チームを作るとハズレ枠を減らすことができると言うのも大きなメリットですね。 能力的には微妙な選手でも自分の純正チームの選手が来たら、純正オーダーを強化できるので当たりです。 ではその純正チームをどこにするべきなのか、それは人それぞれです選び方は大体この3つじゃないでしょうか。 そのチームのファン• 強い選手(好きな選手)がいるチーム• なんかこのチームのSランクよく当たる ちなみに僕は、ヤクルトファンですがオリックス純正チームを持っていて、自チーム確定はよくオリックスで引いています。 と言うのも、僕が何故かオリックスの選手ばかり当たるからです(笑) 僕みたいなのは多分特殊な例なので、みなさんは好きなチーム、あるいは強い選手がいるチームで組んでみてください。 強い選手がいるチームで選ぶ方は、このページのランキングは常に最新の物にしているので間違いなく参考になります。 ぜひランキング上位のチームで自チーム(純正チーム)を組んでみてくださいね! まとめさせてもらうぞ このページ作るの疲れた・・・。 純正チームを特に作っていない方に参考になればと思い作成しました! 自チーム選手確定スカウト、 自チームSランク契約書や 自チームミキサーをどのチームで引くか迷った場合は是非参考にしてみてください。 管理人もミキサーぶっかましたよ!自チーム選びの基準にしてね!.

次の

自チーム確定スカウトガチャは引く時はどんな時?

自 チーム 確定 スカウト

また、今回入手可能な タイムスリップ選手(第1弾)の能力詳細は下記ページで見ることができます。 👉 スカウト仕様 今回の「自チームTS狙い打ちスカウト(第1弾)」の仕様を見てみましょう。 登場選手 このスカウトには 通常選手も登場します。 TS選手(第1弾)は 自チームしか登場しません。 図にするとこのようになります。 自チームの TS(第1弾)の枠はつまりは 1人ということです。 通常選手の枠はスカウトの時点で既に登場済みの選手となりますが、 今回のスカウトのタイミングだと、 各球団9人ずつということになります。 自チームTS選手の確率 各ランクごとに、以下のように(自チーム)TS選手が出る確率が決まっています。 10連限定特典 今回のスカウトは単発と10連がありますが、10連を回すと 10人中の1人(10人目)が確定枠となる特典があります。 確定枠の内容は次の通りです。 Aランク以上の選手確定 図解(登場確率) 登場する選手の割合を図解します。 下記が 一般的なスカウトの登場率です(プレミアムスカウト等)。 下記が今回の 「自チームTS狙い打ちスカウト(第1弾)」 の登場率です。 Sランクの確率については全て2. 確率計算 このスカウトを回す目的で多いのが 欲しいSランクTS選手の一点狙いだと思いますので、その1人( Sランク自チームTS選手)の入手に関して計算してみたいと思います。 入手期待値 スカウト1回につき、Sランク選手の確率が 2. ですので Sランク自チームTS選手の出る確率は1回あたり、2. 3となり、 平均して133. 3回(10連を13、14回)引くと 1人手に入る計算となります。 最後に 注意点としては、Sランク選手の 確定が無いスカウトなので、いくら回してもSランク自チームTS選手どころかSランク選手自体が出ない可能性もある事です。 その弾のTS選手にその人の 当たりが多い時は30連で「SランクTS選手」の確定がある タイムスリップセレクションのほうが安心感があるかもしれませんね。 一方で、目当ての選手を一点狙いしたい時はこの 自チームTS狙い打ちスカウトが(出ない危険性もありますが)向いていると思います。 以上です!よきプロスピAライフを! プロスピA関連リンク• ページ• タグ検索「」• ・・・全Sランク選手を掲載.

次の

【プロスピA】自チーム確定スカウトを引くべきか?|当たり選手|ゲームエイト

自 チーム 確定 スカウト

メリットとデメリット メリット ・自チームAランク選手を集めるならば効率は最大 ・確定枠以外でS&Aランクが引ければ激アツ デメリット ・Aランク確定スカウトよりもエナジー消費が大きい ・Aランク確定スカウトよりもイベントボーナスを稼ぎにくい 特定の球団のAランク選手、さらにはワンチャンその球団のSランク選手も出たらラッキー!と言う場合は、かなりアツイガチャになると思います。 ちなみに... さらに 全10回分すべて自チーム選手であることは確定しているので、確定枠以外でもAランクやSランクが引ければ、その自チーム確定スカウトは神ガチャ間違いなしです! 特に純正強化に向いていますが、12球団強化でも特定の球団に欲しいAランク Sランク が集中しているならば挑戦の価値があると思います。 イベントボーナス狙いで回すべき? 「対象の」ランキングイベント開催中に行われている ガチャで、選手を獲得するとその対象にイベントボーナスがつきます。 しかし全てのランキングイベント共通の仕様ではありません。 イベントボーナスがないイベントもあります。 上の表にある ボーナスありに区分されたランキングイベントはイベントボーナス 選手獲得ボーナス があり、これらのイベントの時に自チーム確定スカウトやAランク確定スカウトで選手をゲットすると... イベントボーナスという副産物がついてきます。 次に、Aランク確定スカウトより自チーム確定スカウトがオススメとなるケースを考えていきたいと思います。 2 について 12球団強化のためにももちろん限界突破や称号用のAランク選手獲得は不可欠です。 純正強化よりは期待値は劣るのものの、狙いのAランク選手が特定の球団に偏っているのであれば、その球団に自チーム設定しチャレンジするのも良いと思います。 その際は、万が一Sランクがでた場合にそのチームのSランク選手が出ることも頭に入れておく必要があります。 欲しいAランクが多く、かつSランクにも何名か欲しい選手がいる... このような球団があればチャンスだと思います。 Aランク3人だけかもしれないガチャに250エナジーも使うのはちょっと... とためらうこともあると思います。 Aランク確定スカウトだと125エナジーでAランク選手を5人もゲットできますので、そう思っても仕方ありません。 「自チーム確定」にどこまで価値を見いだせるか?にもよりますが、12球団メインの方だとそう思う方がより多いかもしれません。 イベントボーナスが付与されるランキングイベント中であれば、引くことでボーナスアップ出来るのであれば、チャレンジしても良いと思える理由が一つ増えると思います。 そのように様々な要素を頭に入れて引く・引かないを決めるのが良いと思います。 もちろんこれは1についても同様です。 そのため「純正強化のみ考えている方」や「12球団強化を考えているが Aランク確定スカウトで ハズレを引くくらいなら球団を絞って必要なAランクを狙いたい方」は自チーム確定スカウトの方が向いていると思います。 イベントボーナスアップ狙いの比重が大きい場合にはAランク確定スカウトの方が良いと言えます、しかし 両方とも全て引くことはオススメ出来ません。 前回も触れましたが「現状のランキングイベントにおいて、イベントボーナスを付与されるのはボーナス値が高い順に10名」です。 Aランク確定スカウトを5回全て回してしまった後だと、自チーム確定スカウトでたくさんAランクが引けたとしてもボーナスアップには繋がらないでしょう。 もし、どうしてもボーナスアップを優先しつつ両方のガチャのいいとこ取りをしたいのであれば「先に自チーム確定スカウトを10回回した後」に、その結果を見て「Aランク獲得でもイベントボーナスがアップするのであれば、その枚数分だけAランク確定スカウトを回す」のがエナジーを無駄にしないと言える方法だと思います。 : 2019. 31登場時よりこの仕様に。 以前は購入5回目のSランク確率2倍がありませんでした。 また、購入7回目ではなく6回目がAランク以上確定でした。 : 今まで単独開催されたことはありません。 2019. 27現在 : ランキングイベント中に開催されることが多く、それによりほぼ月1回のペースで登場しています。 : TS選手、OB選手などのイベント限定選手は登場しない : エナジーを消費して選手を獲得するガチャだけとなるはずです。 過去 プレゼントスカウトなど無料で回せるガチャから手に入れた選手にはボーナスはつきませんでした。 : 直近の2回は、通常イベントして開催されました。 2019. 27時点 : 「純正チーム強化のため、自チームAランクが欲しい」ケース : Aランク確定スカウトを引いたことでボーナス付与の10枠全てがAランク以上となっている状況のため。 このケースだと後に引く自チーム確定スカウトでSランクを引かなければボーナスアップにはなりません。 prospia-torao.

次の